Entries

久々に「斜め上」を見た!? ポカ───( ゚д゚ )───ン. ...

推摩 一黙のブログ 2015年03月05日 22時15分

……もう、なんと申せばというか、評すればいいんでしょう?
すでに皆様もご存知と思いますが『韓国で、在韓米大使が暴漢に襲われ大ケガをしました』というニュースが今朝、いきなり飛び込んできました!?

●駐韓米大使が襲われ負傷、容疑者の男「戦争訓練反対」と叫ぶ
2015年 03月 5日
[ソウル/ワシントン 5日 ロイター] -
 リッパート駐韓米国大使(42)が5日朝、ソウル中心部で開かれたイベントに出席した際、男に顔を切り付けられ負傷した。
 警察や目撃者が明らかにした。
 使の命に別状はなく、容体は安定している。
 目撃者や報道によると、大使の顔からは血が流れていたが、自力で歩くことはでき、その後病院に運ばれたという。
 警察の調べでは、使われた凶器は果物ナイフ。
 オバマ米大統領は事件を受け、大使に見舞いの電話を掛けた。
 また、米国務省のハーフ報道官は「今回の暴力行為を強く非難する」とのコメントを出した。

 警察は、男の身元についてキム・ギジョン容疑者(55)と発表。事件発生当時、男は韓国の伝統衣装を着て、韓国と北朝鮮は統一すべきだと叫んだ。
 また、戦争訓練反対とも叫んでおり、これは今週始まった米韓合同軍事演習を意味しているとみられる。

 目撃者の1人は「大使は座席にいながら抵抗した。血痕が残っており、顔の右側に7インチ(約18センチ)の切り傷があった」と証言。
 取り押さえられた男の様子については、「反米、反帝国主義的のように聞こえる」言葉を叫んでいたと話した。

 警察当局によると、男はイベントを主催した南北統一支持団体のメンバー。
 過去に男は、竹島(韓国名・独島)をめぐって反日抗議も行ったという。

 また2010年には、当時の駐韓日本大使にコンクリート片を投げつける事件を起こし、執行猶予付き有罪判決を受けたこともある。
 韓国の朴槿恵大統領は、襲撃事件は「米韓の同盟関係に対する攻撃」だと批判した。

ポカ───( ゚д゚ )───ン. ...
……もうね、韓国の非常識かつ馬鹿な行動には、いい加減慣れてしまっていて。
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒
――という感じで、最近はたいていのコトでは驚かなくなっていたんですが……さすがに今回の一件は“予想外の斜め上”でしたっ!?

と、いいますか、確実に“韓国亡国フラグ”がまた一つ点灯しましたねっ┐( ̄ヘ ̄)┌

いつもなら、皮肉を込めて文章の語尾に『w』と付けるところですが、正直、呆れすぎてそんな気も起きません(´_`。)

いい加減、あの半島に生息するチョウセンヒトモドキ共には愛想が尽きますし、嫌悪感しか抱いていませんが、ここまで“愚か”というか“救いようのない有様”を見せ付けられますと、彼らが「常に最悪のタイミングで最悪の選択を必ず選ぶミンジョク」だと頭でわかっていても唖然とさせられてしまいますねぇ。

しかも国民の民度が低いのはまあともかくとして、国の命運を預かる韓国政府がコレまた……


●韓国大統領が駐韓米大使襲撃を非難、「同盟関係に対する攻撃」
2015年 03月 5日
[ソウル 5日 ロイター] -
 韓国の朴槿恵大統領は5日、リッパート駐韓米国大使(42)が、ソウルで、男に顔を切り付けられ負傷した事件について「米韓の同盟関係に対する攻撃」だとの見解を示した。
大統領府が明らかにした。

……いや、パククネのBBA、外遊先で『声明を出して』終わりにしてる場合じゃないだろ!?

他の記事やニュースを一通り見てみても「韓国大統領、中東訪問を切り上げ帰国の途へ!」みたいなニュースを、全然「確認すること」ができないんですけど!?

