Entries

≠日本国民  (推摩 一黙のブログより)

2016年05月03日 05時30分00秒NEW !

さて、突然ですが、世の中には『本来の意味とは別に“意味合い”を勝手に付与され歪められた「言葉(コトバ)」――といいますか言霊(コトダマ)』があります。

それは戦後自虐史観と共に「タブー」といいますか口にするにも“恐ろしいモノ、疎ましいモノ”という風にされて来た「国防」に「防諜」といった軍隊用語から、「日本国旗」や「戦前の教育勅語」といった愛国心に通じる言葉まで色々と。

さて、しかし、ここ二十年ほど……と、いいますか日本でのインターネットの普及は1995年からなんだそーです。

1995年に「何があったか?」といいますと『NTTが同一市内か隣接地区の特定の番号に対し、夜11時から翌朝8時までの通話に対し料金が定額となる「テレホーダイ」サービスを開始』なのですが、前年の94年に『日本で初めてのダイヤルアップIP接続サービスが開始』によって日本社会一般へのネットへの戸口が開かれたものの、広く普及するようになった最初のキッカケはまず間違いなくNTTの『テレホーダイ』のサービス開始でしょう。

実際、私が「ネットに初めて触れた」のも97年頃ですし、そのキッカケはNTTが最大128kbpsの常時接続サービスを始めたコトで大阪は日本橋NTT支店で行っていた、

「ネット無料体験コ~ナ~(w)」

で、での事でしたからねーw

この時代は、まだまだPCなんて高価なモノでデスクトップで約22~25万円ほど、当時のハイエンド機は約37~51万円(デスクトップの場合)もして、メモリが128MB、HDDで10G~10G超 CPUで400~550Mhzですからねーw

今のPCで値段が6~10万越えでもメモリが4GB以上、HDDで1T~2Tも当たり前 CPUで3.5~4Ghzですからねー……ほんの二十年前なら、

「ドコのスーパーコンピューターだっ!? いや1999年当時のスーパーコンピューターでもHDDは160GBだったというのに……今(2016年で)は外付けHDDでさえ、3Tが一万円も出せば買える時代だと!?」

って、ヒックリ返るんじゃないでしょうかねぇ?w

まあ、PCは性能が爆発的に進歩――というか進化しました。

で、ネットの通信料も速度も比べ物にならぬほどとなり、安くなり――普及しました。

特に、1999年……私がねPCを購入しネットを始めたのもこの頃からですが、ちょうどネット上でも「大きな影響を与えた巨大掲示板サイト“2ちゃんねる”」が始まったのも奇しくもこの頃からでした。

そして、2ちゃんねる開始と前後して、ネット上でそれまで「日本を支配し歪めて来た“自虐史観”」や「サヨクやマスゴミの反日売国捏造」に「在日利権をはじめとする捏造、寄生の実態」が、明かされ広まり、認知され始め、そして“嘘”が暴露され――今のマスゴミや在日、反日売国サヨクが「ヘイトスピーチ!」とヒステリックに叫ぶ、ヤツラにとって「都合の悪い“真実”」に基づいた反日売国勢力への糾弾へとつながって行くコトとなりました。

さて、その結果、ネット普及前までは――最初に「だいたい二十年ほど前」と書きましたが、1999年前後頃からそれまでサヨクやマスゴミ、在日の工作もあり日本を支配していた“自虐史観”に基づくタブー――愛国心などのキーワードにかけられていた“呪い”や“呪縛”から日本人は日本社会は解放されつつあります

……でもって、その反動というワケではアリマセンが、今度は日本国内のサヨクやマスゴミ、在日――だけでなく、中国や韓国、北朝鮮の欺瞞、嘘捏造の「言い掛かり」と言い切ってしまっていい『日本貶めの捏造史観』の嘘が知れ渡り、今度は逆に……

