Entries

中国で軍事クーデター勃発寸前!? 北朝鮮が核実験を続けられる本当の理由がヤバすぎた!

NewsU.S. 2016.10.10

反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
2016.10.10 01:00

北朝鮮の核ミサイルはワシントンや東京を狙っているとは限らない。北京も含めるべきではないか。一方で、小欄の目には北朝鮮と中国の国境が映らなくなっている。「対立する北朝鮮と中国」「中朝一体化」という一見矛盾する情勢のナゾ解きが、今次小欄のテーマ。ナゾ解きは衝撃的な結末を迎える。 

旧満州東部からロシア沿海州南西部、つまり朝鮮半島に接する中国側は李氏朝鮮時代(1392~1910年)以降、多数の朝鮮人が移住した。深い森林でおおわれ、朝鮮総督府の支配も届かず、無頼の朝鮮人や支那人の匪賊・馬賊の格好の根拠地となった。越境して朝鮮半島北部(現・北朝鮮)の町村を襲撃、無辜の朝鮮人らへの略奪・殺戮を繰り返した。絵に描いたごとき無法地帯であったのだが、「無法地帯」は現在も変わりがない。ただし、支那人の匪賊・馬賊は中国人民解放軍になり、北朝鮮襲撃ではなく、逆に武器・エネルギー・食糧・生活必需品を密輸し、支援している。国連や日米韓などが北朝鮮に経済制裁を科している状況をよそに、密輸とは不届き千万だが、中国人民解放軍が制裁の動機である北朝鮮の核・ミサイル開発まで支援しているという観測が、安全保障関係者の間で流れている。現下の厳しい制裁にもかかわらず、なぜ北朝鮮が経済力を保ち、核・ミサイル開発の技術的向上を続けられるのか? なぜ金正恩指導部が強気の姿勢を転換しないのか? この観測で説明できる。

「朝鮮半島の非核化」を進めたい旨を公言する習近平・国家主席はウソつきということになるが、ウソをつかせる複数の要因が存在する。例えば、そもそも人民解放軍は、軍中央の支配が届きにくい半ば独立した軍閥。従って、習主席に逆らってでも北朝鮮を支援したい軍閥と、習主席に忠誠を誓う軍閥に大別される。背景には利権と政争が薄汚く絡み合う。北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するには、北を支援する中国人民解放軍を習近平派の人民解放軍が掃討しなければ、決着がつかぬやもしれない。中国国内で、内戦が始まるのだろうか。

核開発物資を密輸した中国人女性の後ろ盾とは?

北朝鮮が5回目の「核実験」を行った9月以降、実験もさることながら、中朝国境の川・鴨緑江の向こう側の動きが気になる。中国の公安当局は、遼寧省を拠点にする女性実業家を逮捕した。高濃度ウランを生み出す遠心分離機用の金属・酸化アルミニウムなど核開発関連物資や、戦車用バッテリーなど大量の通常兵器の関連部品を北朝鮮に密かに売りつけていたという。密輸物資には、戦略物資の重油も含まれていた。女性実業家は模範的共産党員だった。

鴨緑江の向こう側には人民解放軍の中で最も精強で、機動力にも優れる《北部戦区(旧・瀋陽軍区)》が陣取る。女性実業家逮捕の報に接し、真っ先に浮かんだのは、遼寧省も管轄下に置く北部戦区であった。女性実業家が一党独裁国家の厳しい監視網を逃れたのは、北部戦区の後ろ盾があったからこそではないのか。

朝鮮戦争(1950~53年休戦)の戦端が再び開かれる事態に備え、かつ、かつて戈(ほこ)を交えた旧ソ連(現ロシア)とも国境を接する領域を担任している旧瀋陽軍区に、軍事費が優遇され、最新兵器が集積されているのは軍事的合理性にかなう。大東亜戦争(1941~45年)以前に大日本帝國陸軍がこの地に関東軍を配置したのも、軍事的要衝ゆえだ。

しかし、人民解放軍全体を俯瞰すると、合理的な体制とは言い難い。確かに、全軍統率機関=中央軍事委員会主席を兼任する習国家主席は、共産党による「シビリアン・コントロール(文民統制)」や軍中央の統制力を強化するべく、軍制改革を大胆に進めてきた。

改革前、軍の最大単位は7個の《軍区》であった。これを5個の《戦区》に再編したが、再編前と後の主な変化は次の2つ。

《かつて軍区が有していた軍区内の兵員・装備に関する整備といった軍政は、中央軍事委員会に新設された『国防動員部』へと移譲。戦区は作戦立案と、作戦に沿った訓練・演習に特化された》

