Entries

日露友好通商条約(仮称)の締結が世界的規模の地政学的変動を誘発する。

白髪頭でズバリと斬る -じじ放談- 2016年10月18日

第1:日露友好通商条約(仮称)の特徴

日露友好通商条約(仮称)は、北方四島の帰属を確定し戦争状態に終止符を打つこと、貿易や投資の拡大等経済交流を深めること及び安全保障を含むさまざまな分野において多角的かつ多面的な交流を促進することを目的とする。

米ソ冷戦時代、我が国は日米同盟を締結しソ連(ロシア)と対峙した。冷戦終了後、ドイツはロシアとの政治的・経済的交流を深化させ関係を復活させたが、日露平和条約交渉は米国(英国)の「ロシア(ソ連)敵視政策」も反映して何度も頓挫。我が国にとって日露関係は最も脆弱な輪となっている。

経済大国日本と軍事大国ロシアが新たな関係を構築すれば、日露両国の経済発展という国内問題にとどまらず、世界各国の力動関係に影響を与えることは間違いない。日米関係、米中関係、日露関係、中露関係、欧中関係、欧露関係、米露関係のほか、風向きに影響され易い周辺国と列強との関係にも微妙な影響を与える。今のところ、日露平和条約の締結に向けた交渉を牽制しているのは米国だけで、中国や欧州は沈黙を守っている。あるいは密かに妨害工作を仕掛けていたとしても不思議ではない。「米国の一極支配は許さない」を標榜し、中露連携を推進してきた中国(中共)は、ロシアの意向に逆らうこともできないから困っているはずだ。オバマ大統領の外交指南役ライス大統領補佐官に裏口から手を回し画策しているとしても誰も驚かない。

第2:国益第1主義と「米国依存」からの脱却

共和党大統領候補トランプは「米国の国益第1」を掲げ、露骨な保護貿易主義を唱えている。民主党大統領候補のヒラリーも低賃金労働者や失業者の不満を吸収すべく保護貿易策を打ち出した。「世界のために米国があるのではなく、米国のために世界はあるべし」というのである。これは「世界を豊かにする」という覇権国家としての普遍的な論理ではなく「世界から富を収奪し自国民を豊かにする」という収奪国家の論理だ。米国の低賃金労働者や無為徒食者以外に受け入れられる理屈ではない。

戦後、米国が7つの海を支配し、多くの同盟国を従え世界に君臨することができた背景は、米国が同盟国の安全を保障し経済発展を支援したからであって、必ずしも「法の支配」や「人権擁護」に共鳴したからではなかった。覇権国家は「同盟国の面倒をみる」という軍事的・経済的負担を背負うことで特権的地位を保持することができた。軍事的・経済的に同盟国の面倒をみることができなくなった覇権国家は同盟国を傘下に留め置くことができない。1990年前後のソ連邦と、2016年の米国を見ると容易に推察できる。

トルコ、エジプト、サウジアラビア等、中東における米国の主要同盟国が米国への不満を募らせロシアに接近しているのも、タイの軍事政権が中国に擦り寄っているのも、そしてフィリピンのドゥテルテ大統領が「米国離反→中露接近」を公言するのも根は一つ。オバマ政権は安全保障体制への認識が希薄で、かつ同盟国の経済を支援するだけの経済的余力が乏しいだけではない。同盟国の政府を「人権侵害(又は歴史修正主義)」といって非難・攻撃し打撃を与えることを「宗主国の権利(当為)」と考えている。宗主国としての義務は履行できないが、権利だけは主張する者から嫌がられるのだ。米国は自らの意思で「孤立主義に回帰する」と見るべきではなく、同盟国や友好国に見放され、やむを得ず「孤立主義に追い込まれる」と想定すべきだろう。

第3:日露友好通商条約(仮称)締結の衝撃

1.中国(支配)とロシア(服従)の蜜月関係が終わる

米国が主導する「ロシアに対する経済制裁(G7)」と、原油・天然ガス等の地下資源価格の暴落、ロシア通貨ルーブルの暴落によってロシア経済は壊滅的打撃を被った。ロシア経済は中国経済への依存を深めた。経済的見ると、恩恵を与える中国(上)と、恩恵を与えられるロシア(下)の主従関係が成立した。支配と服従の上下関係で成り立つ「華夷秩序」の現代版だ。中国の膨張戦略(一帯一路)にとって中露関係が損なわれたならば、中国海軍の海洋進出の夢を断念せざるを得なくなるだけではない。中露国境4000キロと、中央アジアとの国境3000キロの対応に忙殺される。それこそ「内憂外患」だ。