なんていいますか、韓国って上から下まで「アメリカは韓国を見捨てたり決してしないニダ♪」と思い込んでいませんか!?

現実はその逆で、今、韓国で騒ぎとなっている日米の韓国に対する二つの明確なメッセージ――

日本の外務省HPの韓国に関する「基礎データ」のページから「基本的価値を共有」という表現が消えたコト――や。

米国務省が「政治家たちが過去の敵を非難して安っぽい称賛を得るのは簡単だが、こうした挑発は進展ではなく『麻痺』という状態を招く」と批判したコト――など。

これら、明らかに日米の韓国に対する視線が“冷たく”なっており、韓国との距離を取り始めているというのに――「韓・国・は・明らかに・理・解・し・て・いない」ようですネ┐( ̄ヘ ̄)┌

日本が韓国との外交協議の場で「朝鮮有事の際、(日本に存在する)米軍基地を使わせない可能性がある」と明言したり、アメリカが韓国側の「統帥権返還時期の再延期」の要請に明確な言質を与えないまま、韓国国内から部隊と備蓄弾薬を引き上げている現実!

これだけ明快なメッセージが、どうやら韓国人のご都合主義的な視界には全然、入っていないようですな┐( ̄ヘ ̄)┌

「韓国一国では、今の北朝鮮軍すら太刀打ちできない」

……とは、最近の韓国国会で韓国軍高官が暴露した“現実”ですが、ただでさえ38度線に近い位置に、人口の三分の二とGDPの過半を占める首都ソウルが存在しているというのに、それを防備するために必要な兵器や装備――反撃の為の大砲や対空砲は偽部品や故障した使い物にならないモノばかりだったり、そもそも「北からの初撃、第一撃」は仕方ないとして、それ以上の攻撃を許さない為に、「敵の砲撃発射地点を探知する為の」対砲撃レーダーの配備どころか予算も後回しにして何をしているか? といいますと『独島艦』を始めとする“対北朝鮮軍戦闘”には役にも立たない軍艦や、同じく“北朝鮮空軍相手にはオーバースペック”な最新鋭ステルス機を欲しがったり――と、「いったいオマイラはドコを向いて戦争する気だ? 備える気だ?」と小一時間問い詰めたくなるような、北の南進が現実のモノとなった時、必要となる兵器や装備は後回しにして、高価で見栄えのする“オモチャ”の調達に夢中になっております韓国は┐( ̄ヘ ̄)┌

……まあ、ホントのトコロは韓国の、韓国軍の本音は見え透いていて「全て対日戦装備・兵器」であることは明らかなのですが(ノ◇≦ )

この辺が、『韓国の戦後反日教育』や『国是としての反日』の弊害そのものなのですが、どうしようもなく馬・鹿ですネェ~(=◇=;)

今さら(と、いいますか実は戦前から)日本にとっては、大陸勢力の日本侵攻への出撃路とならず、それを阻止する防壁・緩衝地帯となってくれればそれで充分であって、半島の土地や統治など関心も何もないのに┐( ̄ヘ ̄)┌

大体が、戦前の朝鮮半島の独立性を守るために日本が朝鮮の代わりに戦った日清・日露の戦争も、その後の日韓併合による統治と半島の社会制度と公共インフラの整備も、「全て、日本側の巨額の負担・持ち出し」であって、後になって考えれば、それだけの巨費と人命を他人の土地に、朝鮮人の為に費やすくらいなら、『対馬・日本海絶対防衛線』として守り切る為に回していた方が、かかったコストは百分の一以下になったんじゃないでしょうか?

