FC2ブログ

Latest Entries

中国の一帯一路会議にイタリア、ドイツ、英国や日本が参加へ  米国は代表団派遣を見送る

News U.S. 2019/04/20

中国の一帯一路構想に関する国際会議が、今月の25日から北京で開かれるようです。37カ国から首脳が参加するとしており、G7からは唯一イタリアが首相が出席することになります。フランスやドイツ、英国、そして日本も代表団を派遣することになるようです。米国とインドは参加を見送りました。


「債務のわな」の懸念払拭へ 「一帯一路」会議に37カ国首脳参加
4/19(金) 21:13配信 産経新聞

 【北京】中国の王毅国務委員兼外相は19日記者会見し、北京で25日から3日間開かれる巨大経済圏構想「一帯一路」の第2回国際協力サミットフォーラムに、37カ国の外国首脳を含む150カ国以上の代表が参加すると発表した。アジアやアフリカなど沿線の発展途上国への支援が、相手国を“借金漬け”にして影響力拡大を狙う「債務のわな」だとする批判の高まりを意識し、王氏はフォーラムの主要テーマを「質の高い発展」だと強調。一帯一路への逆風も吹く中、中国側は順調な拡大を演出する構えだ。

 2017年の第1回会合では国外から29カ国首脳が参加した。今回はロシアのプーチン大統領のほか、3月に先進7カ国(G7)で初めて「一帯一路」協力の覚書を締結したイタリアからも首脳が出席する。フランスやドイツ、英国などの欧州主要国と欧州連合(EU)、日韓両国はハイレベルの代表団を派遣。日本からは二階俊博自民党幹事長が前回に続いて参加する。

 一方、一帯一路を通じた中国の影響力拡大に警戒感を強める米国は、前回に続いてハイレベル代表団の派遣を見送った。パキスタンと領有権を争うカシミール地方を通る「中パ経済回廊」に反発しているインドも前回に続いて参加を拒否するもようだ。

 王氏はフォーラムの意義について、多国間主義を堅持し開放型世界経済の構築を図ることだとした上で「保護主義や一国主義が台頭する中で、この立場はより重要となっている」と述べ、トランプ米政権を牽制(けんせい)した。

 さらに王氏は一帯一路について「地政学的なツールではなく協力のプラットフォームだ」と主張。「債務危機などのレッテルを一帯一路に貼ることは参加国からも同意を得られない」としつつ、「建設過程においてある程度の懸念が生じるのは避けられず、建設的な意見は歓迎する」とも語った。

 同フォーラムは25日に分科会を開き、26日に開幕式で習近平国家主席が基調演説を行い、27日には各国首脳らによる円卓会議を主宰する。国外から約5千人が参加するという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000599-san-cn


参加を見送った米国とインド

ワトソン君、ドイツネタはなかったの?

あったにはあったんですけど、日米にとって不利な内容だったので・・・。すみません。

その代わりに出てきたのが一帯一路というのがまた何とも。しかもこれ日本も参加することになってるな。

ホントだ!二階幹事長が前回に続いて参加するみたいですね・・


一帯一路構想に関する国際会議が25日から北京で行なわれることになりますが、前回より首脳を参加させる国が増えているようです。第1回では29カ国でしたが、第2回の今回は37カ国へと拡大しています。その中に先日覚書を結んだイタリアも含まれています。

ドイツだけじゃなくて、イギリスも参加するなんて・・・。みんな中国の言いなりなんでしょうか?

英国にドイツ、フランスと言えば今はすっかり聞かれなくなったAIIBのことを思い出すな。少しだけ出資して様子を見るだけ見て何もしない面々という印象だ。

AIIBって何でしたっけ?もう忘れてしまいました。

アジアインフラ投資銀行だよ。インドネシアの高速鉄道を未完のまま放置する原因となった銀行だ。習近平としてはあれはなかったことにしたいのかな?

主な国で参加を見送ったのは米国とインドですが、インドに関しては中国とパキスタンの間に挟まれ安全保障上の問題があるので容認することはできないとの見方です。米国としても中国の台頭をこれ以上見過ごすわけにはいきませんので、やはり参加を見送る形となりました。

米中通商協議と一帯一路の関連性について

俺はこの報道も気になっている。プーチンが一帯一路会議に出席する前にウラジオストクで金正恩と会談するようだ。一体なぜこの時期にロシアなんだろうか?


「4月下旬にロシアで露朝首脳会談」露大統領府
4/18(木) 21:10配信 産経新聞

 【モスクワ】ロシア大統領府は18日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が4月下旬に訪露し、プーチン大統領と初の首脳会談を行うと発表した。

 露大統領府は具体的な日時や場所を明らかにしていないが、プーチン氏が、25~27日に開催される中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議に出席するため北京を訪問する前に露極東ウラジオストクに立ち寄り、金氏と会談を持つとの観測が出ている。

 露朝首脳会談では、北朝鮮の非核化や制裁緩和などが議題になる見通し。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000584-san-int

これって、前から出てた話ですよね?25日の前に訪問って、もうあと4日くらいしかないじゃないですか!

4月23日、24日辺りが有力候補かな?

私は本件についての見解は差し控えます。

あれ?あまり触れない方がよかったか。確かにトランプとしてはあまり面白くはないだろうな。会談で何が話されるかが気になるところだが。

一帯一路に関する記事のネットユーザーの雰囲気は、二階幹事長が訪問してることを不快に思う人が多いですね・・・。その一方で、単なる様子見程度に考えてるのではという意見もあります。敵情視察って言ってる人もいました!

なるほどね!敵情視察か。二階先生もなかなかやるじゃないか。

米国は一帯一路による中国の台頭するのを防ぐことも視野に入れながら米中通商協議を進めています。中国が合意事項を受け入れられるかどうかは依然として不透明です。

ホントに日本で合意がされるなら、それはそれで歓迎したいです!

最近中国も韓国を冷遇しているのであまり頭ごなしには批判したくはないが、一帯一路については油断ならないね。特に俺が気にしているのは欧州勢の動きだ。ファーウェイを排除すると言いながら結局排除しない方向に傾いているし、英国はEU離脱そのものが怪しくなってきてる。

マレーシアが中国との事業を再開させたとの情報も

そして残念なお知らせだ。マレーシアが中国との事業を再開させたようだ。さっき調べていたら偶然見つけた記事だが、一帯一路も視野に入れているとのことで米国にとっては逆風となるだろう。


マレーシア、中国国有企業との大型再開発事業を再開
4/20(土) 9:01配信 AFP=時事

 【AFP=時事】マレーシアのマハティール・モハマド(Mahathir Mohamad)首相は19日、2017年に中断されていた首都クアラルンプールでの大型再開発事業「バンダル・マレーシア(Bandar Malaysia)」を再開すると発表した。

 事業規模は総額1400億リンギット(約3兆8000億円)。マハティール氏は、同事業は中国政府が進める世界規模のインフラ開発構想「一帯一路(One Belt One Road)」に寄与するとの見方を示した。

 両国は今月、マレーシアの東西を結ぶ鉄道建設事業の凍結解除でも合意しており、不安定化していた二国間関係の改善を示す動きが相次いでいる。
・・・

 声明は、バンダル・マレーシアと凍結が解除された鉄道建設事業について、「長期的なマレーシア・中国関係の発展・強化という大きな文脈の中で見るべき」だと指摘。さらに、両事業は「一帯一路構想に大きく寄与する」ものだとし、マレーシアは同構想から利益を得られるとの見通しを示した。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000003-jij_afp-int

ガガーン!

まあAFP時事なので割り引いて考える必要はあるが。

残念です・・・。どうしてこんなことに?

マレーシアは国際的な汚職事件によりGoldman Sachsを刑事訴追していますが、その他さまざまな理由から米国とは複雑な関係にあるようです。他に話すことはありませんので、私はここで失礼します。

ほいよ。

有能さん、何だか今日は元気ないですね・・・。大丈夫でしょうか?

一帯一路絡みで色々なことが出てきてるからな。不安要素が大きいんじゃないか?

「バンダル・マレーシア」って何ですか?

何かそういう再開発の事業じゃないの?鉄道建設事業の凍結も解除で合意だって?いつの間にそういう動きが出てたんだな…。今日はもやっとした感じの報道が多かったね。

やっぱり、4月20日だからじゃないですか?

そういう結論にしておくか?ある人物の誕生日ということで、今日は枢軸国側の復活と反撃を象徴する日になると。

一帯一路の会議自体は、25日ですよね?でも、何だか今日がその日かのように感じてしまいました。やっぱり影響力があるんだと思います。有能さんも、そのことがきっと不安なんです!

ドイツにフランス、中国、ロシア、韓国と今や枢軸国へ加担する国が徐々に増えてきているからな。日本は連合国側の米英とようやくいい関係を築けてきたので、ここで二階先生が妙なことをしなければ勝てるとは思うけど。

フランスって、枢軸国なんですか?あと韓国も一応連合国側なのでは?

