Entries

ぎゅぅっとして、どか~~~~ん? (実はスイスフラン急騰の件)

推摩 一黙のブログ 2015年01月18日 02時00分

前略

あと、ヤバイのは低金利を背景にスイスフラン建ての住宅ローンをスイス以外で組んでた人なんかでしょうかねぇ?

日本だとあんまり他国通貨建てで住宅ローンとか実感も発想もわきませんが、欧州なんかだとメジャーみたいで、リーマンショック時にも、サムライ債といって日本の低金利を見込んで円建てで住宅ローンとか組んでたギリシャやアイスランドの人達が地獄を見ていましたが、なんでもスイスフランの場合は、東欧州で結構売れてた商品らしいんで、今度はそちらで同じ悲劇が繰り返されてるかも?
住宅ローンがいきなり倍! とかでなくても四割五割増えるとかなると、どーなるかは想像もつくでしょう?

ま~、このように、今、欧米ではスイスフランが卓袱台ヒックリ返しちゃった結果、てんわやんわな状況に陥ってる……というワケなんですわ┐( ̄ヘ ̄)┌

と、いうワケで今回は「スイスフランで何が起こっているのか?」説明して来ましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

最後に改めてまして、もっかい説明しますと、今までスイス金融当局は、為替介入して対ユーロで一定以上のスイスフラン高にならないようしてましたが、でももう為替介入やめますってコトを宣言――それも、コレを寝首をかくようなタイミングでやってくれたので多くのFXトレーダーが人生(電車)を止めることに……というのが簡潔なその内容なんですが、自分で書いといてなんですが、エグイっちゃぁエグイですよね~ぇ?

ちなみに、世界では機軸通貨ドルに準基軸通貨としてユーロと円が筆頭に挙げられますが、それ以外でも準基軸通貨扱いの国の通貨はあり、英国のポンドや今回ご紹介したスイスのスイスフランなんかが、それに当たります。

ちなみにロシアのルーブルや中国の元は準基軸通貨ではなくマイナー通貨扱いです┐( ̄ヘ ̄)┌

でもって、特に日本の円と、スイスのフランが「緊急時の避難先」として大人気で、今回のスイスの騒動ではトバッチリで日本の円が円高に振れちゃっていますw

……で、「有事のドル」なんていう言葉がありましたが、こーいう現実を見てると、円が「円安が進んだ進んだ!」と騒いでるバカがいますが、もう二、三百兆円どころか、軽く500兆円程度は日銀が金融緩和と日本国債引き受けを行っても、「日本国債が暴落して金利が上がるぅ」なんてコトにはなりそうにないですな┐( ̄ヘ ̄)┌

むしろ、現在時点で日銀引き受けで日本の財政債務は名目の1000兆円から800兆円規模まで実質的に減っていますが、もっと日銀に引き受けさせて塩漬けにして、刷らせた円を使って減税と国内の景気対策&災害並びに老朽化インフラ更新に使った方が、日本のデフレ脱却にインフラ更新、さらには災害に強い国土作りに成功した上で内需拡大による成長と景気回復が成し遂げられて、しかも引き受けさせた分、事実上財政債務を目減りさせれる……一石何鳥か判らないくらい効果を発揮できるんじゃないでしょうか?

あ、それと、今現在、世界広しといえど「こんな贅沢」が許されるのは恐らく日本……ダケ、というかかろうじてアメリカが可能かも知れないという程度なんじゃないでしょうか?

そーいうコトもなんか透けて見えてきた今回のスイスの一件――と、ゆーか大騒動についてでしたっε=(。・д・。)

皆様はどう思われます?w
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事