Entries

反撃反論するニッポン!

推摩 一黙のブログ 2016年01月20日 23時35分

さて、前回記事へのコメント欄で、神鳥谷さんから――
>13. 真偽の程は分かりませんが
>ネットの書き込みなので、真偽の程は分かりませんが、海外メディアが慰安婦を性奴隷と報道しているから抗議して欲しいと外務省に電話したら合意があるから出来ませんと回答されたそうです。
>事実が言えない国になってしまった。
>神鳥谷 2016-01-20 09:20:42

――と、いう報告をいただきました
で、取り急ぎ……

●「『性奴隷』は不適切。政府として事実でないと示す」 安倍首相ら参院予算委で海外報道に反論する姿勢を強調  
2016.1.18
18日の参院予算委員会では、海外メディアが慰安婦問題を「sex slaves(性奴隷)」と表現するなど誤った認識に基づいた報道を続けていることについて、政府の見解を問う場面が相次いだ。
安倍晋三首相と岸田文雄外相はそろって「誹謗中傷」「事実に基づかない表現」と指摘し、誤った報道に対して政府としてきちんと反論していく姿勢をアピールした。
(後略)

コメント返しで、上の“事実”を「お答え・お伝え」しようかと思いましたが、なにせ内容が内容ですんで、「真偽の程は分かないネットの書き込み」だとしても、私と神鳥谷さん、個人のやり取りで終わらせるよりも、皆さんにも「こーいう流言飛語が飛び交っているんだよ~」という現実を知っていただきたくて急遽、記事に仕立てさせていただきました。

さて、TV中継で。
天下のNHKサマw の生中継する「国会の場」で。
いみじくも日本国の総理首相と外務大臣が“断言”したんですから。

外務省が「害務省」の呼び名にたがわず、またいつものように「自分たちの仕事を心得違い」して、自国の国益、尊厳よりも、他国の利益と面子を尊重優先しようとしても「許さない」でしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

ちなみに、一応断っておきますが、別に安倍政権を無条件で支持する訳でも、「年末の妥協は“大きな間違い”だ」という考えも変えておりませんが、ミンス政権から日本の政権を取り戻してから、

安倍政権になってから、
「ようやく、日本が政府として国を挙げて、『理不尽な言い掛かりや捏造』にはキチンと反論反証するようになりました」
という事実を忘れてはならないと思います!


安倍政権は政権奪還とほぼ同時に、真っ先に手を付けたのは中共、韓国からの「理不尽な捏造、言い掛かり」に対する反撃でした!

そう! 新たに専門部署を2013年末に、ようやく日本版NSCと称される国家安全保障会議が設置され、その中に対外宣伝戦を担い、特亜の日本貶め活動に抗する専門部局、国家安全保障局が組織創られました!

その後は、国家安全保障局は中国や韓国の批難に対抗して、領土問題、歴史認識、あるいは積極的平和主義の基本姿勢などに関する日本の主張を、しっかりと国際社会に伝えるべく、動いています。

……まあ、日本の“マスゴミは”、「どこそこの州議会が日本批判決議を可決した」だの「どこそこの州に新たに慰安婦像が作られた」だの……という『日本貶めニュース』ならば、嬉々として報道しますが、日本政府や国家安全保障局が欧米や国連の場で抗議を行い。

反論反証の論陣を張ったり、捏造された間違った事実や報告を「訂正させたり、取り消しを要求」して、謝罪や発表の取り消し、訂正の成果を勝ち取っています。

まさに今までの日本とは全く違い、中国や韓国からの『日本批難』に対して根気よく一つ一つの事案を「日本としての国益と尊厳を守る為」に対応反論、反撃し、領土問題、歴史認識、あるいは積極的平和主義の基本姿勢などに関する日本の主張や正確な立場をしっかりと国際社会に伝え訴え始めています

そして、「今まで碌に反論、反証どころか言い訳もしなかった」日本が、普通の国として、「自国の国益を守る外交」をキチンとし始めたモノですから、中国や韓国は面食らい、慌てふためて来始めています!?

と、いうより「嘘をもって日本を貶めようと宣伝した」特亜諸国や、日本国内の朝日新聞、毎日新聞のような日本社会に属しながら反日本的勢力は、その嘘、捏造のデッチアゲを晒されて、墓穴を掘っております

なにせ奴らが喧伝するジャパン・ヘイトに満ちた悪意ある情報工作は、その元が嘘や捏造ばかりなので。

日本側が根気よく反論反証を――“証拠”を突きつけて行っていけば国際社会への誤解を解き、日本の名誉を守り回復させるだけでなく、その事自体が「嘘をもって日本を貶めようと宣伝した」国、勢力、組織の信用失墜と打撃を与えるコトにもなっています。

