Latest Entries

安倍首相、小池都知事と連携模索か 自民大逆風で「敵に回してはいけない」

zakzak 2017.7.23 

 安倍晋三首相が、小池百合子都知事への「警戒強化」とも「連携模索」とも受け取れる発言を披露した。東京都議選で、小池氏率いる「都民ファーストの会」(小池新党)が大躍進し、自民党が惨敗したことを受け、次期衆院選に向けた小池新党の国政政党化が注目されている。内閣支持率が30%未満の「危険水域」に突入するなか、安倍首相は小池氏と、どう間合いを取っていくのか。

 「小池さんは上手だ。敵に回してはいけない」

 安倍首相は21日夜、自身の地元・山口県下関市の自民党市議らと都内の中華料理店で会食し、こう語ったという。同席者が明らかにした。

 実に、意味深長な言葉というしかない。

 小池氏は昨年7月の都知事選以来、自民党都連を「ブラックボックス」、自民党の内田茂氏を「都議会のドン」と呼び、守旧派や抵抗勢力の敵方に位置付け、自分は「都民ファーストの改革派」と主張する対立構図をつくって、選挙で連勝してきた。

 2020年東京五輪・パラリンピックを3年後に控え、小池氏は都議会多数も手に入れて五輪準備に邁進(まいしん)するかと思われた。だが、小池氏の側近、若狭勝衆院議員は7月9日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、国政政党への意欲を次のように語っている。

 「少なくとも年内に(小池新党の)国政新党への動きが出てくるということは、十分に考えられる」

 公職選挙法上の政党となるには、国会議員が5人以上必要となる。先の都議選では、元民進党の長島昭久衆院議員や、元日本維新の会の渡辺喜美参院議員らが小池新党を応援している。国政政党化も難しくない。

 蓮舫代表率いる民進党の支持が低迷し、「与党の受け皿」にはなり得ないなか、安倍首相としては、小池新党の動向を見据えながら、国政運営を進め、衆院解散の時期を探る必要がある。

 冒頭の安倍首相の発言をどう見るべきか。

 政治評論家の小林吉弥氏は「安倍首相としては、『加計学園』問題や防衛省の日報問題などで大逆風のなか、『今、小池氏は敵に回せない』という思いで語ったのだろう。憲法改正では一致するので、そこからの連携も考えているかもしれない。ただ、解散時期は、安倍内閣の支持率や内政外交を見据えた判断を優先させ、小池新党の動向も探る順番となるのではないか。小池氏は勝負師だけに、連携は簡単ではない。『自分に有利だ』と見たら、豹変(ひょうへん)する。そこを見極めないと危ない」と語っている。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

蓮舫は中国国籍を持ってると確定キタ━━! 完全に中国共産党のスパイだった!

