Entries

日本がヘリ空母をフィリピンに派遣 アジア諸国の懸念を招く

米国の空母「ジョージ・ワシントン」は昨日午後フィリピンに到着し、救助活動を開始した。同じように大規模な救助を実施している国には、他にも日本がある。この軍事面でアジアに大きな苦しみをもたらした国によるフィリピンへの自衛隊派遣は、「戦後最大規模の海外派兵」となった。日本メディアは、「安倍首相は天災を平和憲法打破のチャンスとし、台風という災害の緊急援助でさえ、国際的な政治の現実を反映している」と分析している。

日本は過去最大規模の国際救助隊を派遣する。日本が自衛隊をフィリピンの「災害救助」に派遣するという案は、日本政府がマニラ現地の軍官を通じて、アキノ大統領に直接提案したものだ。環球時報の記者がマニラ現地の外交ルートから得た情報によると、アキノ大統領は日本からより多くの物資と資金の援助を希望しており、東南アジアの隣国から人的支援を受けようとしていた。しかし日本は資金援助と人的支援を同時に拡大し、「人手の追加」を救助の前提にしようとした。
日本は最終的に自衛隊の1000人の隊員、3隻の大型戦艦(自衛隊最大の護衛艦「いせ」などを含む)、多くの輸送機を派遣した。時事通信社は、「日本はさらに機密クラスの情報衛星が収集したデータに基づく地図をフィリピンに提供する」と伝えた。これは東日本大震災の時にフィリピンから受けた支援に対する返礼と、中国が勢力を強め続ける東南アジアで日本の影響力を示す目的がある。

フィリピンの災害救助の政治的意味合いが濃厚になっている。ロイター通信は14日、「日本の今回の大規模な派兵は、安倍首相が平和憲法の改正を目指し、中国の影響力を抑制しようとする中でのことだった」と指摘した。米国と英国はすでに、空母と軍艦をフィリピンの災害救助に派遣することを発表していた。米国は現在フィリピンと「訪問米軍協定」の改正を協議しており、日本はフィリピンを中国対抗に巻き込もうとしている。米日が今回、大規模な軍事力をフィリピンの災害救助に派遣する、政治的な動機が明らかに示されている。

日本の外交評論家の天木直人氏はヤフージャパンで「せめてフィリピンの台風被害支援ぐらいは国際政治抜きでやったらどうか」と題する記事を投稿し、「表向きには世界の平和と発展に貢献する積極的平和主義外交の証であるというわけだが、中国をけん制する狙いがあることは明らかだ。台風被害に対する緊急援助まで国際政治の現実が反映されるというわけだ」と指摘した。

中国社会科学院米国研究所研究員の周琪氏は14日に環球時報に対して、「米国が海外の軍事力を利用し、東南アジアなどの諸国に災害救助を実施するやり方は、実際には常態化している。しかし日本のヘリ空母まで巻き込まれるとは驚きだ」と語った。

マレーシア首相の前政治秘書である胡逸山氏も同じ観点を持ち、「日本は自然災害の救助の豊富な経験を持ち、その医療救助チームは非常に有名だ。日本は医療チームをフィリピンに派遣することが完全に可能だ。日本が大々的に自衛隊を派遣したことを海外は意外に思っている。特に日本が戦後最大規模となる軍事力を海外に派遣することで、侵略を受けたアジア諸国は不安と警戒を覚えている」と指摘した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2013年11月15日
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事