Entries

アメリカは病んだ国である

MIZUNAの部屋 2016.06/15 [Wed]

アメリカの銃乱射事件ですが、
死者50人超え
怪我人も50数名か・・・

銃乱射事件って、しょっちゅう起こっています。
アメリカは銃社会なので起って当然ですが、
そんな銃社会について、アメリカでも賛否両論あるみたいです。

銃を無くせ
いや、こんな事があるからこそ、自分の命は自分で護らなければない。護身用に銃は必要だ。

それとは別の観点で、
今回の事件では、ISの影というか影響がチラチラしています。
トランプ氏は早速イスラム教徒を強制排除せよとか言っています。

また、そんなイスラム教を危険視する意見とは違い、
今回の事件は、「同性愛者」に対する、容疑者の偏見が原因とか・・・

1つの事件でもいくつもの切り口があり
事件の背景は結構複雑です。

銃を無くせ!ですが、
アメリカという国家自体が、銃によって建国された国家なので、
銃規制は難しいでしょう。
アメリカ大陸の先住民であるインディアンを皆殺しにしたのも、この「銃」です。
南北戦争で北軍を勝利に導いたのも「銃」
でも、不思議ですね!
南部は綿花とか農業で、北部より潤っていたはずです。
資金的には圧倒的に有利なのに、なぜ、兵士と武器を揃えることが出来なかったのでしょう?
というか、逆に、北軍の軍資金はどこからやってきたのか?
ユダヤ?
それとも
金の交換レートを悪用して、日本から大量のゴールドをちょろまかしたのか・・・

まあそれはいいとして、
アメリカ人って、基本野蛮人なんでしょ。スペイン人も酷いですが・・・
大東亜戦争では、日本人なんて「人間」だと思っていなかったふしがあります。

サイパンでは民間人無差別攻撃、殺戮、殺戮、殺戮ですね。
日本人女性は生け捕り。服を脱がされてトラックに積み込まれ・・・
そりゃ、
そんな光景目の当たりにしたら、
日本女性は自死を選ぶでしょう。
バンザイクリフの悲劇は、アメリカ軍の残虐行為の裏返しなわけです。
沖縄戦でも「動くものは全て撃て」ですから、
民間人だと分かっていても、上官の命令ですから「射殺」です。

戦争って、軍隊と軍隊の戦いだと思っていましたが、
その一線を簡単に超えたのはアメリカですね。
究極は
東京や大阪などへの無差別絨毯爆撃
そして広島・長崎への原爆投下

この前、広島の平和記念碑に献花したオバマですが、
数年前、エノラ・ゲイ号が広島に原爆を投下し見事炸裂という映画を見て
拍手をしていたそうな!
まあ、そんなもんでしょ。
アメリカ人なんて・・・

広島では、核廃絶とか言って、日本人とハグもしていましたが、
内心何考えている事やら・・・

ということで、基本アメリカ人は野蛮なので、
銃を規制しても、
刃物を取り上げても、
「人殺し」します。
実際、アメリカでは、毎日のように殺人事件が起こり、
その犠牲者たるや、銃乱射事件での犠牲者の数千倍じゃないかな?

銃が無けりゃ
こん棒でも電気のこぎりでも、劇薬でも、レンガや石ころでも、
とにかく何でも殺傷に使います。
最近ではインターネットで調べれば、手製の拳銃や爆弾も作れるし、
3Dプリンタという便利なものもあるので、銃を規制しても無駄ですね。

同じ理由で、トランプ氏が「イスラムがどうのこうの」言っていますが、
全くの見当外れで、
イスラムが消えれば次は中国マフィアとか、極悪鮮人とか、
メキシコ人とか・・・
キリがありません。

同性愛者とかマイノリティに対する差別?
これも撲滅は難しい。
そもそも「許す」という概念が希薄ですので、
似たような事件がこれからも繰り返されるでしょう。

多民族国家アメリカなんて豪語していますが、
人種間対立
宗教対立
メジャーとマイナーの対立とか
放置したままで、
理想の国家創るなんて無理。
最近では一部の富める者と
大多数の貧しき国民との対立も激化していますので・・・
ア・メ・リ・カ

あと何年持つことやら。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事