Entries

在日創価学会がマジで死にそうw とんでもない爆弾情報投下キタ━━━!!

NewsU.S. 2016.05.10

・パナマと言えば創価学会のタックスヘイブンがあって 当時独裁のノリエガ将軍と懇意にしていた犬作が麻薬のマネーロンダリングにその金を提供していたって、あれほんとう?
・外国と取引していた人は、否応なくみたいな言い訳話になってきてるけど誘導したのは銀行ってのが、説明の落ち銀行が真の犯人?
・お前さ、いい加減に勉強して パナマは層化ノリエガと層化の関係
・やっぱりその噂はホントだったんだ  麻薬とマネーロンダリングだよね
・今まで出たリストの名前で、噂では無く事実であったとわかる人物や組織の名前がいっぱい出ている  通常の船舶会社や商社などの商行為上のリスト以外は、殆ど層化、密航在日関連ですわ  みりゃ一発でわかる
・パナマは創価?創価すごすぎだろw
・基礎から勉強して欲しい。これは常識。
創価学会の麻薬ビジネス
慧妙紙:1995.1.1号
創価学会の麻薬ビジネス
なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!
その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!
その事実はCIAが察知。
米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

鶴見芳浩(つるみ よしひろ)ニューヨーク市立大学教授(熊本県出身)は、ニューヨークの太平洋経済研究所理事長も務め、国際経営学の分野で世界的に著名。『日本企業の悲劇』その他多数の著書の中に『アメリカ殺しの超発想』(1994年徳間書店発行)の206頁以下に、驚くべきことが書いてあるので紹介する。
引用開始 ------------------
小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係

94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。
・・・
このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。
・・・
・「小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携」
・「池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていた」
・「池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた」
・「ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた」

・鶴見芳浩ってCIAじゃないの?ww   胡散臭すぎ
・今まで出たリストで、その鶴見が指摘したノリエガから小沢へのルート、出ちゃったよwwww
高橋治則   どんぴしゃ  住所は草月会館だし  
・敢えて言っても無駄なお前らに念仏ぶつけてやるけどさパナマ問題は、日本でいうと層化 ノリエガ将軍 麻薬   まずこの資金の流れの解明のビッグチャンスなわけ  今まで出た情報で、ここにユニセフや草月グループも絡んでいたことがわかったわけ
もうちょっと冷静になった方がいいよ  オフショアの利用は節税だけじゃないからアングラマネーを資金洗浄する手法
・それにも注目したいね  パナマ文書にはタックスヘイブンの利用によるマネロンの問題と、租税回避による法制不備、道義的問題と色々と分かれるんだよね
(ヘタに調査するなんて言ったら暗殺されかねないなこれ)
・連立だから公明党には半分の責任がある
・層化単体で3兆円以上もタックスヘイブンしてるもんな  宗教団体なのになぜタックスヘイブンする必要があるのか
・資金洗浄だよ
・そのからくりをkwsk
・色々な種類がありましてね 一部、公表された事例を教えますと 某有名893の著作本で、893の親分は信者という。そこで
アングラマネーをお布施するわけですね。   その金がオフショアに移動し、そこの法人から日本へ投資。   日本で納税した時点で綺麗な金に。   みんながグルならできるんです。   同じように民団、総連、南北朝鮮系金融機関も戦後ずっと同じことをやってきた。  みんな密航在日なんでナカーマ しかも通名口座、匿名口座まで自由に使える。   行政が調査しようとしたら、民族差別連呼
・必死に外国からの投資をしやすく法改正したのは、資金洗浄のためだったわけだ  ペテン禿が、東証の厳しい審査を経ずに如何わしい企業を簡単に上場できるようにしたのがナスダック
・オフショアリストの正しい使い方は 誰と誰がグルでイカサマや資金洗浄をしていたかを解明することなんで 安倍政権批判ありきで台無しにしないで欲しい
・しかし政府は他の先進国レベルの調査をすべきなのは確か  中露レベルはマジ拙いだろ
・連立相手が当事者なのに調査するわけないだろ馬鹿!
(ガチャとか情報商材とか怪しいよね)
・要は堀江も過去に同じ事してたから擁護してるって事でいいの
・ITベンチャーというのは、アングラマネーが資金洗浄されるプロセスにしか過ぎない  匿名組合を含め、新興市場なども全て仕組の一部さ
(アベガー言ってるパヨク連中って実は創価の駒なんじゃないの?)
・この問題を安倍政権批判にしたいアホどものせいで台無しになると予告しよう  リストの年代みればわかるように、今出ているリストでわかるのは90年代以降、どうやって日本が売られたかを解明するためのパナマ文書
・安倍ちゃんお仲間を調べなさいよw
・リストの中味を見て論理的に一つずつ解明しないで 安倍政権批判ありきでワーワー騒いで台無しってパターンだよ断言しておきます
・今から予告しておくけど、安倍政権批判に何としてもこじつけたアホのせいで 折角のオフショアリークが台無しになります
(ロックフェラーとジョージソロスが何をしでかすかな?)
・須田のおじきが委員会で言ってたが  データ流出したパナマの法律事務所の創立者の父親はヒトラーの親衛隊だったドイツ人で、連合国の手を逃れてパナマに移住したが アメリカに摘発された人間で、アメリカが不起訴にして、CIAのエージェントになった人物だって
あとパナマ文書の解読をしている世界のジャーナリストの団体はCIAが資金提供してる組織だって・・
つまり完全なアメリカのマッチポンプだ  アメリカの意図は何か???
まあ普通に考えれば習金平やプーチンを追い落とすためだが 深読みすれば、資本主義に限界を感じ始めたアメリカが社会主義にソフトランディングするため、ピケティの言う資産課税を強化しようとしている。
で、タックスヘブンを自ら叩き潰そうとしている…
はないかな?
・アメリカ内の内ゲバらしいわ。   大統領選挙とも関係しているだろ ラジオで青山氏までが志位愛Aの名前を出した。
声が震えていたけどね。  あそこまで良く言ったと思うけどつまり麻薬だよ、麻薬  そうなると、層化 ノリエガ将軍
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事