Entries

中国軍の反政府デモがとんでもない人数になっていた! 最悪の場合クーデター発生の可能性キタ━━!

NewsU.S. 2016.10.16

元軍人デモ、「9つの省の省長が緊急に北京入り」=情報筋
2016/10/15 17:30

中国全国各地から集まった退役軍人が11日北京市中心部にある、軍最高意思決定機関の中央軍事委員会と国防部が入っている、通称「八一大楼」の前で集まり、生活の保障と待遇改善を訴えて、12日早朝まで約24時間の抗議を行った。最終的に約1万人以上が集結し、元軍人による過去最大規模の抗議活動となった。情報筋によると、デモ参加者代表は当局の高官と交渉を試み、一定の成果を収まったとし、今回の抗議活動は「成功した」「今後元軍人による陳情の前例となった」と示した。

最終的には1万人 「軍人陳情の成功例に」

米国「自由アジア放送」(RFA)が12日の報道によると、「八一大楼」の前で行われた異例のデモに、続々と集まった元軍人の人数は最初の数百人から最終的に1万人を上回った。

デモの一部始終を目撃した北京市民で、自身も軍の元士官だった王さんは大紀元の取材に対して、「八一大楼」周辺では中年の元軍人に埋め尽くされ、元軍人の列が2~3キロ続いたと話した。王さんを含めて多くの北京市民が元軍人らに水や食べ物を提供して支持を示したという。

クーデターに発展も? 情報提供者「交渉が失敗すれば、さらに多くの元軍人を呼び込む」

匿名希望の情報提供者は大紀元の取材に対して、「当局に北京に入るのを阻止されないように、元軍人の多くは私服で北京に入り、「八一大楼」の前に到着後に迷彩色の軍服に着替えた」とした。元軍人らは出身の省や地区で分かれてそれぞれの列を作って並び、横断幕を持ちデモを行ったという。

同氏によると、当局は多数の武装警察などを出動させ、警戒態勢を敷いた。またデモが始まった最初の頃、10数人の元軍人が逮捕されたが、双方は大きな衝突がなかった。その後逮捕された元軍人は解放された。

情報提供者は、「デモを呼び掛けた元軍人は当初、もし12日に当局が何らかの改善を示さなかったら、中国とベトナムとの戦争に参加した元軍人など、さらに多くの応援を呼び込もうと考えていた」と明かした。それが現実となれば、元軍人によるクーデターに発展する可能性を示唆した。

「問題解決に9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入った」

また、情報提供者は「抗議中、当局は下級の官員から上級の官員にと次々と出てきて、交渉にあたった」とした。「最初は警察当局が鎮圧にあたったが、状況が逆に悪化すると分かって、当局は(党中央政治局委員で中央政法委員会書記の)孟建柱氏や人民解放軍の総政治部の少将や国家信訪局(直訴を統括する部門)の局長などが交渉にあたった。しかし、元軍人らは中央高層指導部の高官と直談判したかった」。

同氏によると、当局は11日夜9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入らせ、問題解決にあたらせるとの異例な措置をとった。

海外中国語メディア「博聞社」の報道によると、中国当局は最終的に、習近平国家主席の側近で中央軍事委員会弁公庁の秦生祥主任に、元軍人らとの談判にあたらせた。

元軍人の代表が中央高層指導部の代表との交渉は12日早朝の6時まで行われ、最後に双方は一定の合意を達した。また、「八一大楼」前にいた元軍人らは、当局が用意した大型バスに乗り込み、デモが収束した。

一方、自由アジア放送によると、大型バスに乗り込ませられた元軍人らの大多数が地元に返送された。また一部は、地方陳情者を収容する施設である北京の馬家楼に連れられたという。

デモ参加者のほとんどは営レベル以上の士官で、1993年と2000年に軍総政治部が実施した人員削減政策の対象だった。当時は総政治部が軍人に対して数万元の退職金を1回きりで渡し、退役後各地方での転職を段取りしない方針だった。

情報提供者は今回のデモでは待遇問題が直ちに完全に改善されると思わないが、しかし「成功した」とし、「今後、他の元軍人陳情者には前例になったのではないか」と示した。

国内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では、今まで元軍人の陳情事案の大多数は中央政府に報告されることがなく、軍総政治部の信訪部門で保管されただけだったと囁かれていた。「江沢民の側近で徐才厚氏らが軍を掌握していた時、総政治部の官員らはより高い地位に昇進できるよう贈賄・収賄などに没頭していたため、元軍人らの陳情を完全に無視した」という。
(翻訳編集・張哲)