安倍総理とプーチン大統領の親密な関係を恐れる習近平は(安倍総理に競り負けしないよう)中露首脳会談を繰り返し、ロシアへの経済支援をテコにして中露両国海軍の合同軍事演習を繰り返しているが、これは何よりも「中国包囲網の結成」を恐れているからだろう。一方、ロシアから見ると、日露平和条約の締結は「中国への経済的依存(服属)」から脱却し「対等な露中関係」を構築できる手段となる。

2.ロシアに対する欧州(特にドイツ)の経済的優位性が危うくなる

最先端技術を有する先進国(欧米日)の中で、米英は「ロシアに対する経済制裁とロシア包囲網」を主導してきた。独仏とロシアは是々非々のウインウインの関係であるが、ロシアがクリミア半島を強奪した後はロシアと欧州の経済交流が停滞した。以来、ロシアには先端技術も、西欧資本も流入しなくなったからロシア経済は青息吐息の窒息寸前に陥っている。

これまで通り、日露関係がゼロであれば、米英や欧州はロシアとの持久戦を続けることができる。しかし、資金もたっぷり蓄え、最先端技術を備えた日本企業がロシアに進出するとなれば話は変わってくる。トンビ(日本企業)に油揚げ(ロシア)をさらわれる危険が高くなる。「悠然と構えておく場合ではない」ということになる。世界経済のデフレ化で需要が縮小しているから、欧米企業はイラン・キューバ市場への進出を窺っている。

なお、日露平和条約締結に向けた我が国のスタンスは「ロシアに対する経済制裁に抵触しない限度内で行う」といわれているが、もともとロシアに対する経済制裁は限定的かつ部分的なもので心理的効果を狙ったものに過ぎないから抜け道はいくらでもある。欧米企業も参入時期を探っているのではなかろうか。

3.日米安保条約は「対日管理」から「日米協同」へ

戦後、我が国は連合国軍司令部の直接統治下に置かれたが、朝鮮戦争の勃発による共産主義陣営の膨張に危機感を抱く米英仏豪加蘭等欧米の戦勝国は我が国とサンフランシスコ講和条約を締結し独立国家として復活させた。この独立は連合国軍司令部による直接統治から米国単独の間接統治に移行したもので完全独立とは程遠いものであった。米国による間接統治を保障したのが経済的・軍事的同盟として旧日米安保条約で、在日米軍基地の継続使用、在日米軍が管理する空域と海域の容認、武器・弾薬の自由な持ち込み及び軍人・軍属ら軍関係者の出入国の自由等を権利として保障した日米地位協定であった。そして、これらを十全に機能させ維持するため、米国政府は日本国政府に対して、必要に応じて、内政・外交・安保等に関する重要な案件について勧告し、又は米国の思惑を逸脱しないよう常時監視し、監督する慣行が形成された。

日米同盟は「契約」で成り立つ普通の国家関係ではない。「保護(支配)と被保護(従属)」が濃厚な疑似家族的な関係だ。米国は「対日干渉」を「親の権利を行使しているだけ」と考えている雰囲気なのだ。長年、米国に飼われ養われてきたと信じている日本政府は「米国に伺いをたてて行動する条件反応」を体得している様子なのだ。これを怠ると、体罰を加えられるかもしれぬと感じているようにも見える。

親が高齢となって引退し、子供が成人になって正業に従事すれば「保護と被保護」だった親子関係も変わる。不平等であった親子関係が対等な人間関係に変化し、やがて攻守の立場が逆転することもあり得る。米国の大統領選と政権交代に連動して日露平和条約の締結に向けた交渉が進展しているが、日米同盟が大きく変質する兆候ではなかろうか

4.中国は「ゴリ押し外交」から「周辺国との融和外交」へ転換する

日露平和条約が締結された場合、中国は「日露印越」という「目に見えない中国包囲網の脅威」にさらされる。インドはロシア(ソ連)の兵器を購入する等準軍事同盟関係を保持してきた。Brics首脳会議でインド訪問中のプーチン大統領はモディ首相と会談(15日)、軍用ヘリの共同開発とフリゲート艦や地対空ミサイル(S400)を購入することで合意した。インドは欧米日との軍事交流を深める等多角的安全保障政策を推進中

日本国にとって、日本海や東シナ海における中露海軍の合同軍事演習は歓迎スべき出来事ではない。したがって、日露平和条約が締結された後は、日露関係に悪影響を与える(ロシアの国益に反する)として忌避されることも在り得る。現在、ロシアは準同盟国のベトナムとインドが嫌がる南シナ海(西沙諸島・南沙諸島周辺海域)での中露両海軍の合同軍事演習にも積極的ではない。ベトナムとインドのご機嫌を損じるのはロシアの国益に合致しないのだ。

