Entries

今回は“坂田銀子”さんの質問に答えて……

推摩 一黙のブログ 2016年04月22日 09時00分

さて今回は、というか今回もコメント欄から……
とは言いましても、坂田銀子さんからいただいた『質問』にチョット答えさせていただきます。
で、その坂田銀子さんからの質問ですが……

13. お願いします
オバマがプルトニュウム返してーとか言ってきたり
TPPが遅れたり
安倍さんが消費税10は変えませんと言ったり
なんか雲行きがあやしいのですが
オバマアメリカが日本に対する信頼をなくしてきたのか
安倍さんがしょーもない二股外交をしょうとしてるのか
なんかよくない感じなんですけど
どうなんでしょうか?
坂田銀子 2016-04-22 01:03:14

――というような内容だったんですが、順番に答えさせて行っていただきますと……

まず『オバマがプルトニュウム返してーとか言ってきたり』してるのは「日本の右往左往するプルトニュウムの扱いに痺れを切らして」というと聞こえがいいんですが……正直、余計なお世話デスネー┐( ̄ヘ ̄)┌

とはいいえど……二年前からの話ですし、最近、そんなにしつこく言って来てましたっけ?

二年前は第二期オバマ政権が発足直後で、ヒラリー前国務長官が政権を離れ、オバマのブレーンにも『知日派・極東の専門家がいない!?』というトンデモ状態でしたので、特亜の――中国の言い分や韓国の告げ口外交に真を受け「靖国参拝強行をはじめとした急進的な采配で諸外国の警戒を呼び起こした安倍政権に不信感を抱き、日本国内に保持を許してたプルトニュウムの返還を要求した……」という感じだったんですが……

まあ、実はと言いすと、現在、国外での中途処理分を含めれば、実に総量50トン弱(米国安全保障問題の専門通信社NSNSは「70トン」と報告)のプルトニュウムを保有する“核大国”だったりするのですよネー、ニッポンは┐( ̄ヘ ̄)┌

「兵器級4~8キロで原爆1発分」というIAEAデータで単純換算すれば、50トンと少なく見積もり、しかも工程ロスまで勘案しても核爆弾5500発分の核爆弾の原材料を有してるワケです。

で、日本内外から「実は日本には核武装の野望があるのでは?」という疑いの目が向けられているのですが……確かに、日本には『核を製造できる能力が有り』マス。

しかし、二年前からコッチの経緯を見るに、311震災以来、迷走する原子力行政の方針が定まらない事により、「扱いが宙に浮いている」という方が正しいんじゃないでしょうか?

で、プルトニュウムの補完移譲をアメリカに輸送して頼もうとしたら『輸送目的地の港があるアメリカの州が寄港拒絶』したり――と、アメリカ側はアメリカ側で、ちゃんとした方針というか腰が定まっていません┐( ̄ヘ ̄)┌

プルサーマル計画などの国内でのプルトニュウム再処理再利用計画が頓挫し、先が不明瞭な以上、『キケンな核廃棄物』に過ぎないプルトニュウムなんて、「引き取ってくれる」と言ってくれてるならアメリカに押し付ければいいんです(棒

まあ、アメリカも「日本にもイザとなれば核武装を容認すべき!」なんて意見が堂々と表に出てくるようになってますし、安倍さんを始め国内の一部右翼の馬鹿には「日本の核武装の選択肢を残しておきたい……」なんて願望があるようですが、正直、製造運営管理に少なからぬコストが――文字通りの費用よりもむしろ政治的外交的損失やリスクのコストが高くつく上に『専守防衛で先制攻撃に使えないどころか、「国家間の紛争を武力で解決しない」という条文を馬鹿正直に読めば核を持っても、核攻撃された際の報復に核(軍事力)を使えない』という可能性もあるのに、日本の核武装なんてナンセンスです┐( ̄ヘ ̄)┌

いずれにしても、あまり気にしなくていいですよ?
日本国内の余剰プルトニュウムを「引き渡せ!」とアメリカが言って来るのは何十年も前からのいつもの話ですしネ(苦笑

次に『TPPが遅れ……』ですが、これも別に気にしなくていいです

TPPがこのまま継続審議となりそうですが、国会での承認を得るのに議論が確かに足りないですし、現実問題の延期の理由として「今、九州で起きてる震災に安倍首相に専念してもらう為」に与野党合意の下、延期したという真っ当で当然の事情と理由がありますしねー。


あと、もう一つ「アメリカのTPPへの対応を様子見したい」という理由もありますしねー(苦笑

と、いいますのも、このままだと「TPPにアメリカが批准しないで加盟しない!?」なんて状況もあり得ますからっ!?

戦前の国際連盟をアメリカが発足を提唱しておいて「初っ端は加・盟・し・な・かった」の二の舞か!? なんて言われてますが……実は、アメリカ国内ではTPP参加に反対意見が多く、しかも上下院の多数を占める共和党は『TPP参加を承認しない。反対』で凝り固まってます。

オマケに今の次期大統領候補は全員「TPP参加反対」を表明していますし……このままだとTPPにアメリカが不参加w という事態が充分に考えられます。

その場合、農作物や酪農業で不利な立場にある日本が、TPPに参加する意味が無くなりますからねー。

なにせ、実はといいますと日本は「TPP参加国のほとんどとFTAを二国間で既に結んでます」んで、TPPの実際は『日米FTA+オマケでアジア太平洋諸国と経済ブロック圏(対中包囲網)を築く』為に結ぶともいわれてますし、実際、その通りです┐( ̄ヘ ̄)┌

よって、アメリカが参加しないならココまで来てなんですが……日本が参加する意味も意義も無くなりますんで、日米が揃って参加しないTPPになるやも知れません!?

まあ、次期米大統領が決まる11月以降までグダグダ引き延ばして、まあ来年以降、アメリカの参加不参加がハッキリするまで「遅れるというより伸びる」んじゃないでしょうか?

日本の国会での承認も。

まーそういう次第で、あんまりコレ(TPP)も心配無用です。
むしろ、今の流れの方がマトモで慎重であって正しいと思っておいてくださいw

最後に『安倍さんが消費税10は変えませんと言ったり』してるのは……
安倍さん「あれは嘘だ! ハッタリだw」
ですんで、心配ご無用かとw

むしろ、政界や世間では「九州の震災もあったし10%引き上げは当然、延期。でもって夏には解散総選挙、衆参同時選もあ・り・得・る」というふうに既に見てそのようなスケジュールで与野党共に動き出しています。

まあ、総理として「夏の解散、衆参同日選につながる消費税引き上げ延期を今の時期に明言するコトはできない」んで、しらじらしく「予定通り消費税は引き上げる!」と言ってるダケです(棒

逆に「予定通り消費税率引き上げ」なんて今やったら、いくら何でも今年の夏、たとえ参議院選ダケだったとしても自民党は大敗しかねません!

そうなると総理の責任問題にもつながり……というより確実に辞任させられるでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

すでに「阪神淡路や311震災に匹敵する九州群発地震が発生」していますし、消費税延期の大義名分はたちます。
ですんで「消費増税は予定通りに……」とか言ってるのはタダのブラフです(キッパリ

ですのでこちらの方もそんなに気に揉む必要はありませんよ?(苦笑

震災だけでなく、これから先、中国経済の雲行きとか経済面でもいくらでも大義面分となるような危機が予測できますしねっ┐( ̄ヘ ̄)┌

まー、世の中なんてそんなモンです(苦笑

こんな調子でお答えさせていただきましたが、今日もこの後、透析がありますんでこの辺でお開きとさせていただきます……
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事