Entries

メディアリデアラシーって難しいよね?w

推摩 一黙のブログ 2015年07月22日 04時15分

さて、今回のブログは『前回の記事でいただいたコメントの中』から、ちょりぞうさんからいただいた――

>24. スレちごめん、余命とネトウヨって・・・

>完全にキチガイですな。法務省にまで完全否定されているのに、まだ恥知らずにブログあけてるよ。
>ほとんど朝鮮人と同レベル。
>頭おかしいとしか言いようがありません。
>しかし、余命にせよ三橋にせよ自分が間違ってて、世間をミスリードしても絶対謝罪しないよね。
>凄い面の皮だと感心します。
ちょりぞう 2015-07-22 00:50:29

――から、ちょっと私自身の視点や考えを述べさせていただきます。
さて、その前に、お断りを……

まず、ちょりぞうさん。
気を悪くして読み取らないで下さいね(苦笑

しかし、ネトウヨ……はともかく、『余命』や『三橋貴明さんのブログ、書籍、発言』に関して
「頭ごなしに否定」
するのは、まだ“時期尚早”および“間違い”だと思います――あくまで「私の考え主観」からですが(これも苦笑

さて、特に『三橋貴明』さんの方は――最近、あの方のブログをそれほど『覗いて』いませんが、氏の「発言および主張」は、昔から一貫していますし、そう『的外れ』でもアリマセンと思いますよ?

一方で、『余命』の方は……
確かに「7月9日以降、オオカミ少年やら、嘘つき予言者」扱いデスネーw――すっかりw

ま、良く分かりますし、実はといいますと「予想もして」いました┐( ̄ヘ ̄)┌

……なんといいますか「余命ブログ」で書いてた「コソボ戦術や 一日にして作戦完了した「クリミア方式」」で「日本国内の在日及びマスゴミとサヨク勢力団体を武力制圧及び殲滅」なんて、

「今の日本で果たして“可能”なのか? あるいは“受け入れられるのか?”」

――は、怪しいモノでしたカラネー(棒
だってもし行えば――「決起、実行」自体は確かに不可能ではありませんが、もし実行されたら日本の世論が「耐えられません、受け入れないでしょう」というコトも明白だからです。

何故なら「ネットやそれ以外の実社会でも」マスゴミやサヨク、在日の「胡散臭さや害悪」についての認識が生まれつつあるといっても、『ネトウヨ』と呼ばれるよ~なw 外国で言う『民族主義右翼過激派』のような、極端な国粋主義、保守、排外主義及び武闘派じみた「過激な言動や考え方」もまた、ネット上での「軽口」ならばともかく「実社会で口にすれば……良くて“変人”悪くすれば、いえ普通は“アブナイ人”扱い」デスカラネー ┐( ̄ヘ ̄)┌ あくまでも「現状では」

さて、『ネトウヨ』というなら、この私も、このブログで、けっこう“過激”で“アブナイ”発言を繰り返してイマスカラネーw
しかし、実世界では戦後直後にアメリカで『赤狩り』の旋風が吹き荒れ、政界、財界、マスコミに芸能界(映画界)で『取り締まれる側を中心に』反発が(当然の話ですが)出たものの、当時のアメリカ世論は「冷戦の始まり」による共産主義への嫌悪と警戒感から『赤狩りによる粛清弾圧』は、むしろ容認許容されましたが、今の日本の世論や社会の認識は「まだそこまでいっていない」デスカラネー┐( ̄ヘ ̄)┌

むしろ、『余命』の文章は「あのブログ自身が自分で言ってる」よーに、「妄想、妄言」を言っていると“話半分に”受け取っておくコトが正解でしょう(`・ω・´)ゞ

だいたいが、あの“ブログ”が自分で言うほどに「政界やら自衛隊などへのパイプや人脈に通じて」などいないコトは『去年の12月の、11月21日の衆議院解散に伴う選挙』の少し前の余命ブログ記事での「いかにも通ぶって」まるで政界の裏事情を……それも官邸と直接のパイプがあって“リーク”を記事にしてるような「総理は解散総選挙の“フリをしてるダケ”」発言とか見てれば分かると思いますが(棒