中国海軍は日米豪・日米印の海軍合同軍事演習に対抗して、ロシアを巻き込んで中露海軍合同軍事演習を行ってきた。仮に、ロシアが中国一辺倒外交から抜け出すことができた場合、中国は「孤立」を避けるため、武力を前面に押し出す「ゴリ押し外交」から、周辺国との融和を図る「善隣友好外交」に転換せざるを得なくなる。中国共産党中央の権力闘争の帰趨にかかわりなく、そのように動かざるを得ない。

まとめ

日露友好通商条約(仮称)が締結されたならば、日露両国の経済発展に寄与するだけでなく、北海道周辺の緊張を緩和できる。我が自衛隊は虎の子の精鋭部隊を、東シナ海・南シナ海という我が国の生命線(シーレーン)となる海域の防衛に注力できる。

ただし、伝統的に「ロシア(ソ連)主敵論」を掲げるユダヤ・アングロサクソン同盟(米英)にとって、日露関係が大きく改善される事態は好ましくないし、何としても妨害したいと考える。ロシアがクリミア半島を強奪した如き、日露平和条約交渉が頓挫するような大事件が発生するのを期待しているはずで、何らかの挑発行為を仕掛けてロシアが暴発するよう仕向けることがあっても不思議ではない。

中国(中共)が海洋と陸上の新シルクロード構想(一帯一路戦略)の要点はロシアを中国の忠実な配下に留め置くことである。中国にとっては「日露関係が悪くなればなるほど好ましい」となる。逆に、日露両国が善隣友好関係を樹立することは中国の国益に反し、「一帯一路戦略の見直し」を迫られるほどの大事件となる。

従来、ロシア市場を独占してきた欧州(特にドイツ)企業にとって、技術力や資本力で競合する日本企業がロシアに進出することは愉快な話ではない。できるならば妨害したいと考えているはずだ。あるいは、これを奇貨として、経済制裁以降途絶えていたロシアとの商談復活を狙っているとしても不思議ではない。

以上、日露平和条約締結い向けての日露交渉は列強(米英・中国・欧州)から歓迎されていないだけでない。彼らは既得権(戦後秩序)を守るために日露平和条約の締結に向けた交渉が頓挫するよう「さまざまな妨害工作」を仕掛けてくると想定しておくべきだろう。過去60年、日露(ソ)平和条約交渉は何度も妨害され頓挫させられてきた。今回は列強の警戒心を煽らないよう配慮しているように見える。

「自国の国益」と「他国の国益」は交渉当事国では「引き分け」又は「ウィンウィン」の関係となるが、周辺国又は関係国の国益を損なうことも少なくない。そもそも、万国が歓迎する「国益第1」なんぞはあり得ないし、まして周辺国や関係国の意向を尊重し迎合しているだけでは「国益」を求める資格はない。

戦後71年、我が国は米国に管理され、飼い慣らされてきた。、「自ら判断し、自ら行動する」という国家の在り方を忘れていた。外交も、内政も、そして安全保障も、「アメリカのご機嫌を伺って決める」という自主性がないものであった。今回の日露平和条約締結に向けた交渉は、我が国にとって、戦後初めての本格的な自主外交に一歩踏み込んだものだ。田中角栄が行った電撃的な訪中と「日中国交回復」と異なり、外交・通商交渉を積み重ねるという本格的な外交交渉を行っている。

「戦後レジュームからの脱却」とは、スローガンを叫び世間の喝采を浴びることにあらず。戦後の「既成事実」を一つ一つ見直し、変えていく息の長い作業こそ「真の戦後レジュームからの脱却」ではなかろうか。安倍総理は「国体護持」の原理主義者から「現実直視」の現実主義者に変身した。草食又は肉食から、何でも喰らう雑食に変身した。

白髪爺 at 09:29

この記事へのコメント

1. Posted by abc 2016年10月18日 15:56
米国は日ソ接近に内心どんな思いでいるのでしょうか?
また、北朝鮮はどんな気持ちで眺めているのでしょうか?

2. Posted by 絢爛たるグランドセーヌ 2016年10月18日 19:19
https://www.youtube.com/watch?v=0-UKln9yErU
東方経済フォーラムでの安倍総理の発言が、かなり具体的だったことに驚きました。ここまで綿密な計画があったとは知りませんでした。

http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20160921001.html
2012年から、すでにウラジオストクでの経済協力が始まっていたことからも、安倍総理の本気度が伝わってくるようです。

