Entries

最終的かつ不可逆的に解決?w

推摩 一黙のブログ 2015年12月29日 02時30分

さて、皆様ももうご存知の通り……本日、日韓の間で“突き刺さったトゲ”のようだった一つの問題にケリがつきました。
言わずとも知れた『従軍慰安婦』を巡る問題です。

しっかしねぇ?

「日本軍の関与と日本政府の責任を痛感して反省と謝罪」って……そんなモン戦後70年談話で『戦争で犠牲になった多くの人々に謝罪』した、あれだけで十分なんだよ(-""-;)
そもそも、いわゆる「従軍慰安婦」ってのは、追軍売春婦という“公娼”の私的な話であるのに、朝日新聞が何もナイところから被害者を“捏造”して、それが新しい――

<丶`∀´> 謝罪と賠償するニダ~♪

――と、強請りタカリの『ネタ』として既成事実化されてきただけでしょうが(棒

海外で、追軍売春婦でしかない“慰安婦”が、「日本軍の性犯罪の被害者、sex slave」だなんて誤解が広がっているのですが、何故、欧米の政治家やジャーナリスト、知識人がそのコトを信じて(思い込んで)いるか? というと、チョン公ドモの宣伝工作(ディスカウントジャパン=日本貶め運動)もさるコトながら、

実際に償いという形で、実際にアジア女性基金が起こっているということ。
それから実際に声明・談話という形でコメントが出ており、実際に首相が謝っていること。

すなわち、「日本自身が“罪を認めてる”じゃないか?」というコトが一番大きい。

さらに、これまでの日本は「沈黙は金」「過去の真実は“言わなくても”分かってもらえる」などとイジメられる静かな優等生がごとく『全然反論、反証しなかった』コトがそもそもの間違い!

「言わなくても分かってもらえる」は、日本国内の、日本人同士でしか通用しない話で。
日本から一歩外に出れば、嘘、捏造、詐欺的行為がまかり通っている、いわば『弱肉強食の信義もへったくれもない』世界。

なので、他者や他国が「言い掛かり」をつけて来たら、降りかかる火の粉は“自分で振り払う”しかない!

だから、沈黙は金どころか有害であり、過去の真実がどうであれ、都合が悪ければ『抹殺抹消』。

あるいは、真実とはまったく真逆に『捏造改編』されて喧伝吹聴されて「歴史の真実が嘘で塗り替えられる」とゆーのが“まかり通ってしまう”まさに「嘘も百篇いえば……」の世界なのです。

と、いいますか、世界でも『歴史』が「学問」なのは日本くらいのモノで、欧米ですら自国の国益と名誉がかかるとなれば「不都合な“真実”は抹消」するのは当たり前ですし、逆に戦争時にもなれば「敵対国の悪行をデッチ上げて」の宣伝戦情報操作は基本中の基本――デスカラネー┐( ̄ヘ ̄)┌

実際の話、そーした謀略戦はイギリスが得意で、第一次世界大戦にアメリカを引っ張り出す為に、協商国(イギリス・フランス・ロシアを中心とする連合国)寄りの情報ばかりをアメリカに垂れ流し、逆に中央同盟国(同盟国:ドイツ、オーストリア、オスマン帝国、ブルガリア王国)側については「悪い情報」ばかりを流したりしたんですから(`・ω・´)

そーしたコトがWW1時にイギリスができたのも、まだ無線通信が未発達だった1910年代当時、欧州からアメリカ大陸への主な通信手段は大西洋の海底に敷かれた『電信ケーブル』が実はイギリスからの一本しかなく、「アメリカが欧州戦線の情勢を知る為には、イギリスを介してでないと」できなかったワケですからねーw

そりゃあ、アメリカの世論もイギリス(協商国)寄りになるワケですわw

これに、さらに加えてドイツのUボートが、通商破壊の無差別攻撃でアメリカの豪華客船を撃沈したり、はたまた「アメリカに参戦されるコトを恐れた」ドイツが、色々と画策する中、

