Entries

安倍首相の新外交戦略で中国政府が発狂キタ━━! 「発言権を掌握される」「不愉快だ」 効いてる効いてるw

NewsU.S. 2016.08.29

【TICAD】中国が日本のアフリカ進出を警戒 資源安や地元の反感などで拡大戦略も曲がり角に…
2016.8.29 04:00

【北京=西見由章】アフリカに強い影響力を持つ中国は、日本主導の第6回アフリカ開発会議(TICADVI)への警戒感をあらわにしている。国営新華社通信は28日、「日本は経済や政治の“雑念”と海外への軍事拡張の野心を隠せない」などと批判的な論評を配信。背景には中国のアフリカ戦略が多くの試練に直面する現実がありそうだ。

新華社は、日本がアフリカ諸国の支持を得て「政治大国」のイメージをつくりだし、「(国連安全保障理事会)常任理事国入りのために人心を籠絡しようとしている」との専門家の見方を伝えた。リスク回避のための原油輸入ルートの多様化や、自衛隊が海外進出するためにアフリカを利用する可能性まで指摘した。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報も専門家の寄稿で、TICADは中国が3年おきに実施している中国アフリカ協力フォーラムを“学習”していると主張し、「中国への対抗と発言権の掌握が目的ならば不愉快だ」と牽制(けんせい)した。

中国とアフリカの貿易総額は2000年の100億ドルから14年は2220億ドルに増加。中国はアフリカの最大の貿易国だ。中国の習近平国家主席は昨年12月、南アフリカで開かれた同フォーラムで、今後3年間にインフラ整備などに600億ドル(約6兆円)を拠出すると発表。中国企業はケニアの首都ナイロビと南東部を結ぶ鉄道の建設を受注し、総工費の9割は中国輸出入銀行が特別融資する。

ただ中国のアフリカ戦略は曲がり角を迎えている。巨額の支援と引き換えに資源確保を図っていた段階から、インフラや工業製品の輸出先へとシフトする中、中国経済の減速で資源価格が下落しアフリカ諸国の景気は低迷。中国企業の低賃金や中国人労働者の流入への不満も高まっている。

「アフリカに強い影響力を持つ中国は、日本主導の第6回アフリカ開発会議への警戒感をあらわに」
「中国への対抗と発言権の掌握が目的ならば不愉快だ」
「中国経済の減速で資源価格が下落しアフリカ諸国の景気は低迷」
「中国企業の低賃金や中国人労働者の流入への不満も高まっている」

【TICAD】アフリカ投資に民間総力結集 日本企業・団体が73の覚書、消防士の男性企業進出に弾み
2016.8.28 23:40

今回のTICADは、日本企業のアフリカ進出を加速させる転機となる。アフリカでは中国経済の減速や資源安の影響を受け、中国依存からの脱却を目指す国も散見され、日本に追い風が吹く。産業基盤整備とともに、現地採用や技術移転を掲げる日本企業の進出は、今後アフリカ諸国に歓迎されそうだ。

TICADには、三菱商事や日立製作所など70社以上の企業が同行した。22の民間企業・団体が28日、インフラや金融などで協力する73の覚書に署名。東芝やNECなどは電力の安定供給や交通インフラ整備、テロ対策システムの導入などに向けた覚書をアフリカ諸国と締結した。

アフリカはこれまで感染症対策や、インフラ整備やテロ対策を含めた社会安定といった産業基盤の未整備が企業進出のリスクとなっていた。地理的な遠さもあり、日本企業の現地での取り組みは短期的で小規模なものが多かった。

だが、近年は資源開発など単発案件が中心だった三井物産などの商社がアフリカ南部のインフラ整備やショッピングモールに事業を拡大。味の素が栄養補助食品を販売し、住友化学が防虫効果の高い蚊帳を展開するなど保健衛生面を支援した各社の展開も目立つ。

中国の資源需要に依存したアフリカ諸国の中には、この5年で国内総生産(GDP)成長率が3分の1に激減した国もあり、中国への不信感が募っている。

労働者を国内から連れてくる中国と違って日本は現地採用を進めており、雇用増加や技術移転の観点から日本の支援態勢を期待する声が高まっている。

「アフリカでは中国経済の減速や資源安の影響を受け、中国依存からの脱却を目指す国も散見され、日本に追い風が吹く」
「この5年でGDP成長率が3分の1に激減した国もあり、中国への不信感が募っている」
「労働者を国内から連れてくる中国と違って日本は現地採用を進めており、雇用増加や技術移転の観点から日本の支援態勢を期待する声」