そういうどっちつかずな辺りが似てるんだよなフランスと韓国はwww


また有能さんに怒られます!やめてください!
  • コメント : -
  • トラックバック : -

挙国一致で中国と対決、何が米国を本気にさせたのか?

JBpress 4/20(土) 6:15配信

 (古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

 米国の首都ワシントンで取材していて、外交について最も頻繁に接するテーマはやはり対中国である。政府機関の記者会見でも、議会の審議や公聴会でも、民間のシンクタンクの討論会でも、「中国」が連日のように語られる。

 しかも「中国の不正」や「中国の脅威」が繰り返し指摘される。ほとんどが中国への非難なのだ。

 そうした非難を述べるのはトランプ政権や与党の共和党だけではない。他の課題ではトランプ政権を厳しく糾弾する民主党系の勢力も、こと相手が中国となると、トランプ政権に輪をかけて、激しい非難を浴びせる。ときにはトランプ政権の中国への対応が甘すぎる、と圧力をかける。

 私はワシントンを拠点として米中関係の変遷を長年追ってきたが、米側からみるいまの米中関係は歴史的な変化を迎えたと言える(その実態を3月中旬、『米中対決の真実』という単行本にまとめた。本稿とあわせてお読みいただきたい)。

 では、なぜ米国は中国と対決するのか。今後の両国関係はどうなるのか。その原因と現状、さらには米中関係の展望について、米国有数の中国研究の権威であるロバート・サター氏に見解を尋ねてみた。

 サター氏は米国歴代政権の国務省や中央情報局(CIA)、国家情報会議などで中国政策を30年以上、担当してきた。10年ほど前に民間に移ってからも、ジョージタウン大学やジョージ・ワシントン大学の教授として中国を分析してきた。

 サター氏の認識に私が重きをおくのは、彼が政治党派性に影響されていないという理由もある。政府機関で働いた時期はもちろん官僚としての中立性を保ってきた。個人的には民主党支持に近い立場のようだが、民間での研究を続けてからも、時の民主党政権をも辛辣に批判し、共和党政権からも距離をおくという感じだった。

 今回はジョージ・ワシントン大学にあるサター氏の研究室を訪れて、話を聞いた。インタビューの主な一問一答は次のとおりである。

■ 共和党も民主党も中国を強く警戒

 ──米中関係が歴史的な変化の時代を迎えたと言えそうですが、その変化をもたらした原因とはなんだと思いますか。

 ロバート・サター氏(以下、敬称略) 変化を招いた直接の原因は米国側での危機感でしょう。中国をこのまま放置すれば米国が非常に危険な状況へと追い込まれるという危機感が、政府でも議会でも一気に強くなったのです。ただし中国側は米国のこの感覚を察知するのが遅かった。トランプ政権や議会を誤認していたといえます。ここまで強く激しく中国を抑えにかかってくるとは思わなかったのでしょう。

 米国側の危機感、切迫感を生んだ第1の要因は、中国がハイテクの世界で世界の覇権を目指し、ものすごい勢いで攻勢をかけてきたことです。米国は、このままでは中国に経済的にも軍事的にも支配されると感じたわけです。この状況を変えるには、たとえその代償が高くても今すぐに行動をとらねばならない、という決意になったのです。

 第2には、中国側が不法な手段を使って米国の国家や国民に対して体制を覆そうとする浸透工作、影響力行使作戦を仕掛けてきたことです。統一戦線工作を駆使しての威嚇、圧力、買収、スパイ工作まで米国の心臓部に踏みこむような乱暴な浸透活動が、米側で一気に指摘され、警戒されるようになったのです。

 ──米側の中国への不信はきわめて広範囲のようですね。

 サター 一般国民も政府も議会も中国に対して強い警戒心を持っています。共和党議員だけではなく民主党議員も、共和党議員と歩調を合わせて対中強硬策を提唱しています。たとえば大統領選への名乗りをあげたエリザべス・ウォーレン上院議員が中国のスパイ活動を非難しました。また、民主党ベテランのパトリック・ リーヒ上院議員は「一帯一路」を嫌っています。民主党で外交問題に関して活躍するマーク・ウォーナー上院議員も、米国のハイテクが中国に輸出されることに強く反対しています。

 ──であれば、米中間の対立は今後もずっと続くということになりますね。

 サター 摩擦がずっと続くでしょう。中国が米国の要求をすべて受け入れることはありえません。また、米国が中国に強硬な態度をとることへの超党派の強い支持は揺るがないからです。

■ これまでの大統領とは大違いのトランプ

 ──現在、米中両国の対立で最も分かりやすいのは貿易面での衝突ですね。米中関税戦争とも呼ばれます。

 サター これまでの関税交渉では、米側が中国に圧力をかけ守勢に追い込みました。中国側はトランプ政権の勢いに押され、状況の悪化を恐れて、圧力に屈したという感じです。問題は、中国が米国の要求にどこまで応じ、米側からの圧力をどこまで減らすことができるか、でしょう。中国側がかなり妥協して、関税問題では一時的な休戦あるいは緊張緩和になるかもしれません。

 ただし経済問題では、トランプ政権内部にいくらかの姿勢の違いがあります。ロバート・ライトハイザー通商代表のように中国に対してきわめて強硬な人たちと、スティーブ・ムニューシン財務長官のようなやや協調的な人たちが混在しているのです。ではトランプ大統領がどんな立場なのかというと、この判定が難しい。

 関税問題では米側がある程度の妥協を示すこともあるでしょう。ただし、基本的な問題は厳然と残っています。関税問題の基盤にある米中間の底流は非常に対立的であり、険悪です。

 当面の関税交渉では、米国の中国に対する懲罰的な関税を中止するのかが焦点となりますが、この点に関してトランプ大統領はこれまでの歴代大統領とはまったく異なります。中国に対して譲歩や妥協をしないのです。トランプ氏にとって「譲歩」というのは、懲罰の量を減らすだけということになります

 ──中国はトランプ大統領に対して戸惑っているということですか。

 サター そうです。トランプ大統領はオバマ氏ら前任の大統領たちと違い中国に対して譲歩をしません。米側が欲することを中国側に圧力をかけて実行させるという点では、トランプ大統領は今のところ大きな効果をあげています。しかし、習近平主席は米側が求める総合的な構造変革をすることはないでしょう。ライトハイザー通商代表が要求しているような経済の体系的な変革はないだろう、ということです。

 中国側は「大きな変革を実行する」という合意に応じたところで、アメリカ側をだます見通しが強いといえます。このことはこれまで繰り返し起きてきました。ライトハイザー氏はすでにこのことを指摘しています。だから関税問題でたとえ米中間の合意が成立しても、両国関係の基本を変えるような前進はまずないだろうと思います。

 ──関税問題とは別に、厳然と残っている基本的な経済問題とはなんですか。

 サター 米中間のハイテク競争、そして中国の米国への浸透、知的所有権の窃盗、米側企業を取得して米国のハイテク産業をコントロールすることなどです。米側は中国のこの種の動きに、はっきりと抵抗しています。

 さらには中国への輸出管理です。米側の商務省がこの問題に対処しています。中国の膨張を許すような品目の対中輸出は自粛する。これは東西冷戦時代にソ連圏への輸出を規制したココム(対共産圏輸出統制委員会)に似た概念です。中国との関係は、東西冷戦時代のソ連との対決とはまだ同じ段階に達していません。しかし、ファーウェイに対する米側の対応は事実上ココム的管理に等しく、その厳しさはさらに強くなっていくでしょう。

■ 中国は「大きな変革」に着手するか

 ──サターさんは、米側が求める最終目標として中国側の「総合的な構造変革」という言葉を使いましたが、具体的になにを意味するのでしょうか。

 サター 国家がコントロールする企業の役割、国家が産業界と一体になる産業政策、特定企業への優遇財政措置、外国企業、とくに米国企業の中国市場へのアクセスの制限、といった中国の産業政策が実際にどう変わるかです。知的所有権の扱い、外国の技術などの盗用、スパイも大きな要素です。こうした諸領域で中国政府がどんな改革措置をとるかが『総合的な構造変革』を占う指針となります。

 しかし、中国政府は表面をとりつくろうことがきわめて巧みです。なにもしていないのに、なにかをしているかのようにみせかける。そのため米国政府側の中国不信は非常に強い。だから米国政府は最大の注意を向けて中国側の動向を監視しています。もし中国側がこれまでのように大きな変革措置をとるという約束をして、実際にはしなかったことを確認した場合、米中関係は重大な危機を迎えるでしょう。トランプ大統領はそんな中国の背信を許さないでしょう。この点では、議会でも共和党、民主党が一致して中国への強硬な姿勢を保っています。

■ 中国の危険な拡大を食い止めよ

 ──トランプ政権は経済問題以外でも中国を非難しています。具体的には中国のどのような動きが米側を最も強く反発させているのでしょうか。

 サター 南シナ海での膨張、日本への圧力、ロシアとの結託、ウイグル民族の弾圧など米国の国益や価値観を侵害する一連の動きです。中国は米国のパワーを削ごうとしている。米国はその動きを止めようとしているということです。

