Entries

沖縄の宜野湾市長選でサヨク大敗北w ⇒ 「もう翁長すっ飛ばして安倍内閣と直接話し合うわ」 中国の侵略計画ついに頓挫キタ━!

NewsU.S. 2016.01.26

佐喜真宜野湾市長 早期返還へ直接国と協議も
1月25日 12時42分

沖縄県宜野湾市の市長選挙で2回目の当選を果たした現職の佐喜真淳市長、一夜明けた25日、アメリカ軍普天間基地について、「国、県、市がスクラムを組んで解決に取り組めないなら、直接国と市が協議する仕組みを作っていきたい」と述べ、国と直接話し合うことで、早期返還を実現したいという考えを示しました。

24日夜、宜野湾市長選挙で2回目の当選を果たした現職の佐喜真市長は、一夜明けた25日、記者会見を開き、小学生と中学生の子どもからねぎらいの手紙をもらったことなどを紹介しました。また、選挙戦を振り返って、「1期4年で手がけた事業を市民が判断したことや、2期目の公約への期待感が支持につながったと思う」と述べました。

そのうえで、普天間基地について、「何よりも重要なのは市民の生命や財産だ。国、県、市がしっかりとしたスクラムを組み、目に見える形で解決に取り組むべきで、それができないなら、直接、国と市が協議する仕組みを作っていきたい。返還プロセスを具体的に市民に示せるよう、市民の代弁者として取り組んでいきたい」と述べ、国と直接話し合うことで、早期返還を実現したいという考えを示しました。

・「現職の佐喜真淳市長:『国、県、市がスクラムを組んで解決に取り組めないなら、直接国と市が協議する仕組みを作っていきたい』」
・「国と直接話し合うことで、早期返還を実現したいという考え」
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事