Entries

貧困化競争を始めとする格差を生み出す“グローバル化、新自由主義”者の正体とは!

推摩 一黙のブログ 2016年01月31日 14時00分

先ほど前記事で“長~いw”コメ返ししたのですが、大変に“良い”コメントと申しましょうか、現在の世界や経済の問題を引き起こす“元凶がなんなのか?”を「的確に言い表した」見事なコメントを前回記事コメント欄へいただきました。

そして、そのコメントと、コメントに対する感想を改めまして記事として転載、ご紹介させていただきたいと思います。
少し、長いですが(私の場合、相変わらずかw)どうかお付き合い下さいませm(u_u)m
―― … ―― … ―― … ―― … ――
14. 何で内需を増やせないのか…

何となくですが私はこう考えています。
世の利益を出すと言われている経営者やら官僚、お偉い学者さんたちは恐らく…かなり極論かもしれませんが…「需要を育てる事」には全くの無能で「利益を刈り取る事」にしか能がないんじゃないかと…。

結局そういう人達を排除しないといかんと思います。
内需を増やす、何かしらの商売の種を蒔く…というのは一見するとコストや労力がかなりかかります。
そして、利益第一で考えて要領がいいだけの人達にはそういう事の価値を理解する脳みそがありません…というかそういう事をバカにしてるんじゃないでしょうか。

おそらくは自分たちが先代達の資産を刈り取っているだけで何も種を蒔いていないという意識すらないでしょう。

なぜ自分たちは利益を上げているのにこんなに自分の周りは閉塞してるんだ?くらい…いえそういう感想すら抱けないでしょうね。
そしてそういう方々が考えるコストカットというのは必要な所もバッサリ切り落とすもんです。
民主党の事業仕分け…まああれはコストカットという言葉にするのもおこがましい気がしますが…なんかはその典型かと。

今の世の方要領が良くて世渡りがうまい人達ばっかりもてはやされて出世し、組織の上に居る感じがしています。
そういう人達を排除して「三方よし」な考え方ができる人達が上でマジョリティにならなければ問題は根本的に解決しないでしょう。
…まあ解決するには何十年単位で時間がかかりそうな問題です…最もそれでも他の先進国に比べて日本はまだマシに見えますがね。 vwjettainus 2016-01-31 05:01:27
―― … ―― … ―― … ―― … ――

と、まあ、まずはいただいたコメント――vwjettainusさんからの意見は、上のような内容だったんですが……正直、これはこの後、転載する「このコメントへのコメント返しの中でも述べて」いることなのですが、読んで思わず感動しましたねっ。

まさにその通りだ! と!!

そして、そのまま素直な感想と称賛を書き送ったんですが、ここでvwjettainusさんが述べられている疑問、指摘は「本当に問題の本質を射貫いて」います。

「コメ返し」の最後にも書きましたが、できましたら、「三方よし! に通じる経済の本来の意味や目的に立ち返る」コトと共に「『利益を刈り取る事』にしか能がない連中が“自分たちは有能だ、正しい”と勘違いしてのさばってる」コトが、今の世の中の問題を引き起こしてるんだ! という“認識が世の中に広がり”広く共有されるようになれば……きっと、何かが変わるキッカケになる!

そう感じざるを得ません!

違う意見の方もおいでかも知れませんが、同感していただける方も多いのではないでしょうか?

そう思い、願い、信じて――改めまして、vwjettainusさんからのコメントのご紹介と、それに対する私の感想や思いを転載して改めてご紹介させていただきたいと思います。

この記事はそういう主旨であり内容ですが……どうぞよろしくお願いしますm(u_u)m
―― … ―― … ―― … ―― … ――
>vwjettainusさん

“鋭い”!
そして、まさしく“真を射ている”――“的を射る”のさらに上を行く「的のド“真ん中”をブチ当て射貫いた」ご指摘であり、『気付き』です!!

