Entries

中国危機、ギリシャより深刻 株暴落止められない習政権 逃げ出す欧米マネー

ZAKZAK(夕刊フジ) 2015年7月2日 17時12分

 ギリシャの債務問題が注目されているが、実はもっと深刻なのが中国の経済危機だ。上海株式市場は1日も5%を超す下げに見舞われるなど、もはや習近平政権も手の打ちようがない状況だ。アジアインフラ投資銀行(AIIB)でも資金を集めたい中国だが、欧米勢の資金は市場から逃げ始めた。

 2日午前の上海市場で、上海総合指数は一時3%超下落し、4000ポイントの大台を割り込む場面があった。

 1日には終値で5・23%安の大幅下落。同日公表された中国の景況感指数が市場予想を下回る結果だったことなどから、大型株を中心に売られ、ほぼ全面安となった。

 暴落の背景にあるのが外資系金融機関の弱気予測だ。米モルガン・スタンレーは新規株式公開(IPO)の急増やバリュエーション(株価の評価)が高過ぎる点などを警告、「上海総合指数は向こう1年間に20~30%下落する」と予測した。同様の分析はバンク・オブ・アメリカや米運用会社ブラックロック、欧州系のクレディスイスからも出た。

 こうした見方を裏付けるように、上海総合指数は6月12日の高値5178ポイントから、29日には一時3875ポイントまで約25%も暴落。その後も4000ポイント近辺で低迷している。

 「4000ポイントをいったん割り込んだことで、次の下値めどは1月の3400ポイントあたりまで見当たらない」(国内系証券ストラテジスト)とさらなる大幅安も警戒される。

 より問題なのは、中国当局が利下げなど株価維持策を打ち出したことをあざ笑うかのように株安が続いていることだ。

 前出のストラテジストはこう指摘する。

 「中国経済は当局のコントロール下にあるというのが市場のコンセンサスだったが、もはや制御不能ということになれば、海外勢は恐ろしくて投資を続けられない」

「上海株」緊迫…中国バブル崩壊なら“爆買い”特需も終焉する

日刊ゲンダイ / 2015年7月2日 9時26分

 ついにバブル崩壊か─―。ギリシャ危機と同時に、中国の上海市場が一気に緊迫している。

 この1年間で「上海総合指数」は2000前後から5000超まで、2.5倍に上昇していた。ところが、ギリシャ危機が勃発した6月29日、4053まで下落。年初来高値だった12日の5166から21%も急落してしまった。

 もともと、世界経済の3大リスクは、「ギリシャ危機」「中国バブル」「アメリカの利上げ」とされてきた。そのうち2つが同時に襲ってきた形だ。株式評論家の杉村富生氏はこう言う。

「上海市場が実体経済と離れ、バブル化しているのは確かです。何しろ、信用買い残が44兆円に膨らんでいる。日本は6兆円です。金融緩和によるカネ余りが株高の大きな要因です」

 果たして、中国バブルは崩壊するのか。中国にとってヨーロッパは最大の輸出先だけに、ギリシャ危機がバブル崩壊の引き金になってもおかしくない。しかも、中国政府はギリシャに巨額な資金を投入してきた。

 もし、中国バブルが崩壊したら、東京市場と日本経済はどうなるのか。

「東京市場と上海市場は、ほぼ同じように上昇してきた。実体経済は良くないのに、金融緩和によるカネ余りによって株高バブルになったのも同じです。〈日本は政府が支える官製相場だから下落しない〉という強気の声もあるが、官製相場なら、上海市場も同じです。日本にとって中国は最大の輸出先です。中国経済が崩壊したら、日本の輸出企業は大ダメージを受ける。過去20年、日本企業は中国本土に累計11兆円を投資してきたが、これらの投資も不良債権になってしまいます。さらに、最近は“爆買い”と称されるように、中国人観光客が年間5600億円も日本国内で消費してくれたが、そうした特需もなくなるでしょう」(民間シンクタンク研究員)

上海株急落で終値4000割る 3週で下げ幅24%超 ギリシャ発中国株バブル崩壊か
産経   2015.7.2 17:38

 2日の上海総合指数の終値は前日終値比で140.93ポイント安の3912.77となり、3.5%下落した。終値ベースで4000を割り込んだのは4月9日(3957.53)以来、ほぼ3カ月ぶり。2日は一時6.4%の急落となった。

 年初来高値をつけた6月12日(ザラ場高値5178.19)と比べると、わずか3週間で24.4%もの大きな下落幅となっている。ギリシャのデフォルト(債務不履行)危機の顕在化とともに、この急落が始まっており、ギリシャ危機が中国株バブル崩壊の引き金になりかねない状況が続いている。

 証券会社が6月12日の高値を「これが今年のピークになる可能性がある」と指摘したことで、翌週の6月15日以降は売りが主体となり、6月15日から7月2日までの13日間のうち9日が値下がり。6月26日には安値で8.6%安、終値で7.4%と暴落レベルの値下がりとなった。今週は6月30日に5.5%急騰したものの、7月1日には5.2%下げて1日で行って来いとなった。

 上海総合指数は2000台で停滞していた昨年秋から急騰を続け、今月中旬には7年ぶりに同指数が5000を超えたことで、中国株バブルと指摘されてきた。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事