Entries

在日楽天が経営危機に突入か!? 昨年11月からとんでもない事態に陥っていた! 

NewsU.S. 2016.08.28

PCデポの炎上にも巻き込まれ絶体絶命キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!

楽天、危機的状況突入か…強すぎるアマゾンとの差が鮮明、楽天市場単体の業績開示中止
ビジネスジャーナル 2016.08.24

楽天の三木谷浩史会長兼社長が、試練の時を迎えている。中核事業であるインターネットショッピングモール楽天市場が、アマゾンジャパンやヤフーなどの攻勢にさらされ足踏み状態なのだ。

力を入れてきた海外事業でも撤退が相次いでいる。このままでは、EC(電子商取引)事業でひとり、負け組になりかねない。

その危機感から三木谷氏は楽天市場のトップの首をすげ替えた。同市場の指揮を執る常務執行役員を7月に交代させた。事実上の更迭とみられている。

2011年から執ってきた高橋理人氏の後任には河野奈保氏を起用した。河野氏はSBI証券出身の39歳で、13年5月に女性で最年少の執行役員に抜擢された。16年4月から楽天市場事業メディアプランニング統括の上級執行役員を務めている。

三木谷氏自身、河野氏が率いる楽天市場を統括する部門のトップに就任。東京・二子玉川の新本社で河野氏に連日、指示を出しているという。

楽天市場の販促費がかさみ営業減益

楽天の16年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高に当たる売上収益が前年同期比11%増の3689億円。ECサービス部門のほか、クレジットカードなどネット金融サービスも堅調で増収につながった。

しかし、本業の儲けを示す営業利益は12%減の487億円(前年同期は540億円)、純利益も4%減の265億円(同277億円)と減益に転じた。主力の楽天市場や楽天トラベルなど国内のネット通販事業で、顧客獲得のための販売促進費がかさんだ。証券サービス部門の低迷も響いた。

三木谷氏はEC事業で年4割の成長を言明していたが、足踏みが続いているとみられる。もっとも、昨年11月から楽天市場単体の業績開示を中止しているので実態はつまびらかではない。
・・・
海外事業は巨額損失で撤退相次ぐ

楽天といえば、社内公用語を英語にするなど海外事業に力を入れてきたことで知られる。10年以降、電子書籍販売のカナダのコボ、ネット通販大手の米イーベイツなど海外で大型買収を繰り返してきた。大型のM&Aをテコに20年度に海外売り上げ比率を全体の5割に引き上げる目標を掲げてきた。

だが、海外戦略は頓挫した。15年12月期の連結決算の純利益は前期比37%減の444億円だった。ネット通販の仏プライスミニスターや電子書籍のコボなどの、のれんを減損損失として381億円を計上したことによる。

これまでの拡大路線から一転して海外事業からの撤退を次々と発表した。2月には、タイでネット通販を手掛ける子会社を売却すると表明。インドネシア、シンガポール、マレーシアでは通販サイトを閉鎖し、個人がスマホを使って中古品を販売するフリマサイトに転換する。

英国、スペイン、オーストリアの通販サイトの事業拠点を8月末までに閉鎖し、欧州全体で従業員を100人程度削減する。10カ国・地域以上で展開してきた海外ネット通販事業は米国や台湾など5カ国・地域に縮小する。「20年度に海外比率5割」の達成は絶望的となった。

三木谷氏は都合が悪い情報は開示しない。楽天市場の国内の流通総額の開示を止めたのがその典型例だ。海外事業の業績への貢献度合いも公表しない。情報の継続性よりも、見栄えのほうが重要なのだろう。

だから、当然のことなのだが、三木谷氏の証券市場での評価は低い。(文=編集部)

「楽天市場が、アマゾンジャパンやヤフーなどの攻勢にさらされ足踏み状態」
「営業利益は12%減の487億円、純利益も4%減の265億円と減益に転じた」
「昨年11月から楽天市場単体の業績開示を中止している」
「海外事業からの撤退を次々と発表」
「2月には、タイでネット通販を手掛ける子会社を売却すると表明」
「インドネシア、シンガポール、マレーシアでは通販サイトを閉鎖」
「英国、スペイン、オーストリアの通販サイトの事業拠点を8月末までに閉鎖」
「三木谷氏は都合が悪い情報は開示しない。楽天市場の国内の流通総額の開示を止めたのがその典型例」
「海外事業の業績への貢献度合いも公表しない」