NewsU..S. 2017.07.23

・あれれ~おかしいぞ~   日本国籍しか持っていないはずの蓮舫と 日本国籍しか持っていない村田旦那の間に生まれた子供は 日本国籍しか取得できないよ~     (出生地主義の国で出産していなければ)   
なのになんで、子供の国籍を心配したり、話し合ったりする必要があるんだろうね~     そ・れ・は ~  蓮舫が中華人民共和国の国籍を持っているからさ~wwwwww
・だね。本当に不思議w
・これが真相
・ 確かに、日本人の両親から生まれた子供は日本人だね。   生地主義の国で生まれたんだったら、その国と日本国の二重国籍だけど。
(紛れもない中国の、それも共産党のスパイだと確定したわけだが)
・あれれ~おかしいぞ~   日本国籍しか持っていないはずの蓮舫と 日本国籍しか持っていない村田旦那の間に生まれた子供は日本国籍しか取得できないよ~    (出生地主義の国で出産していなければ)
なのになんで、子供の国籍を心配したり、話し合ったりする必要があるんだろうね~
そ・れ・は ~    蓮舫が中華人民共和国の国籍を持っているからさ~wwwwww
・中国は出生地主義じゃないよね。   公民の二重国籍も許可してない。  だから、もし子供が中国籍だったら、親が重国籍を許可された共産党員ってことになる?     怖っ!
(華僑ほど民族差別主義的な連中もいないわな…)
・蓮舫の母親が台湾系あるいは中国系日本人だったり、夫の村田氏が台湾系や中国系日本人だったりしても 何の不思議もない
むしろ戦前から日本につながりのある台湾系の人は、帰化していても台湾の血の人、中国系の人は中国の血の人を配偶者に選んでいます    私は医者ですが、医師はそういう家系の人結構多いです   国籍が日本でも日本人の血は入ってないです
HLA型という血液型の一種のようなものについての話のとき、実は…という話がでます   中華系の人々のつながりはとても強い   中華系の大学同期達が、子供の頃から幼馴染だという話は度々聞いた  そして結局同じ血の人と結婚していく
・山中教授が客寄せパンダになって鴨川マラソンやったのは蓮舫のせいだぞ。   あいつiPS細胞でノーベル賞もらった直後に
再生医療研究予算をほぼゼロにした。
・ひろってきた自衛隊の制服に関し、陸上自衛隊の幹部で1着25,704円の国産物を 「制服は中国で縫製して輸入すればもっと安くなる」と予算削減を求めた件である。    蓮舫は仕分け人の意見を総括し、「海外産も含めた対応をお願いしたい」と冷たく言い放った。   自衛隊に限らず、警察、消防ら、自己犠牲のもとに成り立っている職業従事者は、 制服に誇りを持っているはずだ。
その制服を「中国産にしろ」というのである。   「国民のため、国のため」なら命を賭して活動する自衛隊員にとって、これは侮辱以外の何物でもない。   日本国民によって作られた制服を着ることは、彼等が任務に赴く最低限の前提だろう。   外国産の制服を着ろということは、彼らの士気を著しく下げるものだろうと思う。    蓮舫は日本の敵なのは、実績済み
・公共投資は国産に決まってるだろうにw    公共投資の意味も分からずに、政治をやってるんだからな。   いや、分かった上で、国体を弱体化するために行動してたのか。    民主党時代の公共投資削減のおかげで、建設業界に人がいなくて景気が上向かない。    事業仕分けで、安全の為の公共事業もカットされて、災害の被害が拡大。   完全に日本を貶めて行ってるな。
(やっぱコイツは最後には逮捕しないとダメだな)
・これを四重国籍でやってたとなると話が違うよなー    外患誘致って言われても仕方がない気がするわ
・公安調査庁はこいつの入出金履歴とパスポートの履歴と海外資産の有無も全部洗う出すべき
・虚偽の国籍で公務員や議員になったら 処分どころか逮捕沙汰でしょ  ただの国を滅ぼすスパイだっただけじゃん
・本当ゴミみたいな売国奴だな 当然これを支持してる  ゴミパヨクも同じく売国集団ってことだな   全員蓮舫と一緒に逮捕されればいい
  • コメント : -
  • トラックバック : -

