Entries

日本は戦争状態に突入した

MIZUNAの部屋   2015.02/02 [Mon]

後藤健二氏処刑ビデオにあった、イスラム国の声明です。
・・・引用開始・・・

お前たち愚かな有志連合は、われわれがアラーのご加護により、 権威と力のあるイスラム教カリフ国家であり、 お前たちの血を欲しがっている軍であることを理解できていない。

安倍、勝ち目のない戦争に参加するというお前の無謀な決断のために、 このナイフは後藤を殺すだけでなくお前の国民が どこにいようとも虐殺をもたらすだろう。

日本の悪夢を今始めよう。

・・・ここまで・・・
これ「宣戦布告」です。
識者のなかには、
「テロ」とか
「犯罪」とか言っている人がいますが、

イスラム国がこの声明を日本に対して発信した段階で、
日本とイスラム国は「戦争状態」に入ったと理解すべきです。

イスラム国としては
昨年、日本がテロとの戦いに同意した段階で
日本はイスラム国に宣戦布告をしたのだと
理解しているでしょう。

日本人は「平和ボケ」しているので
事の重大さがわかっていないようです。

日本とイスラム国は「戦争状態」に突入したので、
イスラム国は、情け容赦のない攻撃をしかけてくるはずです。
戦争ですから、何のためらいもなく敵を殺していきます。

「人道」とか「捕虜の命の保障」とか、
そのようなことは一切通じません。

今後は海外の日本人、日本企業、旅客機、客船、タンカー、漁船など全てが攻撃対象となります。
日本国内も安全ではありません。

日本は「平和憲法」下でイスラム国と戦争状態に突入してしまったということです。
安倍首相は、「テロには屈しない」と明言し、野党もいっさい口を挟みません。
もう引き返すことは出来ないのです。

日本政府は、
日本の国土や、財産、国民の安全を守ることを考えねばなりません。
早く予算案を成立させ、
まず「9条」の範囲内で、どのような対策が可能か考え、即実行に移すべきです。自衛のための武力行使は認められていますので、「自衛」の定義を明確にし、
自衛隊がスムースに作戦を遂行できるようにすべきです。
あるいは、「9条」に修正を加えるか、解釈を拡大するか、
または自衛隊法を修正するか・・・。

国家と国民に危機が迫っているので、一刻の猶予も許されません。
どうやら日本は歴史の曲がり角に来たか、
一線を越えなければならない地点に到達しまったか・・・。

これは、現政権に責任があるのではありません。
欧米その他、テロに対抗する陣営に日本は最初から入っていますので、
歩調を合わせるしか道は無いのです。
中立はありませんし、そのようなことは、この段階に至っては不可能です。
対テロ陣営から距離を置くということは、見方によれば「テロ組織」「テロ活動」容認となりますので、そのような失策を犯せば、日本は世界を敵に回すことになります。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事