Entries

目覚めよ!なりすまし日本人(No.5) (中韓を知りすぎた男より)

幸福を蹴飛ばす「なりすまし日本人」    2月3日(火)

前回よりの続き

日本で害をなす「なりすまし日本人」たちの朝鮮脳を歴史を検証しながら数回に渡って解き明かしています。

一つの民族の根底の精神を理解するということは非常に難しいかも知れない。
しかし朝鮮族がたどってきた歴史を精査した時、その意識構造に異常を招く事態になってしまったことがよく理解できます。

前回記述したように、日本は江戸期300年の間に近代化の基盤形成が出来上がり、近代日本人の原型が形づくられました。同時期に李氏朝鮮の500年は徹底した悪政を行い、極悪非道の利己主義によって国を支配しました。

権力の座にすわった者は暴虐の限りを尽くし、民衆はただ搾取の対象となり、天地の道理、人間の道徳、良心の全てを呑み込み、消滅させてしまいました。

李朝は相互不信社会で、誰であろうと、いつどこで、誰に裏切られるかわからないという不安は権力者も民衆も同じです。だからお互いに嘘で騙し合い、嘘を嘘と知りながら嘘から嘘へと自己膨張していきました。

李朝はこのように国民を際限ないまでに苦しめ、残虐をほしいままにしました
李朝の下で、農民を中心とする国民は、いつも飢餓の線上でもがき死生の縁をさまよい、生きるためにはどのような事もでもした。まさに地獄そのものでした。

このような骨の随まで腐りきった世界が500年の長期にわたって続いた李氏朝鮮と江戸300年の平和な日本の精神性の際立った違いを見れば、お互いを理解する事など全く不可能であることがわかります。

つまり今日日本人が理解しがたい韓国人の異常な人間性の鋳型がこの時代に出来上がったのではないかとおもわれます。李朝が人の道にいかに深く背いた社会であったか 李氏朝鮮時代の罪の深さに暗澹とします。

地獄の李朝が500年間も続いたことによって朝鮮族の中に蓄積されてきた怒り・痛恨・悲哀、が入り混じり、遺伝子レベルで朝鮮族の血流に今も流れています。この朝鮮人の精神構造の根底に存在する怨念が今日の韓国人を作り上げたのではないかと思われます。いわゆる「恨の民族」と言われる所以です。

しかし「獣の世界」に貶された恨みを本来は自分たちの先祖である李氏朝鮮に向けるはずであるが、戦後、李承晩の反日教育よってその対象を「日本」に向けた。

日韓併合によって30年余りの間に朝鮮は多大な発展を遂げたにも関わらず、韓国人はこうした日本の貢献を全て「偽りの歴史教科書」で消し去ってしまった。

消し去っただけでなく韓国の教科書では逆に地獄の李氏朝鮮を「豊かで平和な社会で日本人がやってきて地獄のような社会を作ってしまった」と事実と逆の事を教えています。

それでは、韓国の教科書で育ったわけでもない日本で生まれた二世・三世の「なりすまし日本人」がなぜ日本国を恨み害をなすのか、それは日本の教育も自虐史観、罪悪史観で、日韓併合についても「植民地化は帝国主義的侵略であり絶対的な悪である」という視点に立っていたからです。

日教組の先生たちも歴史の教科書で反国家の姿勢を取り我が国の過去と現在を繰り返し攻撃しました。

戦後日本の日教組・マスコミや知識人の多くはまったく勉強もせずイメージのまま「植民地化は帝国主義的侵略であり絶対的な悪だ」と信じていたのです

だから韓国の反日民族主義と同じ考えに立つことになり、結果、共同歩調を取ることになります。現在の日韓の陰険な関係を支えているのは進歩的文化人と称されている無知蒙昧な人たちです。

最近日本でも、欧米人の歴史学者の間でも日本の朝鮮統治を当時の国際的な状況から見て自然の流れであり、また日本の統治を「善政」と見なしている者が増えてきています。

捏造された反日教育を信じている韓国人たちは日韓併合を帝国主義・植民地主義と批判していますが、実際面で日本が具体的に韓国に対して何をやったかといった実証的な研究成果ではなく、単に欧米列強がしたような富の収奪や、国民を奴隷扱いしたかのように誤解しています。

そして戦後の日本のマスコミや知識人・教師の多くが、韓国と同じ考えにたって、「植民地化は悪いことだ」という考えで多くの素朴な日本人に訴えかけてきました。

その結果戦後の日本人は植民地化という悪のイメージのまま、日本人は韓国人によほど悪いことをやったにちがいないと信じてしまった。

しかし日本が韓国を併合する前の李氏朝鮮の凄惨を極めた地獄の社会を知り、その後の日韓併合で韓国は多大な発展を遂げ短期間のうちに近代的な資本主義社会へと変貌した韓国を知った時、日本に感謝こそすれ、恨まれる筋合いは全くありません。

日本は朝鮮と台湾で民衆を虫けらの如く扱った旧体制を精算し、近代的な法の統治を実現させました。その結果日本が統治する国の住民は文明の洗礼を受けより人間らしい暮らしを手に入れることが出来たのです。
台湾人はこの事実を知って日本に深く感謝していますが逆に韓国人は捏造された反日教育によって日本人を恨んでいます。

日本に害をなす「なりすまし日本人」の人たちはこの歴史的の事実を知って, そして日本という素晴らしい国で暮らしていけることにまず感謝してください。


(次回はせっかく日本によって李氏朝鮮の呪いを脱することが出来たのに、戦後李承晩の反日教育によって再び朝鮮脳に戻ってしまった韓国人の悲劇について記述したいと思います。)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事