見事に外れましたし、その時点でいうほど(なんとなく匂わせてるほど)全然、なにか大きな組織とか独自のグループが背後に居る訳ではないという“正体”が、あの時の時点で「垣間見せられ」ましたカラネー┐( ̄ヘ ̄)┌

しかし、『事実に基づいた』部分の注視と紹介と、そこから考えうる“可能性”の予想、予測紹介に関しては「あながちハズレでもない」と思いますよ?

テロ対策三法と日本国内外での“日本のヤクザ、暴力団の『テロ組織認定』と『経済と警察権力』面からの締め付け、取り締まり――は実際に強化されてますし。

在日特権――通名の使用というか、利用によるさまざまな違法行為……偽名(通名)による複数の銀行口座開設や在日であることを隠す行為がやりにくくなってるのも現実ですし。

他にも、自衛隊の――特に陸自の装備並びに部隊編成のシフトが、従来の『冷戦時代の北海道への重装野戦部隊編成』から九州・西日本への部隊配備再編成、及び「都市ゲリラ戦対応部隊への切り替え」も事実であり、少し気を付けてニュースを拾っていれば、以前とは打って変わって都市部での自衛隊と自治体、及び警察との連携協議と合同訓練の回数が“増えて”いますよ?

……さて、こうした諸々を検眼しますと、『余命ブログ』に関しては「話し半分」で聞く一方、「過激で面白おかしく煽るように書かれた」部分は無視していいと思いますが、一緒に“紛れ込まされている”事実に基づく情報には注目して拾っておいて「損は無い」と思いますヨ?

あと、これから先、朝鮮有事の際や、在日の暴力団関係者や総連関係の寄生虫のように『生活保護不正受給』をしてる連中が「締め付け取り締まりに耐えられなくなって」暴発した際、「警察でなく自衛隊が“非常事態を宣言して”、在日を『武装蜂起テロ集団』と認定して鎮圧殲滅」や「その際に、在日、特亜と通じる市民団体や野党政党の摘発、殲滅」も、一部もしくは全マスコミの制圧情報統制をはかるという話――は「別に荒唐無稽な妄想」でもなんでもなく、「将来、日本で充分に起こりうる有事の想定事態の一つ」ですよ?

他にも韓国による「在日回収」も、今すぐではなくともこれから先、充分にあり得る!?……と、いいますか中国が「上海株式市場」でやらかしちゃいましたからね~w

中国が崩壊、混乱するよーなコトになれば、間違いなく韓国に飛び火します。

その飛び火が「中国国内の不満を外に向ける為の対外戦争――その当てつけ先としてイキナリ朝鮮有事を引き起こす」なんて急変でなく、ジワジワと韓国経済が締め付けられ窒息していく今の状況がさらに悪化すれば、韓国政府が「日本の在日同胞の財産と身柄(徴兵)に狙いをつける」コトは充分にあります。

あるいは、「先にも述べた在日系のヤクザ・暴力団関係者や総連・民団の寄生虫たちが、包囲され締め付けられ」ても暴発でなく、日本から離れ『自主的に韓国に帰国……というか日本に居場所を無くして逃げ出す』選択をする可能性も十分にあります。

まあ、いずれにしても、“事態が動く”のは――中国や韓国側からのアクションという意味ではなく日本やアメリカ側からという意味で――ですが、それは早くて来年以降でしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

と、いいますのも「今の日本の“有事法制”」も、米軍の動き(日本国内というより海外アジア各地、フィリピンやオーストラリア等への部隊配備)を観ていたり、米軍を中心とした軍事演習の動向(それも自衛隊が初参加するような機会が増えてる現状)なんかを注意深く見ると、太平洋方面の『対中包囲網』の体制と連携を日米が共に「今年一杯でなんとか形にしよう」としてる様子が見て取れます。

