Entries

韓国は国内の経済がボロボロで、自滅寸前となっている国だ

DARKNESS 2015-04-16

韓国に「内需」などない。韓国国家は常に財閥や大企業を優遇し続けて、国民を大企業の踏み台にさせてきたからだ。

韓国は大企業を優遇していたので正社員は最初から狭き門で、その多くが非正規の労働者としての採用である。

その非正規の労働者は国家の大企業優遇策で、最低賃金さえもらえないこともあると報道されている。

朴槿恵は雇用を「創造」し、雇用率70%を目指すとして、華々しく政権をスタートさせたが、増えているのは非正規雇用の低賃金労働者ばかりで、韓国の労働環境はむしろ朴槿恵が登場してから悪化しているという統計も出ている。

韓国ではもう学歴があろうがなかろうが関係ない。まともに就職できない大学卒業者も300万人もいる。

まともな職にありつけなかった若年層はアルバイトで暮らすことになるが、韓国では最低賃金である時給490円すらももらえない人が続出している。中には300円以下の時給で働く人もいるという。

食べて行けない韓国人女性が売春に堕ちていく

大学を卒業しても、2人に1人は正社員になれない。正社員で採用されることそのものが難しいのである。そして、採用されたら過労死寸前になるまで働かされる。

さらに、正社員になったところで40歳で定年になる。そこで、韓国人の多くが起業するのだが、ほとんどが失敗して人生を終わらせることになる。

女性も追い詰められている。食べて行けない韓国人女性が次々と売春ビジネスに堕ちていくのだが、韓国政府は2004年に売春ビジネスの取り締まりを強化している関係で、女性が次々と海外で売春するようになっていった。

韓国の国家行政機関・女性家族部は、約8万人もの韓国人女性が海外で売春をしていると発表している。

実際はもっと多いとも言われており、世界各国で韓国人の売春女性が集団逮捕されるという実態が浮き彫りになっている。

オーストラリアでも、カナダでも、アメリカでも、韓国人の売春女性の摘発が次々と報道されている。その実態を知りたければ「韓国・売春・逮捕」で検索してみればいい。

最近では、台湾で韓国人の看護師が「水澤真樹」という日本人名を名乗って、わずか18日間で95万円もの荒稼ぎをしていたことが発覚している。

日本でも韓国人の売春女性が大量になだれ込んでおり、これが野放しにされている。(日本で売春をさせられている韓国女性を救い出して帰国させよ )

本国でまともな仕事がないから、韓国人女性は売春ビジネスで海外遠征をしている。韓国人女性と売春ビジネスのつながりはとても深いようだ。

個人負債を急激に膨らませ続けている韓国人

追い詰められていく韓国人は生きるために個人負債を急激に膨らませ続けている。

2014年12月の時点で、GDP(国内総生産)に占める個人負債の割合は90%を超えるという凄まじい状態になっている。

韓国は企業も個人も、借金をどんどん膨らませていく傾向が強い。「借りるだけ借りて、返さないで死ぬのが良い人生」と自嘲する韓国人もいるということなのだが、そのほとんどは死ぬ前に借金で首が回らなくなってしまう。

借金は放置しておけば消えるものではない。放置すればするほど金利が嵩んで、状況が悪化する。

ちなみに韓国でも消費者金融(サラ金)が巨大市場となっているのだが、そこでの平均金利は39%であると言われている。

39%と言えば尋常ではない金利であり、こんなものに手を出して無事でいられる人間はどこにもいない。結局、すべてを毟り取られて人生そのものが終わりになる。

韓国ではスラムがソウルの近辺に存在する。たとえば、タルトンネと呼ばれる場所はよく知られたスラムである。江南区の近辺にもスラムが存在しているという。もはや、這い上がれないのである。

こんな先のない韓国に見切りをつけて国外に出て行く国民も多い。韓国人自身が韓国を嫌っており、その結果、アメリカやカナダの移民が後を絶たない。

日本を嫌っているのに日本に働きに来るのも、韓国で暮らしていけないからだ。

日本のマスコミは2009年から2012年の3年間、口を開けば「韓国を見習え」と日本人に叫んで来たが、こんなどん詰まりの国を見習えと言っているのだから、頭がどうかしている。