「朝鮮人」
「市民」
「友愛」

などが、“悪い”意味合いの方で認知され、使われるよーになりました(棒

まあ、“朝鮮人”は、「韓国人」どーよーに、前世紀から、それも戦後直後から“悪い意味合い”がヤツラの所業からすでについていましたが(棒

で、「市民」は、ここ最近(とはいってもネットを中心に十年ほどの間)ですし、「友愛」という言葉が悪い意味合い――で、使われるキッカケは、あの(悪夢の)ミンス政権三年において、あのルーピーが多用した言葉(キーワード)だったのが災いして「友愛」という言葉には何の罪もないのに「悪い意味合い・比喩・隠語」として使われるようになってしまいました┐( ̄ヘ ̄)┌

「友愛される」がオウム真理教の「ポア」同様に『消される』『粛清される』の意味で用いられるようになってしまっています(主に若者層とネット世界でですが)。

ですんで、本来の 「友愛」(Fraternity/ フラタニティ) の意味は、兄妹や家族、同胞などに対する深い愛情 (兄弟愛/ 朋友愛) のことですのに、あの宇宙人(アホ)のせいでねー┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、そーいうネット普及後――の自虐史観の“嘘”が暴かれ、日本人に知られた後、逆転した現在、“呪縛から解かれた言葉”、逆に“人を呪わば二穴で自業自得で悪名を冠するようになった言葉”そして「友愛」や「市民」ように、本来の意味合いから遠く離れて、反日(アホ)連中のせいで悪い意味合いで『使われる』ようになってしました言葉……いろいろです。

で、今回こんな話をする事になったのは、私が住んでる大阪で「またアホなニュース」を目にしたからです(´_`。)

●日本市民、“侵略”削除した博物館に抗議・・・「加害の歴史を直視せよ」
2016/05/02
「加害の歴史を直視せよ」

 展示のコンセプトを旧日本軍の加害行為から日本の被害に変更し、展示物の説明から『侵略』という
表現を省いて丸1年経った先月30日、戦争博物館=大阪国際平和センター(別名=ピースおおさか・
大阪市中央区)で市民団体関係者の抗議デモが行われたと共同通信が報道した。

 約30人の参加者は既に撤去された過去の展示物の南京大虐殺、沖縄戦での惨めな状況などを
含んだ写真パネルを首に掛け、「戦争の実像を無視せず、加害者として歴史を直視せよ」と叫んだ。

 共同通信の取材に応じた久保三也子さん(87歳)は、「展示が変わってから、“なぜ戦争が始まった
のか”という質問に答えづらくなった」と話した。

 大阪市と大阪府が共同出資した財団法人が運営するピースおおさかは1991年の設立以降、日本軍
の南京大虐殺の写真など、旧日本軍の蛮行を伝える展示をして来た。

 特に朝鮮半島や中国関連展示コーナーには、日本が外国を侵略したという表現が複数あった。

 しかし2012年12月に発足した安倍政権の右傾化の歩みの中、大阪府議会の一部の議員がここの
展示物が『自虐的史観』を含んでいるという意見を出すと、ピースおおさかは2013年4月、加害行為
に関する展示物を大幅に縮小する事を決めた。

 リニューアルの過程を経て昨年4月30日、再開館したピースおおさかでは日本軍の加害関連の展示が消え、大阪空襲被害を強調する展示がメインとなった。

 また、展示物の説明文にあった『侵略』という表現も消えた。
ソース:NAVER/東京=聯合ニュース(韓国語)

旧日本軍は悪だ、旧日本軍は悪人だ――上の記事で“抗議のデモ”とかやらかす『市民団体サマ』とやらはそう決めつけてんでしょうねー……頭から。

だから、「博物館から『旧日本軍の加害行為』という展示が外された」ダケで『“なぜ戦争が始まった
のか”という質問に答えづらくなった』なんていえるんです(棒

『“なぜ戦争が始まったのか”という質問に答えづらくなった』――こんな頭が悪い事を恥もせず言える連中ですんで「結論は最初から決まってる」んでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