 米国が究極的に目指すのは、中国にそのような侵略、侵害を冒させない国際秩序の保持だといえます。中国の攻勢に対しては、ケースバイケースで対応していく。そこで商務省、財務省、通商代表部、国防総省、連邦捜査局(FBI)などがそれぞれ中国の攻勢に立ち向かっているという状況です。

 ──サターさんのこれまで40年もの米中関係への関わりからみてトランプ政権の現在の中国への対応は適切だと思いますか。

 サター はい、米国は中国の攻勢をはね返す必要があったと思います。中国が米国を弱いとみて進出や膨張を重ね、米国の勢力圏を侵害していくという近年の状況は危険でした。率直に述べて、オバマ政権時代の後半はそうでした。トランプ政権の政策担当者たちはそうした中国の危険な拡大を止めるための具体策を取り始めた。私はその基本姿勢に同意します。

 トランプ大統領が長期の総合的な対中政策のビジョンを持っているかどうかは別として、中国の膨張を止める政策を断固としてとれた指導者は、2016年の大統領選の候補者の中には他にいませんでした。中国への有効な対策を取るためには、米中関係の緊迫を覚悟せねばならない。トランプ氏以外にそうした緊迫を覚悟して自分の政策を推進できる指導者はまずいなかったと思います。現在のような強固な対中政策が米国には必要なのです。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

中国で不動産価格の値崩れが深刻化!? バブル崩壊が起こるの?

News U.S. 2019/04/19

今日はボクがやります!中国経済の成長率は下げ止まったみたいですけど、地方のマンションの値崩れは止まってないそうです・・・。高速鉄道ができるからと建て過ぎていて、過剰な在庫を抱えているために投げ売りをする業者も多いとか。どうしてここまで不動産を増やしてしまったんでしょうか?バブル崩壊は起こるんでしょうか?


中国経済、減速下げ止まりも不安の芽 地方マンションの値崩れ深刻化
4/17(水) 21:10配信 毎日新聞

 【北京】中国国家統計局が17日発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動を除いた実質で前年同期比6.4%増だった。昨年10~12月期から横ばいとなり、1年ぶりに成長率の減速に歯止めがかかったが、2018年通年実績の前年比6.6%増を下回る水準が続く。政府の景気対策が奏功した形だが、無理な「カンフル剤」を打ち続ければ、経済に新たなリスクを生みかねない。米中貿易戦争も懸念材料だ。

◇「過剰な値引きで、市場の秩序乱されている」

 北京と上海のほぼ中間に位置する江蘇省ひ州市。イチョウの産地として有名な田舎町に異変が生じたのは3年ほど前のことだ。畑や低所得者の住居が次々と潰され、その跡地が高層マンションに変わった。当局の金融緩和を受け、現在も重機の音が響きわたる。

 江蘇省では17年から高速鉄道の新路線建設が始まっている。20年開通予定で、ひ州にも新駅ができる予定だ。高速鉄道ができれば、周辺の不動産価格は跳ね上がる。そう当て込んだ大手不動産開発会社が殺到し、マンションの建設ラッシュを招いた。

 しかし、地方都市でマンションの買い手は多くない。期待されていた不動産価格の高騰は起きず、値崩れが深刻化している。高級マンションのショールームを訪ねると、販売員が「中級以下のグレードのマンションは確実に値崩れしますよ」とささやいた。しかし、この高級マンションでも1年で約1割も値下がりしたという。ベランダから外を眺めると、建設中のマンションが10棟以上、視界に入る。価格上昇は当面、望めそうにない。

 「過剰な値引きで、市場の秩序が乱されている。挑戦的な価格設定をすべきではない」。ひ州の不動産業界は今年2月、マンションの値引き競争に警鐘を鳴らす文書をまとめた。しかし、在庫を抱えたくない業者の投げ売りは止まらない状況だ。需要を無視した過剰投資のつけが、田舎町を追い詰めている。

 中国政府は17年後半から、地方の債務解消のためインフラ投資などを抑制する緊縮策をとってきた。しかし、米中貿易戦争の影響などで中国経済の減速傾向が鮮明になると、再び景気刺激に軸足を移し、当局の金融緩和も拡大して投資を刺激する「カンフル剤」を打ちはじめた。

 今年1~3月の固定資産投資は前年同期比6.3%増と、18年の通年実績(5.9%増)から加速した。インフラ投資が4.4%増(18年実績は3.8%増)に伸びる一方、民間投資は6.4%増(同8.7%増)に縮小しており、当局主導の景気対策が中国経済の減速を止める原動力になったのは間違いない。

 中国経済の持ち直しを期待し、1~3月の不動産開発投資も11.8%増(同9.5%増)と拡大傾向にあり、地方都市にも開発の波が押し寄せつつある。一方、不動産販売面積は年明け以降、前年比マイナスが続き、特にオフィス需要は2桁減と厳しい。需給のミスマッチが起きているのは明らかで、ひ州を襲ったリスクが全国に拡大する危険もある。

(中略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000068-mai-bus_all


中国は負債成長率の方が大きい?

建てるだけ建てて誰も買わない入居しないと。中国経済はもう滅茶苦茶だな。

そうなんですけど、成長率だけは下げ止まったみたいですね・・
・。ここから上昇するかどうかは分からないんです。

それも借金を膨らます形での無理な景気対策だろ?経済成長率以上に借金の成長率の方がでかいというオチだと思う。

確かに!負債成長率の統計を出した方がいいと思います。中国は、日本より負債の増加スピードがすごく速いです!


もう1京円だっけ?世界の統計は色々とおかしいよな。“政府負債”だけ、しかも“GDP比率”で出すから訳の分からないことになる。日本経済は本来底堅くもっと多くの投資を呼び込めてもいいはずだ。GDPを膨らませばそれでいい的な経済構造はあまりにも歪だろう。

中国は、政府の負債だけならそこまで大きくないんですか?

政府部門はGDP比率で47.8%だからな。財務省による2018年3月末の統計だが。

えっ?たったの47%?

多いのは非金融企業の負債だ。これが164%もあり今も膨らみ続けているという。要するに中国は統計を操作して政府負債だけ低く見せて、投資の価値がある国かのように装っているというわけだ。

そんなの、ずるいです!誰がそんなこと決めたんですか?

戦後の世界秩序は色々とおかしなことが多い。特に平成に入ってからは日本に不利な統計ばかりが出やすいようになっていた。未だに国連安保理に中国やロシアがのさばってる時点で矛盾点が解消されていないと分かる。このことはいずれ重大な問題を引き起こすことになると思うよ。

ロシア疑惑の報告書が公表される?トランプ大統領は勝利宣言?

私からはこちらの報道を共有します。いわゆるロシア疑惑に関する特別検察官のMueller氏の報告書が公表されましたが、司法妨害については犯罪行為がなかったことを立証できなかったと言葉を濁しているようです


トランプ氏はムラー氏の解任を命令していた=ロシア疑惑捜査報告書
4/19(金) 7:10配信 BBC News

 米司法省は18日午前(日本時間同日深夜)、2016年米大統領選へのロシア当局による介入とトランプ陣営の関与を捜査していたロバート・ムラー特別検察官の報告書を公表した。448ページに及ぶ報告書によると、ドナルド・トランプ米大統領はホワイトハウス法律顧問に、ムラー検察官の解任を命じていたという。トランプ氏の関係者は報告書の内容を「全面勝利」と歓迎する一方、野党・民主党は、大統領の司法妨害はなかったと報告書発表に先駆けて発表したウィリアム・バー司法長官を強く批判している。

 1年10カ月にわたる捜査の結果をまとめたムラー報告書は、ロシアとトランプ陣営の共謀を裏づける証拠はなかったとしつつ、トランプ氏による司法妨害については、犯罪行為はなかったと確定的に結論できなかったと書き、司法妨害罪に相当するかどうかを検討した大統領の行為10件を詳述した。

 報告書発表に先駆けて記者会見したバー司法長官は、3月末に要点を発表した際と同じように、ロシアによる選挙介入はあったもののトランプ陣営との結託を裏づける証拠はなく、司法妨害についてムラー検察官は判断を避けたものの、自分が司法長官として訴追に相当しないと判断したと説明した。

 大統領の司法妨害疑惑に関するバー氏のこの説明について、民主党幹部は「ミスリーディング」だと強く批判している。

 特別検察官事務所は2017年5月から1年10カ月の間に、ロシア人やロシア法人3社を含む計37人を正式起訴し、そのうち7人が有罪を認めた。ロシア人やロシア法人は共謀やハッキングなどに関する罪状で起訴されたが、トランプ陣営関係者の罪状は詐欺罪や偽証罪などがほとんどでロシアの選挙介入に直接関与したという罪状での起訴ではない。

 ムラー報告書の新事実報告書でムラー検察官は、ロシア当局とトランプ陣営の間に複数のつながりがあることを確認したものの、犯罪に相当する共謀行為は特定しなかったと書いた。一方で、ロシアの選挙介入とトランプ陣営との関係について、司法当局の捜査をトランプ氏が妨害しようとしたかについては、「無罪を認定するわけではない」としつつ、確定的な法的判断を避けた。

 特別検察官によるこの異例の判断回避はバー司法長官が3月に示した要旨でもすでに明らかになっていたが、報告書はこの文章の前段として、「事実関係を徹底的に捜査した末、大統領は明らかに司法を妨害していないと自信を持てるならば、我々はそのように断定するところだ。事実関係と、適用可能な法的基準をもとにすると、我々はそのような判断に至ることができない」と書き、その上で、「この報告書は大統領が犯罪を行ったとは結論していないものの、無罪を認定するわけではない」と説明していた。

 その上でムラー特別検察官は、「大統領が憲法第2条に則り自らの権限を行使した結果、司法を妨害したと言えるかどうかについて、我々は、司法遂行の厳正性を守るために大統領の権限乱用を防ぐ権限は、連邦議会にあると結論した」、「大統領の権限乱用に対して連邦議会が司法妨害に関する法律を適用しても良いという結論は、この国の憲法が保障する三権分立の仕組みと、なんびとも法を超越しないという原則に見合うものだ」と書いた。

(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-47985269-bbc-int

つまりどういうことなんですか?トランプ大統領は、無罪なんですよね?