・最近全然使ってないな
・球団はどうなるか。
・欲しいものがあったから久しぶりに注文したが「出荷準備中」で全然届かん
・ネットだけで済ませてたのが 今年になって突然営業電話掛けてきやがったから 異変が起きてるとは思ってたけど
(つまり初期メンバーが韓国人だったんだろ)
・画面が汚い:すべて作り直せば無問題  ワンマン社長なのに英断を下せないところがミギダニの限界   手が付けらないまま商売続けるのは先細りを容認しているも同じ
(そうやって日本の消費者をバカにするのが韓国人)
・あのゴチャゴチャした韓国的センスは詐欺臭しかしないけど本部の意向だから仕方ない
・楽天はサービス買収、改悪、廃止の三連コンボ糞企業
  ・ショッピングは劣悪なサイトデザイン、さらにはスパムメールアタック
  ・イーバンクを買収して楽天銀行に。内容を次々に改悪
  ・infoseek買収。freeweb、HOOPS!、Tripodも買収しiswebに統合。買収したCOOL ONLINEも終了。iswebライトもさっさと閉鎖。有料版ベーシックも終了済
  ・仙台の楽天球団本拠地は飲食物の持ち込み規制。ぼったくりで出来損ないの食糧を販売
  ・利用者のメールアドレスを含む個人情報を1件10円で売買
  ・転送メールサービスで人気のあったanetを買収、改悪の後サービスそのものを終了
  ・古書主体のフリマサイトeasyseekを買収、「楽天フリマ」と改名するが
いつの間にか「楽天オークション」に内容変更。Yahooに対抗するも比べるべくもなく
  ・都民銀行と合弁で「楽天支店」を開設、「楽天バンク決済」を導入するものの
ロクに広がらず、イーバンクの買収で支店そのものが閉鎖に
  ・旅の窓口を買収し楽天トラベルに。案の定、楽天トラブル多発
  ・Edyを楽天が買収。ポイント盗難などザルシステムでやっぱりトラブル
  ・楽天証券は重要な株式市場で鯖パンクの取引できず
新規注文が成立しないだけならまだしも、中途半端に何分も遅れ約定で無茶苦茶
  ・Buy.comをrakuten.comと改名し大不評。サイトデザイン、ポイントシステム、スパムメール含めアメリカ人から酷評される
  ・2011年8月に開始した電子書籍サービスRaboo。一年足らずでkobo開始の為、終了
Rabooで購入した書籍はkoboに引き継げず、専用端末でしか読めない悲惨な切捨て状態
  ・koboの件で煽られ、実名で来いと挑発。実名の質問者がwikipedia剽窃をGNU違反、ISBNコードの恣意付加と指摘
以降、数日沈黙を守り部下に尻拭いをさせる。さらにはKoboのレビューを隠蔽&削除
・酷すぎ
・楽天も日本に税金払ってないんだろ?  ロッテの漢字表記が楽天なんだけど  韓国が儲かるように応援してるの?
「ロッテ」は朝鮮漢字では「楽天」と書く 中国でもロッテのことを「楽天」と書く 日本人と日本語が嫌いなんだろう
・店舗責任者名が、韓国人名多すぎなんだよね、楽天w
楽天を韓国語に訳すと『ロッテ』  ロッテを日本国に訳すと『楽天』  つまり、そういうことだ
※参考:どっちの樂天だか分からなくなっててカオス
・パリーグやばいな。   2球団吹っ飛ぶんじゃない?楽天とロッテ。
・馬鹿を騙して儲けるPCデポと同じ
(PCデポの炎上にも巻き込まれたしマジで終わったな樂天)
・PCデポ楽天市場店記載   古物商許可 埼玉県公安委員会許可  第431270010115号   埼玉県公安委員会で検索しても
該当番号見つからず
・ガチだとこれがまずいだろうな 公文書偽造だっけ届け出出来ない理由があったのだろうw
・最高で懲役3年罰金100万だっけ
・でも、今回は番号を詐称して商売していたわけで…
・これ現在進行形で楽天に掲示されている許可番号が嘘ってことになるな   これが消えたら無免許確定だ  しっかり監視しないと   古物商許可 埼玉県公安委員会許可 第431270010115号http://imgur.com/lm5Nnnl.jpg
楽天ショップ内のデポサイトURL :http://www.rakuten.co.jp/pcdepot/info.html
魚拓  http://archive.today/hYW1t
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事