「メキシコをけしかけてアメリカと戦争させれば、尻に火がついたアメリカも欧州にかまってられなくなるだろう」

だなんて発想と、実際にメキシコに接触していたりしますが、実際は思ったより手ごたえが無く、ドイツは「北米で一波乱仕掛ける」という謀略を早々に諦めてます。

しかし、そーした「北米でのドイツの動き」を掴んだイギリスは、喜び勇んでアメリカに通達します――もちろんのコト、タップリ脚色をかけてw

で、激怒したアメリカは、それまでの内向きのモンロー主義(大陸間の相互不干渉政策)を、かなぐり捨てて欧州戦線に参加するコトになる……のですが、勝つためなら、国家の利益の為なら、友邦すらその二枚舌、三枚舌で騙しても平気ってなモンです┐( ̄ヘ ̄)┌

そんな「生き馬の目を抜く」ような嘘と騙し合いが横行する世界において、日本の誠実さ真面目さは、まさに“例外”です(´_`。)

しかもその上に日本に憎悪と嫉妬の視線を送ってくる特亜――中国や韓国は、まさに「嘘と詐欺の国」であり、歴史というモノは『学問』ではなく『政治』であり、過去の出来事はその時の権力者に都合がいいように抹消捏造改編するのが当たり前!

ですから、国際的な外交の舞台でも「敵対国の足を引っ張る」為にはなんでもやらかします( ̄ー ̄;

なので『従軍慰安婦は旧日本軍のsex slaveだった』という話も、真実がどーだったなんて関係なく。

デッチ上げでも、なんでも日本vs特亜勢以外の世界で既成事実化できてしまえばそれでイイのです――韓国はもちろん中国からしても( ̄へ  ̄ 凸

無論、“慰安婦”は何百年前とかの話ではなく、70年程度の昔の話ですし。
戦後日本に進駐したGHQが収集した資料や調査報告書が山ほど米国国立図書館に眠っています。
そこで「日本とも朝鮮(と中国)とも“関係が無い”第三者として」アメリカが調査した結論は以下の通りです
――
●米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに
2014.11.27
 米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。

 戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。
 調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

 米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。

 米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。

 調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。

 そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

 日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。

だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。

 報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。

 調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。
 IWGは米専門家6人による日本部分の追加論文も発表した。

 論文は慰安婦問題について

(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた
(2)その結果、米軍は慰安婦制度の実態への理解や注意に欠け、特に調査もせず、関連文書が存在しないこととなった-と指摘した。

 ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。

 日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語った。
(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)

――と、まあ『調べれば、調べるほど従軍慰安婦なる“モノ”の虚構と胡散臭さが明らかに』なっていくんですよネェ?┐( ̄ヘ ̄)┌

しかし、先にも書きましたが現実の世界や外交では「真実はどうか?」ではなく「何が事実だと認識されているか?」が重要となります。

ですので、今まで日本が「韓国が捏造慰安婦話をデッチ上げ、言いふらす」のに、何の反証反論も行わずに来てしまったツケは大きく、上で挙げた『米軍による旧日本軍の犯罪に関する調査報告』をはじめ、日本側がいくら「従軍慰安婦は“日本軍の性犯罪の被害者、sex slave”でもなんでもなく『タダの追軍売春婦』だった」と、資料や証拠を揃え突き付けても……

「すでに広まってしまった『従軍慰安婦=“日本軍の性犯罪の被害者、sex slave”』という認識」
……を訂正するのは至難の業となってしまっています┐( ̄ヘ ̄)┌

ですので、遅まきながら日本も安倍政権となってからのこの三年の間、「沈黙の仮面」をかなぐり捨て「『従軍慰安婦=“日本軍の性犯罪の被害者、sex slave”』ではない!」と反論の声を上げるようになりました。

しかし、すでに世界中に広がった『従軍慰安婦=“日本軍の性犯罪の被害者、sex slave”』という認識、思い込みを打ち消し、訂正するのは大変で、日本が「反証反論の資料」を手に訴えかけても、耳を傾けてくれるどころか、