ロシアとトランプ陣営の共謀の証拠なし。よって無罪。ただ司法妨害については無罪かどうかは断定しないけど、犯罪を行なったという結論でもないと中途半端にまとめてあるね。この辺りは捜査官のさじ加減でいくらでも変わると思う。

トランプ氏は報告書の公表を受けてTwitterにNo Collusion – No Obstructionと書き事実上の勝利を宣言しました。結託もなければ妨害もないという意味です。

そして”ゲームオーバー”と大きく書かれた画像をアップした。”固定されたツイート”として一番上に常時表示してある。

あの・・・これだと、トランプ大統領の方がゲームオーバーに見えてしまうんですけど、違うんですよね?

確かに。元ネタのゲームオブスローンズを知らない人が見たらそう勘違いするかもね。まあ小さく書かれた部分を読めば民主党にとってのゲームオーバーだと分かるから問題はないだろう。

トランプ氏こそが妨害されておるからのう。信じ難いことじゃ。

民主党はトランプの粗探ししかしてないですね…。まるで日本の民主党とそっくりです。

今回の報告書によりトランプ氏はMueller氏を恐れており、解任しようとしていたことも分かりました。Mueller氏が特別検察官に任命された際には大統領生命が終わることも覚悟したそうです
。これで2年間弱の捜査に終止符が打たれることになります。

自動車もスマートフォンも全然売れてない?

最初の中国の記事なんですけど、続きもちょっとだけ見てみようと思います!


◇個人消費は伸び悩み目立つ

 「一連の政策の効果が表れた。政策効果にけん引され、企業心理の改善も広がっている」。中国・国家統計局の毛盛勇報道官は17日の記者会見で、中国経済持ち直しの動きが民需にも拡大していると強調した。

 1~3月の工業生産は6.5%増(18年実績は6.2%増)。3月単月でみれば前年同月比8.5%増と大幅な改善を示した。ただし、現状で企業活動を積極化しているのはセメント業界など政府主導のインフラ投資の恩恵を受ける業界が主体となっており、この動きを幅広い業種に広げられるかが課題だ。

 企業活動と並ぶもう一つの柱である個人消費は伸び悩みが目立つ。1~3月は8.3%増(同9.0%増)に縮小した。インターネット通販は15.3%増と好調を維持しているものの、自動車やスマートフォンは深刻な販売不振に陥っており、消費者の財布のひもは固いままだ。

中国経済持ち直しって要するにインフラ工事をしまくった影響だけじゃん。つまり政府主導という。これで経済回復したと言い張るとは相当苦しい状況だな中国は。

あとはお任せします。今回は中国の話を主題にしてください。

分かりました!

ロシア疑惑はいいのか。まあ以前取り上げた時点で内容は分かってたからな。

自動車やスマートフォンが、全然売れてないんですね・・・。ファーウェイの折りたたみスマートフォンもダメみたいです。

そりゃ折りたたみ機能ごときに20万も出せないわな。iPhone XRなら10万しないで買えるんだろ?

一番高い機種でも、10万円と少しです!今までのiPhoneを下取りに出せば、6万円くらいで買えます!

全然違うじゃないか。スマホユーザーなんて大体1~2年で買い替えるんだろ?要するにアップルに毎年数万円とかの年会費を払ってるようなものだ。ファーウェイやサムスンも同様だろう。それが急に20万とか言われたらさすがに誰も買わなくなる。

ちょっと待てば、もっと高機能の機種が買えるって誰でも思いますもんね!

そうそう。俺もそれでずっと見送っていた。今のままでも十分使用できるからな。

不動産ばかり造ってて、大丈夫なんでしょうか?売れなくなったらどうするんですか?

過剰在庫を抱えた販売業者がどのように赤字を処理してるのかは不明だ。ひょっとすると民間金融で穴埋めしてる可能性があるかもね。オフィス需要が2桁台で減ってるというのが何よりの経済減速の表われだと思うよ。オフィスで働く人がいなければ実体経済も存在しないだろ?

確かに!じゃあ、中国は全然回復してないんですね・・・。

中国はもうハードランディング以外の道を閉ざしてしまったように見える。それがいつになるのか分からないが、そうなる日を極力先延ばしにしつつ何とか政権を維持してる状態だと思う。その日は近いんじゃないかとも思ってる

令和時代になったら、その日が来ますか?

それは分からない。平成のうちは何となくやり過ごせるだろうとは漠然と思っていたが、令和時代に突入したら途端に立ち行かなくなるかもな。米中通商協議からの米中首脳会談で何が合意されるかが重要だろう。

やっぱり、元号って大事ですよね!日本の元号が世界情勢を左右してる気がします!

たかが元号、されど元号だ。これから何千回何万回と口にする令和時代という言葉こそが、次の未来を決めるキーワードになるのかもしれないね
  • コメント : -
  • トラックバック : -

中国「韓国は来るな」 北朝鮮「韓国との接触を禁止する」  文在寅どうすんのこれ…

News U.S. 2019/04/18

韓国が孤立を深めているようだな。PM2.5について中国側と話し合うために議員団が訪中しようとしたところ拒否されてしまったようだ。これに伴う失礼議長の訪中も日程が決まらず不透明な状況となっている。さらには北朝鮮でも韓国側の団体との接触を禁じるような命令が出ているとのことだ。まさに文字通りの完全孤立だ。


(朝鮮日報日本語版) 中国「PM2.5の話をするなら韓国の議員は来るな」
4/17(水) 8:42配信 朝鮮日報日本語版

 韓国の国会議員たちが訪中し、中国当局とPM2.5をはじめとする粒子状物質対策を協議しようとしたものの、拒否されていたことが16日、分かった。国会環境労働委員会によると、金学容(キム・ハクヨン)委員長=自由韓国党=ら同委員会所属の与野党議員8人は先月末、韓国の外交チャンネルを通じて中国の生態環境省と全国人民代表大会(全人代=国会に相当)常務委員会を訪問したいと提案したという。8人は中国から飛来する粒子状物質の低減策を話し合う一方で、中国側に誠意ある姿勢を要求する考えだった。ところが、中国側は今月3日ごろ、中国にある韓国大使館に「中国側が公式に招待したものではないので拒否する」との意向を口頭で伝えてきたとのことだ。

 文喜相(ムン・ヒサン)国会議長も来月初めに予定されていた訪中で全人代の環境分野関係者らとの面談を推進していたが、まだ回答がないことが分かった。先日、与野党5党の院内代表団が訪中した時も環境分野関係の専門家に会おうしたが、日程が組めなかった。金学容委員長は「国会議員の訪中目的自体、中国から来る粒子状物質の責任を問うためのものなので、中国側が負担を感じているのだろう。中国当局が強い抵抗感を示したと聞いている」と語った。

 韓国政府はこのほど、超党派で粒子状物質対策を立てるとして潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長を国家気候環境会議委員長に任命した。潘基文委員長は同日、韓国の経済団体・全国経済人連合会(全経連)のカンファレンス・センターで行われた粒子状物質セミナーで、「今月初め、中国を訪問し、習近平国家主席に会って粒子状物質の深刻な懸念を伝え、緊密に協力していくことを約束した」と語った。

 しかし、潘基文委員長の訪中直後、中国当局が国会訪中団の提案を拒否したことから、韓国政府による中国との粒子状物質外交は容易ではないと懸念の声が上がっている。国会関係者は「今回の中国当局の態度を見ると、基本的に粒子状物質について中国側が責任を認めるのは難しいという姿勢がうかがえる」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00080001-chosun-kr

韓国は中国に対しても失礼

PM2.5の話は、韓国にも原因があります!それなのに、中国だけが悪いかのように言うのは失礼です!

