Latest Entries

韓国を見放すベキ理由を改めて挙げてみた……

推摩 一黙のブログ 2018年02月17日 07時07分

韓国を見放すベキ理由を改めて挙げてみた……まあ、特亜一般にいえる話なんだが、特に韓国に関しては
「もういい加減、日本は見限り、見捨てるベキ」
だとしか思えない ┐( ̄ヘ ̄)┌

今までは日本にゴネてたら日本の政財界の人間が勝手に相手の朝鮮人の気持ちを思いやって至れり尽くせりしてあげて、なんか色々有耶無耶になってたのが日本が朝鮮の要求を断固拒否しだしたら勝手に自滅しだしたダケなのだしw
国内産業の競争力や基礎的な技術力がないのも『努力を怠って来た自・業・自・得』としかいいようがアリマセン ┐( ̄ヘ ̄)┌
韓国の産業が崩壊しても世界の供給情勢は変わらない。
他のどこかASEANとかインドとかに移るだけ。
だいたい世界の製造業の部品素材需要に応え供給しているのは日本を筆頭とする先進国であり、偉そうにしている中国にしても『タダの組み立て工場』に過ぎないのですしw

実際、民主党政権時代の超円高の時ですら世界は、日本製部品や素材買って世界の製造ラインは動いていたんだし。
311震災で日本からのコア部品とか部品、素材の高付加価値の技術基幹産業の供給が麻痺した途端、世界中でパニックになったw
逆に考えれば、日本の素材・部品を使って組み立てれば、世界中ほとんど、どの国ででも、支那・朝鮮レベルの完成品は作れるんだよ。

だから、現在進行形で中国なんて「安い人件費を求めて」東南アジアやアフリカの発展途上国に工場を移転したり、人を雇わなくていい無人化、自動化や産業ロボット導入に躍起になっている!?
12億を超える人余り、人口大国の中国がだぞ?

一方で、資本財生産国、産業工作機械の供給国である日本はなんだかんだ言っても強いワナw
日本は戦前から金属工学とか流体力学とか航空工学とかやって来ており、自力で技術力を上げる努力を欠かさずに来た。
その辺が支那・朝鮮との大きな“差”だわなw
やつら特亜の連中にベアリングとかタービンとかエンジンとか作れるの?
正直、船舶と航空機以外で欧米ですら、マトモに技術力競争力が日本におぼつかない。
EVが次世代の車としてもてはやされているが、モーターやバッテリーの問題だけじゃないぞ?
トランスミッション系の歯車、チェーン、ベルトなど、回転動力を伝える機構は伝動機構の技術は内燃機関の自動車だけでなく、EVといった電力自動車でも変わらず依然として重要だぞ?

バッテリー一つとってもリチイムイオン電池や水素電池など様々な方式が試されていますが、充電時間や蓄電量から安全性まで様々な素材が日々試行錯誤され研究されています。
そーした技術開発や特許などの蓄積で日欧米の先進国と、中韓や新興国発展途上国との間には隔絶した“差”がどうしようもないホド開いているのも現実です。

さらに、日欧米の先進国が他の世界各国と圧倒的な差があるのが『信用』の分野です。
金融力と保険商品といっても間違いではないでしょう。
今の世界は、一部の北朝鮮のような内に籠った独裁国家でも国際貿易の恩恵無しに社会体制を維持するコトはできません。
石油や他国からの輸入無しに国民を食わせ、文明生活を維持するコトはできないのです。

さて、そうした輸出入の大部分を占めるのが空輸にしろタンカーにしろ『安全』でなければ円滑な流通は成り立ちません。
そして、その『安全』を担保するのが“保険”です。
タンカーや貨物船に掛けられる船舶保険がその代表ですが、中国が近年躍起になって海外資源国の囲い込みと共に、『海軍を強化』しようと必死なのは、海上交易路――シーレーンの確保が国家の死命を制するからです。

……と、いいましても、現状の安全保障――アメリカ主導といいつつも文字通りの運命共同体で海路の安全と緊急時の相互救難を国際的に補い合う体制は、別に米中が外交の場でどんなにいがみ合っていても「守られる」モノですし、守って行くコトが結局は最大の利益になります。
ですから、ソマリア沖などで“海賊”が出た時にも、東西陣営関係なく海軍力を出し合い多国籍軍で海賊退治の取り締まりをスンナリと形成できました。

また、公海上どころか他国の領海内でも潜水艦ですらキチンと浮上してただ航行するだけなら無害交通権が戦時中の国でもない限り保証されています。

逆に、国際的な経済制裁下にあったり、戦争状態にある国の領海や近海を航行する場合は、船舶の保険料がプレミアがついて高騰したり、あるいは保険が下りず、従って『その国の港に向かう船舶が無くなる』というコトが何時でもあり得ます!?

中国の場合、大陸軍国が大海軍力を整備する「無駄無謀さ」以前にもしも日米西側諸国と敵対し戦争状態に陥れば、自動的に中国に石油やモノを運ぶ船は途絶えるコトになるでしょう。
無論、中国国籍で所属のタンカーや貨物船は中国への物資の運搬を継続するかも知れませんが、中国の港に入港できても、さて果たして「中国から出て他国の港に寄港できるモノ」ですかねぇ?w
ロイズを始め世界の船舶保険のほとんどは欧米系の保険会社が保証して初めて成り立ちますし。
船舶保険の無い船の入港を許す国はそーあり得ないでしょうから、この場合中国は『セルフ経済制裁』状態でシーレーンを断たれ窮地に陥ることでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
別に南シナ海や東シナ海の中国沿岸に機雷等を敷設して物理的に閉鎖しなくても、中国の海上輸送路を断つのは簡単なのです。

ハッキリ申しますと中国が躍起になって海軍力を増強しているコトは無・駄の一言に尽きるでしょうw
中国が仮に戦争をするにしても最低限度の必須条件が「日欧米西側諸国を直接敵に回さない」しかありません。
それはインドを相手にするのでも、ベトナムを相手にするのでも、あるいは台湾武力併合を断行するのでも「あくまでも地域紛争で欧米、日本の皆様方には迷惑かけません」と事前に了解を取るか?
「台湾問題は中国の内政問題である!」と強硬に主張して日米は元より欧州の介入を及び腰にさせて電撃的に短期決戦で決着を決めるか?

あるいは近日中にある北朝鮮征伐のように「事前にアメリカはおろか日本やロシア、欧州の黙認を取り付ける」ようなコトでも無い限り、今の中国は戦争なんてできゃしやせんw
石油の円滑な輸入(海上航路)が確保されていなければ一ヶ月と保たないような備蓄状況、陸上輸入情勢ですよ?
無論、中国が内乱分裂し群雄割拠の混乱に陥れば話は別ですが、習近平現体制が「体制維持を至上目的」で過ごす内は、破滅破綻するその日まで「戦争なんてできない」中国が続くでしょうw
それでも海軍力は拡大しますし、空母も三隻四隻作ろうとするでしょうが――それは『本当に使える有効な海軍力を身に着ける為』では決してなく、中国人民解放軍内の軍人の利権とポストを拡大確保する為のポーズでしかアリマセン ┐( ̄ヘ ̄)┌
後は、国内外へのコケ脅しですかね?w

無論、脅威が全くないとは申しませんが……自分たちよりはるかに弱く勝てるインドやフィリピン、ベトナムなどの海軍相手に示威行動や領海侵犯に使う以外で、米軍太平洋艦隊はおろか、日本の尖閣などに実際に侵攻などしても政治的にリスクの方が大きく、さらに『日本単体にも勝てません』からねぇ?
キチンと対応していれば、嫌がらせ以上のコトは中国には何もできないでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、いろいろと改めて詳しく見て来ましたが……実は、極東に「既に欧米の船舶保険から見捨てられた」国が存在しています。
それは北朝鮮――だけでなく、実はといいますと韓国もそうだったりします(呆れ

世界の船舶保険と船員組合からハブられる韓国w

まあ、いうまでも無いですが「北朝鮮がある為に」韓国は半島国家ではなく事実上の疑似孤島国家です。
と、なると海路による物資の輸出入が国家の生命線となります。
しかしそんな韓国で生命線となるベキ海運会社の財閥が2016年破綻しました!?
2016年8月31日の、韓進海運の破綻がソレです。

……まあ、とはいってもすでに2013年から『韓国籍の船舶に限らず韓国向けの物資は無保険になる』状態が常態化していたんですが……
どういうことかといいますと、 2013年9月サムソンのクレーン船がインドのタンカーに突っ込みました。

この重油が流失した事件で、韓国の裁判所は衝突した現代重工業のクレーン船ではなく、インド船籍のタンカーに賠償命令を出したのがやらかした事件です。
この判決に、英国ロイズ保険は韓国のふざけた裁判に対し、今後は韓国船舶に対して保険対象にしないと通告しました(当たり前だ。
韓国のふざけた裁判で、保険会社に賠償金を払わせる韓国の汚いやり口に、世界中の保険会社も韓国ボイコット決めました。
今後、韓国の船舶やあらゆる物に対して世界の大手保険会社は韓国の物を引き受けることが無くなりました。
さてこの結果、韓国船舶は無保険状態になりましたが……ちなみにロイズ保険の無い船舶は世界の何処にも港にも寄港できず入港を拒否されますw

ついでに世界中の船員組合が韓国で不当に抑留されしかも虐待を受けたインド人船員の事象を見て怒り、韓国向け船舶への乗船を拒絶するようになりました!w

このような結果、今後は事故が起きたら韓国みずから賠償する韓国政府が事故保険保証する以外方法はなくなりました。
もっとも、韓国海域で事故が発生すると、韓国は他人に責任を全てなすり付るふざけた判決を下す野蛮人と知れ渡りましたから、韓国に行く船などは有りませんがねぇ?w
殆ど戦争地域と同じ扱いですなぁw

……まあ、自業自得なのですが、 無保険状態というコトは輸出入を『海運に頼る』韓国のような国では“死刑判決”に等しい打撃となります。

しかも、実はといいますと今は、船舶のみならず、造船から原発に至るまで海外で韓国のあらゆる物に対して世界の大手保険会社は韓国の物を引き受けることが無くなってしまっています。

さて、ここまで読まれた皆様は一つ疑問に思ったんじゃないでしょうか?

