Entries

ドイツ銀潰しは予定の行動

狂躁亭短信 2016-10-05 07:27:17

外銀にいるやつから 『オバマ政権がこの時期を選んで わざとドイツ銀行に対してふっかけた。
首つりの足を引っ張るような ことやってるわけだ。 あれはわざとだよ』

しかし自分の所に延焼したらどうするの?危険だろうが? 『いやいやそれは散々 図上演習繰り返してるはずだよ。

あんたが言っていたこの4月の 大統領副大統領財務長官 さらにFRBのトップまで そしてアメリカ大銀行まで 参加したというなんだかわからない 練習演習エクセサイズな。 当然こういうこともやってたんだよ。 証拠はないけどおそらく確実に』

そのためだけ? 『どこかで金融危機が 再び起こること確定してるわけ。 リーマンショックの時の対策は 絆創膏だから。

何も解決なんかしちゃ いないだろうが? その時どうするかは散々やってるよ。

ドイツ銀行問題は その中の一部でしかない。 ドイツ銀行がなぜこういう目に? それは例の今世紀の初めから つまり2000年にハイテクバブルが はじけたあたりから始まってる いわゆるサブプライム問題。

つまり収入もない預金もない ような人に住宅を売る。 彼らは最初から転売して 金儲けをすることを前提に 買ってたわけね。

つまり値上がりするから 収入もなくても買って大丈夫だろう ということで売ってる方も ローン組んで売ってやって その債権は細分化されて サブプライムローンになった。 ところがそれをさらにぶつ切りにして 他の債権に混ぜて売るという商品 大々的に扱っていたのが 実はドイツ銀行なんだ。 もともと考えたのは アメリカのやつなんだけど。 それに他の奴も便乗した。 結局それがはじけてアメリカでは ゴールドマンサックスまで一時 危なくなった。 普通銀行転換までやって 公的資金を入れるぐらいだった。 ところがそれを我先に売っぱらって 知らん顔していたのが ドイツ銀行だった。
ドイツ銀行は結果逃げ得した。 あとは野となれ知らん顔だった。 アメリカ側だって恨み骨髄で アイツラが一番困ってる時にと
多分予定の行動なんだよ。

もともとその時期を選んで やるつもりだったんだろう』 そんじゃ落とし所を考えて やってるわけだ? 『一応考えてんだろうが
うまくいくかどうかはわからない。 今回はサウジの76兆円分の 米国債の問題もあるわけだし。 ただはっきりしてること
アメリカはそれを 避けられないと考えて積極的に 機会便乗利用しようと考えている。

そういうことだけは 手回しがいいんだ。 ただドイツへの報復だけは 万難を排してもやる という決意だったんだろう。

アメリカはやられて 黙ってる連中じゃないからね。 問題が複合的でしかも大規模なほど 急には対策が立てられない。
言い換えれば対策が立ててある方が 圧倒的に有利。 うまくいけば別の問題まで いっぺんに解決できるかも?
いわゆるショックドクトリンな』

10月4日が注意だって?
狂躁亭短信 2016-10-04 18:34:16

ドイツは3日まで休日だったんだ だから業務が始まるのは4日から  これもドイツの現地時間だから日本時間だと明日になっちゃうね   だからとりあえずどうなるか?っていうことは明日にならないとわからんていうか今夜半だな

すでにシステム障害が発生している模様でATMの利用がなかなか難しくなっているとZerohedgeが伝えているもちろんドイツ銀行のATMです

これだけ騒がれたらドイツ国民だって浮き足立つ人は出てくるな   あとここではあまり書かなかったけれど ドイツで悪いのはドイツ銀行だけじゃないからね   例えばリーマンショックの時コメルツに買収の噂が立っていたあの時ドイツ銀行内部でコメルツ銀行からかかってきた電話は受けるなということ言っていたというジョークがあった

経済紙にその手の話は数多く載っていた つまり8年前のあの時点でコメルツはドイツ銀行よりもだいぶ悪かったということだ

だから現在だって推して知るべしだろうよ   ただウォールストリートジャーナルなんか見てると どうしてこういう制裁金をあからさまに今ドイツにぶつけたのか?!   というオバマ政権に対する批判一色 もともとWSJは共和党寄りだからということもあるだろうけれども  特にアメリカの巨大銀行に対してはこっそりやっていたので

ことのほかドイツ銀行に対する扱いが際立って しかも現在ただでさえ時期的に危ないという時になんでこんな事やったのか?

ドイツ銀行問題はいずれ弾けると思う ただそれが早い時期に つまり今月だとかに起きてしまった場合批判の矛先は現職のオバマ政権に向かってきてしまう可能性があるね

マスタープラン通りでやってるならいいがそうじゃなかったらちょっとコトだよ  これはまあ今ウォールストリートジャーナルも含めてアメリカの主要メディアは ほとんどトランプの敵だから以前オバマ政権が誕生した時みたいに 風向きが現与党の反対陣営に向かうということないと思うけど

非常事態宣言だのIEEPA発動だとか  非常事態政治をすること考えてる場合ちょっと障害になる可能性が出てきた
トランプは今回の危機を前々から予測して警告していた人なんだけど

トランプ本人は来年の1月にまずいことが起こると言ってるみたいだね  いずれにせよ年を越すことは多分ないと

日本でも100%アメリカに指示されてやっている三菱東京UFJが発行するブロックチェーン技術を使った電子マネー
予定では来年の秋だ   つまり彼らは日本国内でも来年秋までに何事か起こるだろうとよんでいるわけだ

これはどんなに遅くともという場合だろうな   そういえば10月1日前後から 私なんか見える範囲でやたらに道路工事
これでもかって始めてるよコレ近々選挙やる気でいるね
もともと安倍さんはダブル選挙のつもりだったけど止められたわけだろ?

あの時もだいぶ予算使って空振りだったわけだ  3度目はないから今度は本気だな年末年始か年明けかそのころだろう

年金運用ファンドの損が表ざたになる前にやろうとするはずだ   これもどんなに遅くても来年の3月だからそれまでにだろうな

ただこの冬はそういうこととは全く別のところで ちょっとまずいことが起きそうなんだよな

ちょっとそれ今言うべきかどうか迷ってるんですよ
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事