「日本は“自分に都合の悪い過去を打ち消そうとする『歴史修正主義者』か?」

などと疑いや軽蔑の目を向けられる始末となっています┐( ̄ヘ ̄)┌

……ですが、この三年間、過去の政権のように韓国や中国に『妥協せず』日中、日韓の首脳会談をはじめ中韓相手の外交関係は冷え切ったままでしたが、安倍政権は外交において一貫した態度を貫き通しました。

また、国連や国際機関の公の場でも「反論の声を上げ」続け――た、その結果、最初こそ日本の方が疑いの目で見られましたが、キチンとした反論の根拠となる資料を上げ、「慰安婦問題は韓国の言いがかりだ!」と声を上げていった結果、慰安婦問題に焦点が当たり、日本側の主張と韓国側の主張のドチラが「本当なのか?」確かめようという機運が生まれ高まります。

さて、そーなれば「日韓のドチラが有利か?」と、いいますと、無論のコト勝つのは「多くの資料や証拠を持ち出せる日本」でありw

「“自称”慰安婦だった」というBBAの証言しか無い韓国側は「慰安婦は日本兵のsex slaveだったの、だったの」と喚き散らすしかできませんからネー(棒

上のアメリカの調査報告書はもちろんのコト、「慰安婦だった」と名乗り出た韓国BBA自らが『自分は戦場で追軍売春婦やってボロ儲けしたニダ♪』という証拠まで提出してくれていたんですからw

その証拠とは戦前の郵便貯金通帳です┐( ̄ヘ ̄)┌

■毎日新聞 1992年5月22日の記事
 第二次世界大戦中『従軍慰安婦』として強制連行されたミャンマー(旧ビルマ)で預けた軍事貯金の支払いを求めていた韓国・大邸市在住の文(ムン)玉珠(オクス)さん(68歳)が11日、山口県下関市の下関郵便局を訪れ、預けた貯金の原簿があったことが分かった。(中略)
 当時「日本人として貯金した個人のお金だから直ちに返して」と訴えている。(中略)
 原簿によると43年6月から45年9月まで12回の貯金の記録があり残高は26,145円となっている。
月収比較
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・慰安婦 1000円~2000円(アメリカ軍の調書)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・総理大臣 800円(東条英機)
・陸軍大将 550円
・曹長 32~75円
・軍曹 23~32円
・伍長 20円
・兵長 13,5円
・上等兵 10,5円
・一等兵 9円
・二等兵 9~6円
・元慰安婦、文玉珠の2年3ヶ月の郵便貯金 26145円

……ちなみに元慰安婦、文玉珠の2年3ヶ月の郵便貯金 26145円は現在の貨幣価値に直すと約1億円相当にもなるそーです(棒

さて、43年6月から45年9月まで約二年半で、現在の貨幣価値にして約一億円、荒稼ぎする“日本軍の性犯罪の被害者、sex slave”ってなんなんでしょうねぇ?w┐( ̄ヘ ̄)┌

悪逆非道な日本兵は、「……どこぞから浚ってこられた婦女子に乱暴した後、律義にカネを払っていた」とでもいうのでしょうか?(棒

っていいますか、戦時中に、総理大臣より多い月収を与えるために強制連行するワケがないでしょう(呆れ

それどころか、募集すれば、いくらでも集まるわ!

その他にも、韓国人が「日本軍が強制連行した証拠ニダ♪」という新聞記事の切り抜きを読んで見れば、『違法な営業をしていた業者を取り締まり、騙されて連れて来られた女性たちを保護した』という記事でした┐( ̄ヘ ̄)┌

だいたいが、当時の日本は公娼制で売春は“合法”でした。

そして公娼制の法律の下、ちゃんと管理されており、売春業は刑法182条で制限され、売春を営む女子は警察署に自ら出頭し娼妓名簿に登録した上で娼妓稼をなしていたのですよ?