「でも、現実には韓国は困ってないじゃないか!?」

と。
まあ、過分にこの十年の間に韓国が輸出入で危機に陥ったという話は表向きには一向に聞こえて来ませんからねぇ(´・ω・`)
どうしてか? といいますと、海外の海運会社から船員まで相手にされませんが、韓国には幸いにも現代商船と韓進海運という自前の海運会社がありました。
これら韓国海運会社の信用(保険)の裏書きを、韓国政府そのものが保証してなんとか物流を維持しました。
では、2013年以降、韓国の輸出入は韓国の海運だけで賄えていたのでしょうか?
実はといいますと全然そーではなく、 韓国の国営銀行である輸出入銀行が日本のみずほ銀行からの融資で基金を作り保険を引き受ける形でなんとか『保険有り』の体裁を取り、さらに みずほ銀行も韓国に精製した石油製品は自行の融資先の日本の石油会社からのみ購入することを条件に石油の輸入に便宜を図っていたりしてるのです。
それと、実はといいますと『お人好し』のとある国が、韓国に救いの手を差し伸べたから海路による輸出入が完全に断絶する事態に陥らないで済んだのです!?

……ちなみに、韓国に(する必要の無い)助け舟を文字通り出したお人好しの国とは――まあ、予想された通り“日本”です(-""-;)

なんと言いますか、予想に違わず、韓国向けの貨物や石油、食料にいたるまでのある程度の海運物流を、日本の商社が間に入って仲立ちしているんです┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、日本の商社もボランティアじゃないので、商売として卸し、仲立ちしているんですが……その日本を散々ネガキャンしといて、「反日」だの「用日」だのよくもまあ好き勝手やれるモンですわ ┐( ̄ヘ ̄)┌
あの『チョウセンヒトモドキ』どもは!?
海外では、プラントや道路鉄道などの大型事業を韓国は意外と多く請け負っています。
そのほとんどで保険などに入るコトができなくなっていますが、『信用の無い韓国』が海外の仕事を請け負えるのかといいますと、それはなぜなら、日本は韓国の後ろ盾だと思われてるから(´□`。)

いや、シャレでも冗談でもなく、海外では『韓国がなんかやらかしても、イザとなれば日本が尻拭いしてくれる』という、「不愉快な勘違い」が広がっています(-""-;)

まあ、シンガポールで韓国が工事して完成後に一年と持たず崩壊した橋(ただの橋でなく、マレーシアからシンガポールへ水を運ぶパイプラインが組み込まれていた!?)を、工事を請け負った韓国企業が計画倒産で逃げたのでニッチもサッチも行かず窮地に陥ったシンガポールへ、見かねた日本がODAの一環で資金拠出から新たな橋の完成まで韓国の代わりに面倒を見た――なんて事案を始め、日本はキップが良すぎ!? というか太っ腹すぎます(−_−#)

こういう例が少なからずありますし、実はといいますと造船業なんかも、機関部やスクリューなどの重要部分は全部日本製です。
つまり、よーするに韓国が造船の受注を海外から取って来ても、韓国国内で作れるのは船体のドンガラだけで、重要部分は日本製を使わないと、その船は一切の保険を引き受けてもらえません。

つまり、「重要部分は日本製(日本の保証と信用)が無ければ相手にしてもらえない」という状況なのです韓国の製造業は(´_`。)

そーいう意味で、スマートフォンから造船まで、韓国は日本から生産財や資本財を輸入して『ただの組み立て工場』をやってるダケなんですが……最終完成品の組み立ては韓国でも、「部品や中核部分は日本製だから信用できる」と世界中から思われているんですねぇ ┐( ̄ヘ ̄)┌

しかし、現実にその通りで、スマートフォンなどの中核部分や半導体部品の多くは韓国では自前で製造できませんし(棒

この他、工場で使う工作機械や産業ロボットなんかも、“日本製”を韓国はイヤでも使うしかアリマセン。

……さて、このようにして日本は韓国の産業を(たとえ商売だとしても)支え、助けてやっています。
この辺りの話は、まあ皆様もご存じでしょうが、実はといいますと、先の方で書いたように日本は部品や資本財生産財の輸出だけでなく、海外の信用を失い海運物流において国際的に“ハブ”にされた韓国に代行して、仲立ちする形で、鉱物資源や石油などのエネルギー資源から、果ては穀物などの食料まで、その輸出入を請け負い助けてやっています(棒

だというのに、恩知らずというか、怖い物知らずというか……よくもまあ、あれだけ『反日』を行えるモノです(呆れ
ハッキリ申し上げまして、日本は「韓国の生命線」を、部品や製造装置などの産業面からも、そして韓国向けの物流についても抑えてしまっています。
ですんで、もし仮に「日韓断交」なんて事態に陥り、韓国向けの輸出から、韓国が必要とするモノの代理輸入まで止めてしまえば……おそらくそれだけで半月も経たずに韓国は勝手に崩壊するんじゃないでしょうか?w

しかし、そうした現実を韓国政府もその国民も、
「まったく自覚しようとせず!」
好き勝手に自分たちに都合良く『反日』だの『用日』だのと恩を仇で返すようなマネばかりやらかしていますが、ど~いう神経をしてるんでしょうかねぇ?w(皮肉

ああ、恩に仇を返すようなマネは“軍事面”では米国に対して現在進行形で行っていますなぁ(棒w
THAAD問題や北朝鮮制裁への日米韓の協調を崩すような背信まで……列挙に困りませんw
今行われている平昌(ピョンチャン)五輪では開幕式に「最初は行くつもりの無かった」安倍総理がペンス米副大統領と共にワザワザ赴いて「態度をハッキリさせろ」と最後通告までしました。
それを文韓国大統領は姑息にもレセプションで安倍総理とペンス副大統領を、金ブタの妹と同じテーブルに着かそうと小細工を弄したのすよ?

信じられません!?

アメリカ側は「北と動線を出会わせてくれるな!」と、くれぐれも注意するよう命じていたにも関わらず、「偶然出会って立ち話」どころか、同じテーブルに座らせ会話させようと仕向ける工作を騙し討ち的に行ったんですから、いやはや呆れてモノが言えません。

ペンス米副大統領は文大統領の歓迎行事に現れなかった上、レセプション場にも遅く到着し、続いて文大統領との記念写真を別の空間で行い、やむを得ず入ったレセプション場をわずか五分で出ていったといいますが――イイ面の皮でありますなぁ ┐( ̄ヘ ̄)┌

五輪大会中に北爆を敢行しなかったダケでも米国側は自制が利いている(もちろん皮肉な?)というもんでしょう(呆れ

まあ、「38度線から近すぎるからソウルを遷都するように」と米国は三十年以上前から何度もいっていたのに無為に過ごして来たのですから、『あ、ソウル燃えてるw』と日本やアメリカの茶の間でTV観戦する日が訪れても『韓国政府と韓国人の自業自得』というモノでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌ w

執拗に『反日』を繰り返す一方で、今回見て来ましたように輸出入から産業、海外公共事業受注まで日本に世話になり、迷惑をかけっぱなしの『用日』を当然のように要求し、タカって来る韓国人、朝鮮人、コリアン……もうなんでもいいですが、あの『半島ヒトモドキ』ドモを、これ以上、甘やかし・好き放題にさせる義理も責任も日本と日本人にはアリマセン――というかどう考えても無いでしょう?

最低限の『緩衝地帯』としてさえも怪しい迷惑な隣人に、どーして好意どころか同情などを向けてやらねばならないのです?
中国の属国に戻りたい、自由も民主主義も無い独裁体制の支配下に行きたいと「常に最悪のタイミングで間違った選択を選ぶ」いつもの通りなんですから好きにさせてやればいいじゃね?(呆れ

そうとしか思えませんが……どこか間違っていますかねぇ?w
マジで吐き気と嫌悪感しか覚えませんが?
  • コメント : -
  • トラックバック : -

対話の為の対話は“無駄”――いつも戦争への道を平和主義者が舗装する

推摩 一黙のブログ 2018年02月10日 00時21分

最悪に「不正」な平和すら最高に「正義」の戦争よりもはるかにましであり、尊いモノである……
しかし同時に「戦争への道は平和主義者が舗装する」という格言も“真理”だと言わざるを得ません。
そのある意味で使い古された教訓、格言の実例が今、日本のすぐ側で“事態として進行”しつつあります。

……言わずと知れた『北朝鮮危機』ですネ(棒
正直、世界の端っこ、極東の小独裁国家の「火遊び」なんぞ“本来は”相手にもされず笑い飛ばされる類のは・な・しであったりします。
別に石油が出る訳でも、希少な鉱物や宝石が産出されるワケでもないユーラシア大陸の東の端の半島国家。
日本の県別GDPでいうと、静岡県より少なく茨城県より多いくらいの経済力しかない、日本や米国から見れば――否、すぐ南の韓国と比べても「嗤ってしまう」ほど小さな小さな国です。
同じ独裁国家でも中東や北アフリカのイランやリビア、シリアと比べても国際政治的に「なんら価値も脅威でも無い三流以下の弱小国」――でした。
核兵器に手を出し、それを超長距離運搬できるミサイル開発に乗り出すまでは。
正直いいますと、イスラムテロ組織だの原理主義者に直接支援等の関りを持っていない分、
「北朝鮮の扱いなどアフリカや中央アジア、旧ソ連の衛星国の独裁国家と同様の“人権問題などで目に余るが放置しておいて何の問題も無い”問題国」
でしかありませんでした ┐( ̄ヘ ̄)┌

それを何を「自意識過剰」か?
「核を持たねば潰される~!?」

と、勝手に思い込み核開発と、それを運搬するICBMの開発に邁進したのが北朝鮮という『痛い国』のそもそもの間違いだったのです(棒
身も蓋もありませんが、ぶっちゃけた話、以上であり、以下でもなんでもアリマセン(ド・キッパリ

正直、中東や北アフリカのイラクのフセインやリビアのカダフィ、現在進行形ならシリアのアサド政権などは、石油利権とイスラム原理主義のテロの温床という意味で欧米が「潰しにかかる」理由は十二分にありましたが、北朝鮮には、
「まるでその価値がアリマセン┐( ̄ヘ ̄)┌」
むしろ、中共との緩衝地帯として現状のまま放置しておくのが――正直な話、分断国家の一方である韓国に取ってすら「都合がいい」と言ってしまうとそれこそ身も蓋も無いかも知れませんw

しかし、現実には“そう”でした(´_`。)

ですのに何をトチ狂ったのか、北朝鮮は「核に手を出し」ました。
もっとも、アメリカを始めとする周辺大国――日米中露を始めとする国際社会が今の「北を軍事懲罰するかどうか?」のプランを、計画(プラン)ではなく実行すべき行動として真剣に俎上に上げ始めたのは、『北の核が実用段階に進み、しかもその運搬手段としてのICBM技術が確立』され始めてからの話でした。
それまで、北の核実験が行われ、実用性の明らかでない小型化高威力化が成功していないモノの『核兵器らしきモノを手にした』ダケでは欧米は「問題先送りにする」程度には悠長に構えていられました(棒

まあ、勝手な話だとは思いますが、ほんの数年前の時点ですぐ南の韓国はおろか「日本列島はほぼ全土を射程に収められる」程度の脅威をスデに受けていたのにですよ?

