Entries

「影の銀行」韓国でも炎上必至 GDP超える153兆円規模

2014.04.07

正規の銀行融資以外の金融取引「影の銀行(シャドーバンキング)」が中国経済の爆弾になっているが、実は韓国でも影の銀行が問題視され始めている。その規模は名目国内総生産(GDP)を上回り、とりわけ高リスクの金融商品が急拡大している。背景には韓国企業の業績が軒並み悪化し、資金繰りに窮している状況があり、財閥企業の破綻を引き金に一気に火を噴く危険をはらむ。

聯合ニュースによると、投資信託など集合投資機構や信託勘定、証券会社・金融会社などからの資金調達といった韓国版「影の銀行」の規模は、昨年末時点で1561兆ウォン(約153兆円)。前年から11・2%も増え、名目GDPの金額(1428兆ウォン)を超えたという。このうち、リスク誘発要因がより大きい「狭義の影の銀行」の規模が646兆ウォン(約63兆円)を占める。

韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が国会に提出した答弁書では、金融安定のための課題の一つに「影の銀行の点検強化」を挙げたという。

影の銀行の規模が拡大すること自体は資金調達手段が多様化していることでもあり、必ずしも悪いことではない。問題は銀行よりも規制が甘いケースが多いため、管理が不十分なまま、高リスクの金融商品がバブル化し、その後バブルがはじけることで金融市場にショックを引き起こしかねない点だ。

中国の影の銀行では「理財商品」と呼ばれる高利回りの金融商品が着火点となり、地方政府の財政危機や不動産バブル崩壊への警戒感が強まった。

一方、韓国版影の銀行で火を噴きそうなのが、資産担保証券(ABS)や、売掛債権などを担保にした資産担保コマーシャルペーパー(ABCP)など、高リスクとされる金融商品だ。これらの規模は前年から24%増と、影の銀行全体の増加ペースをはるかに上回っている。

背景にあるのが韓国企業の業績が軒並み悪化し、資金繰りに追われているフトコロ事情だ。

昨年の韓国の上場企業の個別決算の集計で、最終利益は15%減となった。10大財閥と呼ばれる企業グループでも、大韓航空を傘下に抱える韓進グループや建設会社などを抱えるGSグループは赤字転落、現代重工業グループも7割を超す減益に見舞われた。韓進グループのほか現代商船などを傘下に抱える現代グループも大規模なリストラを迫られている。

こうした状況では、本来なら取引銀行に支援を求めるが、「韓国の銀行は日本のメガバンクなどと比べて圧倒的に規模が小さい」(金融系シンクタンク)。大半の財閥系が、取引銀行からの借入額が一定基準を超える「要注意企業」としてリストラを迫られているのが実情だ。 (略)

(※2chでは「ただのヤミ金だろ?」「格好よく言ってるだけ」「さすが小中国」といった具合。「シャドーバンク」などとカタカナで書くと印象と実態がかけ離れるが、実際はただの高金利闇金業者でありヤクザ同然だ。欧米の国際金融資本がバックという声もあるが、安倍内閣が貸金業に手を加え追い出された業者が特亜に流入している可能性もある。この闇金業界の規模が153兆円でGDPを超えるというから驚きだ。まさに土人らしい搾取構造が見えない形で蔓延っているという訳である

韓国は正規の銀行自体が非常に弱い。倒産などはザラであり、韓国国民ですら銀行に預けるのは馬鹿だと思っている節があるようだ。会計は粉飾、資産状況も不明。いつ潰れるか分からない不安定な企業が他人に金貸しなどお笑い草である。国民の預金を持ち逃げする事しか考えていないだろう。これまでは日本のメガバンクが代わりに韓国企業に融資を進めてきた経緯があるが、見方を変えれば韓国経済の命綱は完全に日本が握っているという事に他ならない

韓国の金利基準も恐ろしく高い。1年満期定期預金の平均は2.6%とのことだが、これはまだマシな方である。個人の金利になると消費者金融や銀行の無担保融資が35%、法定金利上限が39%。ヤミ金に関して言えばなんと上限数1000%にも達するという。「トイチ」ですら年365%なので、いかに異常な金利の高さであるかがよく分かるだろう。仮に3650%とすれば「イチイチ」である。今日1万円借りれば、明日には1万1000円を返済しなければならないのだ

韓国人には何かを「貸す」という行為そのものが不適切だ。「金は多く借りられる方が偉い」などと歪んだ価値観を持つ馬鹿民族である。借金の踏み倒しは当然、都合悪くなれば責任転嫁。万年奴隷民族のくせに常に上から目線で図々しく支援を要求。経済活動そのものが韓国人には5000年早いのである。李氏朝鮮時代に逆戻りし中国の奴隷民族としてこき使われるのが本来の姿というわけだ。)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事