「韓国に関して」も、在韓米軍と『統帥権』問題で韓国側は勝手に「在韓米軍の撤退と『統帥権返還問題』は延期された~w」と思い込んでますが、米軍の方は実際には「本気で有事の際に(陸戦でも)助ける気なら必要不可欠な“備蓄弾薬”」を、すでに韓国から引き揚げ完了していますし、韓国に三ローテ―ジョンで配備任務に就くはずだった陸軍ストライカー部隊もこの六月に「今まで配備されていた部隊が交代の時期が来たから」といって韓国内から引き揚げた後、その代わりに来るハズの部隊が来ていないとかw

よーするに今のシリア・イラク北部での戦いと同様に、「もし朝鮮有事が再開した場合」でも、米軍は空母と爆撃機を派遣して「空爆支援」は行うが「陸上戦」では一切、米兵の血を流す気は毛頭なく、「韓国軍だけで始末をつけろ!」という態度をハッキリ示しています┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、と…まあ、最近の韓国の態度を観てれば、こうなるのもニベなるかなとも思いますが、自業自得とはいえ、「憐れですなw」韓国はw

……同情は一切、しませんがw

でもって、話を『余命に』戻しますと、明らかに胡散臭い「煽るような、面白おかしく」書いてる『ソースが自称“関係者の話”』という部分は割り引いて考え見るベキですが、「キチンとソースが明示された」あるいは現実に事実の追認というか現実化した事柄については「余命という妄想記事と自分でのたまってる」ブログに関しては“参考程度に”利用してもいいんじゃないか?

と、いうのは私の考えです。

さて、最後に――メディアリテアラシーという言葉があります。

これはTV、新聞、雑誌等の旧来からの媒体メディアから、ネットやツイッター、フェイスブックにラインですか? 新規のネット情報網まで、さまざまな情報が周囲に流れてますが、大事なのはその『情報』に踊らされないコトです。

その為に、情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力――まあいわゆる「情報を評価・識別する能力」が重要になってきますが、普段の生活の中では難しいでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

しかも、人は「自分が望む、こうあって欲しい」と思う情報や事実の一面ばかりを観てしまう傾向も持っています。

ですから、重要なのは「色々な立場や方向から」物事を観るコトと、「常に一度立ち止まって“考えて”みる“疑って”みる」コトなんでしょうね┐( ̄ヘ ̄)┌

あとは、発言者の意図を――その発言や説明には『裏にどんな意図や目的が隠れているか?』も、考えてみるコトも大事です。

その好例が『池上 彰』なんかでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

あの人は、以前にも書きましたが「特亜寄りに誘導する」解説、論壇を上手に行いますんで曲者です。

ですが、ヤッパリ「説明が上手い」んですよねーw

なので、『特亜関連』以外の欧州問題や中東・北アフリカのテロや紛争事案などの「日本と特亜の利害に関係無い・薄い」事案に関してはむしろ解説を聞くことをオススメしますw

いずれにしても最終的に判断するのは自分自身です。

そしてそれには、メディアリテアラシーというモノが重要と言いましたが、結局、身に着けるには、ある程度の社会経験と勉強がモノをいいます。

あとは先に述べたように、発言者の意図を――その発言や説明には『裏にどんな意図や目的が隠れているか?』を常に図るようにする事ですかね?

そういう意味では、他人のコトバやハナシの評価は“難しい”とも思うんですが……改めまして皆様はどう思われますか?

私は、今回取り合上げさせていただきました“ちょりぞうさん”のコメントに、その良し悪しとか関係なく、ふとそんなコトを深く考えさせられました(´・ω・`)

そういう次第で、世間というか世界の動きも慌ただしくなってきていますし、皆様の考えやコメントをお待ちしています。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事