Entries

中国経済、ほぼ毎月にデフォルト危険日 影の銀行に絡む破綻ドミノ危機

中国経済が末期症状となりつつある。経済指標が軒並み悪化するなか、金融市場でも、正規の銀行融資を
経由しない「影の銀行(シャドーバンキング)」に絡む破綻ドミノが倒れ始めた。市場関係者は、中国
経済への警戒を強めており、高利回りをうたう「理財商品」について、次のデフォルト(債務不履行)
候補の日付と規模を記した「破綻危険日リスト」も作成されている。

「中国PMIショック」が再び世界の市場を襲った。英金融大手HSBCが20日に発表した2月の
中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は48・3と2カ月連続で景況判断の節目となる
50を下回り、1月の数値(改定値49・5)からさらに落ち込んだ。

雇用に関する指標が5年ぶりの低水準に落ち込んだほか、生産や新規受注が減少、出荷価格や仕入れ
価格が下落するなど、調査項目が軒並み悪化した。

これを受けて、20日の東京株式市場で、日経平均株価の下げ幅は終値で300円を超えた。
1月の中国製造業PMIが発表された際も世界同時株安や新興国通貨の暴落を招くなど、市場不安の
震源地となった。

厳しいのは製造業だけではない。HSBCが公表した1月の非製造業PMIは5年ぶりの低水準で、
サービス部門PMIも2011年8月以来の低水準だ。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は2月の製造業PMI低下を受けて、「中国政府が
これからの1年で成長ペースを維持するよう政策を微調整すべきで、それは可能だろう」とコメントしているが、
各種の景況感指数からみると、失速を回避するのは簡単ではなさそうだ。 2014.2.24

IMFが韓国経済崩壊に向けて全世界に最終警告

韓国経済に警告が発せられた。
各国の政策や経済・金融の状況を監視する国際通貨基金(­IMF)が公表した韓国に関する年次報告書で、中国への依存度の高さが経済を下ぶれさ­せるリスクや国内需要のもろさを指摘。
さらには、アベノミクスの円安に対抗する形で、ひそかに為替をウォン安に誘導する"闇­介入"にも強烈なダメ出しをしている。

 IMFは加盟国に対し、通常年に1度、「サーベイランス」(政策監視)と呼ばれる調査­を実施しており、経済の監視や政策助言を実施している。IMF協定の第4条に規定され­ていることから「4条協議」と呼ばれている。

 IMFのエコノミストチームによる調査などを経て、1月22日に公表された韓国に対す­る最新の年次報告書では「2014年に3・7%成長が期待されている」とした一方で「­下ぶれリスクがある」と指摘している。

 具体的には、外部要因の短期的リスクとして「主要な貿易相手国の急激な成長鈍化」を挙­げる。IMFは名指しこそしないものの、これが中国であることは明らかだ。

朴槿恵(パク・クネ)大統領の「親中反日外交」を反映させるかのように、韓国経済も対­中依存度を強めている。
昨年の統計では、韓国の輸出のうち中国市場が占める割合は26・1%と過去最高水準に­達した。

 韓国が接近する中国では、銀行の通常の融資ではない「影の銀行(シャドー・バンキング­)」の不良債権化が大きな問題となっている。1月末のデフォルト(債務不履行)発生は­ひとまず回避したが、アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は「過剰債­務を抱える中国はこれからインフラ投資抑制を余儀なくされる。韓国はなぜかそんな中国­への依存度を高めている」と語る。 2014.2.23

IMFが韓国経済崩壊に向けて全世界に最終警告
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事