Entries

「中国の決意見くびるな」防衛識別圏設置で軍機関紙、日米に警告

「中国の決意見くびるな」防衛識別圏設置で軍機関紙、日米に警告 2013.11.25 12:40

中国軍機関紙、解放軍報は25日、日米両国が中国の防空識別圏設定を強く批判したことについて「国家主権を守ろうとする中国軍の決意を見くびってはいけない」と警告する社論を掲載した。

防空識別圏の設定にはどの国の許可もいらず「大国の顔色をうかがう必要はない」と強調。「日本が1969年に防空識別圏を設定した行為こそが非常に危険で一方的な行為だ」と反論した。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報も25日、もし日本の戦闘機が中国の防空識別圏内で中国機の飛行を妨害するなら、中国の戦闘機も断固として日本の戦闘機の飛行を阻むべきだと主張した。(共同)

米国防省 「尖閣諸島」は米国の日本防衛義務を定めた日米安保条約対象 <英文 2013/11/23>

米政府は23日、中国の防空識別圏設置について、アメリカ政府が強く非難した。中国が尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定したことは、アジア地域の緊張と危険を高めるとして強い懸念を中国に伝えた。ヘーゲル国防長官は、「中国が防空識別圏を設定しても、米国はこの地域で軍事作戦を行う場合にも変更することは無い」とした。

米国は、外交と軍事ルートを通じて中国にこれらの懸念を伝える。米国は日本を含む太平洋地域の同盟国やパートナーと緊密な協議をする。 米国は同盟国やパートナーとの安全保障は変わらない。米国は日本防衛義務を定めた日米安保条約第5条に「尖閣諸島」も適用対象であることを再確認したと発表。 <米国防省HP 2013/11/23>

米国国防法に「尖閣諸島の防衛義務化」を追加 法律に異例といえる尖閣を明記  <英文 2012/11/30>

米国国防法にある、米国の対日防衛義務を定めた法律第5条に「沖縄県・尖閣諸島の防衛義務化」を、米国上院外交防衛委員会で可決追加された。米上院は、11月29日本会議で、中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島を、日本の施政権下にあることを認め、「米国の対日防衛義務法律の日米安保条約第5条」に尖閣諸島の防衛義務化条項を、2013年度の国防権限法案で全会一致で可決した。領土をめぐる他国同士の争いに、米国が防衛義務を定める法律に"尖閣諸島"を明記したのは異例といえる。  

2ch
【米同盟国】 日本とアメリカは同盟国・・・ 
米国の同盟国に攻撃するとある事が発動されます。

中国が保有する米国債1兆2200億ドル(122兆円)・・・・・これに、ある記載がされています。
もしも、中国が米国の同盟国に対して戦争を仕掛けた場合、中国が保有する米国債を全て自動的に無効に出来ます。
米国債には番号が振ってあり、米国債には米国の同盟国を攻撃した場合は、攻撃した国が保有する米国債が
「自動的に無効」になると記載されています。

米国のメリット、中国保有の米国債1兆2200億ドル(122兆円)借金(返済償還)がゼロになります。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事