本物の謝蓮舫さんはすでに死んでいる!!!?  「父親の年齢がおかしい」

NewsU.S. 2017.07.21

    「背乗りか」  ヤ バ す ぎ る …

・本物の謝蓮舫さんは土の下だったりしてなw
・本物の村田さんも土の下だったり
・蓮舫の祖父の謝達林は1934年に死去したが 父親の謝哲信の生年月日が 未だに謎のベールに包まれている
蓮舫自身がインタビューなどで 常に彼の年齢や生年月日を変えてはぐらかし 公にしていない
つまり蓮舫さん自身が父親の 生年月日や年齢をごまかしている    あっ(忖度)
・蓮舫の子供って双子なんだよね   もしかしたら蓮舫と同じ顔した人間がもう一人いるかも
・どこかのスレで、公開された情報だと蓮舫は父が12歳のときの子どもになるとあったから、本当にそうだったりして
・これありそうで怖いなぁw
・本物の謝蓮舫さんは土の下だったりしてなw   ・・・    あっ
・これ下手なホラーより怖いんだが
・うーん、一体何者なんだR4
・>つまり蓮舫さん自身が父親の生年月日や年齢をごまかしている ぶっちゃけ他人だから知らないんじゃね?  詰めが甘い工作員だなw
・民進党とか社民共産て、こんなのばっか
(父親の命日は1993年4月13日?1995年4月12日?どっち?)
・もしや背乗り?
・ばあさんと親父の経歴がおかしすぎるんで、この二人は背乗りっぽく感じる  R4についてはわからん
・蜂谷真由美と思っていたら本名は金賢姫だった   村田蓮舫と思っていたら本名は…  なんてことは工作員なら普通のこと
・背乗りの設定すらまともに覚えられんのかw
・レンホーの父母が背乗りなのかもな
・背乗り工作員だったんだろ  だから父親が12歳の時の子供になるわけだ  朝鮮慰安婦詐欺の吉田と同様朝鮮人の背乗りだろうな  本物の蓮舫は死んでるんだろう


蓮舫には日本人の血は一滴も入っていなかった! とんでもない事実が拡散キタ━━━!
2017.07.21

■蓮舫さんには日本人の血は一滴も入っていなかった・・・?

>Born Murata Renhō (村田 蓮舫) in Tokyo to a Taiwanese father and Japanese mother (of Chinese background)
【日本語訳】村田蓮舫は、台湾人の父と日本人の母(中国系帰化人)の子として東京に生まれ、

パキスタンの国防関連サイト(外交・軍事専門の民間メディア)

Murata Renho: Japan's Strongest Female Politician is a Chinese-Japanese
Discussion in 'China & Far East' started by Aepsilons, Sep 13, 2015.

Ren Hou (蓮舫, born November 28, 1967) is a Japanese journalist and politician who is currently a member of the upper house of the Diet of Japan.

Born Murata Renhō (村田 蓮舫) in Tokyo to a Taiwanese father and Japanese mother (of Chinese background), she studied at the prestigious Aoyama Gakuin school in Tokyo during her youth.
After taking Japanese citizenship in 1985, she enrolled in the law faculty of Aoyama Gakuin University, graduating in 1990.

・「帰化中国系日本人二世の村田」  ただ↑の旦那さんに関する記述は今はすでに削除されてる・・・?
ただ↓でググってみると
「She married also another Chinese Japanese her husband Murata is 2nd generation Chinese living in Japan. 」
トップに来る日付を見ると 「2015年9月13日」 までは存在してた!?
・えええええ   村田氏も50%中国?   くそやべえな
・旦那さんに関する記述が蓮舫さんからの依頼で? 削除されてしまってる理由として考えられることは以下の2つ
・事実ではないから   ・都合が悪いから   ↑どちらにしろ蓮舫さんのお母さんのJapanese mother(of background Chinese)
の部分はそのままってことは少なくともこっちは「事実ではないから削除」されてはいないってことで確定ってことなのかな??
・凄いどんどん裏に隠れていた事が出てくる。   日本のマスコミが隠しても外国のマスコミが知らせてくれる。
・その手があったか!!!と、>>3や>>122を見て目から鱗が落ちたわ   そうやんな、日本マスゴミは腐りまくっててもう死に体やし、海外マスコミを探った方がいいかもね
・ここが最後の良心だと感じる  2chも変わったが、匿名で語れるメリットはやはり大きい  
・中国とパキスタンとは友好国同士
  • コメント : -
  • トラックバック : -

ちょっと愚痴を……血圧75の恐怖

推摩 一黙のブログ 2017年07月21日 23時13分

ちょいと愚痴をば……

実は、今日の透析が終盤、キツクて血圧が久々に急激に下がったんですが……ホント、久々に悲鳴を上げましたよ(苦笑

最終盤、残り三十分を切った所でギブアップして逆に除水から、生理食塩水を血管に補給してもらったんであんまり深刻な状態にならずに済んだのですが……終わった後、しばらく動けませんでしたね。

さらに家に帰ってからそのままバタンキューで休んでいたんですが、少し回復できたかと思い――それでもシンドかったんで血圧を測ってみたところ『最高血圧は75』しかありませんでした(爆
………
……

あー、なんと言いますかここまで下がったのは久々――といいますか、透析始めてから長いですがさすがに、そーお目にかかったコトの無い低い数値にソレだけで眩暈がしてきましたねぇ~?