ただ気になるのが、最近はロシアとアメリカの関係が急速に悪化していることです。
http://www.mag2.com/p/news/223378

もし、ロシア嫌いのヒラリーが大統領になってしまったら、日本とロシアの日露友好通商条約(仮称)や、その先にある日露平和条約の締結を阻止しようと、国防総省や国務省が、なりふり構わず妨害工作を仕掛けてきそうですね。

民主党政権時代、日本が中国に急接近した際は、アメリカが日本の官僚と検察とメディアを使って鳩山や小沢を潰しました。この2人は叩けばホコリが出てくるタイプの政治家でしたから、失脚させることに成功していますが、安倍総理の場合はどうなるのでしょうね。

3. Posted by 白髪爺 2016年10月18日 22:47
(絢爛たるグランドセーヌさんへ)
我が国企業が単独でシベリア市場に進出すれば、欧米の嫉妬心を惹起すると思います。戦前、欧米の思惑を無視して、満州国傀儡政権を立ち上げ、中華民国との戦端を開きましたから、我が国は孤立させられました。
したがって、シベリア(ロシア)に進出する場合は、欧米企業(とりわけ米国企業)を仲間に誘う等のリスクヘッジを行うべきだと思います。嫉妬されないように危険を分散する配慮が必要かと考えます。

4. Posted by 白髪爺 2016年10月18日 22:52
(abcさんへ)
いうまでもなく、米国も北朝鮮にとっては愉快な話ではないと思います。そもそも「隣の家が豊かになることを歓迎する国はない」と考えておくべきでしょう。「他人の不幸は蜜の味」という諺もありますし。

5. Posted by 左巻き大嫌い 2016年10月19日 08:05
シリアをめぐって米露対立が激しさを増しており、米露直接対決の危険性が迫っています。いざという時に日本はこれまでのように死んだふりはできないでしょう。日米同盟がある限り、またNATOがある限り、日欧はロシアと対峙するしかありません。

トランプ氏が大統領に選ばれれば、他国の問題で米国は孤立主義を貫くでしょうが、ヒラリーとなれば全面核戦争の危険性は大幅に高まります。我々日本人は中露からの核ミサイル攻撃を覚悟すべきでしょう。このような場合に平和憲法が無力である事を悟っても時既に遅しです。

もう手遅れかも知れません。日本人が平和の幻想から目覚めるよりも先に日本は滅びてしまうかも知れません。たとえ、遅きに失したとしても、我々日本人は未来に対するイメージ力を高め、核武装を含む自主防衛努力をすべきでしょう。

ロシアとの関係改善は重要ですが、その前に、軍事面で他国依存から脱しておくことが必須要件だと考えます。

6. Posted by gouchi 2016年10月19日 12:50

新たな局面に入っているとは言え、手足を縛られた我が国の軍事態勢のママでは外交力では太刀打ちできずに終わりそうです。先ずは憲法9条を改正したいところです。

7. Posted by 白髪爺 2016年10月20日 08:57
御意見について、「総論」としては異議ありませんが、我が国が「核武装や敵基地攻撃能力を含む)自主防衛力の強化を推進することに断固反対するであろう米国、韓国、中共、ロシア、北朝鮮というAKCRN対日包囲ラインの抵抗を押し切って(場合によっては国交を断絶して)断行することは不可能ですし、亡国を招きます。
戦後、歴代自民党政権は、「米国の管理下にあって、如何なる手順(工程)で自主防衛力を強化するか?」に腐心し、ようやく現在の限定的防衛力を保持することができました。
我が国の今日的課題は「何を語るか?」ではなく、「いかなる手順で達成するか?」ではないでしょうか。「塵も積もれば山となる」又は「千里の道も一歩から」と申します。あるいは「急いては事を仕損じる」とも申します。

8. Posted by 大和は国のまほろば 2016年10月22日 21:37
ブルーバーグからですが・・

ドイツ銀行の中国から資金の引き上げが全くできない様ですね
ドイツ銀行が処分した債権のお金『35億ユーロ程度)を中国から引き揚げようとしてストップがかかって居るそうですけど

中国外貨準備金がそこをついてしまった様です
前の前にブログ主様が経団連が中国共産党首脳陣に日本の企業の引き揚げについてスムーズにできる様配慮願いたい旨話あった件で・・・馬鹿か(笑)そこまではいってませんでしたが・・ドイツ銀行は日本よりかなり厳しいみたいですね