その時分には必要以上に騒ぎもせず、「六者会談」だのなんだので『話し合い優先』で――ハッキリいいますが「問題先送り」で済まして来たのにですよ?
北米大陸と北極を越えて欧州に届くICBMとその弾頭に積めるかも知れない核の小型化に北が成功したかも知れない!? となって初めて世界は――と、いうよりアメリカは北の脅威を「どうにかする」気に、本気になったのです(棒

まあ、北のミサイル技術と核技術がイランや世界のテロ組織、テロ集団に“流れる”危険性というのも加味されるワケですが……いやはや実に都合のイイ話ですナァ!w
日本にとって危険性は正直、十年前からレッドゾーンで変わらないワケですが、自分たちの尻に火が付くまで世界から見れば「他人事な話」だったワケです ┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、かくいう日本も「北の核開発」とその脅威に関してどこか他所の世界の話――的な無関心と問題先送りをして来たんで世界(ひと)のコトをいえた義理じゃないんですが……

さて、そんな北朝鮮を巡る状況の急変ですが、それでも『平和的解決』という道――というか選択が閉ざされたワケではアリマセン。

……が、その限りなく可能性として低い道を全力で潰している国が存在します。
それはドコの誰でもない『韓国』自身です ┐( ̄ヘ ̄)┌
韓国は「北との対話」平和路線で半島で戦火を起こさなせないという為に必死になっていますが……ハッキリ申しますが逆効果でしかアリマセン(棒
北から「核と弾道ミサイル技術を取り除く」その結末以外は選択肢はアリマセン。
北と韓国を除く――日米欧の国際社会はおろか中露ですら「他に選択肢は無い」コトを理解しているでしょう。
それが米国の実力行使だろうと、中国の制裁だろうと、あるいは北自らが選択しようがその経緯は関係ありません。
「北から核と弾道ミサイル技術を取り上げる」
コトはすでに決定事項なのです(棒

そして、アメリカは自国に北米に本当に到達しうる核ICBMを北朝鮮が保有する前に「断固とした外科処置によって問題を解決」するでしょう。
この際に、アメリカ本土に被害や犠牲が出なければ海外駐留米軍やあるいは日本や韓国で何万人、何百万人犠牲が出ようが目を瞑る事でしょう。
コレから私たちの周囲で――日本周辺の極東で起こる事態とはそういうハナシです。

冒頭に戻りますが、最悪に「不正」な平和すら最高に「正義」の戦争よりもはるかにましであり、尊いモノである……というのは確かに真理です。
戦争が起こった際に失われる人命の犠牲を始め、経済的な損失、そして使われるのが核というコトから場合によっては半永久的に喪失する重度の放射能汚染の被害すら考えれば北朝鮮以上に韓国は、韓国以上に日本が失うモノは幾何学的に大きくなるのは間違いアリマセン。

もっとも、今、現時点では「北の核兵器は見せかけダケのコケ脅し」である可能性も高いといえますし、アメリカが決断し米軍に命じれば『奇襲先制攻撃で完封w』できる可能性も充分にあります。
……と、いいますか、北を反撃の余地もなく完封できるのは「今が最後のチャンス」だといい換えても過言ではないでしょう(棒

☆北滅亡後に来るのは――

さて、気が早いのですが『北の核危機が取り除かれる=北朝鮮現体制の滅亡』後、何が起こるかといいますと……間違いなく日米vs中共の直接対決、新冷戦でしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
もっと端的に言えば中露を悪の枢軸として仮想敵国として、日欧米が対峙する新たな緊張の時代と申すベキでしょうか?
とりあえず北朝鮮という緩衝国が消滅するコトで日米韓は「中国と国境を挟んで向き合う」新しいステージへ進まざるを得ません。
まあ、旧北朝鮮領内に中共が『傀儡国家』を形成して今まで同様のファニーウォーを日米中で素知らぬ顔で続ける……という可能性も高いのですが――どの道、中露と欧米諸国との激突は避けられません。
あと、日米韓vs中ではなく、日米vs中韓の構図w に移行していく可能性もいわずもがな高いですw
いずれにしても、今、アメリカ軍が進めている軍事再編とMD体制の構築はアジア太平洋と日本でと、欧州方面におけるNATOをアメリカの盾にした中露を睨んでの再編と構築です。
欧州方面はロシアが主敵。
アジア太平洋方面は中共がアメリカが主敵と目している相手です。

と、いいましても冷戦期同様、日米欧が中露を相手に実際にドンパチを――WWⅠやWWⅡのような総力戦を行うことは無いでしょう。
この間に挟まれた小国や周辺国は大国のパワーゲームというか都合に振り回され、代理戦争や紛争などの悲哀を今後も囲うでしょうが、『先進国、大国同士の直接戦争』には至らないでしょう。
その理由は簡単で「もはや一国一陣営で国家総力戦を行える国が存在しない」から。と。

「人類滅亡覚悟の核戦争以外でアメリカと正規軍で戦争しても確実に負ける」
というコトがハッキリしているからです。
もう一つ付け加えると、日欧米は別に戦争をしなくても、中国でもロシアでも『経済的に締め上げるだけで滅ぼせる』のが明かだからです ┐( ̄ヘ ̄)┌

中露の二大国ですら経済的な制裁締め上げダケで「その気になれば」屈服させられるのですから、それ以外の国家が抵抗できるワケもありません。
むしろ、今の中国……はともかくロシアに関しては西側諸国がすでに経済制裁を数年に渡って行っていますが、下手してプーチンを葬ってしまい予測不能な混乱にロシアが陥らないように手加減をしているくらいです ┐( ̄ヘ ̄)┌

こうした正面戦争を行う余地は地域紛争ならともかく、日欧米諸国相手には話になりませんので、まず起こり得ませんが――その代わりとして国家から紛争や脅威をもたらす存在がドンドン離れていく現象が21世紀に入ってから顕著になっています。
それはテロ組織やテロリストの領域で、不正規戦とテロのみが有効な反抗手段となっているのは皆さまも見ての通りです。

さて、そんな中、アメリカが「ホンキっで」北に軍事行動を起こそうとしていますが――別にアメリカは北朝鮮と戦争状態になっても負けません。
それがたとえ数年先、北がアメリカに届く核ICBMを数十基用意できるようになってもです。

そもそも冷戦期、核による相互破壊保証といいながら、実はといいますと東側のソ連も中共も「自分たちはアメリカに滅ぼされても、自分たちにはアメリカを滅ぼすダケの力は無い」というコトを知っていました。
無論、アメリカの幾つもの主要な都市は甚大な被害を受けるでしょうが、国家崩壊まで中ソはアメリカに追い込まれても、中ソが同じようにアメリカという国家を破壊するのは冷戦期でも難しいと言わざるを得ませんでした。

ですので、北が核を多少もとうが負けは確定しています。
では、何が「恐ろしい」のか?
それもまた簡単です。
北が核兵器の実用小型化とICBM技術の確立を成し遂げれば、「核拡散」がなし崩し的に起こりかねないからです!?

……ちなみにこの場合の核拡散ドミノとは「北が核を保有したら韓国や日本も核を保有しようとする」なんて小さな話じゃありませんよ?
そうでなく、北から流出する先としてイランや中南米の独裁国家が核武装を遂げたり、あるいはテロリストやテロ組織に渡って核テロが現実のモノとなる可能性の方です!
パキスタンの核開発のパトロンがイスラエルと南アフリカで、南アフリカこそ「核保有を断念」しましたがイスラエルがパキスタン経由で核技術を手に入れ核保有国であることは有名無実ですが(棒
同じように、北の核開発にはイランを始め、中南米の反米問題国のパトロンからの支援が資金と共に流れ込んでいます。
当然、北が核ICBMを実用化させれば、パトロンたるそういった独裁国家や問題国が裏でデーターを手に入れるコトになります。
また、北が国家相手だけでなく、「個人やテロ組織」に裏流しする可能性も大いにあり得ます。

こーした危険性が現実のモノとなりつつあるからこそ、日米だけでなく、欧州諸国やロシアに中国までもが「問題視し、阻止しようとする」のです!

