Entries

中国発の世界恐慌クル━━!  世界中の株価が総崩れで ヤ バ イ !

NewsU.S. 2016.01.16

【緊急速報】 中国の株価・上海総合が下げ止まらないwww

・上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート
上海総合 (01/15)
2,900.97
▼3.55% -106.68

・NY市場 日経先物は1年ぶり安値、16770円   2016/01/15 (金) 22:51
・大阪取引所の日経225先物は一時16770円と昨年1月20日以来の安値を付けた。日中終値は17150円だった。ドル円は安値を116.62近辺まで伸ばした。   USD/JPY 116.71
・米国株、急落で始まる ダウ一時400ドル安、1万6000ドル割り込む   2016/1/15 23:59
・【NQNニューヨーク=神能淳志】15日の米株式相場は急落して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比363ドル23セント安の1万6015ドル82セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同132.162ポイント安の4482.841で推移している。中国市場や原油先物相場の不安定さが市場心理を冷やし、米株式には売りが膨らんだ。ダウ平均は節目の1万6000ドルを割り込み、前日からの下げ幅が400ドルを上回る場面もあった。
・15日は中国・上海株が大きく下げ、2014年12月以来の安値を付けた。中国市場の不安定さが嫌気され、日本を含むアジアや欧州主要国の株価指数が軒並み下落した。ニューヨーク原油先物相場は一時1バレル29ドル台前半と約12年2カ月ぶりの安値圏まで下げたことで投資家心理が一段と悪化し、米株式には売りが広がった。
・米商務省が取引開始前に発表した15年12月の米小売売上高は前月比0.1%減と市場予想に沿った結果だった。だが、米国内総生産(GDP)を推計する基礎となる指標が悪化したため「15年10~12月期の米GDPは押し下げられる可能性がある」(BNPパリバ)という。
・ニューヨーク連銀が公表した1月の米製造業景況指数は市場の予測を上回って大幅なマイナスとなったほか、15年12月の米鉱工業生産も前月から悪化した。米景気の先行き不透明感が改めて意識されて米株式には売りが加速し、ダウ平均を構成する30銘柄は全て売りが優勢となっている。
(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/kaigai/summary.aspx?g=DGXLAS3LANY01_15012016000000

・「日経225先物は一時16770円と昨年1月20日以来の安値」
・「ドル円は安値を116.62近辺まで」
・「ダウ工業株30種平均は前日比363ドル23セント安の1万6015ドル82セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同132.162ポイント安の4482.841」
・「15日は中国・上海株が大きく下げ、2014年12月以来の安値を付けた」

・中国バブル崩壊で原油バブルが崩壊したんだろ。   中東・ロシア発世界不況。
・努力しない油野郎どもに ついに鉄槌が下るのか  ワクテカが止まらない
・冗談抜きで言うと、オイルバブルマネーの 虚飾が剥がれた実力値が今露呈するのは すごくいいことでもある。
いったん下がって、株式投資による 配当利回りがどれだけ高く、しかもその株価水準でその利回りが持続可能だという 経営見通しが出れば、株価は自然と上がる。   そこが本物の水準。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事