なので淫行の常習のない女子を騙すなどして勧誘して姦淫させる営業行為は刑法犯罪であり、女性を「カフエーで働くいい仕事」と騙して中国上海の日本軍慰安所に連れて行った斡旋業者が、摘発され刑法に基づき有罪となっています。

他にも……

1933年、少女たちを誘拐し、売春宿に売り飛ばしていた朝鮮人誘拐団のトップが逮捕された事件
1936年には農村の女性を騙して満州に娼妓として売却しようとしていた朝鮮人を逮捕
1938年には17歳の二人の少女に満州での就職をもちかけて誘拐し、自分に親権があるかのように委任状を偽造して遊郭に売った朝鮮人紹介業者が逮捕され
1939年には日本女性を騙して中国へ売り飛ばそうとしていた朝鮮人が逮捕また同年には、1932年から各地の農村を歩き回って「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があると騙し、約150人を満州や中国本土などに売っていた朝鮮人が逮捕され、その朝鮮人から50名ほどを買った京城(現ソウル)の遊郭業者を警察が呼び出すと、それを察知してその女性たちを中国に転売した事件(朝鮮南部連続少女誘拐事件)が発生していた。

以上のように、朝鮮人が女性を甘言・誘拐により、売春宿に売却しようとして日本の警察に逮捕された例が数多く報道されています。

でもって朝鮮総督府統計年報によると、略取・誘拐での検挙数は1935年は朝鮮人2,482人・日本人24人、1938年は朝鮮人1,699人・日本人10人、1940年は朝鮮人1,464人・日本人16人となっているように違法斡旋業者の取り締まりは日本の官警によってなされ記録も残っています。

さて、戦前の日本は公娼制を取っており、売春自体は警察署で娼妓名簿に登録すれば認められていました。

そこで、軍隊相手の追軍売春婦は、登録したのはもちろんのコト、戦場で慰安所が設営されたといっても前線から離れた後方であり、待遇も良かったといいます。

特に性病対策は徹底しており、行為の際には避妊具の使用と消毒が義務付けられており、毎週一回、軍医が憲兵の立会いで接客婦を検診し、不合格者は接客を禁じました。

ようするに確かに日本軍が慰安所に積極的に関与し、指導しましたが、少し考えてみればその必然性が分かります。

慰安所の経営を健全に保てなければ性病予防ができませんし、もし性病が蔓延すれば軍隊として軍事活動にも支障が現れます!

ですので、軍がかなり厳しく性病に監視の目を光らせていたのは当たり前であり、『その用に不適格な健康状態の者』は接客からハジかれました。

あと、いくら戦前は公娼制で売春が認められていたとはいっても、誘拐まがいの方法で「強制徴集」なんてすれば、まさに「皇軍ノ威信ヲ失墜スルモ甚シキモノ」であり、軍の威信を傷つける大問題になりかねません!?

そーした軍の威信保持上ならび社会問題上、手抜かり(遺漏)なきよう配慮するよう通知がされており、軍は関係地方の警察や憲兵隊と連絡を密に取り、日本軍が「民間の軍の諒解をとりつけたと詐称して勧誘する悪質業者」を取り締まっています。

あと、戦時中、戦況が思わしくなくなって来て前線が後退する時、日本軍は車を手配して慰安婦たちを真っ先に逃したそうです。

そもそもが軍慰安所は後方施設なので、前線や僻地に比べて、物資を集中しやすい安全な場所に設けられましたし、別に鎖でつながれていた訳でもなく、高給取りの彼女らは町に買い物に行ったり自由にしていました。

それに“慰安”といってもギシギシアンアンやるのだけが仕事ではありません。

将兵と共に、スポーツイベントに参加したり、ピクニックに出席したり、娯楽、社交ディナー等で彼女ら自身楽しんだ――と、いうように、男所帯の軍隊において戦場での緊張で張りつめた兵士たちの憩いとして、(性交渉の類抜きの)接客業のような仕事もあったそうです。

それと、これを書くを忘れてましたが……「慰安婦には接客を断る権利が認められていた」のですよ?

