Entries

7月9日以降の在日対策が着々と進んでるらしいぞ!!!

NewsU.S. 2015.06.14

・来月の今頃、どうなってるんだろうね?
・最近、銀行ATMなどに、振り込め詐欺防止を 啓蒙するポスターの連絡先に、最寄りの警察署だけではなく、 入出国管理局が追加されましたね。   7月9日以降を見越しているのかな?
北九州では、工藤会対策として、 福岡県警と陸上自衛隊小倉駐屯地、航空自衛隊芦屋基地及び築城基地が頻繁に合同訓練しているし。
・全ては有事に備えるためです
・入管の名前をポスターに載せて不法滞在対策してくださいってことですか 実際、ザイニチ側も露骨に工作してきてる感はありますからね 今週は暴力団のトップやら幹部、あっち側の銀行にもダメージがあったから「お困り」なんでしょうね
(地方からの侵略に注意)
・年金情報流失が多いのって沖縄、福岡、栃木だって栃木はどうかわからんけど、沖縄、福岡ってモロ狙われてる場所じゃん
・逆に考えると、栃木にも連中の「何か」があるのかもしれないな。
・栃木、意外に沢山いるって聞いたことある。  知り合いにもいるし。 都会より、これからは人がいない集落とか田舎の方が狙われるのかも。
・田舎狙われてると思う。 栃木は一度那須塩原に旅行に行ったとき、幸福の科学だったかが大学作ろうとしてたり(後に不許可が出た)カルト宗教の施設があったり…そうかとかね。  かなり違和感あったよ。環境はいいけどね…。
あと地名失念したけど岩手にそうか専用墓地があってびっくりしたな。  おざわのせいだと思うけど。
・田舎への中国人や在日の進出も盛んだぞ。 田舎なんてジジババしかいないから、家を畳んで都会の娘息子の家に転がり込む。  そしてエイリアンがどんどん勢力を伸ばしている。
子供の時に遊んだ神社とかの周りが中華ハングルだらけになったら、お前らどうするよ?
・空き家対策が強化されるわけだよな更地よりも税金負担が少ないというのも有ると思うけど地方の空き家に勝手に住んだりするザイニチ、朝鮮人対策にも効果有るよね
京都の砂防ダム内に不法占拠した連中もやっと追い出され始めたしこれで帰化者の所に転がり込んだりすれば仲間割れも期待できて一石二鳥なんだが
・栃木はペット関連で結構色々多いしね・・・  多いだけに真面目に活動してる人もいるんだけど 里親NPOだけでなく怪しげな有料老犬センターとか、今はどうなってるか知らないけどセンターの殺処分数も凄い
この間の犬の大量遺棄事件も栃木。 多分、犬猫関連を凌ぎにしてるZの拠点の一つになってる可能性も
・検索すると、ペット関係の病院が訴訟を起こされたケースも出てくるんだよね  余命日記の在日Red医師の記事にも有ったけど、ザイニチの医師自身がザイニチが多いと言ってたわけだから注意が必要だよね
まぁ、これも7/9以降に複数の通名が禁止され、本名で生活しなくてはならないようになっていけば解決するようになると思うが
※参考:7月9日まで「あと25日ですな。」

朝鮮人の本性:余命3年時事日記
・・・
今回の集中集団通報事案は過去に例がない。おそらく今後もないだろう。そもそも集中集団通報が現実に可能かどうかさえわからないのである。また受ける側、入管も桁違いに大量の通報処理ははじめてであろうし、また企業や組織に対する対応も経験がない。単純な不法残留者摘発案件とは意味合いが違う部分があるので、今回の外国人登録法の改正に伴う省庁間の連携には施行の際にいろいろと問題が出そうだ。

本来であれば不法残留事案は入管の責任で処理するものであるが、今回は武装在日暴力団が大量に絡んでいることが確実なので単独での処理は最初から無理だとわかっている。

つまるところ警察や自衛隊との連携が必要となる可能性が高い。つまり政府のねらいは、ほかにある。

在日暴力団通報については在日幹部数十人がリストにあがっている。この幹部クラスのメンバーが不法残留ということはまずあり得ないが、末端では逆にゼロはあり得ない。7月9日には完全に不法残留者は色分けされるが、法務省と総務省のデーターのやりとりと不法残留という犯罪者リストの警察庁へのアップがどうなるかは現状ではわからない。

この日を境に、日本人には関係のないところで不法残留という犯罪者が大量に発生する。それもほとんどが通名だからやっかいだ。

現状でも暴力団員の生活は銀行口座については使えない。要するに現金生活だ。9日以降、通名口座の凍結処理がはじまった場合には、テロ資金口座凍結法では生活費の移動は認められるが、この場合は難しい。あれやこれやで路頭に迷いかねない。この関係は、いったいどれだけの者が不法残留となるかを含めてまったく予測ができない。この件は情報が入り次第お伝えするつもりである。

在日にとっては、戦後最大の危機であることは間違いがない。この流れでは7月9日以降は在日特権、通名をはじめ、脱税、生活保護その他すべてにメスが入るだろう。また来年にはマイナンバー制度の施行がひかえている。今回年金問題が騒がれているが、基本法は影響がない。年金への適用は時期の問題だけであるし、金融関係の取締罰則規定の付加は衆院を通過している。これも時間の問題だ。

60万人といわれる在日がすべて絡んだ登録法の改正であるが手続き自体は簡易なもので別にさしたる問題はない。

ところが本国に対しては完璧に義務をスルーし、在日天国を謳歌してきた巨大なつけが今、韓国と日本の両サイドから突きつけられている。

無国籍在日の問題は日本は関係がない。ただし、日本における滞在の法的根拠がなくなれば暫定国籍は韓国なのでお帰りとなる。資産、兵役と住民登録、国籍付与と棄民の締め付けは半端ではない。帰化韓国系日本人にまで食指を動かしている。まあ自業自得だな。
・・・

「この日を境に、日本人には関係のないところで不法残留という犯罪者が大量に発生する」
「7月9日以降は在日特権、通名をはじめ、脱税、生活保護その他すべてにメスが入る」
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事