徹底的に関係を断っていれば韓国は自滅する

韓国はもう国として破綻の方向に向かっていると言ってもいい。もっとも、韓国も生き残るために必死にもがくから、一直線に破綻に向かうかどうかは何とも言えない。

恐らく日本から金を毟り取ろうと必死になり、日本もまた韓国ロビーに占領された国だから、馬鹿な政治家が出てきて韓国に貢ぎ出すだろう。

韓国の国家破綻は日本から毟り取った金で免れる可能性はある。アメリカもまたそれを望み、日本に金を出させるはずだ。しかし、基本的には放置しておけば韓国は国家破綻する方向で動いているのは間違いない。

しかし、そうなったところで日本は助けるべきではない。韓国は妥協のない反日国家だからである。

韓国の大統領だった李明博は、2012年8月10日に日本の領土である竹島に乗り込んで実効支配を確認し、天皇に土下座して謝れと暴言を吐いた。

朴槿恵は「1000年恨む」と言い放って、大統領に就任してからずっと諸外国に告げ口外交をし続けている。

国民も日本に激しい敵意を持って、仏像を盗んで返さず、慰安婦像をあちこちに建て、旭日旗を戦犯旗と言い、日本海を東海と言い、日本の文化を何でも自分たちのものだと起源を主張している。

上から下まで、筋金入りの反日で覆い尽くしている。

韓国が全壊すれば反日国家の影響力は消え去るのだから、日本にとって韓国の崩壊は何ら悪い話ではない。日本に必要のない国家を崩壊させ、排除するのは当たり前のことだ。

どのみち、徹底的に関係を断っていれば韓国は自滅する。関わらないことによって、自滅させることが可能になるのだから、日本人は韓国に関わるべきではない。

アメリカで韓国人の入国審査が厳格化!!! 世界中で不法滞在の取り締まりが強化されてるぞ!!!
NewsU.S. 2015.04.20

ビザ免除なのに・・米当局が韓国人女性に対する入国審査を強化、韓国ネットは「これが現実」「米国だけではない」
2015年04月19日
コリアタイムスは、米国の空港で韓国女性に対する入国審査が強化されていると報じた。

記事は、インターンのために最近ロサンゼルス国際空港から米国に入国した韓国人女性(23)が入国審査で疑惑の目を向けられて2次審査に送られ、韓国の学校の情報や訪問目的、インターンの会社などについてしつこく質問を受けた事例や、友人を訪ねてサンフランシスコ空港から入国した韓国人女性(35)が、長期滞在する目的ではないかと疑われた事例などを紹介。韓米間でビザ免除の協定が結ばれて以来、米国旅行をする韓国人女性が増えるにつれ、米税関・国境取締局(CBP)の入国審査が強化されているとした。

中でも、ロサンゼルスやシアトル、サンフランシスコ、ラスベガス、ハワイなど西部の空港から入国する韓国人の若い女性が疑われることが多いという。ノービザで入国した20~30代の韓国人女性に対する2次審査では、主に「風俗営業や売春に従事して不法滞在する可能性」が追及されるという。このため、容姿が派手で見栄えがいい女性ほど2次審査に回される確率が高い。

この問題についてCBPは「訪問目的が疑わしく、米国の安全を害すると判断された入国者は、2次審査を行ったり入国を拒否する」と説明するのみ。だが、ロサンゼルス空港関係者は「入国審査台から見ていると、不審な若い女性が目につくのは事実。風俗店で働いたり、売春に関与した韓国人女性の事例が増えたため、外見が目立つ若い女性を2次審査に回す可能性が大きくなっている」と明かしている。

これに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「米国だけではない。豪州でも韓国人女性の入国審査は厳しい」
「どれだけ多かったら、こんな待遇をされるんだ?日本や豪州でも韓国人女性を疑いの目で見ている」
「否定したいが、これが現実」
「国の恥。どれだけ多かったら、こんなことになるんだろう?」
「ミニスカートにハイヒール。飛行機に乗るのに、パーティに行く服装で来るのは韓国人くらい」
「韓国の女性だけ厳しく審査されるのは、屈辱的」
「韓国も米国人の入国審査を厳しくしてほしい。資格もないのに、ネイティブだからってやってきて、英語を教えるのは変だと思う」
「同じ東洋人なのに、日本人はすぐに通過」
「化粧や服装を問題視するのは、おかしい。売春とかしない女性のほうが断然多いのに」
「化粧は日本人のほうが濃い。長い付けまつ毛に派手なネールアート。それでも日本人は問題ないか?」

・「ノービザで入国した20~30代の韓国人女性に対する2次審査では、主に『風俗営業や売春に従事して不法滞在する可能性』」
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事