他にも「廃業・帰国の自由が認められて」いましたし、慰安婦と軍人が結婚した例もあるといいます。

さて、いったいどの辺が「日本軍の性犯罪の被害者、sex slave」なんでしょうかね?

さて、改めまして“慰安婦”と呼ばれる存在がどうだったか?

“日本軍の性犯罪の被害者、sex slave”なんていわれるような悲惨で非道な境遇だったのか? というと決してそんなコトはなく、軍が「軍隊内で性病が蔓延するコトを恐れて」衛生状態や健康状態は厳しく管理されており、戦前の公娼制の下、キチンと管理し扱われていた――と、いうコトが資料を調べれば調べるほど分かります。

また、「慰安婦、慰安婦」というと朝鮮半島の朝鮮人慰安婦ばかりが取り上げられますが、戦前のあの時代、内地である日本の東北地方等でも、貧しい農家から口減らしも兼ねて、斡旋業者に身売りして娼婦に身を落とす日本人女性も居たコトは無視するんでしょうか?

それにさらに言えば、軍事裁判法廷で日本の責任者は1068人も処刑されたんですよ?

各地で弁護士もいない形式だけの暗黒軍事裁判が開かれ、いい加減な審理で1068人が銃殺または絞首刑に処せられたのです(棒

これ以上どう償なえばいいんでしょうか?

敗戦で戦時中稼いだ郵便貯金や軍票が紙切れになったといってもそれは何も朝鮮半島出身者だけではありません。

日本の本土はもとより、台湾や南洋、満州に至るまで“当時、大日本帝国の国民だった”人たちすべてが同じ憂き目を経験しています。

『慰安婦問題を騒ぎ立てる』団体やマスゴミが、一様に「朝鮮人被害者」ばかり取り上げるのに、“朝鮮半島出身者以外の被害者は無視”というのはどーなんでしょうかね?

――まあ、言い出したら切りがないので『慰安婦問題とは?』という話はここまでにしますが……最後に本日合意がなされた日韓の外相会談の評価をしたいと思います。

まず合意した内容を確かめてみますと――

・慰安婦へ尊厳を傷付けたと安部総理が国として謝罪し反省する書簡を贈る
・韓国が財団を作り慰安婦の癒しの為に日本が金銭で協力
・最終的に不可逆的に解決した事を宣言
・互いに国連や国際社会で非難批判する事を避ける
・日本が出す金は10億円
・売春婦像撤去は市民団体と韓国政府が協議する

――と、いう具合になりますかね┐( ̄ヘ ̄)┌

この中で『慰安婦への支援基金に10億円拠出』は、額が多いか少ないか? は、さて置き、ヤっちゃいましたネェ(´_`。)

岸田外相は外相会談後、財団に支出することについて記者団に「賠償ではない」と強調してましたが……韓国側に設立する財団へ支出する10億円程度というおカネは、全額が日本の“政府予算から”出るんですから、誰がどう見ても「事実上の法的な意味を含む“賠償”」ですがな(ノ_- )

前回の記事で『日本側が譲歩できる範囲は「前々からの民間基金の形を取った元慰安婦救済機関への日本からの支援基金の拡充」まで』だと言いました。

ですので、『慰安婦への支援基金に10億円拠出』自体は、予想されていた条件であり、ある意味で仕方はアリマセン┐( ̄ヘ ̄)┌

金額だけ観れば協議前は、韓国側は「20億円以上は出すニダ!」とかと言ってましたし、日本の国力からいって10億が100億でも金銭面では痛痒もなにも感じません。

ですので、重要なのは「金額」よりも「支払う理由の文言」です!?

で、何が問題か? といいますと「この10億円は全額が日本の“政府予算から”出る」と余計な文言を差し込まれたコトでしょう!