繰り返すようですが、北の核兵器がまだ技術的に未熟で数十トンの大型だったり、ミサイル技術が未達だった時期は、たとえそれが隣の韓国はおろか、日本にとって大きな脅威だとしても欧米を始め世界は無関心で問題を平気で先送りにしていられました。
しかし、欧米と世界にとって脅威になって来たからこそ今、アメリカ軍の先制北爆が具体的になり始めたのです。

韓国が「平和」というのは大いに結構でしょう。
しかし、韓国が間違っているのは「もはや話し合いで問題先送り」にできる段階はとうの昔に過ぎているのです。
この事を見ようとせず、北に阿る限り、むしろ逆に韓国は戦争を呼び寄せるコトにしかならないでしょう。

そのような未来が簡単に見える中、あの半島のヒトモドキ共は「常に最悪のタイミングで最悪の選択を掴む」ミンジョクというその呼び名に恥じぬまた間違いを犯すんでしょうねw

……巻き込まれる日本としては笑ってられませんが(棒
  • コメント : -
  • トラックバック : -

ついに天安門事件の真相が世界中に拡散キタ━━━! 英国BBCを始め欧米諸国が一斉に報道w 中国終わったなw

NewsU.S. 2018.02.05

【エンタメよもやま話】中国・天安門事件、実際は“大虐殺”だった 英機密文書「犠牲1万人」人民解放軍の残虐行為とは
2018.2.1 11:00

さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、韓国と共にあちこちの国々に慰安婦像を建てるべく、裏で反日工作を続けるあの国のお話でございます。今回も、こうした自国が犯した非人間的残虐行為や重大な戦争犯罪に対しては謝罪どころかそれ以前に事実すら認めないくせに、日本に対しては謝罪を要求する連中の欺瞞(ぎまん)を暴(あば)く一件について、詳しくご説明いたします。

■人民を戦車で踏み潰す…中国政府「死者は学生36人など民間218人」発表、実際は「万」

みなさんも恐らくご存じだと思います。1989(平成元)年6月4日、民主化を求め、首都・北京の天安門広場に集まった学生を中心とする一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が発砲したり、装甲車でひき殺すといった武力弾圧を強行し、多数の死傷者を出した「天安門の大虐殺」です。「え、天安門事件のことでっしゃろ。大虐殺?。そんな大袈裟(おおげさ)なもんちゃいまっせ」と思ったあなた。間違ってますよ~。

なぜか。中国政府は当時、発生から15日後の6月19日、死者数は学生36人を含む民間人218人と人民解放軍(PLA)の兵士10人、武装警察官13人の計241人。負傷者は7000人と発表していたのですが、先ごろ英国で公開された外交機密文書によると、実際は何と、少なくとも1万人の一般市民が殺害されていたことが判明したのです。政府の公式発表の約41・5倍ですね。

昨年の12月23日付で英BBC放送や英紙インディペンデント、フランス通信(AFP)など、欧米の主要メディアが一斉に報じているのですが、この数字、どこから出てきたかと言いますと、当時の駐中国英国大使、アラン・ドナルド卿(きょう)が、この大虐殺の発生翌日の1989年6月5日付で打電した英政府への極秘公電の中に出てきたのです。

■英国大使「中国の内閣から聞いた虐殺数は…」

この極秘公電、ロンドンの英国立公文書館が保管しているのですが、昨年の10月に機密指定が解除され、それを受けて香港のニュースサイト「HK01(香港01)」がこれを閲覧。
最初に内容を報じたのでした。前述した各メディアの報道によると、アラン卿の情報源は「中国の国務院の“良き友人”から聞いた情報を伝えてきた」人物で、6月3日の夜から4日の夜の大虐殺についての状況が説明されています。

ちなみに中国の国務院とは、実質的に中国を支配する内閣で、議長を務めるのは首相です。なので極めて信用できる内容なのは間違いありません。事実、アラン卿はこの情報源について、この大虐殺が起きる以前から信頼できる人物で「事実と憶測と噂を慎重に区別」する人物だったと説明しています。

では肝心の内容はどうだったのか?。アラン卿の打電内容について、前述の英紙インディペンデントなどはこう記しています。

<天安門広場の周辺に集結した大勢の人々に“残虐行為”を行ったのは、(中国北部の)山西省の人民解放軍の陸軍「第27集団軍」で、彼らの60%は読み書きができず、primitive(原始的な人々、幼稚な人々)と呼ばれていた>

<(当時の中国の最高実力者である)●(=登におおざと)小平(とう・しょうへい)率いる共産主義政府が“最も信頼でき、従順である”との理由で「第27集団軍」を選んだとみられる>

<「第27集団軍」の装甲兵員輸送車(APC)は群衆を銃撃した後、彼ら(の遺体の)上を走っていった。APCは時速64キロの速度で軍隊や一般市民を轢(ひ)いていった>

<(集結した)学生たちは、天安門広場から退去するまでの時間として、1時間の猶予を与えられたと考えていた。しかし5分後、APCが攻撃を開始した>

■生き残った1000人にも、機関銃で…

<学生たちは腕を組んで対抗しようとしたが、(APCに)ひき殺された。そしてAPCは何度も何度も彼らの遺体をひいて“パイ”を作り、ブルドーザーが遺体を集めた。集められた遺体は焼却処分され、ホースで排水溝に流された>

<負傷した女子学生4人が命乞いをしたが、銃剣で刺された。そして負傷した3歳の娘を助けようとした母親が銃撃された。この子供を助けようとした他の6人の人々も銃撃された>

<「第27集団軍」はダムダム弾を使っていた。そしてこの軍の狙撃兵は、(建物の)バルコニーや路上にいる一般市民を標的銃撃練習の的(まと)にしていた。北京の病院は、(軍の)治安部隊の負傷者だけを受け入れるよう指示された>

<最初の大量殺戮(さつりく)の波が過ぎ去った後も、虐殺は続いた>

<生き残った1000人は、脱出できると聞かされていたが、特別に用意された機関銃で掃射された。負傷者を助けようとした救急車も銃撃され、乗務員が殺害された>

そしてアラン卿は打電の最後にこう結んでいます。

<最も少なく見積もっても、一般市民1万人が命を落とした>

どうですか?。この極悪非道&人権無視ぶり(実際、打電内容には、軍のメンバー同士を殺害させたとの記述もある)。民主化を求める中国政府への抗議行動は数週間にわたって中国全土の約400都市で繰り広げられ、1989年の6月3日から4日の夜、天安門広場でピークを迎えました。

アラン卿は打電の中で<国務院の委員の一部は、内戦勃発の危機が迫っていると考えていた>と記していますが、内戦の鎮圧にしては明らかにやり過ぎです。そして中国当局が発表した死者数がたったの200人から300人。また、大虐殺があった6月4日の朝、中国の赤十字は死者数を2700人と推計・発表していますが、これも少な過ぎますね。

ちなみに2014年に明らかになった米の機密文書には、中国軍関係者の声として、中国共産党が天安門の大虐殺の犠牲者(死者)を1万454人だと考えていると記されていました。
今回のアラン卿の打電に出てくる数字とほぼ同じです。フランス人の中国研究家ジャンピエール・カベスタン氏も前述のAFPに対し、この米の機密文書も類似した死者数をはじき出していることから、アラン卿のこの数字には信憑(しんぴょう)性があると述べています。

当然ながら、この大虐殺の死者数について中国はいまだにシカトを続けています。大虐殺によって命を落とした活動家の追悼行事は一切禁止。

これに関するネットでの議論なども厳しく規制しています。おまけに、これに関する情報を集めた海外サイトへのアクセスまで禁止させようとする始末です。

中国共産党は世界各国で反日活動にうつつを抜かす前に、天安門の大虐殺の犠牲となった無垢(むく)な一般市民を追悼する像を北京に設置すればどうですかね?。

「天安門事件:先ごろ英国で公開された外交機密文書によると、実際は何と、少なくとも1万人の一般市民が殺害されていたことが判明」
「当時の駐中国英国大使、アラン・ドナルド卿が、この大虐殺の発生翌日の1989年6月5日付で打電した英政府への極秘公電」
「昨年の10月に機密指定が解除され、それを受けて香港のニュースサイト『HK01』がこれを閲覧」
「英BBC放送や英紙インディペンデント、フランス通信など、欧米の主要メディアが一斉に報じ」

【中国】人民を戦車で踏み潰した天安門事件…中国政府「死者は学生36人含む民間218人」⇒ 実際は万単位 英機密文書より判明[2/3]

・北京大虐殺キター!
・本家、35人ッ
・36という数字
・犠牲者カウンターがカンストしたけど、桁上がりに失敗
・あの集団に水平射撃かまして たった36人な訳ないやろ!  って事すら誤魔化せると思ってるんだろうな
・「という事にしておかないと…後は分かるな?」という脅しの意味もある 馬を鹿というメチャクチャな発表には
(支那 ← 変換できない)
・もう中国って呼ぶのやめようよ。
・由緒正しい支那って呼び名を定着させるべきだとは思う 毎回中国って言われて鳥取?岡山?って思うのは面倒なんだよな
(やっぱ世界の正義は英国なんだよなあ…ドイチョンと組んだのが戦前最大のミス)
・30億虐殺w日本軍ぱない 64天安門の報道するのって毎回イギリスだよね 香港返還が気に入らないのか、再び取り戻そうとしてるのか イギリスちょくちょくは、中国の人権運動を煽るよね
・香港の雨傘運動だって一歩間違えば天安門事件と同じ結末をたどっていたかもしれない
・>64天安門の報道するのって毎回イギリスだよね
天安門事件は香港台湾と関係が深かったからね
(1989年5月27日、香港ハッピーヴァレー競馬場での中華人民共和国の民主化支援コンサート)
ちなみに南京大虐殺の第1報を報じたのも英国系記者で
内容は「日本兵が残虐を働いたと聞いた被害者は1人か2人だ」
というのが唯一公式に残っているw
・当日死んだのは1万人でも
直後から逮捕拘束されたのは数万人
その他EU圏に数万人が脱出した

父親が日本軍と実際に戦った英雄である
台湾人のテレサテンがパリで支援してたよね
(中共は日本軍と実際には戦って無い)
何で日本では報道しないのかわからんww
・相手を見て行動するやついるよな
中国共産党は弱者にしか攻撃しない雑魚
・普通はそうだろ
勝てると思わなきゃ喧嘩はしない
勝算無いのに相手に飛び掛っていったのは
近代では大日本帝国ぐらいだ
・いや中共の場合はただの殺戮だから
国家間の戦争と殺戮は違うよ
・中国人を一番殺したのは?
日本人? いいえ中国人です
朝鮮人を一番殺したのは?
日本人? いいえ朝鮮人です
・共産主義って人間がただの数字になっちゃうから
簡単に殺せるんだろうな
科学の残虐性ということでマッドサイエンティストと似てる
・逆らう者は殺す、これが共産主義、
これが日常ですね!
  • コメント : -
  • トラックバック : -

テラ銭、ショバ代に「初っ端二万払えw」とか?

