Entries

【戦後70年談話】「外交的にバランス」外交評論家の宮家氏 「日本のあり方示す」ケント・ギルバート氏

産経  2015.8.14 22:14更新

 外交評論家の宮家邦彦氏の話「過去の談話は反省とおわびにばかり重点が置かれてきたが、今回の談話はより総合的で成熟した内容という印象だ。戦争に至る当時の国際環境や、日本がなぜ国策を誤ったかについて丁寧に説明している。『頭を垂れる』『痛惜』という自分自身の言葉を使っており、外交的にもバランスがとれている。保守政治家として知られる安倍晋三首相が、右でも左でもない客観的な内容の談話を発表したことで、歴史認識に関する国論の分裂を修復する第一歩になるのではないか」

 カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏の話「成熟した文明国として品格ある内容で、歴史上起きたことを正しく伝えており、近隣諸国に対する礼儀や誠意が伝わってきた。日本がアジアの平和と繁栄のため力を尽くしてきたことは明らかな事実。今後もその姿勢は変わらないことをアピールした点は大国としてふさわしく、これまでの政策に確信を持っていなければできない。謝罪のあり方で難癖をつける国もあるだろうが、今後の日本のあり方もしっかり示しており、前向きな姿勢が感じられるよいものだった」

【戦後70年談話】オバマ政権が歓迎 「他国の模範となる」と米高官
産経   2015.8.15 00:18更新

 【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは14日、安倍晋三首相が発表した戦後70年談話が痛切な反省の念を表明したとして歓迎する声明を発表した。安倍首相が、戦後50年の村山富市首相談話、60年の小泉純一郎首相談話などの歴代内閣の立場を「今後も揺るぎない」としたことについても歓迎した。

 声明は、米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官が発表。安倍首相が今後、世界の平和と繁栄に貢献すると述べたことを「評価する」とし、日本が戦後70年、平和、民主主義、法の支配を尊重してきたことは「他国の模範となる」と強調した。

 米メディアも談話発表を一斉に報じた。AP通信は14日早朝、東京発で「深い悔悟を表明」と速報。日本が罪のない人々に「計り知れない損害と苦痛」を与えたと表明したと伝えた。米紙ニューヨーク・タイムズも電子版で談話全文を紹介し、村山、小泉両談話の「個人として反省の表現を示す過去のやり方」は踏襲されなかったと指摘した。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事