「北朝鮮の核ミサイルはワシントンや東京を狙っているとは限らない。北京も含めるべきではないか」
「習主席に逆らってでも北朝鮮を支援したい軍閥と、習主席に忠誠を誓う軍閥に大別される」
「中国人民解放軍が制裁の動機である北朝鮮の核・ミサイル開発まで支援しているという観測」
「女性実業家:核開発関連物資や、戦車用バッテリーなど大量の通常兵器の関連部品を北朝鮮に密かに売りつけていた」

《戦区内に所在する陸海空軍やロケット軍の各軍種、民兵や予備役などを、戦時でなくとも統合運用できることとなった》
狙いは最精強・瀋陽軍区の解体

軍種間の意思疎通&協力を阻害する縦割りや装備・業務の重複・無駄をなくし、「実戦的体制を構築し、現代戦に適合させる」という。が、透けて見えるのは軍閥に近かった軍区の、習主席らによる解体だ。

特に最精強を誇る《瀋陽軍区》は、習主席にとって目障りどころか、政治生命まで左右する「超危険な存在」であった。いや、依然、「超危険な存在」と言うべきだ。今なお、北部戦区は「瀋陽軍区」なのだ。

習主席は、北京より平壌と親しい「瀋陽軍区」によるクーデターを極度に恐れている。「瀋陽軍区」高官の一族らは、北朝鮮に埋蔵されるレアメタルの採掘権を相当数保有する。「瀋陽軍区」が密輸支援する武器+エネルギー+食糧+生活必需品武器や脱北者摘発の見返りだ。北朝鮮の軍事パレードで登場するミサイルや戦車の一部も「瀋陽軍区」が貸している、と分析する関係者の話も聞いた。

もっと恐ろしい「持ちつ持たれつ」関係は核・ミサイル製造だ。中国人民解放軍の核管理は《旧・成都軍区》が担い「瀋陽軍区」ではない。「瀋陽軍区」は核武装して、北京に対し権限強化を謀りたいが、北京が警戒し許さぬ。そこで核実験の原料や核製造技術を北朝鮮に流し、または北の各技術者を「瀋陽軍区」内で教育・訓練し、「自前」の核戦力を造ろうとしているとの観測が浮上してくる。しかも、その核戦力は日米ばかりか北京にも照準を合わせている可能性がある。

理由はこうだ。

(1)北京が北朝鮮崩壊を誘発させるレベルの対北完全経済制裁に踏み切れば、「瀋陽軍区」はクーデターを考える。

(2)他戦区の通常戦力では鎮圧できず、北京は旧成都軍区の核戦力で威嚇し恭順させる他ない。

(3)「瀋陽軍区」としては、北朝鮮との連携で核戦力さえ握れば、旧成都軍区の核戦力を封じ、「瀋陽軍区」の権限強化要求+クーデターの、2つの選択肢を保てる。

習主席が進める軍の大改編は、現代戦への適合も視野に入れるが、「瀋陽軍区」を解体しなければ北朝鮮に直接影響力を行使できぬだけでなく、「瀋陽軍区」に寝首をかかれるからでもある。

「親北」のDNA

「瀋陽軍区」が北朝鮮と、北京を半ば無視してよしみを通じる背景には出自がある。中国は朝鮮戦争勃発を受けて“義勇軍”を送ったが、実体は人民解放軍所属の第四野戦軍。当時、人民解放軍最強の第四野戦軍こそ瀋陽軍区の前身で、朝鮮族らが中心となって編成された「外人部隊」だった。瀋陽軍区の管轄域には延辺朝鮮族自治州も含まれ、軍区全体では最大180万人もの朝鮮族が居住する。いわば、「瀋陽軍区」と北朝鮮の朝鮮人民軍は「血の盟友」として今に至る。金正日総書記(1941~2011年)も2009年以降、11回も瀋陽軍区を訪れた。

実際、朝鮮半島有事になれば、北支援に向け「瀋陽軍区」の戦力が鴨緑江を渡河し半島になだれ込む。従って、各種演習も半島全域を想定する。とりわけ、第39集団軍は、人民解放軍最精強の「瀋陽軍区」でも最強とうたわれ、機械化に伴う展開速度は侮れない。38度線付近の非武装地帯で2015年、北朝鮮の朝鮮人民軍が仕掛けた地雷で韓国陸軍の下士官2人が大けがを負い、南北間に緊張が走るや、瀋陽軍区の戦車を主力とする部隊が中朝国境に急派されている。

7大軍区は5個の戦区に統廃合されたが、注目は北京の頭越しに「対北独自外交」を繰り広げる瀋陽軍区を北京軍区に吸収合併できるかだった。布石として、瀋陽軍区勤務が豊富で、軍区に強く影響を及ぼす軍区内外の反習近平系軍高官粛清を断行。全軍統率機関=中央軍事委員会副主席、徐才厚・上(大)将(1943~2015年)の汚職など規律違反での逮捕は、いかにも象徴的だ。半面、北京軍区司令官に習氏と近い上将を抜擢(ばってき)するなど着々と布石を打ってはいた。

クーデターは起きていた!