なにせ、日本は当時のGNPの2.5倍、国家予算の60年分の負債を積み上げて日露戦争に挑んだという一事を考えても、後の泥沼の日中戦争に踏み込まざるを得なかったコトや、戦後、現代まで続く韓国・北朝鮮の逆恨みのような恩を仇で返す態度やタカリ強請りを考えれば、明治の先達は朝鮮半島など中国とロシアにくれてやれば良かったんです。

そして海軍戦力の整備とそれを支える為の国内産業育成と海洋交易国家としての発展に、「朝鮮半島と大陸で無駄に費やすことになった費用」を振り向けていれば、もっと早く戦後の経済大国のような道を歩んでいたコトでしょう。

しかし、それでは「半島をロシアもしくは中国に取られたら、日本はその柔らかい脇腹に“朝鮮半島という刃”を突きつけられるコトになる」と、明治の先達と同じ危惧を抱かれるかもしれませんが、なにせ「あの厄災の地、民族の蠢く朝鮮半島」です。

そもそも「朝鮮半島をどちらで取るか?」で清(中国)とロシアが争い潰し合うコトになったでしょうし、日本が朝鮮を併合する直前の状況を見れば判るように、たとえ朝鮮半島の“主(あるじ)”が中国にしろロシアにしろ決まったにしろ、その頃までには李氏朝鮮の王朝が中露以外の欧米列強に朝鮮半島の国土や港湾鉄道といった利権を売っぱらってしまっていて、「少なくとも“次に”日本侵攻への進撃路として朝鮮半島を利用」しようとしても、その前に、中国にしろロシアにしろ「海千山千の欧米列強相手に、李氏王朝が売り飛ばした朝鮮半島の利権権益領土を買い戻さねば」日本侵攻の為の兵員物資を運ぶ鉄道を半島に敷くことも、日本への出撃拠点となる港湾を整備利用することも難しいですし、できません。

一方で、中露の大陸勢力が朝鮮半島で潰し合い、時間を無駄にしている内に、日本は国内の産業や社会制度の近代化と整備発展に集中し、海軍力を中心に軍事力を高めると共に、対馬・壱岐と佐渡ヶ島の要塞化に勤めれば、たとえ朝鮮半島を中露のどちらの大陸勢力に占められても、そうやすやすと「日本海を渡航して」日本本土に攻めて来るコトなど容易にできなくさせれます。

さらに、もう一手、積極的に手を打つなら、朝鮮半島本土には手を出さず、その手前の済州島を取ってしまって要塞化し、釜山等の朝鮮半島の港を睨む出島の防衛拠点にすれば、朝鮮半島を大陸勢力が手に入れてもその価値を無力化できます。

さらに付け加えれば、東に――太平洋に目を向けるなら、ミッドウェーとハワイをアメリカが領土に組み込む前に日本が領土としてしまえば、アメリカにも睨みを利かすコトができます。

……と、いっても「ハワイを日本が併合?」と思われる方も多いかと思います。

しかし、実はといいますと『充分にありえた歴史上のif』だったりするのですよ? ハワイが「48番目の都道府県」だったという世界は┐( ̄ヘ ̄)┌

どういうことか? といいますと、1898年になされたハワイ共和国(布哇共和国、現在のアメリカ合衆国ハワイ州)のアメリカ合衆国への併合の前に、当のハワイ王国から日本へ「日布併合」の打診があったんですから!

それといいますのも、当時、アメリカに併合される前にハワイを治めていたハワイ王国ハウカウア王は積極的に外遊を行い見聞を広げ、欧米のみならず、明治開国した日本へも立ち寄っています。

そして、急速に発展する日本の姿に感銘を受け、当時からアメリカの脅威に晒されていたハワイを日本に託すことによって“守ろう”と決意したワケです。

しかし、当時、大陸へ、半島を巡る日中露の争いに気を取られ集中していた日本に太平洋でアメリカと対峙する余力はなく、このハワイ国王の申し出を断ってしまいます。

さて、「歴史に“if”は禁物」だといいますが、もしも日本が「朝鮮半島獲得レースを早々にあきらめ、対馬~日本海防衛ライン筑設に注力し、国の未来を海洋交易と諸島領土獲得」に振り向けていたら?