9. Posted by f15 2016年10月22日 22:41

>ただし、伝統的に「ロシア(ソ連)主敵論」を掲げる
>ユダヤ・アングロサクソン同盟(米英)にとって、

アメリカにとっての仮想敵国は常にロシア/旧ソ連(と日本)であって
中国は寧ろビジネスパートナーかつ韓国とともに日本を抑えつけて置く為の重しなので
日米同盟を幾ら深化させても対中国では機能しないでしょう
昨今の中国はGDPで日本を抜き、アメリカに迫る勢いだったので調子に乗ってたが
経済の調子が悪くなると当座は百年マラソン戦略を引っ込めるだろうし
アメリカの方も中国と対立するよりは、ビジネス優先で付き合いたいはずです
再び米中関係は改善に向かうと思います
その時日本はアメリカ一辺倒だと米中に挟撃されかねないので
ロシアとの関係を深めるのは喫緊の課題でしょう
私は経済、内政、対中韓外交で全く安倍政権を評価してませんが
対ロ接近は、北方領土の返還がならなくても、ある程度評価できると思います

10. Posted by 白髪爺 2016年10月24日 19:38
(まほろばさんへ)
ドイツ銀行は中・独合弁企業やゾンビ国営企業に莫大な資金を貸付けているでしょうし、その相当部分が回収の見込みが立たない不良債権化しているのかもしれませんね。そこで、少しでも出血を減らすべく損切りして「逃げ出し」を図ったのでしょうが、外貨不足で青息吐息の中国にとっては「無い袖は振れぬ」ということで、手間暇をたっぷりかけて審査し、時間切れに追い込むつもりでしょう。一度、ヤクザの賭場に出入りした者は「骨の髄までしゃぶられる」ということでしょう。もはや「逃げるのも手遅れ」ですから、回収できない債権として会計処理すべきではないでしょうか。
VWの燃費改竄やドイツ銀行の不祥事が発覚する等、メルケル首相も「泣き面に蜂」ですね。誰が仕掛けているのか不明ですが・・・。

11. Posted by 白髪爺 2016年10月24日 20:01
(f15さんへ)
世界は「五里霧中の状態」に突入しておりますから、「石橋を叩いて渡る慎重さ」と、「周囲の安全確認を十分に行って運転する冷静さ」が求められていると思います。原理原則を貫きつつ、かつ、情勢に応じて臨機応変に対応できる柔軟さが求められていると思います。
中米関係はご指摘の通りだと思いますが、「知らん顔して付き合う」という厚かましさが必要かと思います。
25日、プーチン大統領を尊崇するドゥテルテ大統領(比)が来日します。おそらくドゥテルテは安倍総理とも「ウマが合うはず」ですから、オバマ大統領の嫉妬心をさら刺激する「日比首脳会談」となるかもしれませんね。

12. Posted by まほろば(大和はカットします) 2016年10月24日 20:33
>VWの燃費改竄やドイツ銀行の不祥事が発覚する等、メルケル首相も「泣き面に蜂」ですね。誰が仕掛けているのか不明ですが・・・。

そうなんですか?仕掛けてできるものなのか?
安倍総理は長い忍従の果てにロシアのプーチンとの間に実った果実をもぎ取ろうとしているのに、メルケルさんは気の毒な事です

13. Posted by 白髪爺 2016年10月25日 23:03
メルケル首相も、EUの盟主として、独企業が中国市場を席巻する成果を上げる等、ドイツ経済を見事に復活させました。結果、ドイツは周辺国から嫉妬され、さらに覇権国の存在を脅かす経済大国に成長しました。だが、二番手は覇権国から警戒され、集中砲火を浴びて撃沈されます(失われた20年)。
それにしても、韓国の朴槿恵大統領の不祥事が次々に発覚しております。朴槿恵大統領は身も心もボロボロに朽ちているのではないでしょうか。数年前、習近平のお先棒を担いで「反日告げ口外交」に狂奔していた頃が最も輝いていたとは、何と哀しい宿命(さだめ)でありましょう。
「禍福はあざなう縄の如し」とみなすべきか?、「因果応報」を申すべきか?、あるいは某国諜報機関が「罠を仕掛けた」と考えるべきか?いずれにせよ、この世は魑魅魍魎ですね。

14. Posted by ゆうこ 2016年10月27日 12:25
>それにしても、韓国の朴槿恵大統領の不祥事が次々に発覚しております。朴槿恵大統領は身も心もボロボロに朽ちているのではないでしょうか

今日のNHKでは支持率17%と急落・・
しかし弾劾裁判など政治の空白は作る事ができないので、野党はする気なし

もう大統領降りた方がいいかもしれないところまで来てしまいましたね
サムソンといい、現代といい、大統領といい・・別に同情する気は有りませんが、大丈夫?
でも通貨スワップ(5兆円でドル対応だそうですね)はやめてほしいです・・安倍総理お願しますね