・なるほどこれを邪魔するために尖閣諸島にこだわってるのか支那は。
・お前らの都合なんてしるかよ
・札束でほっぺたぶっ叩くのが支那竹
・持続可能性とか考えずにイナゴの群れが食らいあうようなやり方しかしないからな
(金額だけで判定してる辺りがポンコツ中国人らしいコメントだね)
・日本がアフリカに3兆円投資すると表明=「お金のばらまきで争ったら日本は破産する」「アフリカは中国指導者の来訪に期待している」―中国ネット
2016年8月28日(日) 20時30分

2016年8月27日、中国メディアの財経網は、日本メディアの報道を引用し、日本がアフリカ諸国に対して3年間で300億ドル(約3兆円)の投資を行うと表明したと伝えた。

安倍首相は27日、第6回アフリカ開発会議(TICAD)で演説を行い、今後3年間で300億ドルの投資を行うと表明。これはアフリカにおける中国の影響力が増大していることを受け、日本の影響力を確保する狙いがあるという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本はそんなお金があるの?」
「軍備競争はうまくいかないから投資競争するのか」
「中国とお金のばらまきで争ったら、日本は破産しちゃうよ」
「日本のは投資というが、われわれのは援助という」
「われわれは投資ではなく直接プレゼントしている。しかももっとたくさん」
「日本は本当にケチだな。中国がアフリカにあげたお金はずっと多いぞ」
「少なすぎだろ。ゼロをもう1つ増やさないと大国としての風格に欠ける」
「われわれは見返りを求めない援助を日本の投資よりずっとたくさん行っている」
「アフリカ諸国は中国の指導者が来訪することにもっと期待しているだろう」
「マリオが今度はアフリカに行ったのか?」
「安倍首相の目には中国しか映っていないようだ」
「日中が争ってアフリカが漁夫の利を得ているのか」

「日本がアフリカ諸国に対して3年間で約3兆円の投資を行うと表明」
「アフリカにおける中国の影響力が増大していることを受け、日本の影響力を確保する狙いがあるという」

・他の国が行えば途上国の発展を考えた上での投資なんだが 日本がやると恩着せがましく腹黒い偽善政策にしか見えんから不思議だわな    アフリカを乗っ取ろうと画策してるのが見え見えで薄汚い
・日本は現地のインフラに投資する  中国は現地に投資するふりをして高官に袖の下を渡す。  どっちが相手の国のためになるかというと日本だけど どっちが国連とかの票を買うのに有効かといえば中国なんだよな。  中国人みたいに薄汚い魂になるのはダメだが、もうちょっとうまく立ちまわることも必要ではあるわな。
・3兆円と言えば日本が中国に送ったODAと同額だな。   中国人は殆ど知らなかろうが。
・これまでの中共への援助分を、アフリカに廻せば良いだけ
(中国を悪役に仕立て上げる策士の面目躍如だな)
・中国に散々金を使わせて拒絶反応が出てきた所で潜り込む形になったか  杜撰な連中相手なら後追いも悪くないな
・支那進駐軍という名の人足が現地で狼藉働いてるらしいからね。  それとの違いを見せることが日本の腕の見せ所かな。
いや、支那がひどすぎるから見せる腕は特に優れていなくてもよい。
・しかし支那はアフリカで嫌われるほど何やったんだ?
・現地の動物根こそぎ食い荒らして現地人奴隷扱い
・中国のアフリカ援助は、中国企業がインフラ建設などを取り仕切り現地の労働者を雇わず中国人労働者が現地に出稼ぎに行き
中国から資材生活物資を送り中国人の町や村をつくり、アフリカにはお金がほとんど落ちない仕組み
・現在アフリカには100万人の中国人が生活しているというが、アフリカに生活する日本人は約1万人
・だけど中国人は中東とかには進出しないんだよな  イスラムは避けてるのか
・多分中国人よりアラブ人の方が頭良いし商売も上手いんでない?
(新国連の常任理事には中国とロシアの席はありません)
・これって日本が常任理事国入りの為にやってんじゃないのかね
・阿弗利加からも常任理事代表で入るべきだと煽ってるね。
・日本の味方に成ったほうがアフリカに有利になるな。   日本のアフリカ外交はこうして行われる。
・今さら常任理事国入っても何のメリットもない気がするけど
・新しくなった別の国際組織の議決国になった方がいいな  もちろん、中国抜きのw
・中国共産党がけして生き残らないように仕留め損なわないように一個一個逃げ場を潰してるんだよ(*´ー`*)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事