布石にもかかわらず、徐上将失脚で14年、徐の腹心の第39集団軍幹部はクーデターを起こした。
クーデターは小規模で鎮圧されたが、かくも抵抗勢力が跋扈する不穏な情勢では、瀋陽軍区を北京軍区に吸収合併する目論みが達成できる道理がない。むしろ、瀋陽軍区は北京軍区の一部を形成していた内モンゴル自治区を取り込み北部戦区へと膨張した。

韓国の朴槿恵大統領は北核実験を受け、中国に「北朝鮮が痛みを感じる実効的制裁を」と呼び掛けたが、中国の対北経済制裁後、なおも北朝鮮が延命している現実は、民主国家との緩衝地帯である北の息の根を止めぬよう中国側が水面下、国家ぐるみで援助を続けている側面もあるが、「瀋陽軍区」の隠密支援が大きな要素だ。

「瀋陽軍区」を頼みに、核実験やミサイル発射をためらわない北朝鮮の暴挙は、北京の許容限度を超え、習近平派はメンツを失った。メンツを失う程度ならまだしも、クーデターは思わぬ形と成って現出するやもしれない。

軍制改革は2020年まで続くが、習主席が、なりふり構わず一層の強攻策に走り、「瀋陽軍区」の完全解体や金正恩体制を打倒せんとすれば、北朝鮮と一蓮托生の「瀋陽軍区」は、北京へ向け戦術核ミサイルを撃つよう北に「命令」を下すという恐れを、小欄は完全否定できずにいる。

「最精強を誇る《瀋陽軍区》は、習主席にとって目障りどころか、政治生命まで左右する『超危険な存在』」
「対北完全経済制裁に踏み切れば、『瀋陽軍区』はクーデターを考える」
「北京は旧成都軍区の核戦力で威嚇し恭順させる他ない」
「北朝鮮の軍事パレードで登場するミサイルや戦車の一部も『瀋陽軍区』が貸している」
「核実験の原料や核製造技術を北朝鮮に流し、または北の各技術者を『瀋陽軍区』内で教育・訓練し、『自前』の核戦力を造ろうとしているとの観測」
「徐上将失脚で14年、徐の腹心の第39集団軍幹部はクーデターを起こした」
「瀋陽軍区は北京軍区の一部を形成していた内モンゴル自治区を取り込み北部戦区へと膨張」

中朝国境を流れる鴨緑江の中国側の町、丹東では、中朝友誼橋のたもとで北朝鮮の切手や紙幣、たばこが売られている。橋はトラックと貨車が行き交う北朝鮮への物流拠点。手前が丹東、向こう岸が北朝鮮 =2006年10月、中国・丹東

2015年10月、平壌で行われた軍事パレードに登場した中距離弾道ミサイル「ノドン」(共同)