「『八一大楼』の前で行われた異例のデモに、続々と集まった元軍人の人数は最初の数百人から最終的に1万人を上回った」
「元軍人の列が2~3キロ続いた」
「多くの北京市民が元軍人らに水や食べ物を提供して支持を示した」
「当局が何らかの改善を示さなかったら、中国とベトナムとの戦争に参加した元軍人など、さらに多くの応援を呼び込もうと考えていた」
「元軍人によるクーデターに発展する可能性を示唆」
「9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入らせ、問題解決にあたらせるとの異例な措置」

・習、危ういことになってきたな。
・影武者の何人かは覚悟を決めただろうな。
・あらやだ  本格的に分裂内戦の開始?   たいへんよねー
・大陸は内乱頃試合分裂頃試合 統合虐殺のループだからなあ
・中国がおかしなことになってるね   農村部と都市部で給与格差が異常な事になってるし   借金や外貨準備がえらいことになってるから 半年~2年くらいで突然クラッシュするかもね
(1000人だったとしてもヤバイだろ…デモが明るみになったこと自体が異常)
・人数が問題では無く、軍人デモの情報が漏れ出した事が問題なのでは?   今までなら、そんな事が有っても情報が漏れて来なかった。   情報が漏れるような場所でのデモは許さなかった。  しかし、今回は其れが行われた事が、この記事の本質。
しょっちゅう行われている日本共産党のデモの人数の差異など大した事は無いが、今まで無かった事が発生した場合は要注意が必要。
・大紀元の取材か  法輪功信者が中共にやって虐待されてるとカナダでは主張してたね  闇の臓器売買も絡んでいるとの研究結果もある この情報には乗りたいだろうな
クーデターには至ってないが、例え起こしたいと思っても起こせないのが現状だろう 中国(人民解放軍)はスパイ活動も多い
他国に亡命したところで軍事関係の需要に有り付ける可能性は少ない
中共に不満のある中国系移民の鬱憤が溜まってそうでも対中国の封じ込め、東シナ海紛争とかには乗ってくる気配が見られないのが謎   分からんなー
(勘の鋭い奴はさっさと国外に逃げてるからな…残った絞りカス状態の中国)
13億人の巨大市場中国
2015年7月、「ピュー・リサーチ・センター」の中国所得分布の報告書
「貧困層」(年収約8万7600円)        12%:1億6800万人
「低所得層」(年収約8万7600円~43万8000円) 66%:9億2400万人
「中所得層」(年収約43万8000円~87万6000円) 18%:2億5200万人
「アッパー・ミドル」(年収約87万6000円~219万円)4%:5600万人
「高所得層」(年収約219万円以上)         1%:1400万人 
…「高所得層」は、しばしば子弟を留学させ、
海外に不動産を持っている人々
すでに、グリーンカードのような永住権や
外国籍を取得している場合もあるとされる
・「中国に惑わされるな。  あそこは2億人の金持ちと10億人の貧乏人の国だ。 12億人の市場があると思うな。」  っていた人がいたけど、実態はそれより酷いんだな。
・問題は内戦状態になると何故か難民が中国からも半島からも来るんだろうと云う事よ  露西亜がどう動くかも重要なのよ
・クーデターで分裂する可能性が高い  経済格差と民族格差が分裂の原因になるだろう
・歴史的には(例外は有るが)分裂時代と統一時代を交互に繰り返すのが中国の歴史。 過去の例から見たら、次は複数の国に分裂する時代になるが、果たして如何なるか?
・1万人でもクーデターできるよ、このデモがそのまま民衆暴動になれば、 場所が場所だけに官庁に雪崩れ込んで鎮圧できなくなる。  ルーマニアがどうやって倒れたか??知ってたら分かる。
(2018年中国崩壊説はオリンピックの法則からかな)
・なんかさぁ、未来人の言ってた話と似てきた流れな気がするんだけどwww
・支那軍部からの政権への圧力か
・どこの国の借刀殺人の計だ? 日本だったら立派なもんだが、まさかね…。
・シナは18年までには崩壊するってどっかで聞いたなあ
・あと一年2ヶ月か 習近平の続投が決まるのがその時期あたりだし 実際何か起きそうだな
・早く擬、誤、蝕の三国に別れて殺しあえ
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事