Entries

地震だっ!? (推摩 一黙のブログより)

推摩 一黙のブログ 2016年04月15日 01時15分

なんといいますか、関東で揺れたかと思いきや“九州”が……熊本がエライことになっていますねー。

私は関西――大阪在住ですんで、TVを見ながら「は~あ」と他人事といいますか、九州の状態を伝えるニュースに見入っていますが……なんか、もうヤですねーぇ┐( ̄ヘ ̄)┌

大阪も……というか関西から東海道地方も、東海・東南海・南海地震が「何時」あってもおかしくないでwすからねっ!?

まあ、九州の被災状況は明日の朝、明るくなってからでないと分からないでしょうが……震災で犠牲者が出ていなければいいんですがねぇ?(´_`。)

さて、それはそれとして、前の記事で『沢山の心配と励ましのお言葉』をいただきまして、皆さま本当にありがとうございました!
改めまして感謝! いたしますm(u_u)m

本当に、元気づけられるといいますか、エネルギーをいただけましたねっ♪
ですが……まあ、しばらくは無理をせず安静に、特に胃腸を労わるような食事や飲料を気を付けますね。
まあ、明日、帰宅後初の“透析”なんですが、頑張りますね(苦笑

しかし、いただいたコメントの中で“やまちゃんさん”の――
「瀕死になっても引き戻される運命なんでしょうな」
――には、なんといいますか『納得』してしまいましたしねぇ(苦笑

今回も一歩間違えれば「死んで」いたかも知れないピンチでしたしねぇ……
そう考えると「生きてるだけで大儲け」ともいいますが、本当にその通りなのでしょうねぇ(=◇=;)

九州での地震も、いつか来る東海・東海道・南海の大震災も、「天運」と申しましょうか、ある意味で生き死には運命のダイスの転がり方次第なのでしょうしね┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、ですが……今の世の中といいますか“世界”は、人の成すコト、選んだ決断で決まる“事案”も多くあります

せめてその辺りのコトは……世の中、いったい何が起き、何が動いているのか? 見据え、見定め、そしてできる限り『知り』そして先を見通して行きたいモノです。

今年前半は日本で行われるG7のサミットが一つの山場になるでしょうネ強調文

……で、問題は中国の資金繰りといいますか、外貨準備が「中国が言うように」シッカリしてるかどうか? が鍵となりますね!
噂では、今の日本に伍する外貨準備高の積み立ては、実は“幻”といいますか、見せかけで。

98年のアジア通貨危機の際の韓国ではないですが、「実は金庫を開けてみたら空だった……」なんてコトもあり得ますからねー┐( ̄ヘ ̄)┌
もしそうなると、外貨建ての債務の返済が中国経済が不可能となり、“中国経済”といいますか“人民元”の虚勢の価値が暴落しかねません!?

まー、そうなった時、中国国内の物価が暴騰するのは元より、下手すると中国は輸入が出来なくなります!?
そして、そーなったならば、石油や鉱物資源は元より、最大の問題は『食料、穀物の輸入』ですね!

中国は人口を十二億(黒孩子と呼ばれる“戸籍の無い”人民を含めると十五億を実は超える!? とも)も抱えていますが……この『たった二十年』で、国土を、水源を、穢し取り返しがつかないまでに“破壊”してしまいましたからねー┐( ̄ヘ ̄)┌

その結果、今の中国はエネルギーや鉱物資源からさらには『食料(穀物)』まで立派な輸入大国となっています。

さて、中東や北アフリカでの「アラブの春」も、実は『天災で凶作や、国際穀物価格の上昇』で食料の輸入が出来なくなったその社会的不満といいますか、飢餓や物価の高騰で、それぞれの国の庶民の怒りが爆発した結果だった……というのですが、さもありなん。

自国で食い扶持を耕し育てる余地を『鬼城』と呼ばれる、使う者・住む者のいないマンション群や、誘致してもドコも外資が来ない工業団地、あるいは人の来ない巨大ショッピングモール……等々に変わり、元の畑や田んぼが失われています

さらにそれどころか、貴重な水資源が今、ドンドン失われ――半分は公害を垂れ流しも気にもしない中国人の公共心の無さ、愚かさが災厄を招いています。


目先の富や欲の為に「環境」を破壊し、失ってしまってこれから先、どーすんでしょうね?

まあ、海に乗り出す余力が無くなり、前々から言ってますが「中国は大大陸国、大陸軍国」ですから、今度はご先祖さまとは逆に『北へ北へ』と、まあ平たくいいますと温暖化の恩恵で暮らしやすくなり、手付かずの自然と、豊富な水源、水資源が揃った極東ロシア地域に中国人は文字通りの“民族大移動w”といいますか、『億単位』での流民難民の群れを吐き出して、ユーラシア北の極東の大地に「新中国」だなんてモノを打ち立てかねません!?

で、先日、ロシア外相が「北方領土」について四島返還で交渉に応じるやら、五月のG7のサミットの前に、ロシアのプーチン大帝が四月中に慌ただしく訪日、日露首脳会談を開けないか? 打診して来たのも、目先の『原油安、通貨(ルーブル)安、そして欧米からの経済制裁の三重苦』でロシア経済が立ち行かなくなって来てるからですし、そしていつ国家が社会ごと崩壊してもおかしくない中国から飢えた流民難民が“億単位”で流出してもおかしくないからですしねぇ┐( ̄ヘ ̄)┌

いずれにしても中国が破綻すれば、ドイツを始めとする欧州もまた道ズレにされるコトは間違いアリマセン!?

そうして、世界規模の経済危機と破滅――超世界恐慌とでも呼ぶような有様になり、ユーラシア大陸の西と東が共に混迷の最中、破綻のドン底で混乱と戦乱の坩堝に陥ったとして……さて、しかし、実は意外と日本とアメリカは「大変だ! 大変だ!」と騒ぎつつ、大陸から一歩身を引き、意外と平然としているかもsれません(苦笑

それどころか、アジア太平洋地域とインドを取り込んで日米で海洋交易圏の経済ブロックを形成し、大陸の悲惨を横目に繁栄して見せるコトも大いに可能性としてあり得ます!

さて、そー考えると人智の及ぶ、経済危機や問題、難民流民などの引き起こす混乱や戦乱などといったモノなどはそう大して怖くないのかも知れません(苦笑

むしろ、今晩九州を襲った地震のように、「天命に、運を天に任すしかない」天災や震災といった自然災害の方が恐ろしいのかも知れません┐( ̄ヘ ̄)┌

そんな風に考えてしまうんですが……皆様はどう思われます?

改めまして、今後もそういう風な視点で世界情勢やら経済やらを見てみるのも面白いのかも知れませんねw
まあ、いずれにしてもこれから先の時代、日本と日本人は、慎重に立ち回りつつ、これより先の時代の動乱を乗り切って行ければいいんですが……
さてさて、どうなることやら┐( ̄ヘ ̄)┌(苦笑
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事