これがなぜいけないか? といいますと、別にワザワザ「政府予算から」という文言を入れなくても、日本政府がカネを出すコトは自明の理です。

ですが、「全額、日本の政府予算から」とワザワザ文言を入れさせたコトで、韓国も世界も「日本が賠償金を支払った」と見るでしょう(棒

さて、ここで皆さまに唐突ですが質問です。

『アジア平和基金』という名をご存知でしょうか?

この『アジア平和基金』とは、1993年の河野談話が始まりで、日本政府が慰安婦を強制連行したから賠償するという名目で作られた基金です。

しかし、今回の基金との相違点は「政府が財団法人を設立して、民間に金を出させた」というコトが挙げられます。

実はこの時も、償い金には内閣総理大臣からのお詫びの手紙も添えられていて、日本政府による賠償金である事が分かるようになっていました。

しかし、表向きの建前は「民間からの寄付金」です。

日本政府の関与を可能な限り薄めると同時に、公的資金の支出による『国家賠償』に応じたとはさせませんでした。

だというのに、今回は金額こそ10億円程度であるものの『全額が日本の“政府予算から”出る』という余計な文言を挟み込んだコトで今回のお金は「日本が韓国に賠償金を支払った」というコトになってしまいました(ノ◇≦。)

この失態、交渉に当たった岸田外相は元より、彼を送り出した安倍総理は「ど~」考えているのでしょうかね?

そして、さて、私は前回の記事で「慰安婦問題が解決」しても、

・安倍総理の謝罪
・国の責任認定
・公的資金による保障

……と、いう三条件の中のいずれかを日本側が「呑んで」いたら、安倍外交の失敗だと「指さして嘲笑って」やりましょう! と、言いました。

で、蓋を開けてみれば……結局、三条件全部を日本側は飲んでるじゃないですか!?

安倍総理の謝罪は『慰安婦へ尊厳を傷付けたと安部総理が国として謝罪し反省する書簡を贈る』でモロにそのままですし。

「国の責任認定」と「公的資金による補償」は、先ほどからいっていますが、『全額が日本の“政府予算から”出る』なんていう余計な文言が入れられたせいで、今度の慰安婦問題の基金が「日本政府が予算(公的資金)の中から出すのだから、国家賠償を認めた」のと同様に、韓国側もこの茶番劇を見ていた世界も受け取るでしょう(>_<)

ですから、私はむしろこれからの方が心配です。

何が“心配”なのか? といいますと、慰安婦問題で法的な意味を含む「賠償」を認めれば、先の大戦時の朝鮮半島出身者に対する徴用工問題など他の問題にも飛び火しかねないですし、それに韓国以外でも台湾や旧満州地域などの徴用工や慰安婦は?

いずれにしても、仮に韓国とは今回の合意で決着がついたとしても、中国や台湾、フィリピンなど、他国の元慰安婦やその支援団体、あるいは政府はどうでしょうかね?(-""-;)

ですので、日本は先の大戦での謝罪と賠償を(ロシア以外とは)キチンと話を着け償って来た――と、いうのが公式見解であり、今まで「賠償金オカワリ!」と迫って来た韓国や中国を跳ね除けて来ました。

しかし、その扉を安倍総理による今回の「謝罪と賠償」は、そーした長年の努力に傷つけてしまったのです!

ですので、これからも日本が一歩下がれば韓国は一歩前に出て、さらに理不尽な要求を突きつけて来るコトでしょう。

え? なに? 「最終的に不可逆的に解決した事を宣言し、同意したじゃないか?」ですって?

それこそ――韓国との約束を信じるならば愚か者です┐( ̄ヘ ̄)┌

今回の慰安婦問題一つ取っても、実はといいますとスデに韓国は言葉を翻した前科があるのですよ?