援助物資を載せて中朝国境の鴨緑江にかかる橋を渡り、中国・丹東から北朝鮮に向かおうとするトラック=2004年4月

・なげーなぁ   まあがんばれ。
・要するにお得意の内ゲバかw
・撃つなら早く打て。
・一番頭痛の種の軍区だろ
・格下の北を使うことはあっても組むことはないだろ
・弾道ミサイルの移動式発射台とか中国軍の組織的な協力がなければ、北朝鮮に渡らないだろう。
・歴史は繰り返す   いつの時代も中国崩壊は内部闘争
(2~3年前にも話題になってたな…定期的に出てくる噂)
・妄想じゃ無いだろ   ちょっと前のミサイル発射実験の射場から着弾点の距離は 射場から北京までの距離とぴったりだったし
・地方軍閥が北京に核攻撃か
・北の核ミサイルが暴発して北京を殲滅すると面白い。
・最近の高速道路上から発射された北のミサイルは、明らかに「瀋陽軍区」から流れた中国製と思われる。
・北朝鮮は瀋陽軍区の実質別動隊で北の核は北京政府への対内戦用だって説は昔からあるんだよね、真偽は知らん
・北京に向けて核ミサイルってのはファンタジー臭いが瀋陽が蜂起するのはあり得るかな  あそこは中ソ国境紛争もあったし軍事的には要所 朝鮮族が軍を掌握してるのも確か
・一方で気になるのがアメリカなんだけど、こっちは本気で北朝鮮を潰す覚悟みたいだけどな
って考えると、軍管区の再編は、北朝鮮空爆で起こるであろう瀋陽の暴走を阻止するためとしか思えないわな
・中共が制裁に消極的なストーリーとしては成り立つな  北京としても厄介な北朝鮮だが、満州国を再興させる訳にはいかんからな    しかし、日本の新聞社が知る情報なぞ米露は既に把握しているはず 米露中が手が出せないほど強力なのかね
・支那の得意技は孫子の兵法による「偽装」だ。  曰く「戦術の要諦は、敵をあざむくことである」(孫子 始計編より)
北朝鮮は明確に支那(瀋陽軍閥)の傀儡国家である。
・中国は来年秋の党大会まで派閥間でゴタゴタ続くから日本にCIAみたいな組織あれば面白いのだが
・波田陽区と空目したw
(中国・ロシア・北朝鮮 VS 中国・韓国もありうるのか…これは面白い)
・知っている人は知っていると思いますが、「高崗事件」などというのも存在しまして、東北地区というのは、昔から、かなりヤヤコシイ場所なんですよ。   この記事では、「瀋陽軍区」と北朝鮮の関係にしか触れていないけれども、もし、「高崗事件」の様に、ロシアなどの支持を受けて軍区の独立性を強化する、なんてことになったらどうなるか。
これは、党中央軍事委員会の了解のもとだろうけれども、「瀋陽軍区」とロシア極東軍の共同軍事演習なんていうのは、もう何度も行われていますし。   既に失脚した薄熙来氏も、権力基盤の一つが遼寧省や大連市など「瀋陽軍区」まるかぶりであったわけで。
・藩陽軍区って、元は満州軍で日本からの軍学校の教育を受け継いでいるから、中国の軍区の中で「俺達は唯一まともな軍隊」という  一番プライドが高い所だっていうよな。   実際、一番強いらしいしな。
北京の言う事を聞かないんで、目の上のタンコブ扱いされているし、北朝鮮に物質を流して小遣い稼ぎをしているとは言われているが、クーデターは無いと思うわ。   まあ、中国の中が混沌としてきたら、また満州国として独立をかましてきそうではあるが。
・親日の満州国をつくれ。  ロシアの満州利権の保証と引き換えに、北方領土を四島返還させろ。
・長いけど、久々になかなか興味深い内容だった。   こんなに経済制裁を受けているのに、弾道ミサイルとか核爆弾のような
人もお金も技術も材料も必要な極度に難しい開発を進められるのも説明できるし。  シナリオとしては、この瀋陽軍区がクーデターおこして、中国で内戦勃発したら面白いかも。    北朝鮮+瀋陽軍vs人民解放軍 韓国はどちらも支援するはず無いから静観する。   ロシアは北京か瀋陽のどちらにつくのか難しい。   政治・経済的には北京だろうけど、軍事的には瀋陽の方が重要だから。   アメリカや日本などの西側は何も動けない。  そうなると、泥沼の内戦が長期にわたって下手すれば北京と北朝鮮で核戦争になるかも。    中国が崩壊していくつかの国に分かれるだろう。  北部と中央と南部と西部の各自治州とかで。
少なくとも香港やチベットやウイグルは独立する大チャンス。   インドはチベットを支援するはず。   経済的には北京を大きく凌駕して西側と繋がりが大きい上海も北京から距離を置くかも。   さて、日本はどうなるか?
北京は東シナ海や南シナ海どころじゃないから手を引くだろう。  台湾はこれを機に国連を巻き込んで正式に独立に向かうはず。
・天安門事件の虐殺を行つたのも東北の軍隊、曹操の末裔は呉、蜀を殺すのに躊躇しない
・結局毛沢東が失脚してから中華は分裂してるんだよ  表面上はひとつの国だけど内部では何十年も前から対立してる、基本的には華南と華北
北京、上海、広州、この3つの軍閥の対立を中心に周辺軍閥があっちへ付いたりこっちへ付いたりして国内の勢力均衡を保ってるんだ   それも来年で崩れるだろうな (´・ω・`)
・中国の人口が多すぎるので内戦やって人を減らせ
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事