Entries

大人気のソフトバンク社債に魅力を感じない私

都会で稼いで、田舎で使うより 2014年 05月11日 15:17

金融業界ですぐに完売する商品をご存知でしょうか。
ほとんどそのような商品はありません。
金融商品ですから、並んで買おうとは思わないわけです。

しかしながら、飛ぶように売れている金融商品があり、すぐに完売。
私は凄いなと思いながら、見ているだけ。
決して魅力を感じないんですが、私の思いとは反対に非常に売れていております。

商品名を書かずに、ここまで書きましたが、タイトルを見ればすぐにわかるでしょうから、隠さず発表。
ソフトバンク社債です。
今回発売されるソフトバンク社債は、45回目みたいですね。

それでは、発売される商品の内容を見てみよう。
商品名:ソフトバンク株式会社第45回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
難しいように書いておりますが、ソフトバンクにお金を貸す社債です。

気になる年率は、仮条件で1.15%~1.75%。
まだ正確な利率は決まっておりません。
集まる金額がたくさんならば、利率は下がるでしょうね。

利払い日は年2回の5月と11月。
期間は5年間。
社債発行額は、3000億円発行。

皆さんソフトバンク社債を購入しますか。
書くの忘れておりました、購入は100万円以上で100万円単位。
気軽な預貯金とは言えない金額。

100万円をソフトバンクに貸し出して、年間11500円~17500円の利息をもらう。
年に2回の配当ですから、5750円~8750円の利息を受け取りことになる。
満額はもらえず、税金がかかりますけどね。

それでも、銀行や郵便局の預貯金と比較すると破格の利息。
売れているのも非常に納得できますけどね。
当然リスクもあるわけです。

ソフトバンクの社債ですから、ソフトバンクにお金を貸しているわけです。
ソフトバンクが潰れれば、ソフトバンク社債はただの紙切れ。
購入する場合は、5年間はソフトバンクが潰れないが条件となるわけです。

ソフトバンクが潰れて、携帯が使えなくなるとは考えにくいですが、ないとは言えない時代。
非常に買収を繰り返して、大きくなっているだけに、借金も多い。
その借金の協力者を個人投資家に求めての社債発行。

会社の投資にふさわしいかを判断する材料としてつかわれるのが、格付け会社の格付け。
今回ソフトバンク社債を販売しているSBI証券でもソフトバンクの格付けを載せておりました。
日本格付研究所が格付けをしており、A-の判定。

日本格付研究所によると、ソフトバンクの格付けは債務履行の確実性は高いとの判断。
潰れることはないとの結論です。
SBI証券でのソフトバンク社債の格付けの欄には、日本格付研究所しかなかった不思議に思いませんか。

私はその点が非常に引っ掛かった。
あの有名な2社の格付けが載っていない。
信用するかは別問題にして、あの大手格付け会社2社の格付けを載せていない。

調べれば簡単に出てきましたよ。
さすが有名なソフトバンク。
それでは、発表します。

アメリカの格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ソフトバンクの発行体格付けを投機的水準(ジャンク級)に引き下げた。
格付けはジャンク級の最上位となる「Ba1」とし、従来の「Baa3」から1段階引き下げられた。
つまり、ムーディーズ・インベスターズ・サービスはソフトバンクをジャンク級に格付けしている。

アメリカの格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、ソフトバンクの長期債格付けを2段階引き下げてジャンク債の水準である「ダブルBプラス」とした。
つまり、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はソフトバンクをジャンク級に格付けしている。

かなり大きな真実だ。
意図的に表示していないのか、ソフトバンクの格付けは現在大手格付け会社によるとジャンク級に格付け。
投資対象ではなく、投機対象となっているわけです。

信じるか信じないかは、あなた次第ですけどね。
私が言いたいのは、これだけではない。
ジャンク級の社債が利率1.15%~1.75%で販売されることに疑問を感じる。

売れるんだから仕方がない、確かにそうなんでしょうが、私ならば買わない。
通常ジャンク級の債券は利回りが高くなる。
倒産のリスクが高くなるわけだから当然です。

ジャンク級の債券は、ハイイールド社債と言われる。
利回りが高い社債。
ハイイールド社債の市場が発展しているアメリカでは、高利回りの社債の市場取引されている。

つまり、ソフトバンクのようなジャンク級の社債の利回りが分かるわけです。
調べてみよう。
ARCELORMITTAL 利率10.35% 最終利回り4.49%
SOFTBANK CORP 利率4.5% 最終利回り4.43%
INTERNATIONAL LEASE FINANCE CORP 利率7.12% 最終利回り3.18%

満期がソフトバンクと近く、格付けが同じ会社を書いてみました。
どう思います、私ならばソフトバンクの社債を買うならば、最低でも利率3.5%以上を要求する。
アメリカと日本では状況が違うなどありますが、かなり高値で日本の投資家は買わされていると思っている。

通常の倍以上の高値で。
商品というのは、買う人がたくさんいれば、価格は上昇する。
ソフトバンクにとっては、嬉しくてたまらないことだろう。

倍以上高く買ってくれる人がたくさんいるのだから。
5年後ソフトバンクが潰れるとは思わない。
しかしながら、その5年間ソフトバンクに貸し出す金利が満足できるだろうか。

私は日本の投資家のレベルが低いと思えてならない。
投資先がないのか、それともレベルが低いのか。
投資家の育成が必要だと強く感じる。
それでは、また
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事