それは、先にも挙げた1993年の『アジア平和基金』です。

この時も韓国は慰安婦問題を巡って今回と全く同じパターンで「今後一切この問題を蒸し返さない」と約束して基金を設立させたのです。

しかし、韓国政府は翌年には「金額が少ない」と言い出し。
「日本政府の責任が明記されていない」と言い。
挙句の果てには「謝罪も賠償もしていない」と言い出したのです(怒

つまりは韓国は少し時間を置き、ほとぼりが冷めた頃、「安倍が責任を認めた」事を材料に、「本当の謝罪と賠償」を要求してくるでしょう。
だいたい、今までも日本が謝罪や賠償をした後で、「謝罪していない」というパターンは過去何回繰り返されたか?。
なにせ慰安婦問題は、あらゆる日韓問題で、韓国を有利にするカードなんですから!

日本に寄生し、日本に見捨てられては、国の存続もおぼつかない韓国が“今回”日本側に譲歩したように見せかけているのも、ひとえに「日本からの支援、あるいは保証を得たいから」です。

それは、延長せず終了して一年も経たない『日韓スワップ協定』の再締結を求める声が韓国財界から、悲鳴のように上がっているコトを見ても分かります。

それに外交関係でも、「アメリカはもう斜陽の国ニダ。昇り調子の中国サマに乗り換えるニダ♪」をやっちゃったモンですから、気が付けば中国は崩壊寸前、逆にアメリカはゼロ金利を止めるほどリーマンショック以来の経済的落ち込みから復活し、日本をはじめとするアジア太平洋諸国とTPPを始めようとしている……なのに韓国は『宗主国サマw』と一緒に、その蚊帳の外にされている。

全部、韓国自身が選んだ選択が招いた窮地なのですが、韓国が生き残るのには『日本の助けと後ろ盾』が、ど~しても必要です。

そのコトに気付き、「頭を下げて助けてくれ」というなら、まだ分かりますが、韓国の場合は全く逆で「踏ん反りかえって『日帝の過去の罪悪を償わせて』やるから、日本は韓国のいうコトを聞けニダ」デスカラネー┐( ̄ヘ ̄)┌

あの半島のミンジョクには『恥』という概念が無いらしい
その上に、戦前戦中は日本の一部であり、日本と同じ敗戦国なのに、

「韓国は連合国側の戦勝国だと自称しており、よって韓国は被害者で日本が戦争犯罪の加害者」

だと勝手に思い込み規定して、あの無礼極まりない不遜な態度や要求を繰り返して来るのです┐( ̄ヘ ̄)┌

ですのでこれから先、間違いなく「今後一切この問題を蒸し返さない」と約束したコトも忘れて、慰安婦問題で騒ぎ立て、日本に強請りタカリを再開して来るコトでしょう( ̄∩ ̄#

ですので、正直な話、

・安倍総理の謝罪
・国の責任認定
・公的資金による保障

……と、いう三条件のを日本側が「呑む」くらいなら、岸田外相は交渉の席を蹴って帰国して来ればよかったんです(棒

と、ゆーかなんで日本側から半島にワザワザ出向かにゃあならんのです?

日韓の関係をギクシャクさせている棘(問題)が「慰安婦問題」だというなら、その解決を話し合う為に韓国の方から出向いて来させるベキでしたね(棒

なにせ日本の方は今の「冷え切った」韓国との関係がこのまま続こうと、な~んにも困らないんですがw

韓国の方は、日本との関係が冷え切り、政府間の(スワップ等の)保証どころか、民間の投資や日本人旅行客の足も遠のいてしまい、このままでは遠からずして宗主国サマ共々経済破綻してしまいます。

ですので、産経の件や日韓請求権協定の件に、『靖国神社への爆発物テロ』の被疑者を出国を止めず日本行きを黙認して逮捕させたのも、全部そーやって韓国が擦り寄って来たその理由は、

「オイッ、チョッパリ! ウリのピンチを助けさせてやるニダ♪」

と、日本を利用……そうそう、そのコトをヤツラはこういうんですってねー ――『用日』と ゛(`ヘ´#)

いずれにしても、別に今この時期に「日本側が“慰安婦問題の解決”に急ぐ」必要はなにもアリマセン。

確かに、年を越せば、日韓共に総選挙やらなにやらで慰安婦問題の解決”で話合ってる暇はなくなりますし、「安易な妥協」は総選挙を前にした世論が許さないでしょう。

だから、「年を越す前に……年内にいっそ決着を」とか考えたよーですが――さあ皆さん安倍外交の失敗だと「指さして嘲笑って」やりましょう!