推摩 一黙のブログ 2018年01月28日 16時47分

皆さま、寒さ深まり続く中、お元気でしょうかw
私は風邪がブリ返してましたが、ようやく熱も下がりました。

さて、世の中を見ていて「他人事」ながら見ていて興味深いのが、“仮想通貨騒動”ですかねぇ?
なんでもビットコインを始めとする二百種類以上(!)があるそーですが、実は二年ほど前に一度『ブログ記事で取り上げて』みようと思って色々と調べてみたんですが……その時点で、
「ああ……これはアカン奴やw」
と思いましたね。
……と、いいますかうろ覚えですが、二年か1年半前時点ですでに1BC=20万円前後で「実体のないバブルだw」と断じてましたが――世の中とは私なんぞの想像の埒外のようで、最盛期は「1BC=200万円越え!?」とかで去年末には話題になりましたが……『億り人』とかってw
その後の皆さまもご存知の通りの展開によって「200万からマッハで100万を切って下り最速w ジェットコースター」状態で、
億り人転じて“(あの世へ)送り人”っ
という有様で喜悲こもごも――というより見事にカイジってる方を量産しているダケな有様になっています。

……さて、二年前の1BC=20万円前後時点で「ああ……これはアカン奴やw」と早々に“断じた”その最大の理由が、
「(当時の)取引の九割が中国人の、中国国内の熱狂で行われていた」
コトにありました。

た・だ・し、誤解しないで欲しいのが『二年前の』当時の『中国国内での』ビットコイン熱は「確かにバブルの様相」でしたが、その一方で「中国人(資産家)からすれば実需」としてのまだ意味合い(価値)があり、多少の目減り・損も充分に折り合いがつく話でした ┐( ̄ヘ ̄)┌

ど~いうコトか? と改めて説明しますと、現在の『仮想通貨バブル』と違い、当時の中国国内でのBC熱は「海外への資本逃避(合法)手段」という目的があくまでもありました。
すなわちいわゆる当時でも中国人の若いサラリーマンなんかでも「給料全額をBCにブッ込む!」なんてギャンブラーが居ましたが、中国で本当にカネを注ぎ込み『人民元からBCに手持ちの資産(何割か)を変えて』BCを二十万円台より高掴みする九割の中国人のけっこうな割合は『人民元をBCに置き換えた後、海外でドルなり円なりユーロなりの外貨に換える』コトを目的に置いた新興の資産家が実際には多かったので「むしろ“目減り上等w”の実需」であり、本来『使用者のアシが付かないアングラビジネスやマネーロンダリングにしか利用目的の無い仮想通貨』が、(二年ほど前の時点でも)充分“バブル”と断じる高騰っぷりが起こったのです ┐( ̄ヘ ̄)┌

なんか、ここ二~三ヶ月の騒ぎからみれば『1BC=20万円越え』と聞いてもたいしたコトの無いように思えて来ますが……それこそ感覚が麻痺している“異常”な証拠ですよ?
忘れてもらっては困るのは『仮想』と頭に着こうが仮想通貨は一応「おカネ」であるという基本的な事実です。
それが現実に流通する通貨や商品と『兌換可能』な限り、“価値”は生まれます(棒

と、いいますかよくよく考えればドルだろうが日本円だろうが、ユーロだろうが国家が『信用を裏書き』しているダケで実際にその価値の裏付けは「アヤフヤ」なシロモノなのですよ?
ニクソンショック以前は曲がりなにも『金との兌換』が保証されて(いたことになって)いましたんで、そのドルとリンクするコトで世界中のおカネにも貴金属の“金”という実物との兌換が(一応)保証されていました。
しかし現在は世界中で発行されている通貨は硬貨以外は、極論を言わせていただくなら紙切れ、仮想通貨に過ぎません ┐( ̄ヘ ̄)┌

……むしろ1セント硬貨や1円硬貨は原材料だけで80銭~1円以上の価値がありますんでw 製造費を加えますと通貨の表面価値の二倍から三倍の(製造)コストがかかり価値があるともいえますw
ちなみにおカネが全て紙幣に置き換わらず日本円なら1円から500円まで硬貨が作られているのは「平時には貨幣の形で金属資源を流通確保する」という意味があったりするからです。
なので、戦前は鉄の貨幣なんかもありましたし、今も通貨の原材料としてアルミニュウムや銅などが使われているのもその名残です。

あと、海外――特にアメリカなんかでは「通貨を普通の民間銀行でも発行可能」だったりするんですよ?
まあ、今は連邦銀行(FRB)が通貨発行権を一手に握っていますが、現実に地域通貨として一部の州では独自にドルを発行している民間銀行が米国には存在します!?
……と、いってもFRBが発効する非兌換紙幣を嫌い『金貨としてドルを作っている地方の民間銀行があるw』というだけの話なんですが ┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、話が少し横道に逸れましたが、いわば「現実の日常、私たちが使用する通貨、紙幣ですら、実はその価値が別になんら具体的な裏付けなどされていない」ワケでして、その価値を担保しているのは『信用だけ』といってしまって構わないでしょう(´_`。)

よくよく考えてみれば怖い……というより呆れる話で、なのでだからこそジンバブエドルのように「ある日、突然通貨貨幣の価値が紙切れになる」コトが起こり得る――というより、為政者の匙加減一つで現実に起こり得るというイイ実例が、ごく最近インドではありました ┐( ̄ヘ ̄)┌

●「4時間後に紙幣が使えなくなります」インド首相が突然発表 なぜ?
2016年11月08日
インドのモディ首相は11月8日午後8時(現地時間)にテレビで演説し、現在流通している高額紙幣を、4時間後の9日午前0時で廃止すると突如発表した。

偽造紙幣や資金洗浄など、ブラックマネー撲滅のためだとしているが、現地では大勢の人が、旧札を新札に交換しようと銀行に押しかけている。ハフィントンポスト・インド版などが報じた。

廃止対象となるのは、現在流通している紙幣のうち、最高額の1000ルピー札(約1600円)と、2番目に高額の500ルピー札(約800円)の2種類。インド中央銀行は新たに2000ルピー札を10日以降に、新デザインの500ルピー札を数週間以内に発表する予定だが、それまでは銀行などに一旦貯金して預けたうえで、新札として引き出してほしいと呼びかけている。11日までは病院や鉄道、航空会社、ガソリンスタンドなどに限り、旧紙幣での支払いが認められる。

モディ首相はこの日、「ブラックマネーと腐敗が、貧困撲滅の最大の障害となっている」とテレビで演説。偽造紙幣や汚職、資金洗浄などの根絶が目的だとしたうえで、「パニックになる必要はありません。あなたのお金は残ります」などと、国民に語った。

混乱を避けるために、インド全国の銀行や郵便局が9日は閉鎖となる。このため、ATMに長い列が続く光景が、インドじゅうでみられた。

脱税対策のねらいも
今回のモディ首相の宣言は、脱税対策との見方もある。

インドでは現金決済が主流で、銀行決済があまりつかわれない。使用される紙幣のほとんどは1000ルピー札と500ルピー札で、自宅に保管するいわゆる「タンス預金」が多いという。

このため、国民の資産の捕捉が難しく、低所得者だけでなく、富裕層のなかでも納税をしない人も多く見られる。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、2013年に所得税を払ったのはインド人口の1.6%しかいなかったという。旧札の交換のために銀行への入金を促すことで、国民の資産を把握し納税につなげるというねらいもある。

上の記事は2016年に実際にインドで『実行された』高額紙幣廃止の“実例”です。
日本でいうなら一万円札と五千円札を「ある日突然、廃止もしくは新紙幣に切り替え」と政府が発表したようなモンでしょう(笑えない
目的は「タンス預金の洗い出し」――だったようですが、このインドの場合、問題は「国民に急に出した旧札の強制交換令に充分に対応した準備が不足していた」コトであり、その結果、多くのインド国民が手持ちの現金=旧札を新札に交換しようと現行にドッと押し寄せたものの充分な新札紙幣が用意されていなかったせいでインド国中が大混乱に陥りました!?
モディ首相の狙いはブラックマネー(脱税や密輸など非合法な経済活動で動く資金)のあぶり出しだったんですが、あまりにも突然だったためにインド全土が大混乱に陥りました。
この政策は蓄財している人々からの反撃やマネーロンダリングを防ぐために、極秘のうちに準備され、突然発表されたのですが、インド経済は一瞬にしてストップし、デリー市内の市場は全部クローズし、銀行の前には「取り付け騒ぎか!」って言う位の人の列ができました。
時間が限られ、満足な情報も得られない中、旧紙幣が新紙幣に充分交換されないんですから当然です(棒

ちなみにこれを契機にインド社会は急速にクレジットカードと電子決済の社会へと舵を切ったといいますから皮肉な話ですw

さて、電子決済といえば本日の話題の『仮想通貨』がまさにそれです(´・ω・`)
そして、ビットコインを始めとした『仮想通貨』の本来の目的は電子決済――ネット上での取引の利便とそして“安全性”をもたらすコトにありました。
と、いいますか「今でも本来の目的は」あくまでも次世代の電子決済の一手段の提案、提示であり、本来のその目的を考えればたとえば『1BC=1円』というので充分であり、それ以上の付加価値は余計な付加価値地というか投機目当ての不純な“邪魔モノ”でしかアリマセン(ノ_-。)
ハッキリ申し上げなくとも「電子決済の近未来の手段」として仮想通貨が普及するのの妨げにしかなりません(>_<)
……短期間で価値が200万倍になり、かついつゼロになるか分からないモノが「日常の決済」に使えますか?
さらに、公開されている取引所すらセキュリティが信用できるかできないか分かったモンじゃなく、本当に安心したいなら二万円近くかけてハードウェアウォレットと呼ばれる(ネットから切り離された電子財布)を個人で購入して自衛するしか今の所アリマセン ┐( ̄ヘ ̄)┌
「18年は仮想通貨と取引所がサイバー攻撃の大きな標的になる」とは有り難くもない予想ですが、 昨年末に韓国の仮想通貨取引所のユービットはサイバー攻撃で経営破綻し、米ビットレックスや香港ビットフィネックスなども攻撃を受け今現在は 仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)が顧客から預かる約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したという事件が現在進行形で世間を騒がせています( T_T)\(^-^ )

ま~、仮想通貨での投機なんて鉄火場に手を出していない一般社会から見れば「面白がって高みの見物w」ってな話なんですが……ここ数年で急激にスマートフォンによるモバイル決済が、クレジットカードや交通系ICカードの利用などを含む電子決済が普及しつつある現代、私もあなたも「いつどんな形で被害や犯罪に巻きまれないか?」分かったモンじゃない話であり、そう考えれば笑ってもいられなくなってきます。

