Entries

.蓮舫、台湾の検察に逮捕される可能性キタ━━! 日本政府も二重国籍状態を正式に違法認定w

NewsU.S. 2016.09.16

“二重国籍”国籍法違反の可能性も~法務省
日本テレビ系(NNN) 9月15日(木)15時35分配信

法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。

法務省は15日、「日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない」との見解を公表した。これは中国の法律が「外国籍を取得した時点で自動的に中国籍を失う」と定めていることを念頭に、台湾出身の人が国籍を自動的に失うわけではないとの見解を示したもの。

一方で、日本の国籍法は二重国籍の人についてどちらかの国籍選択義務に加え、日本国籍を選んだ場合の外国籍離脱努力義務を定めていて、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという。

法務省は「国籍法違反に当たるかどうかは個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調しているが、蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性が出てきたことになる。

「法務省:『日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない』との見解を公表」
「日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性がある」
「蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性」

・おさらい
●台湾でも二重国籍は違法
台湾の法律  22歳で国籍選択届けの提出について 台湾の公務員として重国籍が認められない職位(総統、副総統、立法委員、行政院部長級など)に就任したときなどは 日本国籍を喪失することもあります。    また、台湾の国籍法第10条には、外国籍を有するものに対して一定の公職の就任禁止が規定されています
●二重国籍を正当化するための嘘は 内乱罪に抵触
蓮舫『台湾は中国の一地方であって国ではない、だから台湾国籍なんか存在するはずない。』 ← 嘘でした   これは台湾籍の者が台湾における中国共産党の支配を認め国外(台湾)外にて宣伝する行為  つまり中華民国刑法第100条(普通内乱罪)が適用される
・完全にアウトですね
・逮捕したら
・こういう展開を待ってた感じだな
・東京地検特捜部は動くのか?
・違法ハーフが党代表
・日本国籍無効で議員資格なしが一番期待してる展開
(日本だけでなく台湾でも違法状態というオチ)
・おさらい
●台湾でも二重国籍は違法
台湾の法律  22歳で国籍選択届けの提出について
台湾の公務員として重国籍が認められない職位
(総統、副総統、立法委員、行政院部長級など)に就任したときなどは
日本国籍を喪失することもあります。
また、台湾の国籍法第10条には、
外国籍を有するものに対して一定の公職の就任禁止が
規定されています
●二重国籍を正当化するための嘘は 内乱罪に抵触
蓮舫『台湾は中国の一地方であって国ではない、
だから台湾国籍なんか存在するはずない。』 ← 嘘でした
これは台湾籍の者が台湾における
中国共産党の支配を認め国外(台湾)外にて宣伝する行為
つまり中華民国刑法第100条(普通内乱罪)が適用される
・●村田蓮舫こと 謝蓮舫に対する違反容疑
追加
※子供のパスポート
子供の出生証明が台湾にあるか調べてください
国籍法詐欺で摘発できます
※疑惑 追加★2004年の総統選挙に台湾人として 投票行動
※追加 ★脱税疑惑
◆①公職選挙法違反
===========
1985年官報と2004年選挙公報の記載の不一致による
公文書不実記載。
立候補資格のない外国籍を隠す目的で、2004年選挙公報と
HP上に帰化と虚偽の事項を公表。
以降、3回に渡って参議院議員に当選。
証拠隠滅を目的として2016年にHP上の記述を削除。
本人は二重国籍であったが、認識は無かったと説明しています。
◆②国籍法違反
=======
日本国籍と中華民国国籍を二重に取得、維持。
2016年現在でもこの状態が継続している事を既に認める告白を行っています。
期間は26年~31年間で説明は二転三転している状況です。
国籍法16条
~~~~~~~~~~~~
◆③戸籍法違反
======
26~31年間に渡り違法な戸籍を取得、行使
◆④旅券法違反
======
日本国パスポートと中華民国パスポートを二重に所持。
2016年現在、有効な中華民国パスポートを所持していなければ
実施出来ない行政手続きである国籍喪失申請を中華民国に対して
行っている旨の告白を行っています。
中華民国パスポートの有効期限は最大10年であり、告白が事実であれば、
蓮舫氏は参議院議員の立場でありながら、
自ら代表処に赴き、
パスポートの更新を行っていた事になります。

上記犯罪は既に有志による確認が取れており、本人も認めています。
これらは、日台両国の法令に
同時に違反する国際犯罪です。
なお、所得税法違反(脱税)、相続税法違反(脱税)、
犯罪収益移転防止法違反、政治資金規正法違反、等、
未確認の疑惑が多く存在します。
国会議員として、国民に虚偽の事実の公表を行い、
自身の犯罪を隠す目的で虚偽の説明を行い、
現在でも虚偽の説明を続けています。
日台の捜査機関は協力し、
直ちに国際犯罪の実態解明を行ってください。

犯罪が行われた明白な証拠物が、
1985年官報と2004年選挙公報に残されています。
これらの確認を行うだけで犯罪の立証が可能です。
検察は、証拠隠滅を防ぐために
直ちに身柄の確保に動いて下さい。

蓮舫議員は、菅内閣に於いて、
外交問題に関する閣議での討議、決定にも参画しています。
ことは、国会法、内閣法、憲法にも及ぶ重大案件です。
参議院は、直ちに問題の把握分析に努めて下さい。
・あり得る蓮舫の末路
国籍法違反、日本国籍剥奪
議員資格、遡求無効
歳費など、公費全額返還
政治資金規正法違反、公職選挙法違反、旅券法違反により
逮捕拘束、国外追放、
祖国、台湾で内乱罪、外患援助で死刑。
親類縁者で援助、協賛者も共犯、従犯で投獄。
以上の通り。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事