Entries

日米が今回の日韓合意で狙う真のゴールがすごすぎた!  コリァ反日工作員真っ青だなw

NewsU..S. 2015.12.30

・日本が筋論で行っても、米に巣食った特ア工作員の処理ができない。
表現や政治活動の自由が保証される一方、法匪が跋扈する国だ。  なら、工作活動の根拠を破壊してやればいい。
・日米のレッドパージで最も安全・安上がりなのはクネクネに「強制連行は挺対協の捏造でした」と公言させること。
一応、ここまで追い詰められる構図が出来てる。  他に、第二次大戦を問わず、戦時慰安婦救済基金を韓国理事長で 設立し、日米が出資する構図にする。  ベトナム戦争の無限救済を確約させてやれ。
(韓国政府にも逃げ道を残してやってるというわけ)
・捏造でしたで 韓国国内が納得するわけないんだが
・お前、在日だろ?  朝鮮半島は内戦中で、 韓国は休戦協定に署名してないことを忘れるな。
挺対協は親北派による離間工作だったとでも言えば筋が通る。
・日本に売国したのを正当化するのに中国使っても納得しないよ  韓国の反日を何だと思ってるの?  骨の髄まで反日なんだぞあいつら
・なら、堂々と日米が切り捨てるだけだと言ってるだろ?  クネクネが強制連行は捏造だったと認めることが日米のレッドパージを最も安全・安上がりに実施できる。  その方法がちょっと苛烈になるだけ。
・韓国ですからそれしたら親日罪で政権崩壊だよ  おとぎ話してるんじゃない
・そのリスクを取らねば、カネが無くなって終わり。
・慰安婦救済が日本じゃなく  韓国の国家事業になっちゃうからだよ。
韓国が設立する基金に日本が出資する構図だからな。
(「慰安婦像の撤去について努力」となった時点で韓国の敗北が決まったんだよ)
・俺も勘違いしてたんだが、日韓首脳会談を実現するには 韓国が絶対に飲めないであろう最低条件を提示してて それを韓国が全部飲んじゃったんだよ。   で、あの媚び媚びのコメントを出した。 ポーカーで言えばレイズって奴だ。
外相会談を文章化しなかったということは、日本が更にレイズ出来る。
※参考:3と4が特に重要
399 2015年12月28日時事 - 余命三年時事日記  2015年12月29日
.....今回の慰安婦合意は、どう見れば良いのでしょうか? B.B
・・・
.....韓国が全面降伏しただけですよ。韓国は国内の収拾がつくかどうか、これからが大変だな。まあ、どうなろうと関係ないが。
1.最終決着の確認。
2.不可逆の確認。
3.慰安婦像の撤去。
4.賠償金は不可。
以上4点が最低条件であったが、これを全部韓国がのんでしまった。というよりは破綻寸前の経済状況と日本人の高まる嫌韓状況を押さえてスワップをはじめとする日本の援助を模索するにはのまざるを得なかったということである。
・・・
3.慰安婦像の撤去。
日本の要求は慰安婦像の撤去であった。これは大使館前の像に限定した要求ではなかった。撤去すると明言させるところまで追い込むと朴槿恵政権はもたない。そこで韓国外相が「この件についての解決に努力する」という文言で妥協した。しかし、これは慰安婦像の撤去についての借用書を書いたということにとどまらず、米国、その他の慰安婦像設置に対しての活動のはしごを外したということでもある。この影響は大きい。
4.賠償金は不可。
村山内閣の時に「アジア女性基金」という形で民間の補償措置をとったのであるが、一部を除いて受け取りを拒否。日本政府の責任と補償を求めるということで韓国側につぶされている。今回は日本政府拠出として財団に一括、10億円ということであるが、この金額は文書には全く記述されていない。
  また、この財団は韓国が設立し、日本が資金を拠出するものである。運営の主体と責任は韓国政府にある。日韓協調の取り組みであるから、当然、資金は賠償金ではない。
  何よりも問題となりそうなのは、現在慰安婦の利権集団のような挺対協や関係組織から政府の財団に処理が移行するということで、長年、寄生してきた利益集団がその利権?を簡単に手放すとは思えない。そもそも財団ができるかどうかが危ぶまれる。
・・・
・「韓国が全面降伏しただけ」
・「慰安婦像の撤去についての借用書を書いたということにとどまらず、米国、その他の慰安婦像設置に対しての活動のはしごを外したということ」
・「財団:運営の主体と責任は韓国政府にある」
・「慰安婦の利権集団のような挺対協や関係組織から政府の財団に処理が移行」
・「長年、寄生してきた利益集団がその利権?を簡単に手放すとは思えない」

・もう来年は韓国は中国とロシアに がっと乗っ取られるな。 余計なこと言わないでほっとけばいいのに。 もう止められんわ
・いるか?あんな連中vw
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事