ビットコインを代表とするP2P(Peer to Peer)方式とは、基本的にはサーバを介さずに通信するという特徴の複数の端末間で通信を行う方式で、一昔前に流行ったWINnyなどを思い出す方もいられるかとも思いますが、 本来は情報の処理を特定のコンピュータに集中することがないため、サーバー方式のようなシステムダウンが起こらない、どこか1か所のコンピュータに不具合があってもシステム全体に影響が出ないなどの利点がこのシステムの特徴です。

ビットコインはこの『サーバーダウンに左右されにくい』利用者相互のデーター共有(過去に仮想通貨が渡ってきた履歴が広く共有され相互チェックされる)という形を信用信頼の担保として利用する目的で考え出された仮想通貨システムです。

そのアイデアはまさしく秀逸であり、次世代の電子決済のモデルとして充分胸を張れる画期的なシステムでしょう。
実際に、二年ほど前に中国で『資産海外逃避の手段』としてBC価格自体が高騰するまで、

ビットコインの問題点 = 取引の匿名性が高く特に規制が無いため海外における不正送金や犯罪性のある取引の決済に利用される点

であり、薬物犯罪やテロ資金の送付、あるいは中国などの外貨規制の網を潜り抜けるマネーロンダリングの手段として利用されるのが問題の大部分でした。
それが、まあ、現在は「まるっきり投機の対象」としか世間では捉えられていませんからねぇ ┐( ̄ヘ ̄)┌
中国は二年前の2016年に世界のビットコイン取引の約9割を占めた「仮想通貨先進国」でしたが、去年9月に取引所の強制閉鎖に踏み切りました。
ちなみにこの性急にもみえる弾圧には人民元からの資本逃避を封じる狙いだけでなく、同時に拡大する詐欺被害というもう一つの新たな問題の拡大がありました。
日本で中国市場の閉鎖弾圧と入れ替わるようにビットコイン取引の市場が広まりましたが、これには
「日本が仮想通貨が合法である世界で数少ない大国だ」
という事情が助長したようです ┐( ̄ヘ ̄)┌
まあ、バカバカしい話ですが、実際に取引しているのは中国人や韓国人の外国人がほとんどだそーですが……昨今のマスゴミの持ち上げや煽りに踊らされて日本の若い層や騙されやすい素人が“大損”するケースが増えているように見られ始めています(´_`。)

……直近の、当局が弾圧を始めるまで中国では「詐欺不正業者は軽く3千を超し」その詐欺被害が社会問題となりました。
日本ではほとんど報じられませんが『そういう点』もよくよく考えて――みずとも「仮想通貨で一儲け」なんて話の胡散臭さは普通に考えてみれば分かるハズです ┐( ̄ヘ ̄)┌
だいたい「億り人」なんて阿呆ゥな煽り文句――詐欺の丸出しのセリフのようなモンじゃありませんか?(呆れ
これに騙される人間がいるという時点でその人間の自業自得でしょう(-""-;)

「中国人による資産の外貨持ち出し海外逃避」という目的で、その人民元からBC、BCからドルや円・ユーロなどへの転換持ち出しという“実需”があった時ですら「20万倍(1BC=20万円以上)という明らかなバブル」だったのです。
それが、詐欺と煽りに騙された韓国人(それも若者w)を中心に200万倍(1BC=200万円以上)の高値に跳ね上がったのが昨今と現在進行形の仮想通貨を巡る現状ですが……これから先、まあニ~三年は、国際的に規制と法整備がもっと進んで落ち着くまでは手を出さず関わらないのが賢明でしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌

日本ではすでに各種電子決済が普通に供されていますが、モバイル決済を始めほとんど普及していません。
考えてみれば当然といえば当然な話で、日本の通貨紙幣は偽造もほとんどなく世界一といっていいほどその信頼性がありますし、電子決済以前に日本ではクレジットカード決済すらそれほど熱心ではありませんw
そんな国では、欧米のクレジットカードなどによる非現金決済文化も、インドや途上国のような政府紙幣に対する不信も不便もないんですから不要不急でそんなに必要アリマセンからねぇ?
それでもこれから十年スパンで見れば世界的な傾向として電子決済を始めとする現金離れは世の趨勢でしょう。

とはいえど現金だろうが仮想通貨だろうがあくまでもマネーは『社会生活と経済活動の道具』に過ぎません。
そこの所を見失ってはならないんじゃないでしょうか?
結局、「そんな当たり前な結論」に落ち着くと思うのですが……なにかおかしいでしょうか?
少なくとも『テラ銭、ショバ代に「初っ端二万払えw」とか言われるような話』は今も昔も関係なく『詐欺』を疑ってかかって手を出さない方がいいでしょう(-""-;)
よほどの強運か泡銭に飽いているのでもない限りw

そのようにしか考えられないのですが……間違っていますでしょうか?w
  • コメント : -
  • トラックバック : -

狂躁亭払暁通信・Moneyの報復

おととひの世界 2018-01-28 04:31

『 コインチェックを実質破綻に
追い込んだ魑魅魍魎の正体 』

FC 2ブログ『カレイドスコープ』樣
2018年1月27日15時28分

今回は長文記事を無料で
緊急アップしてくださっていて

本来ならメルマガにすべき
ボリュームでしょうけど
おそらく警鐘警告の意味を込めて
書かれておられるんだと
ありがたいことです

今回の事件の裏で
どういう連中が蠢いていたのか?
過不足なく詳述されている

ぜひご一読を

ちょっと大げさかもしれないけど
ユリウス・カエサルね

金銭に使われる人間になってはいけないが
金銭を軽蔑する人間になってもいけない

金銭を軽蔑するものが
成功することはおぼつかない

成功を収めるものは
決して金銭を侮蔑はしない
どこかでそんなこと
金言集見ても出てこないんだけど

堀江貴文さんね
あの人も最近仮想通貨関連の発言
とても目立ってましたね

お金2.0みたいな本も出てるでしょ?
私も立ち読みくらいならしましたけど
まあこんなもんだろうなと

彼らの言うところの
『まだ現金なんか持ってるの?』
っていうあの言い方ね

ヒルズ族の人達っての
価値紊乱起こすことで
生きてきた人たちですから
そういうこと
言うようにはなるでしょうよ
究極の姿かもしれない

金銭感覚というより
金銭観そのものが
使い捨てカメラだとか
要するに使い捨ての安いコモディティな

より良いもの
便利なものができれば
そっちに行けばいいんだと
古いものを使い続ける意味
なんか全くない

そういう考え方の人達
お金もそういうものだと
自動車かもっと言えばパソコンか
パソコンソフトみたいなものだと

生活必需コモディティに他ならないんだと
本当にそうなのか?ってこと

タンス預金って何?
大抵お札でしょうけれど
ユーロ紙幣の高いやつ
6万円ぐらい?

今高額ユーロ紙幣廃止の動きが出てきて
慌ててる人が多いんだ
日本でも一万円札廃止の動きが
具体的にあるみたいだよ

お金はそれ自体は
『消費される資源の領収書』
それ以上のものでも以下でも

物質・エネルギーも交換後
消費されてなくなる
保存されないわけです

しかし人間の先入観とか概念の中では
そうはなっていない
科学者の頭には保存則
経済学者の頭には消費則がある
どちらも仮想的な概念

エネルギー保存則と言ったって
例えば人間がまきや石炭や石油を
燃やした後

散らばった熱エネルギーを
また元に戻すことはできません
粗っぽい概念として

物質やエネルギーの
拡散された状態のことを
『エントロピー』と言ってるわけです

おそらくアリストテレスの
『エンテレケイア』が語原
ルドルフ・クラウジウスの造語

物理学的仮想世界の中では
エネルギーは保存則に従うが
我々人間の経済社会の中では
そうはなっていない

しかしその誤解のおかげで
人間の経済活動ができている
言ったように人間活動の根源的な部分

『お金』は『物質やエネルギー』の
『領収書・受け取り』です

もともとは消えてなくなるもの
しかし領収書と受け取りは
そこに書かれている数字が
複利計算で増えるんです

受け取られた物質やエネルギーが
なくなっているのに
領収書の数字だけが増えていく

純粋に物理的に見ればナンセンスなこと
しかしそれなくして
人間は経済活動ができない
社会生活を送ることもできない

我々の経済活動は常に
こうした『錯覚』の上に成り立っている
物質やエネルギーの価値を
保存することはできません

消費される一方だからです

しかしその価値を保存したい
と考えるのが人間

だから変質もせず値打ちが変わらない
腐食することがない金属を
貨幣に使った

それが金貨だったり
銀貨だったりした
16世紀終わりのレパントの海戦で
スペイン帝国はイギリスに破れていた

しかしスペイン銀貨は
その後200年以上にわたって使われた
ディケンズの小説にもその話は出てくる
その頃ナポレオン戦争があった
大陸はほぼナポレオンに占領された
そしてイギリスは敵の船をぶんどって
海軍を作っていた

どちらも出会貿易をやった
使われた貨幣はスペイン銀貨

新大陸征服により
大量の金銀が持ち込まれたことも
もちろんあったけど

スペイン人は『正直な通貨』を作った

後のイギリスフランスドイツよりも
通貨というものが
価値保存を担っていること
よく考えていたからです

現在の覇権国家はアメリカ
アメリカは果たして
そういうことを考えているか?

