Entries

中国は外国メディアを排除し、何を隠しているのだろう?

中国が、外国人特派員の取材活動を厳しく規制していますね。
規制どころか、実態としては「排除」「妨害」だそうな。
「強制退去」になるケースも・・・

カーニー米大統領報道官が異例の中国批判を展開しています。

今中国で、何が起こっているのでしょうか?
答えは簡単です。
知られてはマズイことがあるからです。

アメリカをはじめ、各国メディアは既に兆候をつかんでいるのでしょう。
それが何であるかは・・・・

おそらく、国際社会を揺るがすような特大トピックス級の内容なのだと思います。
少なくとも中国が、今後も経済発展を遂げ、二桁伸び率を維持していくというような内容ではないです。

ケリーが日本に寄る間もなく、中韓に飛びますが、日本が無視されたというような次元の問題ではないでしょう。

消防車の緊急出動と同じです。 現場に急行し、火を消し止める必要がある・・・
シャドーバンキングで中国経済は相当なダメージを被っているみたいです。

例の石炭会社関連で580億円・・・ 債務不履行で破綻の連鎖が起こります。
巨大市場である中国が傾けば、アメリカの対中輸出は大打撃を被ります。
これは、アメリカ国内産業に深刻な影響が出ます。

火事に例えたら、隣家が大きな炎に包まれ、もう手のつけようのない状態ですね。
そのうち、我が家に飛び火し、こちらも丸焼け・・・

これはアメリカにとって悪夢ですね。

それから公表は無いけれど、中国は既にアメリカ債を放出しているのでしょう。

これをどう隠蔽するか・・・ というかとてもじゃないけど隠蔽できる額ではありませんので何らかの操作を加えるか
捏造工作をするか・・・

でも、そのうちバレると思います。
結果 アメリカ債金利上昇 メガバンク資本大幅目減り 合衆国国庫大打撃 ドル陥落・・・
FRBのバーナンキも打つ手無し。

中国の富裕層や政府高官がアメリカに移した財産も この状況では、無事ではないでしょう。

また、中国を脱出して、アメリカを新天地と考えている中国人にとってアメリカの没落は、逃げ場を失うことを意味します。 「万事休す」です。

今秋あたりかな? 世界中がえらいことになるのは・・・。 (MIZUNAの部屋より 2014.02.01)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事