Entries

日印、似たもの「遠交近攻」で深まる中国の焦燥感

【世界読解 湯浅博】 2014.09.15

 来日したインドのモディ首相の外交手法は、どこかの国の外交に似た「アジア太平洋を俯(ふ)瞰(かん)する外交」ではないかと思えてくる。この9月、京都からスタートしたモディ首相の訪日は、それに続き豪州、ベトナム、そして米国へ太平洋をぐるりとめぐる精力的なものである。

 ご存じ「地球儀を俯瞰する外交」を実践するのは、安倍晋三首相である。安倍外交は地球をぐるりと回って表向き経済を後押しするようにみえて、カードの裏で「遠交近攻」外交を展開している。近くの国と衝突が起こらないよう抑止力を高め、遠い国と手を結んでイザというときに備える。

 モディ首相は表向き「非同盟」の雄であるから、自らの親日ぶりを極力抑えつつ、中国を意識して発言は慎重に運んでいた。日本が早期実施を求めた外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に対しても、共同文書は「対話を強化する方法を検討」とするにとどめている。

 民族派を代表するモディ氏であっても、中国がインド経済に与える影響は軽視できないようだ。日印が準同盟のようにとらえられることを避けつつ、連携強化の「特別な戦略的パートナーシップ」であると共同声明に織り込んだ。

 モディ氏は帰国すると、さっそくニューデリーでオーストラリアのアボット首相を迎え、11月には今度はモディ氏がキャンベラを訪問する予定で、来年には初の海軍合同演習も計画している。

 安倍首相はすでに、7月にキャンベラを訪問して両国が「特別な関係」にあることを確認し、こちらは準同盟国のようだった。中国が歴史問題で日本を批判している点についても、アボット首相は中国の歴史カードによる対日批判に「70年前ではなく、現在の日本の行動で公平に判断すべきだ」と反撃していた

 モディ首相もまた東京都内の演説で、中国を念頭に「18世紀にあったような拡張主義が見られる」と示唆しながら、「ある国が他国を侵略している。海を侵害し別の国を占領しているところもある」と中国に警告を発していた。

 その中国の習近平国家主席は間もなく訪印するが、「あまり心地よい訪問にはならないだろう」と英誌エコノミストは予想する。確かに、モディ氏は首相就任式には、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相を招いているし、習主席の訪印とほぼ同時期に、インドのムカジー大統領がベトナムを訪問する予定だ。かつて、同じ民族派のバジパイ政権が、中国要人のインド滞在中に何食わぬ顔でミサイル発射実験したのを彷(ほう)彿(ふつ)とさせる。

 ベトナムはロシア製キロ級潜水艦の供与を受け、同じキロ級をもつインド海軍から操艦訓練を受けている。中越が領有権を争う海域の油田では、インドの国営石油企業がベトナムから採掘権を更新している。

 モディ氏は今月、米国も訪れ、国民会議派のシン政権下で冷却した米印関係を修復する構えだ。これにより、日米豪印がひし形で結ばれ、安倍首相が第2次政権の発足時に英文で発表した「安全保障ダイヤモンド構想」が形成される。

 これに海洋アジアのベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどが提携する可能性があり、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を迎える中国の焦燥感は深い。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事