太平洋に浮かぶ貴重で重要な拠点となりうるハワイ諸島からのこの「同じ黄色人種からの併合の申し出」を真剣に受け止め日韓併合の時以上に相互の合意と歓迎の元、「日布併合」のコトが成し遂げられていた可能性が高いです。

ちなみに、この時代時期のアメリカは、確かに西海岸まで開拓が達しフロンティアがアメリカでは消滅しますが、代わりに捕鯨が主ですが、太平洋を西進して『中国大陸を次のフロンティア』に狙いを定めていました。

しかし、同時にメキシコを始め、中南米とも紛争を抱え繰り返し、1860年代の南北戦争の内戦の傷も癒えておらず、軽々に対外戦争遠征に乗り出せない事情を抱えていました。

今からは想像もつかないでしょうが、当時のアメリカはまだまだ若くこれからの国でした。

ですからこそ欧州の植民地獲得競争に出遅れ、それも中国大陸・満州地域への進出は日本にも遅れを取るような有様だったんですから┐( ̄ヘ ̄)┌

それに、これは全然知られていませんが、当時のハワイ王国は「日本より実に五十年早く憲法が制定され」そして「国際的にも承認されていた立派な独立国」でした。

ハワイは、カメハメハ3世の治世の1840年に憲法が制定され、近代国家としての体裁が整っており、各国は相次いでハワイ王国を承認し、名実ともに独立国家として認められるようになっていたのです。

それに史実においても、日本政府は、アメリカによるハワイ併合の動きを牽制するため、1893年11月、邦人保護を理由に東郷平八郎率いる防護巡洋艦「浪速」他2隻をハワイに派遣し、ホノルル軍港に停泊させてクーデター勢力を威嚇させています。

この行為については、女王を支持する先住ハワイ人たちが涙を流して歓喜したといわれていますが、日本海軍は、翌年には「浪速」を「高千穂」と交替させてアメリカのハワイ侵略を阻止しようと牽制を続けていますが、この当時のアメリカはこうした日本の横槍(アメリカから見て)に対抗できず、歯噛みしています。

しかし、1894年3月、日本政府は巡洋艦高千穂の撤収を決めてしまいました――当時、日本は日清戦争に突入する直前であり、ハワイに戦力を振り向け続ける余裕が無かった為です。

ですから、確かに日本の軍艦派遣は、米布併合の牽制には一定の成果をあげたものの、かつての親日的なハワイ王国政府を復活させることはできなかったんですが、そもそも日本が朝鮮半島に興味を示さず、日清戦争が起こらなかったら?

あるいは、もっと早い時期にハワイ王国ハウカウア王の日布併合の打診(1881年世界一周旅行の最初の訪問国として来日した国王カラカウアは明治天皇に謁見した際、ハワイ王国の安泰のため日本とハワイの連邦化を提案しました)が本当に“実現化”していれば。

おそらく1887年、アメリカ系の経済人・政治家・サトウキビ農場主らが結成した政治組織「ハワイ連盟」を名乗る武装勢力の蜂起を起こす遥か以前の話ですから、ハワイを併合(もしくは日布連邦国家)となった日本政府がハワイ王国のバックに立ち、すでに入植していたアメリカ系移民の農場主の権利財産の保護を「アメリカとの関係を考慮して」守るコトをアメリカ政府と交渉していれば、当時のアメリカには日本と一戦交えてまでハワイを奪う余裕も利益もありませんでしたから、ハワイ現地のアメリカ系移民の権利保護と、アメリカが中国大陸に進出するための中継港として、日本が支配するハワイの港湾を『日本の友好優先国として』アメリカ船籍の艦船に優先的に利用させるコトを認めれば、おそらくアメリカも無理には日本と一戦交えてでもハワイを奪いには来なかったでしょう。

むしろ、大陸で相争う欧米列強が“増える”コトは、「大陸進出を諦めた」海洋交易国家路線に舵を切った日本に取っても望む状況ですから、幕末、黒船でペリーが日本に開国を迫った時のように――あの時は、太平洋を越えた地点にアメリカの中国進出とアメリカ捕鯨船の中継港となる拠点が欲しくて日本に開国を迫ったワケですが、同じように朝鮮半島から満州にいたる“当時、無主の空白地”だった大陸の地域にアメリカが進出するのに中継・拠点とする港を日本がハワイ共々、アメリカに提供する形で日英同盟ならぬ日米同盟を組めば上手く歯車が合わさるように日米共に協力関係を築けた可能性があります。