まあこればかりは中国にも同情してしまうわな。中国が100%悪いと決め付けた上での中国との話し合いによる解決を模索するというのはどう考えても相手の面子を軽視している。

ホントですね・・・。仮に真実だとしても、もう少し言い方があると思います。

日本だって中国からPM2.5が飛んできてるとか散々言われてるが、それだけのためにわざわざ訪中して改善を求めるようなことはしてこなかった。まず自国内に何か改善できるポイントがないかと話し合う方が先だからだ。

韓国は、北朝鮮の石炭を燃やしてるので、それを隠したいのでは?

自国の落ち度を棚に上げて相手国ばかり批判するのは韓国の毎度のやり方だが、失礼議長もその論理でまさに訪中しようとしていたようだ。中国側の環境分野関係者と面談し改善を要求しようとしてたんだろう。

ホントに失礼ですね・・・。日本に限らず、世界中で失礼なことばかり言ってます!

しかもこの段階でなぜか元国連事務総長の潘基文を国家気候環境会議とやらの委員長に指名してるからな。粒子状物質問題は中国だけが悪いと決め付ける中でのこの人事は極めて不可解だ。

パンさんって、在任中はあまりいいイメージがなかったんですけど、大丈夫なんでしょうか?

パンさんとか書かれると新鮮だな。国連の職員を韓国系にしたり、国連の事務用品をみな韓国製品にしたりというのが主な成果だ。要するにほとんど何もしていない。

北朝鮮も韓国との接触禁止令を出すまでに

だが一番の問題はそれが中国だけじゃないという点だ。北朝鮮にまで本気で避けられてしまっているという。北朝鮮側が韓国側の民間団体との接触を禁止する命令を出しているとの情報だ


ハノイ会談後に態度が変わった北朝鮮…「南側と接触するな」禁止令
4/17(水) 11:06配信 中央日報日本語版

 2回目の米朝首脳会談が決裂した後から当局間の公式会談をしていない北朝鮮が、内部で南側民間団体と接触するなという禁止令を出したと、複数の対北朝鮮情報筋が16日伝えた。北朝鮮は先月初めから最近まで毎週金曜日に開いてきた南北共同連絡事務所所長会議に出席せず、軍事会談など当局間の接触に応じていない。さらに今月初めからは南側民間団体との事業協議も一方的に中断したと、情報筋は明らかにした。

 匿名を求めた南北協力民間団体の関係者は「4、5月中に平壌(ピョンヤン)を訪問して対北人道的支援と協力事業問題を協議する予定だったが、北側が最近『しばらく協力事業は難しくなった』という内容のファックスを送ってきた」とし「確認してみると、他の団体も北側から似た内容の通知を受けていた。北側は背景の説明なく『上部の指示』としている」と伝えた。

 別の対北朝鮮支援団体関係者は「昨年の板門店(パンムンジョム)南北首脳会談(4・27)以降、中国で勤務する北側関係者は好意的で積極的な協力の意思を見せていたが、最近は電話も受けず、ファックスの返信もない」とし「北側の関係者は南側と何かをするというそぶりも見せず、北の当局が南側住民と接触するなという『接触禁止令』を出したという話を聞いている」と説明した。

 これまでも北朝鮮は南北関係が冷却期に入ると、海外公館の職員のほか、貿易代表部や南北協力事業の関係者に接触禁止指示を出したりした。今回はハノイでの2回目の米朝首脳会談が決裂すると、韓国側に責任を転嫁する傾向が作用したと分析される。ある対北朝鮮支援団体関係者は「先月15日に崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が『南朝鮮は仲裁者でなくプレーヤー』と発言した時から内部の動きがおかしかった」とし「トランプ米大統領が会談場を出て行ったことで、会談決裂の責任は南側政府にもあるという雰囲気のようだ」と話した。

 一方、ハノイ首脳会談の決裂後に内部的に体制を整備中という見方もある。キム・ヨンヒョン東国大北朝鮮学科教授は「ハノイ会談が決裂した後、北側実務者の間で責任論が提起された」とし「対南関係をする統一戦線部が交渉を主導的にして失敗した結果、統一戦線部は対南部門で、米国との交渉は外務省で交通整理をする過程で、南側と何かをするのが難しい内部状況もあるはずだ」と診断した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000020-cnippou-kr

首脳だけでなく、民間団体同士も仲が悪くなってしまったんですか?

民間だけは別とか言って仲良くしてると韓国側に間違ったメッセージを与えかねないからな。日本のような民主主義国家とは違い北朝鮮は全体主義なのでこのように一律で禁止令を出せる。この一件だけで金正恩が韓国をどのように見てるかがすぐ分かる。

協力事業が難しいってことは、開城金剛ももうダメなのでは?

そういうことになる。文在寅が北朝鮮のためにと思って目指している開城金剛の再開について、その北朝鮮側から拒否するような動きが出てきたというのはあまりにも痛烈な皮肉だね。韓国は一体誰のために働いてるんだ?

鈴置さんが使い走り以下って言ったのも、納得ですね・・・。

使い走りの役目を果たせてないので、そこは使い走り未満としてほしかったところだが。まあそれはいいや。これで文在寅は文字通りの八方塞がりとなったわけだ。就任後ずっと続けてきた北朝鮮融和政策は完全に失敗したことになる。

南北首脳会談も、させてもらえないのでは?

特使を送るという話もどうやら立ち消えになりそうな気配だからな。金正恩の演説を受けてか文在寅も特使には言及しなかったという。今韓国政府は南北首脳会談の開催さえ困難になっているということをいつまで隠し通せるかという段階に来てると思うよ。

中央日報さん、とうとう朝鮮日報さんの後追い報道を始めたって認めましたね・・・。


中国、韓国議員の訪中「粒子状物質議論」に強い拒否感
4/17(水) 11:04配信 中央日報日本語版

 韓国の国会議員が中国を訪問し中国当局と粒子状物質対策などを議論しようとしたが、中国側が拒否したと16日に朝鮮日報が報道した。

 報道によると、韓国国会環境労働委員会の金学容(キム・ハクヨン)委員長ら与野党の議員8人は先月末に韓国外交部を通じ中国生態環境部と全国人民代表大会常務委員会を訪問したいと中国側に伝えた。

 しかし中国側は3日ごろ、在中国韓国大使館に「中国側が公式招請したものではないので拒否する」という意向を口頭で伝えたという。

 金委員長は「国会議員の訪中目的自体が中国発の粒子状物質の責任を問うための側面があり中国側が負担を感じただろう。中国当局が強い拒否感を見示したものと理解する」と朝鮮日報に話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000022-cnippou-kr

堂々とライバル社の記事の後追いを宣言するとはなwww 日本で言うなら毎日新聞が朝日新聞の記事を引用して報道するようなものだ。報道機関としてのプライドはないのかと問いたくなるね。

南北協力事業も当の北朝鮮から拒否されるという皮肉

ネットユーザーは、みんな韓国の方を疑ってます!韓国で生じたPM2.5が中国に流れてる可能性もあるのではって。あと、パンさんは中国との協力を取り付けたと言ってたのに、やっぱり相手にされなかったとも言われてます・・・。ムン大統領はやることが全部空回りだとも。

ここで気になるのが国連安保理が一部制裁を免除したと中央日報が報道している話だ。中央日報によれば、文化財関連事業については北朝鮮への機材搬出を認められたという。


国連安保理、「開城満月台共同発掘」のための装備で北朝鮮制裁免除
4/17(水) 15:11配信 中央日報日本語版

 国連安全保障理事会が16日(現地時間)、高麗時代の宮廷跡である開城(ケソン)満月台(マンウォルデ)の南北共同発掘に必要な装備の北朝鮮への搬出を許容した。

 外交消息筋などによると、安保理傘下の北朝鮮制裁委員会はこの日午後、韓国政府が申請した開城満月台南北共同発掘装備の北朝鮮への搬出制裁免除を承認した。

 従来の制裁は維持しながら南北間協力事業に対して例外的・一時的な制裁免除を認めたのだ。
・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000036-cnippou-kr

ところが朝鮮日報の方では米国は同意しなかったと報道されている。さらには北朝鮮関連事業は北朝鮮側に無視されているとまで書かれている


(朝鮮日報日本語版) 対北制裁免除を求める韓国統一部の嘆願書、米国は拒否
4/15(月) 9:31配信 朝鮮日報日本語版

 韓国統一部(省に相当、以下同じ)は昨年、外交部の反対にもかかわらず、南北交流事業に関する制裁免除を求める嘆願書を米国に送付したが、最終的に免除は拒否されていたことが14日までに分かった。また米国の同意を何とか取り付けた北朝鮮関連の一部支援事業は北朝鮮の方から拒否され、これも行われていなかったことも分かった。統一部が問答無用の形で北朝鮮への支援に乗り出した結果、米国からは不信を招き、北朝鮮からは無視されているとの指摘も相次いでいる。

 ある外交筋によると、統一部は昨年末に開催された「韓米ワーキンググループ」の際、外交部を通じ「開城満月台(高麗王朝遺跡)共同発掘」のため重機の搬出を認めるよう米国に要請した。その際に統一部が作成した嘆願書のような文書には「北朝鮮労働者は寒い中でも重機がなく、素手で地面を掘っているので負傷が相次いでいる」などと記載されていた。外交部は難色を示したが、統一部に押し切られて最終的に文書を提出した。しかしワーキンググループで米国は制裁免除に同意しなかったため、重機は搬出できなかった。
・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00080016-chosun-kr

あれ?朝鮮日報さんの方をまた見逃してました・・・。もっと分かりやすいタイトルにした方がいいと思います!

