Entries

高須克弥氏のスポンサー撤退発言に報ステが慌てて賛成派にすり寄り始める

保守速報    2015年09月20日13:58

これまで一貫して安保法案に反対して自分たちの都合のいい部分だけを伝えていた報道ステーション。9/18の放送は急に賛成派の意見を紹介するようになった。

大物スポンサーである高須クリニックの院長の一言は強烈な効果があったようだ。
街頭インタビューを都合よく使い、いかにも世論が賛成派ばかりかのようなみせ方をしてきた。
これも偏向報道といえばそうなのだが、差し引きで中立にはなったか。

当然、これを見ていた人たちからは一斉にツッコミが入る。

まったくこれがメディアとは実に嘆かわしい。確固たる意見をもって視聴者に真実を伝えるという本来のミッションを忘れているのではないか。しかし、少なくとも高須克弥院長の英断で番組の偏向報道が改善したと視聴者は大喜び。高須院長の元にはお礼の言葉がたくさん寄せられた。

そしてその頃、安保法案反対派の人間は高須院長に「反対派はもう高須クリニックを避けるね」と負けゼリフを言っていたが、院長は言い返していた。強い。強すぎる。

高須「そうですか。今日の高須クリニックは空前の盛況なんですけど」

実は高須克弥院長は古舘伊知郎と友人関係にあり、その縁でスポンサーを務めることになったという経緯がある。そのような友人関係を犠牲にしてまで正義のために声をあげた高須院長は素晴らしい決断をした。

・ 効きすぎワロタ   やはりスポンサー関係だと違うな
・今更だけど中身がないんだな~報ステは ちょっと発言しただけで方針を180度かえるとか情けない
・ YES!高須
・ フジデモがあった時花王は番組の内容にスポンサーは口を出せないとか言ってたが丸っきりの嘘だったというわけだな
・サヨク陣営はほんと嘘を平然とつくよね  何の抵抗も無く
・ 恥知らずテロ朝
・ここまで露骨に態度を変えるのならますますクソ朝日なんて見ねえわ
・ これが報道というものか
・ 余計にマスコミの汚い部分を見た気がする
・ 見苦しいな。売国を貫き通せよ。  それとも冬のボーナスに響くのか?今回の騒動が

報ステのビッグスポンサーである高須クリニックが今月末で契約打ち切り 「安保法案の偏向報道が酷いため」
保守速報    2015年09月19日14:22

1: フォーク攻撃(長野県)@\(^o^)/:2015/09/19(土) 09:17:36.35 ID:k1eelLdZ0.net

安全保障関連法案の審議が大詰めを迎えるなか、反対意見に終始するテレビの報道ぶりをめぐり、ついにスポンサーからも不信の声が上がった。

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(70)が、テレビ朝日系「報道ステーション」のスポンサー契約を今月末で打ち切ることを自身のツイッターで明らかにしたのだ。

高須院長は16日夜、ツイッターで「失望しました。(同番組の)スポンサーやめます」と表明した。
CMで“Yes”といっていた高須院長が「報道ステーション」に“No”を突きつけた格好だ。

きっかけは16日に放送された「報道ステーション」。古舘伊知郎キャスターが「平和安全法制というネーミングが正しいのか、甚だ疑問だ」などと述べながら国会から中継。
抗議活動を詳しく報じ、スタジオのコメンテーター2人が法案の問題点を指摘していた。

高須院長の表明は、この放送について、別のツイッターユーザーが「両方の意見をバランス良く報道するという原則を完全に放棄している」と書いたツイートを受けたものだった。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事