う~……そりゃシンドイというか辛いハズだわ(唖然

と、いうか『生命の危機』を感じてしまう値です!?

正直、明日の朝までに寝てる内に『心臓が停まって』亡くなっていてもおかしくねーデス(棒
百歳を越えて大往生した祖父の『亡くなる間際の血圧』よりも低い!? といえばなんとなく分かってもらえるんじゃないでしょうか?

まー、こんな風にキーボード打ってるの辛いくらいですが……もしかするとこれが最後の文章――メッセージになるかも!?
まあ、そんな事は無いと思いますが、悪足掻きというか、悪態というか、愚痴というか……なんだかなーですが、何とか書き込み残しております(爆
  • コメント : -
  • トラックバック : -

あの日、私は北京上空にいた。元国際線CAが空から見た天安門事件

まぐまぐニュース! / 2017年7月21日 20時47分

米国育ちで元ANA国際線CA、さらに元ニュースステーションお天気キャスターからの東大大学院進学と、異例のキャリアを持つ健康社会学者の河合薫さんのメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』。今回は、先日亡くなった中国民主化運動の象徴・劉暁波氏を偲び、河合さんがCA時代に搭乗した「天安門事件の救援機」における貴重なエピソードを紹介しています。

劉暁波と空の上から見た北京

先日、中国の民主化運動の象徴的存在で人権活動家の劉暁波氏が、61歳で死去しました。

劉氏と聞いて真っ先に思い浮かべるのが「天安門事件」ですが、最近は「天安門? 天津飯みたいなもんですか?」なんてことを平気で言う若者がいるみたいですから、ずいぶんと昔のことになってしまいました。

私ったら、結構な年月、働いてしまっているのね……。

なんてことをしみじみと感じている次第です。

だって、私にとっての天安門事件は、「CAの仕事」がどういうものなのか?を痛感させられた出来事で、あのときの経験が「国というもの」について考えるきっかけになったといっても過言ではありません。

「すぐに羽田に出社せよ。救援機に乗務してください。」ーーー。

そうなんです。天安門事件が勃発した翌日、日本政府が北京に滞在する日本人を救出するために救援機を出すことになり、自宅スタンバイ(欠員補?要員として自宅で待機する勤務)だった私は、会社(ANA)から乗務を命じられたのです。

当時の私はピカピカの一年生。

羽田出社も初体験(国際線は成田オンリーだったので)、救援機も初体験、自宅スタンバイから乗務を命じられるのも初体験……etc etc 何から何まで“初体験”だらけでした。

救援機はANAの767を利用。乗務員は12、3名だったと記憶しています。

羽田をカラで離陸し、機内には乗客の方にサービスするお弁当を搭載。

クルーは私も含めみな緊張気味でしたが、それでも北京上空まではチャーター便のような気分でした。

そんな気分を吹き飛ばしたのが、飛行機の窓からたくさんの炎。

見慣れた北京の町並みの、あちらこちらに炎が広がっていたのです。

天安門前の長安街で、事件を鎮圧するために現れた何台もの戦車の車列の前に立ち、行く手を遮った男性の映像は、その後「無名の反逆者」(the Unknown Rebel)と呼ばれ、世界中のメディアが報じました。