さらにここ数年の中国の行動だけを取ってみても、東シナ海に設定した防空識別圏や南シナ海での埋め立てやベトナムやフィリピン、インドネシア漁民への横暴など、領空領海を巡って中国が軍事国家として脅威を与え、侵略的な恫喝や行動を繰りかえしていますし。

アジア太平洋地域からアフリカで周辺諸国や資源国に、手を伸ばし、土地や資源開発の権益を奪っていって、アメリカを始め、世界中の国々から、当の中国自身が嫌われ警戒され始めています。

まあ、これでは、例えば中国が、日本を「軍事国家として復活しようとしてる!」と叫んでいても、その当の中国が覇権主義、侵略者としての顔を隠そうともしていないんですから、誰もその言葉を信じません!

韓国は韓国で『告げ口外交』と揶揄される、日本を貶める言動ばかりを、韓国大統領自らが行っていますが、日本がキチンとそーしたイヤガラセや反日工作に対して「抗議や反論、反証」するようになって、こちらも逆に世界中から不審の目で見られるようになっています。

なにせ諸外国で韓国の男は、買春や犯罪行為を繰り返しているコトで、「コレコレア」や「グック」、「ライタイハン」問題として韓国人を指し示す蔑称が自然発祥してる有様ですし┐( ̄ヘ ̄)┌
韓国女性に関しては15万人を越える女性が海外に遠征売春を行いに行ってるありさまで、米国での外国人売春婦の割合も、1位は韓国人売春婦という有様ですカラネー(棒

「慰安婦は性奴隷ニダ!」と、いくら声高に韓国の連中が叫んでも、日本が提出する反論反証の資料証拠ダケでなく、アメリカの公文書舘に収められている資料や証拠、そして何よりもアメリカ自身が調査した報告書で「慰安婦は性奴隷などではなく、ただの“追軍売春婦”だった」という事実が明らかにされていますカラネー┐( ̄ヘ ̄)┌

これに先にも述べた通り、韓国人は現在進行形で、海外で、韓国男性は女性に乱暴を働いたり、買春したり、あるいは韓国人女性は世界各地でワザワザ遠征売春を行ったり、自国内で「売春が法規制されると“売春する権利を認めろ!”と韓国人娼婦がデモをする」よーな国なのですから(呆れ

このようにして、日本がキチンと反論反証するようになっただけでなく、中国や韓国が、日本を世界中で悪しきザマに罵り、悪口を広げようとしつつも、その張本人が「世界中で中国人や韓国人、中国や韓国が嫌われ憎まれるような非常識や身勝手な行動を繰り返して」います。

さて、こんな有様で中国や韓国は、嘘で塗り固めたディスカウント・ジャパン――日本貶めの活動を行っていますが、自分たちの普段の行いの方が悪く、信用を失い、嫌われています

ですが、嘘だからと言ってそれを訂正しなければ、日本のコトを深く知らない外国には特亜のバラ撒いた日本への悪言が残ってしまいます。
そんなコトをそのまま許し放置していれば、いつの間にか日本へのいわれなき誤解や差別につながっていってしまいます。
ですので、いわれなき言い掛かりや悪口には、キチンと反証反論し、そしてカウンターで反撃を行う――世界ではそのくらいでちょうどイイ……というかそれが当たり前なのです。

沈黙は金でも美徳でもなく“悪”です。

ですが、日本はようやく気付き目覚めました。

嘘をつく自由。
他人を貶めて不幸にする権利。

そんなものに寛容などする必要はない――その事を、悪質な嘘つき連中に思い知らせてやらないといつまでたっても問題は解決しない!

むしろ、状況や立場が悪化して行くだけだ! と。

さいわい、日本という国と日本人という国民は、戦前はもちろん、戦後も、多くの国で真面目で勤勉という良い印象と評価を地道な活動や自らの振る舞いで築いて来ました。
その印象や好評価を維持し、守り。キチンといわれなき誹謗中傷に反論していけば負けるコトはまずありません。
そして、上でご紹介した●「『性奴隷』は不適切。政府として事実でないと示す」 安倍首相ら参院予算委で海外報道に反論する姿勢を強調 というニュースそのままに、今の安倍政権は、一貫して「今までのように黙ってはおず、不当で間違った批判や貶めにはキッチリ反論反証していく!」という姿勢を貫いています。

……まぁ、そう『言うと』脊髄反射式に「去年の慰安婦問題への妥協」などのように、「アベは日本を裏切った、日本を貶める発言を認めた!」と断罪して決めつけるヒトも出て来ますが……

まあ、よく考えて下さい。

特亜連中だけでなく、アメリカの不興を買うのを承知の上で「靖国参拝」したり、国連や国連隷下の国際機関や国際会議の場などで、『日本を貶める動き』に対しては、“可能な限り”異議を申し立て反論反証しています。

しかし、十年ほど前とは隔世の感があるほど、日本社会は自虐史観の呪縛から脱し、戦前を見直すと共に、特亜連中の――中国朝鮮の悪行を再検証し、批判するように・できるようになっています

ですが……今の日本の状態は劇的に改善されつつあるとはいえど、まだ『覚醒途上』です

まだまだ、戦後自虐史観に囚われた日本国民も多くいますし、なによりも日本国内に巣食う在日(朝鮮人や中国人)に、日本人でありながら反日売国というサヨク連中といった反日勢力が、政界財界、学界にマスコミから、果ては法曹界にまで、しぶとく根を張り、潜り込んでいます!