15. Posted by 白髪爺 2016年10月27日 22:59
中国には「溺れる犬は叩け」という諺があるそうですが、中共擦り寄り外交を賞賛していた野党やマスメディアも一斉に「叩く側」に回っております。
中共が仕掛けているのか?それとも米国が企てているのか?いずれにせよ、米中二股外交(ツートラック)の帰結かもしれませんね。米中双方に賭けて儲けるつもりが、米中双方から制裁を受ける立場に陥るなんて、これを称して「自業自得」というのでしょうね。
日韓通貨スワップ協定の協議内容について、我が国からは情報が漏洩していませんが、朝鮮日報が報じている情報(ウオンと円の直接取り引きではなく、米ドルを仲介する取引について協議中)が事実であるとすれば、日・韓の二国間通貨スワップ協定というより、日米・韓の三国間通貨スワップ協定が検討されているのではないでしょうか。「日米韓の軍事情報共有化と、日米韓通貨スワップ協定」など、あの手この手で、韓国を縛りつける存念かもしれませんね。レームダックした朴槿恵政権(残余1年余)に韓国民(特に左翼)が嫌がる汚れ仕事を引き受けさせる構想かもしれません。

16. Posted by 小市民 2016年10月29日 18:19
北海道民には興味深いことです
戦後スターリンが北海道の半分をアメリカに要求したようですが、これを足掛かりに夢よもう一度でない事を祈るばかり

17. Posted by 白髪爺 2016年10月29日 22:26
危険を犯さず、手をこまねいて待っているだけではも「現状」を変えることはできません。「それで良し」というのであれば、マイナス金利の定期預金を続ける以外にないと思います。
何もしなければ永遠に回収できない訳ですので、そろそろ「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と一勝負してみる必要もあるのではないでしょうか。

18. Posted by 軍事速報の中将 2016年10月30日 20:37
世界情勢を鋭く切り込まれる視点に、何時も感嘆しつつブログを拝見しています。

初めて投稿させていただきます。
韓国情勢についてですが、第一次安倍内閣の時、アメリカが同盟国不適格として米韓同盟の破棄を日本に通告し、その後駐留米軍の撤退が進んでいる等の記事を読んだことがあります。米国の衰退と共産主義の防波堤としての役目の終焉、ロケットミサイル中心の軍事情勢からしても、緩衝地帯としての役割はすでに終わっているのではないでしょうか。韓国国内の従北の浸食度合いからしても、自由陣営に引きかえれないとこまで行ってしまっているのではないかと思います。そんな国と、あらゆる条約や協定を結ぶ意味があるのか、といつも憤慨しています。似非儒教に染まりきった彼国に民主的国家運営など夢のまた夢と感じています。生かさず殺さずが戦略なのでしょうか。

19. Posted by 白髪爺 2016年10月31日 22:41
中共は北朝鮮を、日米両国は韓国を防波堤と位置づけております。防波堤は同志である必要はなく、敵に擦り寄り、寝返ることがなければ「役割を果たす」ことができます。
地政学的に見て、朝鮮半島国家は周辺大国の緩衝材となっているということではないでしょうか

20. Posted by 大和は国のまほろば 2016年11月01日 17:35
先日日曜日テレビのそこまで言って委員会を久しぶりに見ましたが・・
ロシアとの話し合いは厳しく、結局2島または4島の返還はなく、したがって日露の経済協力もそれなりのレベルで終わってしまうのでは・・という話もチラホラ

そこで来年1月の解散総選挙も行われずに通常どうりに行くのでは・・という話が出て居ました
返還も無いまま選挙に入ったら野党統一候補にかなりの選挙区で敗れるだろうという話です

安倍さん苦労してますね・・
まあ我慢比べ大会です・・オーストラリアもアボットさんを引きづり降ろしたものの反日政権は風前の灯

ロシアも日本をないがしろにすると・・後が怖いよ(笑)
というより中国の状況がわかったので日本に対してロシアが強きなのでしょう

21. Posted by 白髪爺 2016年11月01日 23:10
ロシアは手強い交渉相手ですから、自国の弱点を秘匿し「少しでも良い条件で妥結すべく、値切り交渉を始めているつもり」なのでしょう。もっとも、我が国(企業)は世界中から「引く手アマタ」ですから、ロシアも頑張りすぎると、元も子もなくしてしまうかもしれませんね。我が国(企業)はロシア市場を失っても大勢に影響はありませんが、ロシア経済の未来にとっては日本企業を誘致することができるか否かは未来を決するほど重要な案件です。客観的に見ると、ロシアが威張る条件はない訳ですが、劣悪な環境の下で「武士は食わねど高楊枝」を貫くところが如何にもロシア風ではあります。
プーチンの側近であるロシアの上院議長は日本以外の先進国からは入国を禁止されておりますから、我が国の特別配慮は十分に理解していると思います。