逆です
紙幣も全て廃止して早いところ
クリプトカレンシーに移行したい
と考えている

ここひと月ほど
熱狂的に仮想通貨を持ち上げてきた人たちと
考え方・センスはよく似ている

200年前のスペインと
現在のアメリカ合衆国
最も違う点がそこ

アメリカ合衆国はドルの発行元
しかしその値打ちを徹底的に希釈化して
売り出しているわけです
彼らはそれで生きている

そうすれば
自分たちが生き残れるから
200年くらい前までのスペイン
そんなことは考えてなかった

覇権を失った後もなお
2世紀以上にわたり
スペインが信用されていた

スペイン銀貨も現在の米ドルも
全世界で公共財化しています
その内容をごまかして
うまく使おうというのがアメリカ

ところがスペインはそうしていない
世界覇権をイギリスに譲ったのであれば
ごまかした方がラクだったけれど
スペインはそうしなかった

良質な銀貨を
小国にまで浸透させていた
過去に作り出した膨大な量も含めて

これって戦後の
アメリカ合衆国の行動様式の真逆

スペインは長期にわたって
衰退している国かもしれないけど
そのスピードは極めてゆっくり
アメリカがその逆なんで

あれやこれや深慮遠謀
ドル覇権の維持策は
いろんなこと考えてますよ
ニクソンショック以来ね

しかしあくまで自分のため
自分たちだけのため
ドルのユーザーさんを支配するため
ユーザーさんの利便性は二の次三の次

あくまで自分たちのためだから
ドルを粗末にするようなことも平気でやる
我々は今その最終形態を見ている
シンゴジラじゃないけどさ

ニクソンショック以来
様々なバブルが引き起こされてきた
だぶつくオイルマネー
中南米の累積債務問題

昨年100を超えて死んだ
デイヴィッド・ロックフェラーが
引き起こしたもの

そして80年代レーガンの高金利政策バブル
それが85年プラザ合意で崩壊すると
そのカネは日本国内に大量に

それがあの昭和末期から平成始めの
巨大な土地バブルを生んだ
そしてその崩壊と共に
日本の土地神話も崩壊した

安倍政権はアベノミクスで
日本は再起動したみたいなこと言っているが
日本経済が本当に再起動したなら
成長軌道に乗っているなら

健全な投資が行われる結果としての
健全な金利に戻っていなければならないが
全く戻っていませんよね

ゼロ金利どころかマイナス金利

銀行は口座手数料を取るとか
言い出している

もはやまともな金融すら
成り立ったなくなりつつあるということ
いったいこれのどこが
経済再起動なわけ?

日本の中央銀行である
日銀による通貨不胎化によって
かろうじて国債発行消化する国
最大株主が日銀という大企業が
2/3を超えているような国

戦前戦中も似たことがありました
最終的には大インフレと
預金封鎖で終わりました
必然的に同じことになりますよ

今そうなってないのはなぜか?
インフレならば破滅的高金利になる
そうなっていないのはなぜか?

ほとんどが海外に出て行っているからです
日本のカネのほとんどは
日本の国内で回ってなどいないんです

限りなくゼロに近い金利で
カネを貸してくれるやつがいるんだったら
ガンガン借りてくれますよ

その筆頭がアメリカ
あれだけ破滅的な官民総がかりの
巨大借金をしている国がなぜ
あれだけカネをじゃぶじゃぶ使えるのか?
貸してくれる馬鹿な国があるからです
それが日本ですよ

自分たちでカネの使い方が分からないから
ものの値打ちがわからないから
一番かしこんでいる大旦那に
使い方を考えてもらっている

それが日本の現在の姿です
番長の子分舎弟が
番長の赤点の答案を丸写ししている
ようなものです

そのために日本が
こき使われているとしたら
馬鹿な総理大臣が出れば出るほど
アメリカにとってはありがたいんですよ

平成の御代に
馬鹿総理ばかり続いたのはそのせいですよ
アメリカはそれを元手に
しかもそれをレバレッジで膨らませて
全世界の資本主義をおもちゃにして
バクチの種にしているわけです

とんでもないことですよね
挙句の果ては戦争までやっている
アメリカにそれをやめさせようと思ったら

日本人とアラブ人の
息の根を止める必要がある
それに気づいたテロリストが
日本に向かってこないことを
祈るばかりですが

そうならなくても
アメリカの没落は恐ろしいほど急激です
あれだけ力がありながら
なぜそうなるのか?

どうしてスペインのようにゆっくりと
というわけにいかないのか?
大英帝国に比べても急激でしょ?

おカネをおもちゃにして
はばからないからですよ
自分のことしか考えていないからそうなる
スペインは少なくとも
スペイン銀貨というおカネが
世界の公共財であることを理解していた
だからカネの質は落とさなかった

それだけのことで
スペイン銀貨は200年以上流通していた
翻ってアメリカ合衆国どう?

ニクソンショックを始め
ドル防衛はあらゆる手段を通じてやってるよ
しかしそれは自分たちがドル札を
じゃぶじゃぶ印刷できる増やせる
そのためだけの防衛策

全世界の米ドルユーザーを
守るためでもなんでもない
むしろアメリカ以外のユーザーを
切り捨てるため犠牲にするため
だけにやってきた

見かけ以上に膨らまして利益を得る
そのためにはありとあらゆる
バブルが起こされてきた

80年代のアメリカ債券バブル
そして日本の土地バブル
90年代のハイテクバブル
2000年代のシェールガスオイルバブル
そしてデリバティブ金融バブル

その最終ランナーとして
仮想通貨バブルが現在起きている

誰が誰のために起こしているか?なんて
わかり切ったハナシじゃない?

お金2.0とか3.0とか言ってるような人
その尻馬に乗っているだけだよ
どちらにも共通している

おカネと言う
人類社会の最も基本的な
インフラにただ乗りしておきながら
それをバカにしている

没落後のスペイン
彼らが決してやらなかったことですよ
あの国バブル景気が
あまり起きてないんだよね

しかしリーマンショック前には
ユーロバブルと土地バブルが起きた
今その深刻な後遺症

マネーを舐めると
とんでもないしっぺ返しを食らう
しかしみんな懲りずにやるんだ
アメリカが生きていられるのは

その懲りない連中が
たくさん増えつつあるから
フィアットマネーはもう古い
そう言っている連中です

今回の騒動はきっかけの一つだろうと思う
やがてはそういう連中が次々に
炙り出されて世界経済はやがて崩壊

現在その初期微動が始まっている
大雑把な感想かもしれないが
個人的には当たらずとも遠からずだろうと
  • コメント : -
  • トラックバック : -

(それでも)行くべきではない韓国

推摩 一黙のブログ 2018年01月25日 15時59分

大・寒・波っw
さむ~い今日この頃ですが皆様はいかがお過ごしでしょうかw
私は風邪がスッカリぶり返し(オイッw)ガンガンエアコン暖房かけて寝込んでますっw
熱は引いてくれましたが、喉が痛いですネっ

さて、世の中は東京で雪が積もって混乱したり、 草津白根山の本白根山が噴火したり(殉職した自衛隊員に黙祷(。-人-。))様々なニュースが流れていますが……とりあえず気になったニュースが、

安倍首相 ピョンチャン五輪開会式出席で最終調整
2018年1月24日
安倍総理大臣は、日本と韓国の未来志向の関係構築につなげたいとして、来月開かれる韓国のピョンチャンオリンピックの開会式に出席する方向で最終調整に入りました。

安倍総理大臣は、開会式への出席に合わせて韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めるとともに、北朝鮮への対応で緊密な連携を確認したい考えです。

ですかねぇ?
正直、結論からいいますと「韓国へは行くべきでは無い!」ですかね?
一部、戸惑う声と党内外に世論からも「理解できない!」と反対が大勢を占めていますが、たとえその訪韓の真意が『首相が直接「いい加減にしろよおまえら?」って釘を刺しに行く』ことだとしても1%でも危険があるなら行くベキではありません!
リッパードや伊藤博文に日本の総理が遭う可能性が拭えない以上は今の韓国に行くコトは賢明ではありませんし、何よりもリスクは韓国国内に留まらず北朝鮮からの攻撃――半島有事の可能性のリスクの大きさを考えれば、ノコノコと『人質候補』が自分から敵の銃口の前に赴くようなモノです ┐( ̄ヘ ̄)┌

アメリカが副大統領を送るとはいっても『その背後には米陸軍が付いており、在韓米軍基地に直接入って』の訪韓です。
オマケに北は「オリンピック前日に“記念日をデッチ上げ軍事パレードを行うw」なんて挑発を隠そうともしていませんしねーo(-゛-;)
ハッキリいいますが「舐められて」います。

あと、慰安婦の合意をなんとか「うやむや」にしようと言を左右にするその態度も許せないコトながら、国際外交の場において
「『ユネスコの記憶遺産』に日本の慰安婦を登録したい」
などと執拗にいまだに画策する発言を韓国の女性相が口にしている有り様ですからねぇ(呆れ

ハッキリ申し上げますが、韓国も含めて特亜三国、大陸の国々とは距離を置いて付き合い――と、いうより仮想敵国として仮定して相対するベキでしょう。
ちなみに比較好意的中立的に付き合っていますが、国家としてもロシアも欧米に歩調を合わせて本当はもっと厳しく向き合うベキだと私は考えます。
ロシアが比較的、外交軍事の重点を欧州中東方面に置いていますので摩擦衝突は目立ちませんが、「日本の領空侵犯を繰り返す仮想敵国」のトップでロシアがあり、日本や欧米よりも、中国との関係や協力協調が深い“現状の世界秩序への挑戦国”とカテゴリー分けできる問題国であるのは間違いないのですから!

――まあ、とはいえどいまのようにイキがっていられるのは今年中か? あるいは長くて数年以内だけでしょうケドw
ロシアは中東やウクライナでここ数年上手にやっておそらくは当人たちも望外な成果と優位を得ていますが、軍事的経済的には割けるリソースが限界に来ており「ここいらで手打ち」にしたいと模索し始めています。
欧米の指導者層の無能と無策で、ロシアに相当に好き勝手を許してきましたが、『単なる経済制裁』だけでもう充分にロシアは青息吐息です ┐( ̄ヘ ̄)┌
この状態が十年……といわずとも、もう数年継続すればロシアは経済産業的に国を揺るがす打撃と将来を失い、その影響は長期に至るでしょう。
2013年頃に原油価格が国際的に急落しだした頃、プーチンが「ロシアは五年は保つ」といいましたが、それからちょうど五年が立とうとしています。
ウクライナ危機に対する欧米の経済制裁と原油価格の下落が引き金となったルーブル切り下げで、ロシアの名目GDPは13年の2兆790億ドルから14年には1兆8606億ドルに落ち込んだ。15年は1兆2358億ドル……と、長期低迷に苦しんでいます。
今後、 ロシア経済は順調に回復軌道に乗るかどうかは偏に、原油・天然ガスなどの資源価格がどこまで戻るのかにかかっているのですが、これらは全て資源輸出依存のロシア経済が変わる望みが無いというコトの裏返しでもあります。
とりあえず産業競争力が壊滅的に遅れているというコトが全てで、旧ソ連時代からの産業規格を国際的な欧米日の産業規格へ転換するコトもソ連崩壊から三十年近く過ぎようとする今も果たせないでいます。
まあ、これはウクライナ~ポーランドにいたる旧東欧諸国にもいえコトでして、特にウクライナは国内の生産ラインの工業規格が旧式のソ連時代のままで、輸出の大部分をロシア向けに頼っていたにも関わらず、無茶な革命遊びをして現在の惨状を晒しています。
さらにポーランドを始めとする旧東欧のEU加盟国も、中欧や南欧からの投資を呼び込み、また逆にEU域内の移動の自由保障によって安価な労働力の供給源となっていまが、全体として見れば旧ソ連時代からの設備の廃棄転換で多くの補助を必要とし足を引っ張っています。