政界財界やマスゴミ連中も厄介ですが、法曹界の場合、裁判所といった司法(特に地裁レベル)から人権弁護士を名乗る連中まで、その汚鮮具合は目に余るモノがあります┐( ̄ヘ ̄)┌

さらに日本の裏社会のヤクザ、暴力団の構成員の四割以上が在日ですし、パチンコ利権を通じて警察にもその汚鮮が広がっており、これから先、「憲法改正」や「軍事法制、スパイ防止法などの法制度制定、整備」も必要ですが、それ以上にアメリカから半世紀遅れるコトの“日本版レッドバージ”を断行し、日本社会から特亜系在日と、サヨク勢力の大掃除が必要です┐( ̄ヘ ̄)┌

さらにアメリカには、「歴史問題で日本に“不当に”韓国にいくら譲歩させても”無駄だ”という認識」と、「韓国を、日本と共に“中国に対抗する同盟関係や仲間にできる”という考えは幻想で、朝鮮人は必ず中国側に着く! 日米を裏切る!」という現実を『最低限、認識を持ってもらい』

アジアにおける最大最悪の癌が中国朝鮮の特亜連中だという、正しいアジア情勢の認識を持ってもらえないと、何も始まりません。

日本は「(中共は勿論のこと)韓国について“価値観を同じくとはしない”国」だと、すでに切り捨てましたが、この「同じくしない価値観」とは『法治の下での自由、人権、民主主義』の堅持と尊重のコトで、韓国というのは、中共や北朝鮮と同列の「情治、人治がまかり通る非法治社会であり、その上に汚職賄賂の不正が横行する土人国家」だと思ってかからないと、全てを間違う元です┐( ̄ヘ ̄)┌

世界の中でも自由・人権・民主主義が通り、尊重されるのは日本や欧米といった一部の国だけですが、中国や朝鮮はさらに『法の下の平等――約束や契約』といった近代文明、近代国家を形成する基本中の基本的要素すら「権力者の恣意や民衆の気分次第」で、破られ、守られず、捻じ曲げられ、さらに『遡及法』まで通用する。

法の下の平等と正義ではなく、強者や多数派が弱者や少数の者を踏み台にし食い物にして恥じない国であり民族なのですから┐( ̄ヘ ̄)┌

そして、「法と秩序と信義」を守ろうとする国や人と、「自分の欲や利益の為なら、約束を破るどころか詐欺や騙し討ちをするチャンスを虎視眈々と狙って」来る国や人――この両者が争えばどちらが有利でしょう?

……まあ、中長期的に見れば、前者の「法と秩序と信義」を守ろうとする国や人の方がまず間違いなく成功し繁栄します。

しかし、短期的に、目先だけを見れば後者の「自分の欲や利益の為なら、約束を破るどころか詐欺や騙し討ちをするチャンスを虎視眈々と狙って」来る国や人の方が“儲け”たり、一時的にとはいえ、多くの国や人を欺けます┐( ̄ヘ ̄)┌

中国も朝鮮も「勝者総取り、勝った者が正義で、敗者をどう扱おうと構わない」という考えで、それは「歴史」一つとってみてもよく分かります。

多かれ少なかれ、歴史は勝者が記するモノですが、日本や欧米では基本的に歴史は『学問』です。

しかし、中国や朝鮮では歴史は『政治』であり、時の権力者、王朝の都合のイイように改竄し利用するのが当たり前です┐( ̄ヘ ̄)┌

そして、私たち日本人が未だに囚われている『自虐史観』――コレもいってみれば、特亜的な「政治として日本悪玉論を利用する為の歴史の政治利用」であり、日本人の思想思考を「罪人として永遠に隷属化」させる為の悪意に満ちたやり方です。

問題は、日本国と日本人自身が「まだ完全に自虐史観から脱却」できていない上に、特亜だけでなく、『太平洋戦争で日本に勝ったアメリカ』も、自分たちの正義を守り、同時に戦時中日本に対して行った“罪科”を覆い隠す為に『自虐史観』を利用している――という点にもあります。

