Entries

中国の思惑は・・・ 韓国、時既に遅し (MIZUNAの部屋より)

中国の思惑は・・・

中国と韓国が、歴史問題で協調・・・ この記事を読めば、へ〜! 中国と韓国が蜜月?なるほど!と、思った程度でスルーしてしまいそうですが・・・ 何か変だな・・・

「北朝鮮」という記述がどこにも見あたらない・・・ まあ、日本と北朝鮮の間には正式な国交が無いので当面、北朝鮮が日本に具体的な対抗措置を取ることも無いだろうし、タッグを組むなら「韓国」ということかもしれませんが、同じ共産主義国家であり、同盟国でもある「北朝鮮」を含めないというのは何か不自然な感じ・・・。

日本にプレッシャーを加えるのが目的ならば、「中国・韓国」より「中国・北朝鮮・韓国」の方が、破壊力があると思うのですが・・・ 中国が、敢えて、北朝鮮を外した部分がどうしても気になり、裏読みしたくなりますね。

安倍首相の靖国参拝に対してアメリカは「失望」なんてコメントを発しましたが、これは、参拝自体に対する「失望」ではなく北東アジアに緊張状態を生じさせたことについての「失望」と追加声明を発表しています。

曖昧な表現で、暗に日本を批判しているように取れる表現ですが、それにしてはインパクトが弱いですね。
様々な状況を排除して意味を読み取れば「極めて一般的な声明」程度のものでしかありません。

しかし、日本のメディアは、「それ見たことか!」「安倍首相窮地!」とかと書き立てます。
しかし中国・韓国の言う「歴史を直視しない・・・」という非難ですが、それを言うならば、北朝鮮も該当しますね。
多かれ少なかれ、ほぼ、どの国家に対しても当てはまるのではないでしょうか?

一番歴史を直視していないのは中国と韓国かも・・・。
あまり説得力のある非難ではありません。
だったら、そういうおまえたちはどうなんだ!
戦後のどさくさに紛れて竹島を日本から奪ったのはどこの誰?
10数年前まで、自国発行の地図に尖閣諸島を中国領と表記していなかったのはどこの誰?
そもそも、日中戦争で日本が戦っていた中国と今の中国は全く別の国家だろ?  と突っ込みたくなります。

話がそれてしまいましたが、どうやら、中韓協調というのは、安倍首相の失策ではなく、日米が描いた絵のように思えます。
つまり、以前も指摘したように、「アメリカは韓国を放棄する」ということではないでしょうか。
アメリカとしては露骨に「韓国さん、おまえは用無し。さよなら!」とは言えないので、自発的に日米から離脱させるシナリオを考えた・・・。

安倍さんの靖国参拝は、その仕掛けだったのかもしれませんね。
もちろん、中国もその件については了解済み・・・。
日米中の思惑が一致した工作かも。

韓国の一部ジャーナリストや識者はこの動きに感づいていますね。
韓国発信のニュースやコラムを読みますと、韓国が非常に危険な岐路に差し掛かりつつある危惧を控えめな表現ではありますが、書き綴っています。

しかし、大きな流れを変えることは出来ないでしょう。
アメリカのアジア戦略構想に従って、韓国は中国側に組み込まれるのではないかと思います。(2014.1.1)

韓国、時既に遅し

あらま〜・・・  韓国・・・  現地部隊長が、上に許可を得る前に、銃弾提供を自衛隊に要請したと、認めましたね!

ずっと嘘をつき、日本の主張を突っぱねるかと思いましたが、意外や意外!

しかし、下記転載の文面は、やや歯切れが悪い印象ですね・・・。 たらたらと言い訳がましいことを書き綴っている感じ。

このニュースを読んで、もしかして、韓国は、日本との亀裂を大きくしてはならないと判断したのか?と思いましたが、

ちょっと違ったニュアンスを感じます。
つまり、自軍への配慮の結果か・・・。

数日前までは、自軍の甘い判断を非難していましたが、ようやく、政府の机上の情報と、現地最前線での情報のギャップに気づいたのか・・・  軍に責任を押しつけるのは得策でないと判断したようです。

これ、表には出てきませんが、政府と軍の間で、一悶着あったのではないでしょうか???

軍の離反を恐れての、政府判断であった可能性があります。

ということは、韓国では既に、そのような空気が漂っているか、動きがあるかです。

そういえば、あの激しかった鉄道スト・・・  嘘のように「収束」しましたね! これも、政府側がかなり譲歩したからでしょう。 朴槿恵大統領があれだけ強硬な姿勢を取っていたのに、不思議!不思議!

1万人規模のデモも起こっていることですし、さすがの朴槿恵大統領も反政府運動に拡大することを恐れたか・・・

しかし、もう手遅れかも・・・ 安倍首相の靖国参拝に対し、朴槿恵は、お決まりの対日批判展開・・・ ますます日韓の溝は深まるばかり・・・
日本の援助なしに、韓国経済の回復は無い。  日韓首脳会談どころか、外交関連の作業部会レベルの交流も難しくなった今、韓国は八方塞がりの状況に陥ったと言えます。

このタイミングで、もしも・・・ もしも・・・ 安倍首相が、北朝鮮を電撃訪問し、金正恩と共に日朝国交正常化の共同声明を発表などすれば、半島情勢いや北東アジア情勢は根底からひっくり返るかも・・・

そうなれば、韓国は「発狂」です。(2013.12.31)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事