Entries

【AIIB】中国人記者「日本の野党から批判の声があります」麻生副総理「うちは野党が何でも言うのですよ。共産主義ではないから。中国と違って何でも言えるからいい国なのです」

保守速報   2015年04月09日06:00

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣閣議後記者会見の概要(平成27年4月3日)
http://www.mof.go.jp/public_relations/conference/my20150403.htm

問)AIIBのことについてお尋ねしたいと思います。
先日大臣が日本の立場が 極めて慎重な態度をとらざるを得ないとコメントがありましたけれども、今AIIBの 参加表明の国が50カ国を超えています。そして日本の中でも、野党から批判の声が あります。
例えば維新の党の江田代表が、これが日本外交の完全な敗北だと。
共産党の志位委員長が参加すべきだというふうにコメントしています。
大臣どのように見ていますか。

答)うちは野党が何でも言うのですよ。うちは共産党ではありませんからね。
共産主義ではありませんから。
中国と違って何でも言える国ですから、いい国なのです、 日本は。直ちにそれで逮捕されることもありませんし、いい国なのだと、 私はそう思っていますよ。
しかし問題は、私がこれまでもずっと言っていることは同じで、 1年半ぐらい前ですかね、これが始まって。大分前からこの話は来ていたと思います  けれども、私共はガバナンスをはっきりしてくれと。

問)先程の質問で、野党からの批判、日本外交の完全敗北、あるいはアメリカの顔をうかがうといった批判がありますが、その批判に対してもし反論があれば教えてください。

答)日本というのは中国と違って自由な国だなと思いますね。
だって批判がそうやって 言えて、国外退出させられたり、国外に出ることを止められたりすることもありませんし、 そういった意味では自由でいいのではないかなと思いますし、 敗北なんて思ったことは全くありません。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事