「実は『需要を育てる事』には全くの無能で『利益を刈り取る事』にしか能がないんじゃないか?」

この疑問こそが「グローバル化や新自由主義」の“行き過ぎ”が引き起こす『問題の本質』を見事に言い当てております!
私もまったくの「同意!」……いえ、それ以上にハッと気が付かせて、今まで「なんというか言葉になり切れていなかった」モヤモヤやもどかしさが一気に晴れるような、まさに“快刀乱麻を断つ!”がごとくvwjettainusさんの『閃き!』

「今の世界の、世の中の景気経済の“何が問題か?”」

その答えを、まさに『言い当てた』絶妙な「答えであり問い」――本質をココまで言い当てたコメントに久々に……そしてようやく『出会えた』感動に正直、心の底からシビレましたネ♪(-^□^-)y ☆

これこれ♪ こーいうまさに素晴らしい「コメント(ご意見)」や発想をいただき、出会えますので、私も日々、ブログという記事を書き、本を読んだりニュースを見たりして色々と考えたコトを書き連ねているのですが、そーしていて

「まだ、あと一歩、何か足りない。届いていない」

と、考え感じている、追い求めていた「答え」を、wjettainusさんのように『まさに的確に「一言」で言い表す“答え”を』コメントで下さる方が出て下さりますので、こーいうコメントをいただけた時、

「よっしゃっあ!」

と、我がコトのように「まさに我が意を得たり!」と読みながらガッツポーズをw 取っていたりしますw

……いや、茶化すように書いてますが『本当に』本当の感激をしています!

vwjettainusさんのこのコメントで書かれました疑問、そして意見こそ「今、世界と日本に必要なのは“三方よし”の考えと、『無駄に見えても“実は必要な”需要を生み出す』コトです」という「答え、考え」と共に並び、一緒に議論されねばならない――

「もう一つの『問題点』『課題点』――であり、対比する“問題の本質”そのものの『答え』でした!」

――ですから、「三方よしの考えで、経済の本質を“本来の意味と目的”を思い出す」という“答え”と共に、

そもそも「何故、今の世界の格差や、国民や社会を貧困化競争させてまでも過当な国際競争力を高めなければならないなんて『思い込み』がまかり通っているのか?」その『間違い、問題を引き起こす』原因がなんなのか?

そのコトを、「問題の本質の方は何か?」も同時に論じねば何も解決を見出すコトができません。

さて、そこで私だけでなく、夢見る親父様やkZmさん、almanosさんにやまちゃんを始めとするコメントを……さまざまなご意見、ご感想、そして見解や疑問、提案をなして下さいます皆々様が議論し、疑問反論をぶつけ合いそして求めていた“答え”を、『まさに欠けていた最後のピースを』見つけ当てはめるがごとく、今回のvwjettainusさんのこのコメントこそ『真に的を射た』問題の本質への疑問でした。

狩猟民族と農耕民族の違い……とか、「99%運動」とか「ピケティ教授の“資産格差”の拡大こそが問題という指摘」や――様々な表現や思考、説明、考察を通して“皆が、問題の本質として表現しようとして「なかなか上手く形にできなかった」そのコトを”今回、vwjettainusさんが下さいましたこのコメントの――

「実は『需要を育てる事』には全くの無能で『利益を刈り取る事』にしか能がないんじゃないか?」

――は見事に言い当て、言い表して下さっていました。

まさに、感謝、感謝!
素直な、その疑問、感想のコメントこそが「皆が求めていた」問題の本質についての「答え」そのものであり、おそらくvwjettainusさん自身は『なんの気負いもなく、ただ素直に感じ思ったコトをコメントとして書き込んで』下さっただけだと思いますが、実に『重要で的確なコメント』を書き込んで下さったんです!