朝鮮日報は記事数が中央日報より少ないので、その分色々な話を同じ記事の中に盛り込まなければならない。よってこのように関係ないタイトルの中に重要事項が書かれることが多い。タイトルに惑わされず全文に目を通した方がいい。

国連安保理は、どうしてこのタイミングで制裁免除を認めたんでしょうか?

どうもこの決定には裏がある気がするんだよな。北朝鮮側が韓国を無視していることを念頭に置いたというか。協力事業も不可能になり、接触禁止令まで出ている中でのこの動きというのは韓国の孤立感を浮き彫りにすると言えなくもない。

確かに、一部制裁が免除されたのに、事業が始まらなかったらおかしいですよね?

接触禁止令ということは、韓国からたとえ機材の搬入があるとしてもそれを受け入れないという意味になる。場合によっては北朝鮮だけでこの事業を始めるかもしれないね。

北朝鮮は経済制裁されてるのに、韓国と瀬取りをしなくて大丈夫なんでしょうか?

結局のところ金正恩は厳しい経済制裁を受けてでも核兵器を維持すべきと考えているんだよ。韓国については制裁解除に1ミリも役立たないことが分かったのでもうこれ以上飴は与えないことにしたんだろう。間違ったメッセージを送らないためにも接触禁止令を出した。その先には朝鮮有事と南進しかないと分かる

キム委員長がそういうつもりなら、それでいいと思います!日本もむしろ安全保障の議論が進んでメリットが大きいですよね?

万が一本当に韓国へ南進するような気配があれば一気に緊張度は高まるだろう。それに応じて日本の戦略的位置付けも高まり安倍内閣の支持率もアップするはずだ。韓国がどうなろうが基本的には日米はどうでもいいしむしろ危機感を高めるためには必要なことだとさえ考えている。いずれにせよ、中国と北朝鮮から同時に避けられ始めたのは何か裏があるとしか思えないね

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!
  • コメント : -
  • トラックバック : -

日本が米中首脳会談の舞台になる可能性  トランプ氏の訪日に合わせて開催か

NewsU.S. 2019/04/18

兼ねてより報道されている米中通商協議ですが、トランプの訪日に合わせて習近平氏との首脳会談が行なわれる可能性が浮上しています。関係者によれば、トランプ氏が5月に新天皇と会見するために日本を訪問する際に、米中合意のための署名を行なうことが1つの選択肢として検討されているとのことです


米中高官の通商協議もう2回予定、5月初めの妥結視野か
4/18(木) 3:33配信 Bloomberg

 (ブルームバーグ): 米国と中国の高官は、通商問題での合意締結に向けて直接会う形のハイレベル協議をさらに2回予定している。5月初めまでに妥結し、トランプ大統領と習近平国家主席が同月中に合意に署名することができるよう目指す。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官は4月29日の週に北京を訪問する計画。関係者が匿名を条件に話した。中国の劉鶴副首相がその翌週に協議のためワシントンを訪れる予定だという。劉副首相の訪米中に、両国の当局者は交渉妥結と、合意署名のための米中首脳会談の詳細を発表したい意向で、その場合、5月下旬の会談開催が設定されることになりそうだと関係者は語った。

 ライトハイザー代表の報道官は訪中予定についてコメントを控えた。

 トランプ大統領は4月4日、合意の枠組みをまとめるのに4週間、詳細文書の策定に2週間必要となる可能性を示していた。また大統領は17日、ホワイトハウスで開かれたイベントで、交渉は「成功」するだろうとの考えを示した上で、近いうちに最新情報の発表があるだろうと述べた。

 関係者の1人によると、1つの選択肢として検討されているのは、合意署名のための米中首脳会談を日本で行う案。トランプ大統領は5月に皇太子さまが新天皇に即位された後に会見するため来日を予定している。大統領は20カ国・地域(G20)首脳会議に出席のため6月に再び日本を訪れる。

 米中によるさらなる貿易協議の計画は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。

原題:U.S., China Said to Aim for Early-May Announcement on Trade Deal(抜粋)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000019-reut-cn


5月26日を軸に調整か

え?まさかの日本で歴史的合意きちゃうわけ?

すごいじゃないですか!日本が舞台になるなら、ボク達は大歓迎です!


しかも新天皇陛下との会見に臨む際にというのがまた何ともね。

ここで出てきた話はあくまでも1つの選択肢に過ぎないということですが、トランプ氏が5月に新天皇との会見に臨む際に米中合意の署名を行なう案が浮上しているようです。

有能さんは天皇“陛下”とつけないか。そりゃそうか。

トランプ大統領って、5月と6月に日本に来るんですよね?5月はいつですか?

5月26日来日を軸にすると今年2月に報道されているな。よって5月下旬となるね。

じゃあ、記事の内容と一致してますね!

通商代表部のLighthizer氏と財務長官のMnuchin氏が4月の第5週に訪中し、その翌週に中国の副首相がWashington D.C.を訪問する予定とされています。その中でトランプ氏と習近平氏の首脳会談について協議され、5月下旬の開催を目指すことになるようです。


D.C.と効いてダカーポを想起した俺は頭がおかしいかな?

どういうことですか?

米中通商協議は一種の楽曲のようなものだという憶測

いや、ライト&ムニューチンの訪中からの中国副首相訪米ってこの前もあったばかりじゃん。同じことをもう一度繰り返したのちに”日本で”米中合意というのは何となく楽曲の流れっぽいなと。

コナン君みたいな推理ですね!


ワトソン君は楽譜は興味ないか。まあそりゃそうだよな。

よい観点ですね。続けてください。

ダカーポというのは楽譜における演奏記号の1つで、この表記がなされた場合は楽曲の初めに戻ってもう一度同じ部分を演奏することになる。その後はフェルマータという記号まで演奏し曲を終えることが多い。コーダという記号もよく使われる。

例えば楽曲の楽章にCとAとTとJがあるとする。楽章Tの最後にD.C.と書き、楽章Aの終わりと楽章Jの手前にコーダの記号を書く。演奏を始めよう。まず楽章CからA、Tまでは普通に演奏する。もう一度楽章Cに戻って演奏をし直す。再び楽章Aまで来たら楽章Tは演奏せず楽章Jにジャンプしてフィナーレだ。

チンプンカンプンです!何を言ってるのかさっぱり分かりません!

言葉での説明は困難だな…。このページを参考にしてみてくれ。
http://楽典.com/gakuten/hanpuku.html

C=中国での会談、A=米国での会談、T=電話会談、J=日本での会談、演奏=協議と置き換えてみる。協議を始めよう。まず中国での会談から米国での会談、電話会談までは普通に協議する。もう一度中国での会談に戻って協議をし直す。再び米国での会談まで来たら電話会談では協議せず日本での会談にジャンプしてフィナーレだ。

ちょっとだけ分かりました!同じことを繰り返す=ダカーポってことでいいんですよね?

ダカーポは最初に戻るという演奏記号だが、同じ部分を繰り返し演奏するという点については違いがない。要するに米中は楽曲を奏でるように双方を行き来し合いながら協議していたんじゃないかと俺は推測してるんだ。そして最後のとっておきの隠しフィナーレとして日本を用意していたと。

着眼点は素晴らしいですが、D.C.を演奏記号と解釈することについては私は特に肯定も否定もしません。現時点では憶測の1つとして留めておいてください

よくぞ気付いたのう。教養は大切じゃ。学がなければ深みのある政治もできん。。


日本語表記でワシントンDCとしていたら、気付きませんでした。英語表記が大事だと痛感しました…。

日本側には情報が共有されていない可能性も

産経新聞さんも報道してたんですけど、日本で米中の署名式をやるかどうかは書いてませんでした・・・。


米中貿易協議、5月下旬の署名目指す 米紙報道
4/18(木) 8:19配信 産経新聞

 【ワシントン】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は17日、米中両国が貿易協議を決着させる署名式を、5月下旬から6月上旬に開催することを目指していると報じた。閣僚級協議を今月の最終週から再開。2週連続で閣僚折衝を開き、詰めの調整を急ぐという。

 同紙によると、両国政府が暫定的に組んだ協議日程は、今月29日に始まる週に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が北京を訪問。ムニューシン財務長官も同行する。翌週の5月6日に始まる週には中国の劉鶴副首相がワシントンを訪れる。

 双方が主要争点で妥結すれば、その後の数週間で合意文書の文言の調整や法的チェックを終え、早ければ5月下旬に、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席による調印式を開く段取りを想定しているという。

 米中は今月初めまで2週連続で閣僚協議を開いた。トランプ氏は今月4日、中国と合意に達するかどうかは「あと4週間程度で分かるだろう」と述べていた。ただ、米国が中国産品に課した追加関税を一部維持するとも主張しており、すべての関税撤廃を求める中国側との対立点が残っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000503-san-bus_all

となると日本での会談は極秘で検討されている可能性があるね。新天皇陛下の即位式直後というデリケートな時期でもあり表沙汰にはあまりしたくないのかもしれない。

日本側に伝えてしまうと、何かまずいんですか?