さすがにアメリカは「自由と公正、正義と共に多面的な価値観」を至上の価値とする国であり、国民ですから、「時が過ぎれば……過去の出来事が歴史となるだけの時間が必要ですが」自分たちの祖先や先達が犯した過ちや罪を『見直し、罪や間違い、失敗を認め』反省や謝罪と共に、事実を事実として歴史に記する度量があります。

日本も「水に流す……」なんて言葉がありますが、時間が必要ですが、歴史を歴史として学問として事実を記し残す度量があります。

……しかし、特亜は、中国朝鮮は違います!
彼らは自分たちの利益の為なら平気で過去の史実を捻じ曲げます。
また、彼らが「恨みを抱き、憎んだ敵」は、罪人は永遠に罪人です┐( ̄ヘ ̄)┌

日本とアメリカは、歴史や国家の関係を過去に縛られず改善し、和解し、共に共存して行くコトができます。
今は、まさにその“過渡期”ともいえるでしょう。

ですが……中国朝鮮はまったく違います。

彼らは、日本が譲歩しようが和解の努力をしようが、「自分たちの利益に、日本からカネや利権を引き出せる限り」日本を決して許さず、いえ、むしろ「日本の罪を捏造しデッチアゲ」てでも強請りタカリを続けようとするでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

そうした者たちを相手に、日本はようやく『自虐史観の呪縛とレッテルから脱しようと』しています。

ですが、その自虐史観の足枷と共に、戦後、「反論すべき時に反論を、異議を申し立てるベキ時に異議を」言わなかった為に世界中に「戦前の日本、旧日本軍の悪行」として広まってしまった冤罪やデッチアゲの事案やイメージが沢山あります。

ですので「例えば韓国が主張する慰安婦や強制連行などの嘘」を覆すにも、これから先、多くの時間と努力が必要でしょう。

「慰安婦=sex slave」なんて誤解や先入観も、日本側が資料や証拠を揃えて反論否定しようとしても、「日本は戦前の自分たちの犯罪を抹殺しようとしている!」なんて話を聞いてくれないどころか、逆に懐疑心の目で見られるコトがまだまだ多いです。

そして、そーした“理不尽”――まさに「理不尽」ですが、今、世界の中で日本が置かれた立場が現実にそんな感じであることも、まごうコトの無い現実です。

そーした中、「一歩後退」したように見えるような理不尽な譲歩を日本は強いられるコトもまだまだあるでしょう――去年の年末の日韓の「慰安婦問題への決着の合意」のように、公的な責任と事実上の賠償金である10億円を出すコトを日本がアメリカの圧力で「認めさせ」られたように……

それと同時に日本の国内外に「嘘を平気で流布する」連中が反日勢力として存在します!
冒頭での神鳥谷さんが前の記事コメント欄に紹介してくれた。

真偽の程は分かりませんが、海外メディアが慰安婦を性奴隷と報道しているから抗議して欲しいと外務省に電話したら合意があるから出来ませんと回答された

と、いう噂というか、話も、その直後にご紹介した国会での総理と外相の明言

『18日の参院予算委員会では、海外メディアが慰安婦問題を「sex slaves(性奴隷)」と表現するなど誤った認識に基づいた報道を続けていることについて、政府の見解を問う場面が相次いだ。
安倍晋三首相と岸田文雄外相はそろって「誹謗中傷」「事実に基づかない表現」と指摘し、誤った報道に対して政府としてきちんと反論していく姿勢をアピールした』

というニュースを見れば分かる通り、流言飛語の類だというコトが一目で明らかです。

ですが、本当に問題なのは『海外メディアが慰安婦を性奴隷と報道しているから抗議して欲しいと外務省に電話したら合意があるから出来ませんと回答された』という話が、嘘だろうが間違いだろうが、世の中に流れ、実際に広まっているというコトです。

そして“火のない所に煙り立たず”といいますが、こーした悪質な噂を流した者が居るハズです。
でもって、こーした噂や話が流れて、世間で広がって「誰が損をして」そして「誰が得をする」のか?
考えてみるベキなんじゃないでしょうか?

無論、「今までも日本の国益よりも、外国の面子や立場に気をつかう」というコトを繰り返して来た日本の外務省ですから、損とか得とか“陰謀論”じみた話でなく、ただ単にどこかのだれかが「外務省だったら、このくらいしやがりかねない」と何気なく交わした会話が独り歩きしてネット上で広がっただけかも知れません┐( ̄ヘ ̄)┌

ま、いずれにしても「日本国民が、自国の政府政権を信じず。日本の中の結束が崩れ乱れれば」それで笑うのは確実に中国や朝鮮の連中です┐( ̄ヘ ̄)┌

そーいうコトも考えながら、「世の中のコトを見聞き」してみるようにするのも必要なんじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事