Entries

冨田選手問題、仁川警察「盗んだ瞬間の映像はトップクラスの許可がないと見せられない」

日本の底力 2014.11.07

記事要約:管理人もこの富田選手がカメラを盗んだというニュースは取り上げた。韓国の不祥事ばかりをニュースにして、日本人選手の失態を取り上げないのは公平性に反すると考えたからだ。そこまではいい。ただ、どうやら富田選手は韓国にはめられた可能性が浮上してきた。もし、富田選手が無実だとするなら、管理人は富田選手に謝罪しなければならない。だが、富田選手が日本に到着するまでは黙っていたことに管理人はそれでクロだと決めつけようと思わない。

なぜなら、韓国が陥れようとしていて、無実を訴えて戦えば、100%韓国から出して貰えないだろう。産経新聞ソウル支局長が出国禁止になった事例もあるように、韓国で日本人がどう扱われるかはもう少し日本人は勉強したほうがいい。あっちで弁護士雇って戦うなんて、いくらでも脅迫めいた取り調べを受けることになるだろう。日本のマスメディアはそれをわかっていない。

もし、計画的な犯行が行われて富田選手が無実で訴えても、韓国なら証拠を捏造するぐらい簡単にやってのける。慰安婦詐欺、対馬の仏像を奪って返却しないのは過去で盗まれたと主張するぐらいだ。現に盗んだ瞬間を仁川警察が見せられないという時点で、富田選手の無実の可能性は出てきている。

管理人は富田選手が裁判で無実を訴えるなら、しばらくはその証拠が出るまではグレーということにしておく。問題はそのビデオを確認したというJOCの証言だ。これが非常におかしい。そのビデオを見たと述べているわけだから、このJOCが韓国とグルで富田選手を陥れたことになる。これって大問題だぞ。ただの窃盗の話ではなくなってきている。しかも、仁川アジア大会は「韓国するな」という言葉通り、不正だらけの大会だった。もし、これで裏で口裏合わせをしていた事実があるならば、韓国とJOCは許すわけには行かない

もし、裁判費用が高額になって払えない。でも、それでも無実だと訴えるなら富田選手は日本人に募金を頼むと良いだろう。管理人も協力する。これは韓国が不正したかどうかの大事な裁判なので多くの日本人は協力してくれると思われる。一人では厳しいかもしれないが、嫌韓本が売れる世の中だ。韓国が不正したと考える日本人も少ないないはずだ
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事