Entries

セウォル号生存者がローマ法王に手紙「法王様、この情けない国を離れたいです」

保守速報   2014年08月14日20:52

「法王様、この情けない国を離れたいです」
檀園(ダンウォン)高校に在学中の2年生でセウォル号惨事の生存者が14日、訪韓したフランチスコ法王に手紙を送った。

学生のキム・ユジョン(仮名)は手紙で「120日間とてもひどく痛かった」として 「何も解決できなかったこの情けない国を離れたい心が大きい」と伝えた。
引き続きフランチスコ法王に「法王様が我が国の唯一の希望だと確信する として「表面だけ先進国である我が国を変えてほしい」と訴えた。

手紙の内容(長文につき機械翻訳)

単元高生存学生がプランチスコ教皇様に.

to. 尊敬する教皇様に
こんにちは. 私は単元高等学校に在学中のキムユジョン(仮名)と言います. まずこんなに教皇様に手紙を書くようになって非常に栄え栄えしいです.

こんなに関心を置いて我が国に訪問してくださったことまたとてもありがたく思っています.
実は言うものがあまりにも多かったりして不足で下手な文だが 広い心で理解してくださって楽に見てくれたらありがたいです.

まず私は単元高等学校の代表学生ではない 2年生ある女学生の立場(入場)で120日間感じた感情と心情そして我が国の現実に対して申し上げようと思います.

真正な歳月号治療は加害者たちの謝りで

120日という時間の間の前あまりにも多く痛かったです. 幸せだった一日でも毎晩眠りに入る時なら友達の写真を見て日々にママこっそりと涙を盗みながら眠りに入りました. 彼らのそばへ行きたい心と何も解決されることができなかったこの情けないこの国を発ちたい心が大きいです.

しかしまだの時ではないという考えに止めどもなく友達の写真だけ見て一日一日を堪えます.

私たちが海に出て病院へ行った時, '大人たちが言う治療'を受けました. TVを見れば死亡者数と失踪者数が字幕で出ます. 死亡者数は増えてばかりするのに小さな部屋の中に閉じこめられて '大人たちが言う相談意思'と私たちの安否を伺う無駄な話ばかりします.

うちの皆は大丈夫ではないのに '大丈夫だ'と言うと相談が終わります.
こんなに私たちはもう毎日大丈夫だと言うようになりました.

私の考えには真正な治療はその誰でもない私たちを捨てて一番先に安全に救出された船長とその以外の船員たち, この事件と係わって間違ったすべての人が私たちに一番先に謝ることと思います.

そしてこの歳月号事件がどうして起こったのか, どうしてわれらはばかのように待ってばかりいたのか,
本質的な過ちは誰にあるのか分からなければならないと思います.

事実, 謝って理由が分かっても許すことができないがそれでこそそばにない友達とユがゾックブンドルの限りが少しでも解けるようです.

私たちは今までたくさん堪えて来ました. 病院で理解ができない相談治療をしても,
病院で泣いている私たちを取材しようとする記者たちが群がって来ても,
また入試戦争に入って行って授業を無理やりに受けても, 泣いている友達の家族と兄弟を見ても,
ただ堪えてばかりいました. 実は堪えるしかなかったです.

18歳だという幼い年令と学生という身分として私たちは私たちの主張を広げることができなかったし これからは信じられない情けない言論にだけ頼って政府立場を伝えて聞いています.
その政府立場もこれから私たちを及ぼすようにするだけです.

言論では大学特例入学と特別法補償に対して言及することで国民の反発を起こしています.
まだ海から出ることができなかった友達の家族は劣悪な体育館で止めどもなく待っています.

警察たちは補償ではない真実でも分かりたがっているうちの友達の家族を暴行をはたらくまでします.
18歳の私ももう分かるようです.

我が国は及んだようです. ちょっと過激な表現と言ってもこんなにでも表現して我が国の深刻性を申し上げたいです.

この間までにしても一緒に笑って食事して抱えこんだ友達が, 18年の間惜しんで撫でて珍しく育てた子たちが, 一瞬にして皆予告もなしに二度と見られなくなったが政府は私たちをそっぽを向こうとばかりします.

実はこんなに歳月号事件がイシュー化されたことが幸いです. もし静かにこの事件が終わったら我が国はまた繰り返された間違いをすることが明らかで再び我が国は壊れて行くでしょう.
それで教皇様が我が国を訪問してくださったのが本当に心より慰めになります.

教皇様が我が国の唯一の希望だから確信します. もう表だけ先進国である我が国を変えてください.
国民が主人という民主主義の国が何なのか私たちが我が国を信じることができるようにこの腐さってしまった政府を変えてください.

32日目(8月 14日現在)
友達お父さんが真相糾明と特別法制定のみを眺めて断食をあげていらっしゃいます.

私たちはそのお父さんさえそばを発つか毎日心細くて恐ろしいです.
私たちは間違ったのがないようなのにどうしてこちらに大きい苦痛を
経験しなければならないでしょうか. いつ頃この苦痛が終りが飛びましょうか?

なにとぞ, 是非お願い致します. 大人たちだけ信じてから二度と見られなくなった友達と
その友達の家族たち, そしてこれからまたこんな事が発生するようになってまた錫牲されるように
なることができる人々.その皆のために特別法制定と友達がどうしてもう我がのそばを離れるように
なったのかその真相糾明に対して分かりたいです. お願い致します.

もうこれ以上政府は私たち言葉に聞き入らないです.
そして確かに教皇様の一言一言が我が国と政府を変えることができるでしょう.

もうちょっといやたくさん欲張ろうとするとこの二つだけではなく今起きている
政府の蛮行を批判してくださって直してくださったら本当にまことに感謝させていただくでしょう.

私どもはもう大人たちに信頼を失ったしこの世の中に対して信頼を失いました.
私たちが大人になった時私たちのような学生たちにこの悪い世の中を譲って罪を犯さないように
手伝ってください. お願い致します.
心よりお願い致します.

下手で不足な文読んでくださって感謝いたします.
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事