要するに、「中国大陸(主に満州地域)に進出したいアメリカ」と「太平洋からインド洋の海洋へ進出したいが、その場合、後背となる日本海を挟んだ向こうの中国大陸(主に満州地域)を単一の大陸勢力に占められたくない日本」の双方の国の利害がある意味で噛みあいますし。

アメリカが満州~朝鮮半島~中国中原(万里の長城の内側)に、中露に対抗して勢力地を築きアメリカの飛び地といえる新領土を運営し始めれば、日本は本土列島と併合連邦化したハワイをアメリカに中継港と拠点として提供する代わりに、その中間交易でも恩恵を受けるコトも可能となります。

まあ、確かにこの仮定(if)だと、日清日露の戦争は起こりえませんので、日本が一気にこの時代の世界で名を挙げたチャンス(でありピンチ)を得なかったかもしれませんが、どの道、別の形でも日本は欧米列強にやがてその存在と実力を認めさせたことでしょうから、大丈夫でしょう。

……さて、毎度のようですが話が横道に逸れ長くなるのは「私の悪い癖」ですが(苦笑

ご容赦のホドをm(u_u)m

で、そろそろ話を戻しますが、日米にとって、今の朝鮮半島は、韓国はハッキリ言って「もはや必要もない――つーよりお荷物極まりない国」です┐( ̄ヘ ̄)┌

もはや『大陸勢力からの緩衝地』としても『冷戦時代のショーウィンドゥ国家』としても韓国はお役御免、利用価値も何もなくなっています。

むしろ、味方面して中国に情報や機密を流す裏切り者というか、厄介者でしかありません!

しかも日本に取っては、「恩を仇で返し」て来て、さらに日本の足を引っ張ろうと、日本の評判を落とそうと「ディスカウント・ジャパン(日本貶め)運動」に夢中となり背中から刺して来るような“日本にとっての敵国”と言って間違いないようなどうしようも無い国です。

その認識が、今や日本社会に嫌韓の広まりという形で拡散し明確に認識されてしまっていますから、今、まさに日本による「韓国切捨て」が進行しているのです┐( ̄ヘ ̄)┌

さらに、アメリカからも、反米離米の姿勢も露に、本来の敵国であるハズの中国に媚びる韓国の有様は、「米国による韓国切捨て」を加速こそさせても、韓国の元に引きとめはしません(棒

だというのに、本日、今朝のあの「韓国人による、在韓米大使襲撃」事件ですよ?

しかもその後の韓国政府の反応というか、危機感の無さといったら!
襲われた米大使は顔に「80針も縫うようなケガを負った」といいます(!?)

それがどれほどヒドイ傷なのかは、実はといいますと“過去に同じように暴漢に襲われ顔に60針も縫うケガを負った”コトもあるパククネ現韓国大統領なら想像も付くハズです。

“なのに、中東外遊を途中でも切り上げず”現地での声明の発表のみ――という危機感の無さ。

任期を丸三年近く、半分以上残してレームダックがいわれ、無能無策の統治者としての統治能力無し! といわれるパククネの BBA …大統領ですが、あまりにも危機感が希薄かつヒドスギます!

日本でいえば鳩山由紀夫と菅直人を足して酷くした中身と能力の田中真紀子みたいなモンだ!――なんて口の悪いネット上での評がありましたが、改めてその通りだと今回の一件でも確認できましたねっ┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、今後、今回の事件が韓国にとってどう影響していくか? これからが見物ですが、まあ、間違いなく「悪い方向」にしか転がらないコトでしょうねっ。

ま、それもコレもあの“斜め上民族”の業というか、自業自得です。

ですから一向に同情する気が起きませんし、むしろこれから自分たちの犯した間違いや罪のツケをどう払わさせられて行くか見物ですナっ

……そんな風にしか思えないんですが、皆様はどうですか?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事