22. Posted by 絢爛たるグランドセーヌ 2016年11月03日 13:56
韓国が中国漁船に機関銃…中国「強い不満」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161102-00000107-nnn-int

最近の韓国はTHAADを配備決定したり、ロシアにすり寄ったりして、明確に親米、親露、反中姿勢が目立ってきていたようですが・・・
2016年6月21日にも、韓国軍が中国漁船の船員を拿捕していますし・・・

自分は、この動きは、てっきり反中に転向したパククネが指示しているものと思っていましたが、パククネの側近逮捕のスキャンダルでレームダック状態が深刻になって以降も中国漁船に強く抗議しているということは、この一連の反中国の動きはパククネさんの意思とは無関係だったのか?・・・と不思議に思っているのですが。韓国国内で、保守派が勢いを盛り返しているのでしょうか? 
それにしても、こんなことを指示できる人が韓国軍にいたとは・・・
10月下旬にパククネがレームダック化したことで、「これでまた韓国は中国の情婦に戻るな」と予想していた自分にとっては意外な動きでした。ブログ主様はどう思われますか?

23. Posted by 白髪爺 2016年11月03日 21:25

韓国は経済の失速、北朝鮮の核脅威、外交での孤立など未曾有の国家的危機に見舞われておりますが、こ緊急事態を乗り超えるべき政治は司令塔たる大統領官邸(青瓦台)が機能不全に陥っているほか、議会も与野党の対立や、与野党とも党内紛争で一致した対応がとれません。そこで、国軍とKCIAが米国と連携し「軍部主導の緊急時対応」に切り替えているように見えます。
北朝鮮のミサイルと核実験の後、中共軍と朝鮮人民軍(北朝鮮)は「血は水よりも濃し」の同盟関係にあることが明確になりましたから、従来と通り、幻想を抱いて中共に擦り寄ることもできません。同様、ロシアも国連安保理の北朝鮮への制裁でも明確になったように、「北朝鮮を優先し、韓国を劣後させる」動きをしておりますから依存できません。したがって、韓国の選択肢は「対米依存しかない」ということになりました。韓国には「あれか(中露)、これか(米)」という選択肢はなく、「米国だけに国家の命運を委ねるほかなくなった」のだと思います。
朴槿恵大統領の対米・対中二股外交(ツートラック)は完全に破綻したと思います。

24. Posted by 大和は国のまほろば 2016年11月08日 12:32
明後日ごろにアップされるのはアメリカ大統領選挙の結果でしょうか?楽しみです・・

たぶんヒラリーですけど?4年もつのでしょうか?
副大統領は頼りになるのかならないのか?どんな人なのか?ヒラリーさんが倒れたら大統領としてやれる力量があるのか?
日本にも大きな影響を与えるので見守ります・・

25. Posted by 白髪爺 2016年11月08日 22:49
ヒラリーが当選した場合、下院は共和党が多数派を維持するとみられておりますから、第2期オバマ政権と同様、予算を成立させるために悪戦苦闘させられるのではないでしょうか。
また、トランプが当選した場合、共和党主流派との対立が想定されますから、これも予算を初め各法案成立に苦しむのではないでしょうか。
米国は、現在の韓国と同じように「内輪もめ」で体力をすり減らし、覇権国家としての対応がとれませんから(トランプ>ヒラリー)、列強が割拠する19世紀型の「Gゼロ時代」に向けて加速させる役割を担うのではないでしょうか。
軍事的・経済的強国として、アメリカ帝国、ロシア帝国、中華帝国、ドイツ第4帝国、ペルシャ帝国、オスマン帝国、インド帝国、そして我が日本帝国が想定されますし、その萌芽が随所で見られるようになっておりますが、大統領選以後は、その傾向がさらに鮮明になると思われます。

26. Posted by abc 2016年11月09日 16:59
どうやらトランプで決まりそうです。
日本の安全保障はどうなるのでしょう?
韓国は日本に擦り寄って来るのでしょうか?

偉い時代になりそうです。

27. Posted by 白髪爺 2016年11月09日 22:12
米国は名実共に、71年続けてきた「戦後体制(レジューム)」に終止符を打つことになるのでしょうね。我が国にとっては「耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできた戦後の秩序(軛)から脱け出すチャンスが到来した」ということになるのではないでしょうか。今後、我が国の安全保障は「他力本願」から「自力自尊」へと切り替えるべきだと考えます。
「災い転じて福となす」という構えで臨むのがよいのではないでしょうか。