おそらく私が見た炎の中には、戦車から発射されたものも含まれていたはずです。

中国政府はいまだに天安門事件の被害者の数を明かにしていませんが、かなりの数の民間人が犠牲になったことは明白です。

それは飛行機に乗り込んできた乗客の姿からも、容易に想像できました。

乗客が見た「天安門事件」の恐怖

北京空港に到着するやいなや、ゲートにいた人たちが次々と機内に流れ込んできました。

額から血を流している人、日本の国旗に身を包んだ人、飛行機に乗り込むなり声を上げて泣き出す人、泣き叫ぶ子どもを固く、とても固く抱きかかえる若い母親……、みんなみんな戦火を逃れ、必死に逃げてきた方たちでした。

中には「ありがとう、ありがとう。迎えてにきてくれてありがとう!」と私の手を握ったまま放さない方もいました。

北京を離陸した途端、機内は「うわぁ~~~」と安堵の声で埋め尽くされ、やっと「もう大丈夫」と安心できたことで閉じ込めていた“恐怖の蓋”が開いたのか、

「殺されるかと思った」

「必死で逃げてきたんです」

「日本領事館の人から“コレ(日本の国旗)”渡されて、助かりました!」

「自分たちは日本人だ!攻撃しないで!と大声で叫んできました」

などなど、まるで「恐怖を和らげるには、言葉を吐くことが最善である」と、誰かから教わったかのごとく、みんながいっせいに話し始めました。

その後は、みなさん落ち着きを取り戻し、お食事後はほとんどの方が、ぐっすりお休みになっていました。

ただ、怪我をしている人がいたので、ギャレーで手当をしたり、痛み止めを持っていったり……。

座る間もなく、ずっとお客さまのケアをしていたと記憶しています。

羽田にランディングしたときは、機内は拍手で包まれ、ボーディングブリッジにはメディアのカメラが何十台も待ち構え、フラッシュの嵐にビビったことは覚えているのですが、どんな反省会をし、どんな気持ちで自宅に戻ったのか…まったく記憶にないのです。

ただ一つだけ鮮明に覚えているのが、そのときに先輩から言われた言葉です。

「国際線のCAというのは、世界の歴史的瞬間に立ち会う事がある職業です。それに見合うだけの人物になるべく、自分を高めなさい」と。

確かにその後は、ソ連崩壊、ゴルバチョフ失脚、湾岸戦争などなど……いろいろとありました。この辺の裏話は、またの機会にお話しますね。

人権活動家・劉暁波氏の「願い」

では、最後に。

劉暁波氏を偲び、彼が2009年に書き、2010年のノーベル平和賞の授賞式で読み上げられた、文章を紹介します。


私には敵はいないし、恨みもない。私を監視する人も、取り調べる警察官も、起訴する検察官も、判決を言い渡す裁判官も、皆、私の敵ではない。私は彼らの仕事と人格を尊重する。恨みは個人の知恵や良識をむしばみ、社会の寛容性や人間性を壊し、1つの国家が自由で民主的なものへと向かうことを阻む。

私は望んでいる。私の国が表現の自由のある場所となり、異なる価値観や信仰、政治的な考え方が共存できるようになることを。私は望んでいる。私が、中国で、文章を理由に刑務所に入る最後の被害者となることを、そして、今後、言論を理由に罪とされる人がいなくなることを。

(河合薫さんのメルマガ『デキる男は尻がイイ–河合薫の『社会の窓』』2017/07/19号より。毎号確実にお読みになりたい方は、初月無料のご購読をお願いします)

『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』
著者/河合 薫

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。

無料サンプルはこちらから
出典元:まぐまぐニュース!
  • コメント : -
  • トラックバック : -

中国高速鉄道の海外事業が『絶望的すぎる結末』を迎えて世界が騒然。欧米専門家が将来的な破綻を予測

追記を表示

  • コメント : -
  • トラックバック : -

もうねえ……疑惑の総合商社。。

miyasanの寄り道    2017-07-20 20:50

蓮舫、まさかの韓国籍を持つ華僑系中国人で4重国籍の衝撃の事実がパスポートから発覚!母親は在日?なんと中国人と朝鮮人のハーフだった!?

蓮舫、まさかの韓国籍を持つ華僑系中国人で4重国籍
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事