旧日本軍は悪だ、旧日本軍は悪人で、戦前、戦争が起こったのも『全部、日本が悪い!』――と。

……本当はそんな『単純な構図』なんかじゃありません。

無論、日本が何も悪くなかった責任が無かった「なんて言うつもり」はアリマセンが、まず間違いなく戦争に至るまでに日本だけでなく欧米そして中国から当時植民地だった東南アジア諸国まで『当時の戦争に関わり巻き込まれた国や人々』全てに責任があります。

と、いいますか、戦争に至るまでの背景、歴史的経緯、各国各民族のそれぞれの理由は、戦争が始まる数年前どころか、その数十年前――いや、日本が清(中国)や朝鮮半島共々“鎖国”の安寧の中、惰眠のような太平の世を貪っていた数百年前から、その因縁原因が始まり、“戦争が始まった”その理由となっています。

それを軽々しくも「旧日本軍は悪だ、旧日本軍は悪人で、戦前、戦争が起こったのも『全部、日本が悪い!』だ」と決めつけ、それを一方的に言い募る馬鹿ドモに、市民団体サマとやらを私は限りなく軽蔑しますね。

と、いうより「日本人、日本国民」でなく「市民」を名乗る辺りに“お里が知れる”といいますか、「正体見たり!」という感じですがね┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、今回さんざんに言ってますように『市民』も、ここ最近(w)、悪い意味を負わされてる言葉ですが……その元凶が、こーした市民団体を名乗る連中――と、いうより、「国民」を“名乗れない連中”のせいなんですけどねっ!

今回のタイトルに付けた『≠日本国民』と付けたそのままですが、ここに来られる方なら(今さらなんですが……)ご存知の通り、日本の“市民団体”を名乗る連中は、平和運動や反原発運動、沖縄で反米運動やってるよーな連中は、その中身は「日本人」じゃない連中が多く潜り込んでます(棒

さもなくば、反日売国奴のサヨクがかった日本人か、あるいはそーした連中に騙されてるとも気付かず利用されているお人好し日本人です。

で、あと最近ではSEALDsとかいう連中も“市民団体・市民運動”を名乗っていますが、キリスト教系サヨク高校の出身者が中核となって、共産やら在日の“怪しい”反日売国勢力が乗っかって、「反戦」を旗頭にして「日本の安全保障にかかわる法律の成立を邪魔しよう、邪魔しよう」としていますが結局、日本人の為ではなくサヨク連中や在日――そしてその背後に居る中国や韓国北朝鮮の特亜に踊らされている憐れな連中です。

「(日本)国民としてでなく『市民として』」としか自分たちの活動を名乗れないんですから┐( ̄ヘ ̄)┌

なので(独断と偏見だ! とヤツラはいいそうですが)、わたしゃ『市民』とか『市民団体』とか名乗る連中を胡散臭く見ています。

まあ、「市民」という言葉が、こーいう風に『貶められてる』のも、日本のアホ売国サヨクや在日連中のせいなんですけどねっ!

さて、本日はなんとも『まとまりも無い話』となってしまいましたが……おそらく、本分中でご紹介した「今日のブログを書くキッカケとなった記事」の“イラッ”とした部分――「また、『“市民”団体』かっ」という感情のまま書き出し、書いたからかも知れませんね┐( ̄ヘ ̄)┌

……しかし、勢いついでで書いたついでに言わせていただきますが、これも本日の文章中に書きましたが、ホンの十年、二十年前と世の中は変わり、隔世の感すらありますw

本当に、ホンの少し前まで「こーいう話や意見を口にすれば」それこそ『レイシスト』『ヘイトスピーチ』の戯言として、下手すれば“潰され”ていましたよ?

