Entries

イギリスのEU離脱問題、世論調査の結果がヤバイことに!!!

NewsU.S. 2016.06.19
 残留派の裏には と ん で も な い 勢力が控えていた!!!

英女性議員殺害 「私の名前は、裏切り者に死を」出廷の容疑者が名乗る 離脱・残留の両派、18日も「休戦」
産経新聞 6月18日(土)20時3分配信

【ロンドン=岡部伸】英中部バーストールで労働党のジョー・コックス下院議員(41)が射殺された事件を受け、23日に行われる欧州連合(EU)離脱の是非をめぐる国民投票に向けた運動は18日も中止された。コックス議員への同情は党派を超えて広がり、離脱派と残留派の公式団体は、態度未定層の取り込みに向け追い込みをかけようとしていた最終盤で運動を自粛する事態となった。

地元警察は18日、逮捕したバーストール在住のトーマス・メイア容疑者(52)を殺人や銃の不法所持などで訴追したと発表した。メイア容疑者は18日、ロンドンの裁判所に出廷。人定質問で「私の名前は、裏切り者に死を、英国に自由を」だと述べた。警察は極右思想との関連を「優先事項」に捜査している。

一方、国民投票の行方に関しては、EU残留を主張して活動していたコックス議員への同情論から、残留派に有利に傾くとの見方が広がりつつある。

残留派は18日も運動を原則停止。離脱派も中部バーミンガムで18日に予定していた大規模集会を中止した。残留支持の労働党は20日まで運動を自粛し、追悼のため下院を同日招集する。

ツイッターで発言していた離脱派の中心人物たちも「コックス氏死亡の報に悲しみ、驚いている」(ジョンソン前ロンドン市長)と追悼したのを最後に、主だった発言をしていない。

離脱派としては、容疑者が排外的な極右思想の持ち主で、移民受け入れに積極的な残留派への反発から犯行に及んだとすればイメージダウンは避けられず、沈黙を守っている。

事件前の世論調査では離脱派がリードしていたが、世論調査分析の専門家であるストラスクライド大のジョン・カーティス教授は「どちらが勝つか分からなくなった」と述べ、離脱派有利の見方を撤回した。

「EU残留を主張して活動していたコックス議員への同情論から、残留派に有利に傾くとの見方」
「離脱派と残留派の公式団体は、態度未定層の取り込みに向け追い込みをかけようとしていた最終盤で運動を自粛する事態」
「世論調査分析の専門家:『どちらが勝つか分からなくなった』と述べ、離脱派有利の見方を撤回」

・世論調査ではなお離脱派有利みたいだね  有利な方が暴力に訴える奇怪な事件?
・全く   ほっておけば勝つのになぜわざわざ・・・?   ねぇ?
・日本なら極左がお祭り騒ぎでデモするタイミング
・残留派グローバリストの狙い通りになってるな
・左翼のチマチョゴリ工作じゃね?
・難民の女神として像が作られるな   でも難民を受け入れないのはナチスというキャンペーンはイギリスよりドイツに効きそう
(イギリスの裁判所も左翼に乗っ取られてるわけか)
・あと、特例で休日も裁判をやったってのも気になる。   公務員は在留派が多いんだろうけど、 特例とかしていいのか?と思う。
イギリスも結構、法治国家じゃないんだよな・・・
・イギリスなんて、本当の姿は、人治国家!!  世襲の貴族議員とか、お前ら調べてみろよ。  約100人が国土の大半を所有してんだぞ、今でも。
・キャメロンって、相当悪人だと思う。
・黒幕は誰だろうね 犯人自身はイギリス離脱したくてやったのは違いないだろうけど 離脱派が不利になることわかった上でそそのかした奴がいるんじゃないかな
(世論調査があまり動いてないにも関わらず「残留!残留!」ということは…)
・世論調査ではなお離脱派有利みたいだね
・ブルームバーグの記事読んでみ
・世論調査では離脱派が優勢だけど、
ブックメーカーのオッズは残留派の方が低いんだよね
・所詮は世論調査で差は僅差だから、残留議員襲撃で五分五分か残留が僅差で上回る程度だろ   
どうせ、ドイツがイギリスに優遇策を使って引き止めに掛かるのは見え見えだな。
(これ以上の円高は日本経済もガタガタになるから食い止めたいが…)
・アングル:ミセスワタナベがポンド逆張り、英離脱ならドル/円下落加速も
2016年 06月 17日 17:21 JST
[東京 17日 ロイター] - 日本の個人投資家「ミセスワタナベ」が、ポンド/円を買い増している。英国の欧州連合(EU)残留を見込んだ得意の逆張りだ。しかし、予想に反し離脱となれば、流動性が乏しい同通貨ペアは急落しかねない。FX(外国為替証拠金)の強制ロスカットが生じれば、ドル/円の下落を加速させる可能性があると警戒されている。
<15倍の買い建て>
東京金融取引所のFX「くりっく365」。個人投資家のポンド/円のポジションは、6月16日時点で売り建て1万8234枚に対し、買い建ては約15倍の27万5209枚に達する。

ブレグジット(英国のEU離脱)懸念の高まりを背景に、ポンド/円は年初から17%下落し、約3年ぶりの安値水準だ。それにもかかわらず買い建てるのは、ミセスワタナベが得意とする逆張り戦略とみられている。「残留するに違いないと、ヤマを張る投資家がいる」(FX会社)という。英金利の相対的な高さに着目し、スワップポイント(通貨間の金利差)を期待して買いが膨らみやすいとの事情もある。

ただ、「ポンドが歴史的安値圏にあるというだけの理由で買っている個人投資家が、かなり多い印象だ」(別のFX会社)との指摘も多い。国内FX取引高における「くりっく365」のシェアは1%に満たないが、残高ベースでは3割程度を占める。市場では「日本の個人投資家のポジションを、おおむね反映している」(同)とみられており、他のFX会社でも、ポンド/円の買い建ては売り建ての比率に差はあっても、同じ逆張り傾向だ。東京市場で個人投資家の取引は3割程度を占めると推計されている。  ・・・
・ポンドは大やけどするで
(「ミセスワタナベ狩り」なんて言葉もあるくらいだからな)
(イギリス国民はここで選択を間違えるとガチで移民に乗っ取られるぞ)
・オレは、離脱すると思ってるよ。  エゲレス人は、移民急増で怒り爆発している。  これを止めるにはEU離脱以外方法がない。
・マスコミから出てくるニュースは、殆どがEU残留が優勢と予想してるな   こりゃマジで離脱するのかもね
だいたい、一般の労働者階級の英国国民の立場なら離脱した方が経済的にも治安的にも良いからな
・ポンドだけがとかの問題じゃないだろ   イギリスがケツ割ったしわ寄せが自国に来るのを嫌う 比較的経済優良国にも離脱の連鎖がきてみろギリシャ・スペインとか支えきれずにユーロ全体が崩壊するぞ
(イギリス国民 VS ユダヤ金融資本家の争いなのか)
・英国絡みもあるかもしれんけど、次のFRB利上げでバーナンキがバラ撒いたドルが米国に巻き戻って、資源国バブル崩壊から
チャイナショック3とかの影響で、ドイツ銀やBNP(仏)やバークレイズ(英)がヤバくなって、ユーロ圏は影響受けるはず。
・そっか、アメリカはばらまいたドルの回収をどっかで必ずやるな。
・EUのアメリカ離れが加速してるからイギリスには離脱して欲しいだろうな
・えーっ、アメリカはイギリスを何としてもEUに残留させようとしているよ
・アメリカは中国潰しの一環で英国のEU離脱容認だろ。  裏では
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事