Entries

へたするとクネクネは任期中に失脚かも

MIZUNAの部屋  2014.12/04 [Thu]

朴槿恵婆と間男の件ですが、
大統領府の元秘書官が、爆弾発言をしたそうです。
間男(鄭氏)は「(李氏ら)秘書官とは何の連絡もない」と全面否定していたが・・・

鄭氏からの電話に出るよう、
大統領府の李在万(イ・ジェマン)総務秘書官から指示があったのことです。

もう隠し通せない政府は、とうとう事実を公表したとかで、
いかにも韓国らしい進展具合です。

政府としては防御戦を突破された形です。
戦府関係者全員に箝口令を敷くわけにもいかず、
かといって、口裏合わせも時間的に無理・・・
ここで、朴槿恵婆が強権発動で、
マスコミシャットアウトとかになると
真実を知りたい国民は勿論のこと、
海外からも、パッシングの嵐があるでしょうから、
下手なことは出来ない。

政府人事への影響とか
派閥争い
利権
取引など
次から次へと
不都合な真実が出てくるかもしれません。

「反日」という鉄壁の鎧をまとって大統領となった朴槿恵婆ですが、
それは、単なる目くらましであって、
国民の知らないところでは、
こそこそと、
国益に反する悪行を行っていたかもです。

これは、アメリカのウォーターゲート事件に匹敵する
スキャンダルになりそうな雰囲気ですね。

朴槿恵婆もニクソンみたいに任期中に辞任へ追い込まれるのか・・・
あるいは凶弾に倒れるのか・・・

ところで、下記転載記事にもありますが、
接触を完全否定していた、鄭(チョン)ユンフェですが、
産経加藤さんの件でも、
それが大前提となっていますので、
ソウル地検が加藤さんを起訴したこと自体、
誤った情報が元となっていることから、
ソウル地検の動きも気になるところですね。

何か、
韓国って、
世界に向けて、「大恥」を発信しているな~
これ、サルコジ元仏大統領のエロ話どころではないですね。

逆転狙いのセーフティーバントが、ピッチャーに見破られ、即アウト!
三者残塁試合終了という感じです。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事