冷戦終結時、東側で最優等生国と観られていた東ドイツですら、統一後は、ほぼすべての生産設備が旧式で使い物にならず廃棄され、技術者も一から教育し直さなおさなければ使いものにならなかった……というのですから、現在のロシアや旧ソ連の衛星国が抱える問題の深刻さが想像できるでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌

それでもロシアは『独自にエンジンや兵器を設計生産できる』レベルであるのです――よ?
対して、中共は未だにロシアからモンキーモデルのエンジンや部品を入手しなければ艦船から戦闘機、戦車に至るまで保守管理を維持できませんw
「世界の工場!」と中国人は誇りますが……正確にいうなら
「世界の“組み立て”工場」
に中国は過ぎませんw
そしそれは韓国にしてもそーで、韓国の産業が崩壊しても世界の需要は変わらないw
他のどこかASEANとかインドとか日本に移るだけw
部品素材需要も変わらない。
中国や韓国で製造出来なくなったら、他で作るところが出てくるからそこに売れば良いだけ――まさに資本財生産国(日本)は常に安泰なのです。
実際に、日本が技術の流出や企業の進出を止め、絞ったそれだけで中国も韓国も新規どころか後継機のバージョンアップにも困窮をきたしてきています ┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、飢餓輸出でヘル韓国なんて自嘲する半島はともかくとして、人件費と環境負荷のコスト安さが売りの中国が、インドや東南アジアの周辺国に安い人件費と規制の甘さを求めて中国企業が逃げ出したり、あるいは工場の自動化ロボット化で省力化を進め、『人がいらなくなる』コトで“競争力を維持しようとする”!? というあたりからして「すでに何かが狂っている」としかいいようがありませんが(`∀´)

日本はおろか欧米ですら『高学歴で高技能の人材』をどのように自国内で生かし、仕事を供給し、食わせていくか? に悩んでいるというのに、中国はおろか韓国ですら『豊かになる前に経済成長と産業発展の天井が見えてしまった!?』のですよ?
さらに付け加えると日本や欧米はその最盛期や経済発展期に「それなりに社会保障制度を整え、また社会の公共インフラを整備普及し終え」ました。
そーした点で考えてみても特亜の国々はどうでしょう?

中国などは鬼城や日本の総線路距離の五倍以上の「空気を運ぶだけ」の高速鉄道網を敷いたとかいいますが、それらが実際に役に立つならともかく「賄賂汚職手抜き中抜き」が横行し、見せかけだけで一年と保たず自壊崩壊する公共インフラが後を絶たず結局何も残らない有様に成り果てています。
それでいてこの過去三十年で土壌も水源もそして息をする大気すらも公害を放置して汚染しつくしたこの隣国はこれからどーすんでしょうねぇ?(皮肉

日本の隣にはこのような『絶望の国』しか残念ですが存在しません。
その中でも(日米の支援をこれまで受けて)比較的マシな韓国ですらあの有り様です┐( ̄ヘ ̄)┌
明治以来百年……いい加減、日本は大陸半島に見切りをつけていいんじゃないでしょうか?
そして、関わるだけでも『不幸になる』のがあの半島の法則です!
絶対にいい事にはならないというコトが分かっているのですから、日本の総理には、安倍首相には『平昌オリンピック』なんぞには行ってほしくないです!


そのようにしか考えられないのですが……間違っていますでしょうか?
  • コメント : -
  • トラックバック : -

安倍首相が平昌五輪参加を決めた本当の理由が判明! 韓国を逆に窮地に追い込む奇策だった!

NewsU.S. 2018.01.25

安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明 「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」
2018.1.24 05:00

安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を「受け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については「高度な圧力の維持を再確認したい」と述べた。

首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても「当然強く主張することになる」と述べた。

南北対話については「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。この考え方も文大統領に明確に伝えたい」と述べた。北朝鮮に対する人道支援再開については「間違ったメッセージを与えることになる」と反対する考えを示した。

「安倍首相:平昌五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅大統領と会談」
「日韓合意に関し、文政権が示した新方針を『受け入れることはできない』と直接伝える意向を示した」
「日本大使館前の慰安婦像撤去についても『当然強く主張することになる』と述べた」

・そもそもさ、この人一回も出席しないって言ってないよね   本当に言葉選びがうまいと思うわ
・忍術の一つ「五車の術」だと思います。   相対する相手がしばしば非合理な決定をしたり感情に流されたりする場合、この術は効果的に作用します。 五車とは人間の根本的感情である喜怒哀楽に恐怖を加えた5つの感情で、これを思うがままに誘導することによって、望む結果を得るのが五車の術です。 「出席しないかも」という偽のリーク情報に対して大会に大物を呼びたい韓国は「慰安婦で下手に対立すると日本からも首脳がこない」と恐怖し、慰安婦での発言を抑制します。 また、負けず嫌いの彼らは「行かない」と安倍氏が言っているなら「来るように仕向けよう」とする怒りの感情に支配されます。
そして利用可能なチャンネルを使って安倍氏が出席する方向に誘導しようと親韓派の議員などに連絡を取るでしょう。 安倍氏は誰が自分を出席させようと働きかけるかを観察することで、与党内所属議員の外交上のリスク評価をしました。
その上で 「参加するけど、相手の嫌がることを沢山します」と発言したわけです。 そう・・・安倍氏を参加させるなんて韓国には実際には不利益しかないんです。 安倍氏が参加して「慰安婦は解決したのに混ぜ返すな」と命令するわけですからね。 韓国には実際には安倍氏が参加しても何の利益もないのです。 なのに必死になって安倍氏に参加してもらうように働きかけるよう、彼らは誘導されたのです。
・なるほど、、、
(これまでの外交とやり方を変えてきたな…まさかとどめを刺す気か?)
・韓国は安倍が来るだけで、日本が折れたというメッセージを内外に発することができるこの時点でもう文は勝っている
さらに「安倍は文と会談しないと目的を達成できないが、文は安倍と会談する必要はない」のが今回の肝
文は侮日のため、この状況を最大限に利用してくるだろう   こんな鴨が総理じゃ、西部も自決したくなるわな
・無理ですね   安倍氏はムン大統領に直接「慰安婦問題を蒸し返すな」と命令しますよ。
一方、韓国政府はすでに合意は破棄できないと発言しているわけですから、安倍氏の命令に逆らえません。
韓国社会はムン大統領に騙されたと落胆するでしょう。
・会談がないのなら行かないとなるかもしれませんね。   そうしたら米中ロから首脳はこない上次の夏季五輪開催国からも首脳を呼べない事になります。   直近の中国開催の五輪と比べて、韓国の冬季五輪は完全に失敗だったと国際的に評価されるでしょうね。    安倍氏は行っても行かなくても困りはしないのですよ。
・安倍氏が直接ムン大統領に慰安婦を蒸し返すなと命令したと国際社会は見るよ。   そして実際に韓国政府に慰安婦合意を破棄する勇気はないから、完全に安倍の命令に従ったと韓国社会から認識される。   韓国では重要公約を違えた大統領はすぐに支持率を失う。
・こんな情勢で安倍に来られたら韓国が困るじゃん。   そりゃパヨクは全力で罵倒するよw
(日韓米www それ新しいwww)
安倍晋三首相の発言全文 訪韓へ「慰安婦合意、日本の立場伝える」 平昌五輪開会式出席を表明
2018.1.24 11:30

安倍晋三首相は24日午前、2月9日に韓国で行われる平昌(ピョンチャン)五輪の開会式について「事情が許せば出席したい。選手団を激励したい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。首相と記者団とのやりとり全文は次の通り。

◇--平昌五輪開会式に出席する予定か

「事情が許せば、平昌五輪の開幕式に出席をしたいと考えています。2020年東京五輪があります。同じアジアで開催される平昌五輪の開幕式に行き、そしてまた選手団を激励したいと考えています。

同時に首脳会談を行い、日韓の慰安婦合意について日本の立場をしっかりと伝えていきたいと思いますし、北朝鮮の脅威に対応していくために日韓米でしっかりと連携していく必要性、圧力を、最大限まで高めたこの圧力を維持していく必要性について伝えていきたいと思っています」・・・   産経

「北朝鮮の脅威に対応していくために日韓米でしっかりと連携していく必要性、」
>日韓米

・>日韓米が連携
二階や古賀、創価学会からの圧力より、アメリカからの圧力の方が強かったかもな   トランプは行かないくせに
・しかし、親北の文を牽制するという報道が既に出ているのに、どうしてサヨは元気なの?  そもそも、安倍首相が親韓なら「重要な隣国」から外さないだろw    サヨはキチの集まりだなwwwww
(日本国民一丸となってアメクソと親米反日の韓国を叩き潰せ)
・結局平壌五輪になってしまって実質中国・ロシア・北・韓国のレッドチームの勝ちでアメリカの負けなんでしょ?
それを誤魔化すために米副大統領と安倍首相が出席するなんて苦しすぎるわ。
・アメリカとまた戦争したら韓国や朝鮮と離れられるの?   それって最高の煽りかも。
・日本と従北の韓国を無理やり結び付けているのはアメリカ。   このままでは日本まで赤化してしまう。   そのためにはアメリカと戦争するしかない。   こういう論理構成で来られると揺らぐわ~。
・今のままだと日本は終わるんだよ 終るくらいならアメリカと戦って終わったほうがいい  それくらい朝鮮が嫌いってことをまずはアメリカに伝えないと
・このままだと憲法9条改正したのはいいけど韓国と離れたい一心で敵国が北からアメリカに替わってるかもしれない。
まあ中国やロシアの思う壺だわな。
・アメリカが朝鮮使って日本を縛り付けるのならアメリカとも戦争しますよ、ってことを伝えなきゃ
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事