Entries

中国ゾンビ企業の解体と中国共産党の葬送曲 東北特殊鋼集団倒産

おゆみ野四季の道  新 2016年10月14日 (金)

 とうとうゾンビが死亡し始めた。韓国と中国の企業のことである。
韓国はサムスンや一部企業以外はほとんどが赤字で、特に造船海運関係企業はすべてゾンビという状況だったが、この8月末に世界第7位だった韓進海運が倒産し、世界中の港で所有船舶が入港を拒否されていた。

注)韓進海運の倒産の詳細は以下参照
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-c564.html

 一方中国は国営企業が軒並み赤字でゾンビ状態だったが、こちらは地方政府が懸命に資金繰りの手当てをしてきたので、まさにゾンビらしくいつまでたっても死亡しなかった。
鉄鋼、石炭、セメントといった基幹産業だが、こうした企業は従業員がほとんど共産党員だから一種の互助組織として生き延びてきた。
「あんた、ここをつぶしたら共産党員がみな失業してしまうではないか。それでは中国共産党がもたない」

 しかしいくらたっても鉄鋼や石炭やセメントの価格は上昇せず、負債はうなぎのぼりになりかつて威勢よく発行した社債の償還には全く応じられなくなってしまった。
東北特殊鋼集団は大連に本拠を置く中国大手の鉄鋼会社だが、過去9回にわたって社債の償還ができずデフォルト状態だったが、ついに地方政府は資金援助をあきらめ倒産処理に入った。
負債総額は約8000億円である。
簡単に言えばこの負債金額は共産党員に対する扶助手当に相当する。

 中国は特に鉄鋼生産が過剰で約8億トンの生産量を誇るが、これは日本の1億トンの8倍で、GDPが日本の約2倍だから、単純計算で6億トンは過剰生産に陥っている。
「しょうがないだろう。共産党員を食わせるためには何が何でも生産して、後ははたたき売りしか方策はない」
世界市場に中国の安価な鉄鋼製品が出回って、アメリカのトランプ氏が経営するホテル建設でもこの安価な鋼材を使用しているとクリントン氏がやり玉に挙げていた。

 通常であれば過剰生産になれば操業を短縮するのだが、中国は基幹産業がすべて国営だから赤字になっても国有銀行がファイナンスし続けるため操業短縮をしない
日本の旧国鉄と同様で、「親方五星国旗」がつぶれるがずがないということで赤字があっても生産をし続けるのだが、その資金のしりぬぐいをさせられる地方政府はたまったものではない。
「同士、いくらなんでもこれ以上は無理だ。北京政府は世界との約束もあってゾンビ企業はつぶせと言ってくるし、国立銀行も金を貸さなくなった.あきらめてくれ倒産だ」

 社会主義経済の最大の弱点は経済が縮小し始めても企業を救うための操業短縮ができないことだ。労働者の馘首ができないのだが、企業体が共産党の互助組織だから企業をつぶすことは共産党の組織をつぶすことになる。
だが作れば作るほど販売は不可能になって、当然のことに資金繰りがひっ迫する。そのしりぬぐいは国有銀行が行ってきたが、北京政府はもうこれ以上のゾンビを生かし続けることができないと判断し始めた。
「まずい、このままでは世界最悪の企業体ばかりになってしまい、国際社会からの落ちこぼれになる・・・・・・」

 こうしてゾンビ企業の淘汰が始まったが、それは同時に共産党組織の解体であり中国共産党の葬送曲にもなっている。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事