2ちゃんねるですら、「嫌韓」的な発言はハングル版以外では「隔離版(ハン版)の差別主義者の戯言」扱いでしたし。

――しかし、当時から言われていたのが「最後まで半島を擁護するのはハン版」というのがあるのですが(苦笑)、半島(特に韓国から伝わって来る反日記事、馬鹿な記事)の話題を時に怒り、時に笑い飛ばしながらも、あの『知れば知るホド嫌いになる国、韓国(というか朝鮮人)』と言いながらも、戦前からの日韓の歴史的経緯や朝鮮人のどうしょうも無さ――と共にやはりある種の憐れさも知ってしまい、(してはならないのだが)同情もしてしまい、「最後まで半島を擁護するのはハン版」というが2ちゃんねるで自然発生的に生まれ言われて来ました。

まあ、「触らぬ(相手にせぬ)半島に祟りなし」と申しましょうか?┐( ̄ヘ ̄)┌ あの半島民に同情も相手も無用! と申しますか、

「恩を仇で返す」
「恩地らず一等賞(ヒラリー・クリントン)」
「どうしょうも無い嘘つきで、人の善意を食い物にする最低民族」

というコトが、知れば刷るホド『分かる』というか『分かってしまう』ので┐( ̄ヘ ̄)┌『知れば知るホド嫌いになる国、韓国(というか朝鮮人)』と言う言葉そのままに、下手に相手すれば厄介なだけで何もいいことも無いヤツラ……だとは“解って”るのに『人が良く、相手の事情も“なまじ理解”してしまう』日本人は「つい助けてしまう」というか同情心から手を差し伸べてしまいますが――同情は禁物です!

伊達に日米中露周辺全ての大国から――

■ アメリカ:ベトナム戦争
【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな

■ 旧ソ連(ロシア)
【 旧ソ連共産党による朝鮮の扱い方 】

1、頭痛の種になるだけだから関わるな
2、手段を選ばぬキチガイ揃いだから関わるな
3、関わるとこっちが痛い目に遭うから関わるな
4、関わってきたらウォッカ飲んで忘れようぜ

■併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せえず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。


■中国人が(日本人)にアドバイスする朝鮮人の扱い方

・馬鹿に情けをかけてはいけせん。
・日本人は朝鮮人に対して、優しすぎます。それは日本の為によくないことです。 そして、朝鮮人の為にも良くないです。
朝鮮人は「優しい」と「弱い」の区別が出来ません。  又、「強い」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。 だから、朝鮮人と付き合うのはとても厄介です

絶対覚えておきましょう(棒

――と、まあ、その評価、付き合い方についての警句は散々です┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、少しでもヤツラと付き合い、その素行を知れば『納得』するしかない評価でしょう(・ω・)b

で、最後の「ナイス♪ かつ『的確』な」アドバイスをくれた中国人も、特亜と呼ばれる反日国家なんですが……その中国人から観ても「蛇蝎のごとく嫌う」ような輩というコトからもわかる通り、そして戦前の総督府が――

「朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる」


――と、警告を残し、断言してるのに、戦後の日本は(米国の、GHQの日本占領の洗脳政策もあり)戦前の全否定をさせられたコトからそこを『付け込まれ』て、国内は“在日”、国外では“韓国”から自虐史観に基づく「戦前の日本は朝鮮半島にヒドイコトをした」と思い込まされ(実際は逆、併合でさんざんに世話させさせられたのに)、謝罪したコトから総督府の言う通り「勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く」結果となりましたし、危うく(ミンス政権樹立で)国を乗っ取られかけました┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、戦後半世紀近く、何度もいいますが『自虐史観の洗脳の下』日本人は日本人としての誇りも封じられ、当たり前の愛国心や国防にも「まるでその事が考えることも悪いコト、罪なコトのように」思わされ、まるで議論することもはばかるような状態に置かれて来ました。

戦後の日本は米国の軍事力の庇護の下、世界有数の……いえっ、世界第二位の経済大国となり、その経済力に相応しい陸海空の自衛隊という世界有数の防衛力を持つコトができました。