韓国が黙っちゃいないだろうね。この米中狂想曲、もとい米中協奏曲では韓国=楽章Kは一切登場しないからな。令和時代になれば韓国との関係も冷え込み零になると今まで言い続けてきたが、米国だけでなく中国や北朝鮮もその流れに乗ろうとしているわけで。

全然関係ないんですけど、韓国のブランドってKがつくことがホントに多いですよね!見た目は欧米風でどこにも韓国の要素がなくても、ブランド名にKが入ってると韓国ブランドの確率が高いんです!

へー。韓国ブランドの見分け方ってこと?俺はあまり実感がないが。

あと、IKEAって入れようとしたら、「IKON」という検索候補が出てきたんです!何だろうと思って調べてみたら、韓国のアイドルグループでした・・・。

ワトソン君のスマホも順調にやられてるな。Kに気をつけろってことでいい?

そうです!

よい指摘ですね。皆さんはすでにご存じかもしれませんが、フランス語ではKという文字はほとんど使われません。よってフランスが韓国に似ているなどといった決め付けはあまりにも突拍子がなく行きすぎた憶測かと思います。

まだ根に持ってたのか…。

ボクが代わりに謝っておきます。すみませんでした!

となると韓国がやたらK、Kにこだわるのはドイツ仕込みということになるな。まあそれはどうでもいいか。

米中首脳会談が日本で行なわれるなら、ぜひやってほしいです!歴史に日本の名前が残れば日本復活の象徴になると思います!

そうだな。日本が舞台になると聞くと途端に応援したくなってくるね。中国は最近韓国にも冷たい態度を取っているし俺はそこまで今は反発していない。韓国さえ日本との関係がなくなってくれれば後はどうにでもなると思っている

韓国の皆さん、もう手遅れです!1000年後に会いましょう!さようなら!

結局韓国事案かのようになってしまったなwww

今回の報道については決定事項ではないので、これ以上広めることは現時点では控えてください。最新情報があれば引き続き共有します。中国以外に関するトランプ氏の行動についても注視してください。

分かりました!
  • コメント : -
  • トラックバック : -

iPhoneショックが中国でリストラの嵐を巻き起こす!? 5万人も解雇されたの?大丈夫?

NewsU.S. 2019/04/17

今日もボクがやります!iPhoneが全然売れなくて、中国の工場がパニック状態みたいです!5万人がリストラされてしまった影響で、工場周辺の商店街が寂れてしまってるとか・・・。どうしてこうなってしまったんでしょうか?


iPhone売れず、中国「リストラ5万人」の衝撃 「アップル・ショック」の現場を見た
4/16(火) 11:31配信 GLOBE+

 圧倒的な人気を誇ってきた米アップルのiPhoneの売れ行きに、今年、急ブレーキがかかった。中国での販売不振に端を発した「アップル・ショック」。その影響は世界の市場を揺さぶり、部品を供給している日本の企業にも及んでいる。

iPhoneの精密な部品の一つひとつを供給している巨大なサプライチェーン(供給の鎖)。その現場をたどると、各国企業がモザイクのように絡み合い、簡単には崩せなくなっている現代の貿易の構図が見えてくる。(益満雄一郎、五十嵐大介)

 春節(旧正月)が過ぎ、街が活気を取り戻す3月上旬、中国の「iPhoneの街」は閑古鳥が鳴いていた。

 「世界のiPhoneの半分超を生産する」(中国メディア)といわれる河南省鄭州。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業グループが超大型工場を構える。出稼ぎ労働者が増える繁忙期は従業員が40万人を超える。

 工場周辺の商店街を訪れると、食堂やスーパーが相次いで閉店に追い込まれ、一部はシャッター通りに。串焼き店の男性は客がいない店内でぼやく。「こんな状態が続けば、店がつぶれてしまう」

 原因は、昨秋に売り出した新機種に代表されるiPhoneの販売不振だ。鄭州の工場は5万人規模の労働者を前倒しでリストラしたと報じられた。

 中国でiPhoneの販売価格は機種によっては、1万元(約17万円)を超える。一般的な鴻海の工場労働者からみれば、月給の2倍以上だ。一方、華為技術(ファーウェイ)などの中国ブランドは数千元で買えるうえ、機能も充実。中国の消費者にはiPhoneの魅力が下がったと映る。

 新年早々、世界の株式市場は「アップル・ショック」に見舞われた。米アップルは中国でのiPhoneの販売不振などを理由に、業績予想を大幅に下方修正。世界の株価が急落した。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は声明で「中国経済は、米国との貿易摩擦でさらに影響を受けたとみている」として、米中摩擦も一因との見方を示した。

(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010000-globeplus-int

iPhone XRはどうして売れないの?

今日も有能さんはお休み?

今日は来るみたいです!特に目新しい話題がないので、お任せしますって言われました。

ノートルダム大聖堂は特に目新しい話題ではないのか。なるほど。

確かに・・・。どうなんでしょう?

まあそれはいいや。iPhoneの販売不振で5万人リストラ?これはこれでなかなか深刻そうじゃないか。

iPhoneが全然売れなかった影響みたいですね・・・。そんなにダメな機種だとは思わないんですけど。

ワトソン君はiPhone XRだっけ?実は俺もそろそろ買い換えを画策していてな。バッテリーの持ちがいよいよ限界に近付いてきた。

そうなんですか?アップル公式店なら、バッテリー交換できると思います!

そこまでして使いたくないというか。あれって数日かかるだろ?その間スマホなしというのはちょっと考えられないね。

確かに・・・。買い換えるなら、いい機会だと思います!

毎晩充電しているはずなのに、昼頃見たらもう70%とかになってるんだぞ?ほとんど何も触ってない段階でだ。モバイルバッテリーがいくつあっても足りないよ。

それって、裏で怪しいアプリが動いてたりしませんか?

まあその可能性はなくもない。ヘルスケアとかをオフにしようかどうかを検討している。

ダイエットしてるんですか?

いや別の用途があってな。まあそれはいいや。ワトソン君は、どうしてXRにしたんだっけ?

iPhone Xsは韓国製、iPhone XRは日本製?

一番安かったからです!あと、液晶ディスプレイが良かったので、他の選択肢は最初から外してました。

iPhone XSは有機ELとかだったっけ?

そうなんです!最初はXsと迷ったんですけど、有機ELは画面の焼き付きがひどいって聞いたので、XRにしました!

何でXsだけ小文字なの?

確か公式サイトでそういう表記を見ました!XRの「R」もホントは小文字サイズです!

小文字サイズの大文字?どういう表記だよww

だって、ホントにそうやって書いてあったんです!調べてみたら、スタイルシートの指定でわざわざサイズを小さくしてるみたいですね・・・。だからホントは大文字です。

訳の分からないことやってるな。そういうのも購買意欲を減退させる原因だとは思うが、売れてない一番の原因としては有機ELの可能性が出てきたね。

でも、一番売れてないのはXRということにされてるんです・・・。

そうなんだ?XRでも10万くらいするんだろ?ライトユーザーには値段が高すぎるし、ヘビーユーザーには魅力的に映らなかったというのが理由かもしれないね。俺も有機ELの焼き付きは問題だと思うのでXRしか候補がない状況だが。

その有機ELが、確か韓国LG製だったんです・・・。ボクがXRにした一番の理由はそれです。

なるほど。XRの液晶はどこが製造してるの?

ジャパンディスプレイです!

ほほう。XR売れてない売れてないと連呼される背景が分かったじゃないか。要するに日本の部品メーカーを窮地に追い込ませるための情報工作だったというわけだ。

そんなぁ・・・。でも、Xsも全然売れてる気配がなかったので、おかしいとは思ったんです!


というわけで、日本人の読者の諸君はiPhone XRをぜひとも買って日本企業の業績に貢献してほしいところだね。間違っても焼き付きがひどいXSは買わないように。

買う前に色々と調べてたんですけど、購入初日で焼き付きが出たって人もいるそうです・・・。あとXSじゃなくてXsです!

もはや不良品の域だな。アップル公式サイトでは大文字なんじゃないの?

見た目重視で、Xsがいいと思います!読み方も「エックスエス」じゃなくて「テンエス」なので、区別する意味合いもあるんです!

もうそういうどうでもいい部分が議論の的になる時点でお察しだよなww

皆さん、順調に議論を進められてるようですね。私はiPhoneは一切使いませんが、米中通商協議にも関わる重要品目のため状況を注視しています。

有能さん!ノートルダム寺院の方は大丈夫ですか?