ですので、問題解決の“答え”は「需要を生み出し継続可能な良き景気循環を復活再生させる為には“経済”の本来の意味と目的はなんなのか? 一部が富を独占し格差を広げるのでなく、三方よし! の考えのように社会全体で競い努力しつつ富や財の豊かさを分け合うコト!」と――いう“答え”にはある程度たどり着いていましたが、問題はもう一方の……

「そもそも、今の『極端な格差』や『勝ち組負け組』、1%の富裕層が『使い切れない、必要を遥かに超える富や財』を独占する一方で、99%が貧困に落ち込んでるのに『自由やら国際競争力の名の下』過当で不当過ぎる“貧困化競争”に追い込まれている――そんな状況が生み出され、もてはやされる“元凶原因の本質”とはなにか?」

――と、いう「問題の始まり部分」の問いの“答え”がまだ足りて、『的確に表現する言葉』がなかなか見いだせていませんでした。
そして、今回、今日、その「一つの答え」が見いだせた――と、いいますか『明確な表現方法が見つかったw』と思います。

vwjettainusさんの今回のコメントは、聞いてみれば「誰もが今までにも心の内に抱いていた疑問であり“怒り、憤慨”する現実の出来事」でした。
しかし、コロンブスの卵ではありませんが、「口にすれば“なんでもない”ようにも思える『普通の一言』」ですが……実は、なかなかに「言葉という“形に”なってくれなかった」答えを、今回vwjettainusさんは形にして下さったんです!

私個人としましては、まさに『金言』――値千金のコメントをいただけたとして大喜び、大感激しています!

そして、今後、広く「世に知らしめる価値のある」コトバ――今の世相、経済のそもそもの根本原因を言い表す表現、的確な比喩として、

「実は『需要を育てる事』には全くの無能で『利益を刈り取る事』にしか能がない連中が“自分たちは有能だ、正しい”と勘違いしてのさばってる」

コトが、格差や富の偏重、経済の本道から離れて貧困化の拡大と貧困化への転落を助長する貧困競争を生み出し、助長している……と、言えばいいでしょう!

私は、なんでもないように見えるこの『重要な一言』を世の中に“広く知らしめるベキ”だと考えますが、皆様、いかがでしょう?
そして、この「言葉」が広く皆が共通する認識に、『問題意識』として認識され定着すれば、それを「変えようとする」というコトで世の中は自然と変わって行く“機会”に充分になりえる――と、直感します!

私自身、vwjettainusさんがコメントして下さったこの「コトバ・表現」をこれからドンドン引用し、ぜひとも使っていきたいと考えてます!
もし、私のこの考え、感じ方に同感していただけるのでしたら、ぜひとも同じように、

「実は『需要を育てる事』には全くの無能で『利益を刈り取る事』にしか能がない連中が“自分たちは有能だ、正しい”と勘違いしてのさばってる」

コトが、今の世の中の問題を引き起こしてるんだ!w というコトを皆さんも広めて行って下さいませんか?

そして、今回のように、思いがけもしなかった良い表現や的を射た言葉がこれからも生まれるように、今まで通り様々な意見や疑問、考え方や視点などをコメントとして書いて行って下されば、きっと『想像もしなかった良いモノ』が生まれて行くと思います♪

どうぞこれからもよろしくお付き合いのホドよろしくお願いしますm(u_u)m
―― … ―― … ―― … ―― … ――

……と、まあ以上が私の今の素直な気持ちであり感想であり、そして何よりも「皆様に感謝!」している気持ちです!

vwjettainusさんへの賛辞はもちろんのコト、同時にvwjettainusさんからいただけた、この素晴らしいコメントを生み出すにつながったのは、誰か一人の成果や功績ではなく、今までの皆での意見や議論、感想を交えて重ねて来た“コトの”積み重ねが生み出したんだと思います。

“集合知”――とは、ネット時代に自然に生み出されたコトバであり、三橋貴明さんを始め多くの人が使う言葉ですが……今日、改めてその価値と意味通りの成果が「一つ生まれた」んだと感じいっています。

できましたら、これからもこーした体験を、感動を共に創り生み出し、共有し。

そしてなによりも「そうしていくコトで何か世の中を“良くする方向に”変えていけたら……」と、望み願わずを得ません。

そういう意味でも、どうぞこれからもお付き合いのほど、ヨロシクお願いしたいですネ!

本当に、いつもコメントを下さり、色々な見方やご意見、様々なコトを勉強させて下さる皆様には感謝いたしています!

本当にありがとうございますネ!(o^-')b
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事