しかし、未だに憲法九条やスパイ防諜法などのソフトから、マトモな防諜組織や対外諜報機関など「普通に国を守る軍事体制」を持つコトが出来ずにいます。

戦後の高度経済成長共々、こう言ってはなんですが「日本は運が良かっただけ」なのです。

日米同盟や冷戦時代の特殊な時代背景が「全て日本にとって良い方向に回った」為、今の日本がありますが……一歩間違えば、戦後日本は中国やソ連、あまつさえ韓国や北朝鮮から隷属させられ、日本人と日本社会が“奴隷”のようにされていたかも知れません(´_`。)

ま、地政学やら日本本土を事実上、独占占領していたアメリカや、戦前からの“日本と日本人が積み上げて来たモノ”を考えましたら、冷戦が無くとも、日本が中露朝に好きにはさせなかったでしょうが、先にも書きましたが『戦後、良い方向に回りに回った』というのに「ミンス政権で日本がついに乗っ取りかけられ」ましたからねー(´□`。)

それもコレも『自虐史観恐るべし!?』といいましょうか?

日本社会がどれほどの“呪縛”に縛られ侵されていたか、改めて考えてみれば分かります。

「戦前の日本を再評価」したり、「軍事的な政策を口に」したり、「在日や半島、旧共産国に批判的な言動を少しでも」すれば、政治家がそれこそ大臣どころか総理大臣さえも政治生命を失い、政権が倒れかねない――そんな“異様、異常なある意味での言論統制”に抑え込まれた国でした。

その日本が、自虐史観から解き放たれ、逆に今までの『捏造の日本貶めの嘘』がバレた反動が一気に来て、日本国内の在日勢力や反日売国サヨク勢力が悲鳴を上げるような有様になっています。

まさに隔世の感(変化が激しく、まるで世代が変わってしまったような感じ)と申しましょうか?w

あるいは今昔の感(今と昔を思い比べて、あまりに違っている)という感じでありますねっw┐( ̄∀ ̄)┌

さて、今後、この流れが元のように、あの「戦後自虐史観に騙されていた」時代に日本社会が戻るというコトはもうないでしょうが……日本国内のサヨクや在日連中、マスゴミはこの『状況の変化』に(ある意味で)ついていけていない現状もありますね。

で、大阪の戦争博物館=大阪国際平和センター(別名=ピースおおさかw)でのサヨク市民団体の騒ぎのように、あるいはSEALDsなんて団体をデッチ上げて、海外の雨傘運動(台湾)やヒマワリ革命(香港)のように、「まるで若い世代の自発的な強権的な独裁圧政に抵抗する運動」であるかのように装ったりと色々と悪足掻きしています。

んでもって、自虐史観の嘘がバレ、日本社会の世論が批判するのを「ヘイトスピーチ」だと騒ぎ立て、これを奇貨に『ヘイトスピーチ規制条例やらヘイトスピーチ規制条例』を通して仕立て上げて、“第二の人権擁護法案”を実現化させようとかと足掻いてますしねーw

無駄な足掻きといいますか、そんなコトをすればするほど『自分たちの罪科』が増えて積み上がって行くというのに!┐( ̄ヘ ̄)┌アホですよね~?w

しかし今後とも、まだまだ日本が“正常に、普通の国に”戻るには時間が必要です!

油断せずに行かねばなりませんし、そう遠くない将来、これまでの“ツケの清算”をキッチリさせねばなりません!

昔の朝鮮総督府から米中露全ての国が言ってるように「情けは無用!」です――朝鮮人はもちろんのコト、国内の在日、反日売国サヨクにマスゴミから、特亜の国々まで!

月並みな結論ですがね┐( ̄ヘ ̄)┌そーいう話に結局なりますねw

さて、皆さんはどう思いましたか?
あるいは、今日取り上げたような「以前と違う日本の日本社会の空気」や「在日や特亜」について改めまして皆さんがどう思い考えているか? 教えてもらえませんか?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事