しかし、なんだって日本の政財界は韓国に「甘い!」のでしょうかね?
やっぱり昔併合していた情もあるから、気配りをしてしまうんでしょうか?
だけど韓国は、そこに味を占めて勘違いしちゃった。

中国が韓国の扱い方を「犬を扱うように、まず殴って従わせろ」と言い。
米国は韓国人を「理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない」とバッサリ切り捨て。
挙句にソ連(ロシア)人には「頭痛の種になるだけだから関わるな」 と言わしせしめたのが、チョーセン人ですよ?

よーするに犬畜生にも劣る“乞食民族”を人間扱いして、平等に付き合おうとした日本がそもそも間違っていたんです┐( ̄ヘ ̄)┌

そして、今回の「年内決着!」を急ぐ必要も焦る必要もないニッポンが、ノコノコとワザワザ韓国まで出向いて来たのです。

韓国からしてみれば『渡りに船』……いや、文字通り『鴨が葱を背負ってやって来た♪』のようなモンでしょう(´□`。)

それこそ、日本が動かなければ、来年、尻に火がついて「韓国経済崩壊!?」という状況になってから、向こうが泣きついて来るまで放置しておけばよかったんです。

あんな半島ヒトモドキ共のコトなんて。

そして、韓国が自ら“慰安婦像w”を叩き壊し、日本の足元に縋りついて助けを求めて来た時点で、その頭を踏みにじってやりながら、笑って「慰安婦問題をどうするか?」話し合ってやればよかったんです┐( ̄ヘ ̄)┌

そして、もしそこで「謝罪と賠償を……」とかと寝言を口にしたら、ケツ蹴っ飛ばして半島に追い返し、経済破綻でも、北からの南進を受けるでも、日本にとっては対岸の火事w 高見の見物とシャレこんで笑って放置しておけばよかったんです(棒

しかし、日韓の間の「最大の懸案事項」だった(らしい)、慰安婦問題について、これでいったん今のところはケリがついてしまいました。

なので、来年は間違いなく、韓国は日本の資金力と信用力を利用しようと擦り寄って来ますよ?

とりあえず見当がつくのが「日韓スワップの再締結」と「韓国のTPPへの参加の後押し」でしょうかね? 今のところは ( ´ー`)

いずれにしても、今回の件は安倍政権の勇み足、拙速でしたネー(´_`。)

結果がアレじゃあ……「最終的かつ不可逆的な解決を確認」したとしても、韓国側がその確認を守るかどうかは疑わしいというのに。

それに韓国という国と国民は、法を守るコトよりも、情を優先する国民性で、その上に政権が変われば政策もがらりと変わるのが韓国の政治ですから、政権が変われば「当時の合意はおかしかった」と平然と話を蒸し返すのが目に見えるようです。

特に、コト『ニッポンに関する事案』では、韓国は「日本に対して何を言ってもイイ」と勘違いしていますカラネー(´□`。)

以上のような理由から、安倍政権寄りの私でも「今回の対韓外交は大失敗」としか言いようがアリマセン┐( ̄ヘ ̄)┌

やってもいない事を認めるとか、認めた時点で終わりでしょう。
それこそ、ただでさえ後で何言ってくるか分からないキチガイのような連中なのに――特亜の三馬鹿は!

今年以上に波乱の幕開けとなりそうな来年、強請りタカリに来る韓国を相手に、ど~捌くのでしょうかね?

以上が取り急ぎ書き上げた「日韓慰安婦問題の協議結果」への雑感と感想です(棒
皆さんは、いかが思われましたでしょうか?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事