ノートルダム寺院の火災原因は不明?

私からはこちらの報道を共有します。トランプ氏がNotre-Dame de Parisの火災に対する見舞いを伝えるとともに支援を申し出ると発表しました。


トランプ米大統領、ノートルダム火災で仏に見舞い 支援申し出
4/17(水) 9:21配信 ロイター

 [ワシントン 16日 ロイター] – トランプ米大統領は16日、フランスのマクロン大統領と電話会談し、15日に発生したノートルダム大聖堂の火災被害への見舞いを伝えるとともに、米国として再建に向けた支援を申し出た。ホワイトハウスが明らかにした。

 ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は、「ノートルダム(大聖堂)は、宗教の自由と民主主義を含め、これからもフランスの象徴としての役割を果たし続ける。われわれは、2001年に米国で発生した9.11同時多発攻撃を受け、翌12日に鳴らされたノートルダムの鐘の音を、感謝とともに思い出す。鐘は、ふたたび鳴らされるだろう」との声明を発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000025-reut-eurp

9.11と言えば、ユーチューブがこの火災に間違って9.11のテロップを付けてしまったんですよね?

あったなそんな話…。今回の件に関する米国側の動きが少し気になるところだが。

火災の原因は未だに明らかになっていません。今後徐々に情報は出てくるかと思いますが、早期の復旧が望まれます。世界的に歴史的価値を認められていますが、第一次世界大戦ではドイツ軍の空襲により全焼しています。現在の寺院は復旧後の姿ということになります。

えっ?戦争で燃えてしまったこともあるんですか?

奇しくも第一次世界大戦終戦100周年を迎えた翌年という…。これはますます何かありそうな気配だ。

私からは以上です。引き続きiPhoneの話を続けてください。

はーい!

ノートルダム大聖堂の話は主題には持ってこないということか。

だって悲しいだけじゃないですか・・・。ネットユーザーの雰囲気としては、やっぱり高いことを真っ先に挙げてます!スマートフォンで10万円を超えた時点で買う気が起こらないし、ブランド力で引っ張っていくのにも限界があるって

中国ではiPhoneより安いファーウェイが売れてるんだっけ?

一部では、iPhoneを買うとアメリカに監視されるという噂が流れてるそうです・・・。旧式のアップル端末をわざと使ってる人が多いとか。

なるほど。俺らがファーウェイ端末を買うと中国に監視されると思ってることの逆バージョンだな。どちらも確たる根拠はないが購入を控える理由としては十分だろう。

ワシは携帯電話自体を必要とせん。外出時にもせせこましく電話なぞ余裕のない人間のやることじゃよ。小さな機械に依存してはならん。

正論ですね…。俺はパソコンだと動画とかを見るのに疲れるのでスマホ依存が強まってますけど。

動画って、何を見るんですか?

トランプのツイッターに多数の動画がアップされてるだろ。まさか見てないのか?

あまり目を通してないです・・・。リツイートで動画が埋め込まれてることが多いので、トランプ大統領の発言だけを見るようにしてます!

どれも2~3分で終わる手短なものだし、英語の力もつくから目を通した方がいいぞ。米国側の雰囲気を感覚でつかむ練習にもなる。YouTuberの動画を見るより100倍は役立つと思う。

近所迷惑になるかもと思って、音を消してるので、動画を見ても無音なんです・・・。

どんだけ壁の薄い家に住んでるんだよww まあそりゃそうか。

ボクは、スマートフォンは情報の塊なので、機能だけでファーウェイとかを買ってはいけないと思います!もしも買ったら、ニセモノの個人情報をわざと入れるようにした方がいいです!

見られる前提かよww まあさすがにこれだけ怪しまれたら逆にやりづらいとは思うがな。ファーウェイの件が最近下火になってるけど何か出てきたっけ?

あまりいい話はなかったと思います・・・。もう少し調べてみます!

トランプが5Gで中国に負けるわけにはいかないと宣言したからな。今後の米中貿易戦争の行方にも注目したいところだ
  • コメント : -
  • トラックバック : -

中国などの身勝手はどこまで通じるのか?w

推摩 一黙のブログ 2019年04月16日 14時33分21秒

前回の記事へのコメントで、
――…――…――…――…――…――…――…――

まさに他の国は何らかのリスクなりルールの中で、競争しているのに中国はそれを完全に無視しているのですからまさにアンフェアなのです。各国ともその認識が共通化されれば良いのですが、先に述べたように、自分達だけが良ければと考えていたらやがて本当に中国に世界が支配されてしまうのではと危惧しています。

fujisafujisa-04 2019-04-14 07:13:27

――…――…――…――…――…――…――…――

と、いただきましたが――まさにそーいう点が中国などの『反則上等w 国家』の怖いところなんですよねぇ。
しかし……

●「輪廻転生は中国の法規制に従って行え」と中国が公式に通達 露骨に信教に干渉してきた!?

ダライ・ラマの「輪廻転生」、中国の法律順守を 中国外務省
2019.04.12 Fri posted at 11:10 JST

(CNN) チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継者を選ぶ「輪廻(りんね)転生」について、中国政府がこのほど「中国の法律に従う必要がある」との認識を示した。

中国外務省の報道官は10日、肺の感染症のため入院したダライ・ラマ14世(83)について質問され、容体については認識していないとした上で、輪廻転生には「明白なルール」があると強調した。

報道官は、「ダライ・ラマを含めて生けるブッダの輪廻転生は、中国の法規制に準拠し、宗教儀式と歴史的慣例に従わなければならない」と述べ、中国政府は国民全ての宗教の自由を尊重すると言い添えた。

ダライ・ラマは9日から入院しているが、側近は11日、ダライ・ラマが間もなく退院できる見通しだと語り、「医師に言われた通り胸の感染症があったが、抗生剤を投与され、かなり回復した」と説明した。

それでも今回の入院で、ダライ・ラマの死後、チベット仏教がどうなるのかという疑問が改めて浮上している。ダライ・ラマ本人が自身の死後の輪廻転生を認める意向なのかどうかもはっきりせず、ここ数年は、自身が最後のダライ・ラマになる可能性をうかがわせる発言をしていた。

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継を選ぶ制度について中国政府がコメント/MARIJAN MURAT/DPA/AFP/Getty Images

こーいうことをして来たりw

●雇用不足に苦しむ中国が現代版下放を公式に計画して世界が騒然 順調に経済が傾いている

1千万人の若者よ、農村へ 中国共産党の派遣計画が物議

中国共産党の青年組織、共産主義青年団(共青団)が、2022年までに1千万人以上の若者を農村に派遣する計画を発表し、議論を呼んでいる。習近平(シーチンピン)指導部が進める農村の脱貧困や都市部との格差是正に役立てる狙いだが、毛沢東時代の苦難を思い出す人が多いようだ。

 共青団が3月下旬に全国に通知した文書によると、農村の現代化を目指す習指導部の政策を実践するため、リーダーとなる青年を育てることが目的だ。

 具体的には、農民の思想やマナーの向上を目的とするプログラムに10万人以上▽貧困地区などに文化や科学、衛生などの知識を普及させる夏休みの学生プログラムに1千万人以上▽農村での起業プログラムに10万人▽農村の共青団幹部となる人材に1万人以上――などの目標を立てた。

 だが、中国では1966年から76年の文化大革命で多くの若者が農村に送り込まれ、厳しい労働をさせられた歴史がある。

 その一人だった習氏は当時の経験が政治を志す土台になったと公言しているが、ネット上では「文化大革命の再来だ」との批判や「都市で仕事が見つからない学生の就職対策では」などの声が出ている。

こーいうコトをせざるをえない現実をみるだにその内実は相当に苦しい……と、いうか張り子の虎なのでないでしょうか?(棒

なんといいますか、最先端技術のスパイ、剽窃、あるいは欧米日からの民間がカネ目当てで売り渡しても、それは『一時のモノ』でしかなく一時は良くてもその後の技術の発展や開発といったコトを自力ではできませんからいずれ行き詰まるでしょう!
実際に技術流出に神経を尖らせるようになってから、非西欧諸国の国々は中国も韓国もロシアも露骨に産業の発展が行き詰まってます。

その他、欧米に日本は技術面での優位だけでなく、資本面――国の経済の発展に必要な資本投資面で主導権を握っています。
中国はAIIBや一帯一路でその資本面での優位も握りたかったんでしょうが、欧州は騙くらかせても日米にソッポを向かれては意味がありません。

今後も油断ならず、日米は苦労するでしょうが中国などの非西欧国を、その勝手を許さず統御もしくは没落させるのは充分に可能でしょう!
無論、政界だけでなく経済界も危機感を持たねば難しいでしょうが、人の輪廻転生、死生観にまで口を出す中国などの独裁体制をそのまま放置になどできませんから収まるところに収まるんじゃないでしょうか?


皆さまはどうも思われます?
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事