28. Posted by 大和は国のまほろば 2016年11月13日 22:28
5月6日のエントリー再度読みました

>米国は、オバマの「戦線縮小戦略(リバランス)」から、同盟国に負担を押しつけ自主防衛力の強化を求めるトランプの「後方支援戦略」へ転換する。

あれから6カ月が立ちトランプ大統領が来年には始まります
安倍総理は猛獣使いの渾名がありますから、左にプーチン右にトランプですね(笑)

それにしてもアメリカの反トランプデモは異常です
民主主義がどこかに飛んで行ってしまったんですね

29. Posted by 白髪爺 2016年11月14日 22:00
左翼は自己都合で民主主義を利用しますが、尊重しないという実例だと思います。
最近、安倍総理とウマがあう(相性が良い)大統領が次々に誕生しておりますが、これも「大自然の摂理」なのでしょうね。告げ口外交の朴槿恵は見る影もありませんし、不思議なものです。

30. Posted by 中原信者につぐ 2016年11月17日 05:04
反トランプデモの首謀者は在米韓国人で日本の神奈川県にいたこともある者とウィキリークスに出ました。
どこの国でも、韓国人は混乱渦中の人になるようです。外国へ行って、外国政治に関わるなど、外国の迷惑でしかなく、犯罪行為です。
ウィキリークスは、犯罪行為をした不法滞在者を強制送還したいトランプ政権への援護射撃してきました。
トランプ氏はニューヨークタイムズなどが、リベラル?に偏向し過ぎて、何千もの読者を失っていると批判しました。最近のアメリカリベラルは犯罪的ですらあり、日本左翼かお手本にすべきはアメリカリベラルとやっていた私は恥ずかしい限りです。

31. Posted by 白髪爺 2016年11月17日 22:16
世界中の左翼にとって、英国のEUからの離脱に加え、左翼の天敵であるトランプが米大統領に当選した訳ですから「氷河時代がきた」と感じているのではないでしょうか。
それにしても、「トランプ大統領は認めない」とするマスメデイア(NT紙ら)や左翼勢力(自称リベラル)が「反トランプ運動を続けている最中」に、米国最大の同盟国日本の総理が表敬訪問して懇談するという訳ですから、トランプは大喜び(左翼は立腹)しているのではないでしょうか。
何しろ、プーチン(露)、メイ(英)、ドウテルテ(比)等、左翼が大嫌いな指導者に先駆けて、我が安倍総理がトランプと懇談するということですから、その結果に世界中が注目しております。
親米保守を辞任する中西輝政や古森義久は「プーチン憎し」の親中派クリントンが落選したので、さぞ落胆しているのではないでしょうか。

32. Posted by 大和は国のまほろば 2016年11月18日 11:00
安倍総理がトランプさんとの懇談を無事終えたようです

安倍ちゃんは鞭の替わりに『ゴルフクラブ』を手土産に行きましたけど・・どこのメーカーかな?
本間かな?ミズノ?カーボン素材かな?ゴルフをやらない私にはどれがいいのかわかりませんが・・
きっと手土産にされたクラブは日本でこのクリスマスに売れそう・・品切れになるかもしれない

予定の時間をオーバーして一時間半、トランプさんの自宅で行われた様ですね

話はきっとかみ合うはずないけど・・とりあえず滑り出しの掴みはOK!です

処であの会談後の安倍さんの囲み取材・・すごかったですね
皆さま(世界中)興味津々でした

33. Posted by 白髪爺 2016年11月18日 22:50
安倍総理は米国内だけでなく、世界中(ナショナリストを除く)の嫌われ者となったトランプを表敬訪問して「信頼できる人間」と太鼓判を押してあげたのですから、トランプも「借りができた」と感じているのではないでしょうか。
安倍晋三氏は、ある場面では民族主義者と非難され、他の面では自由貿易論者(グローバリスト)と攻撃され、さらに国内的には社会民主主義者又は国家資本主義者に変節したと批判されています。いわゆる「七変化」の柔軟すぎる現実主義者の安倍晋三氏が、世界に先駆けてトランプ氏と懇談しましたから、潮流も一変するのではないでしょうか。
安倍若頭としては、相性の悪いオバマ親分を補佐するよりも、ウマの合うトランプ親分を補佐する方が気楽かもしれませんし。
「まさかの坂」の連続で、景色が時々刻々変化しています。

34. Posted by 大和は国のまほろば 2016年11月22日 12:44
安倍総理の留守に地震があってヒヤリとしました
ニュージーランドにも先日有ったので、東北も一か月以内に来るなと思ったら・・やはりきました
余震が又続きます・・

処で北方領土問題はかなりのトーンダウンですね
日露の共同声明はどんな内容になるやら
トランプさんもTPPは大統領に就任したらすぐに離脱を表明すると発表・・
なんだか皆様思いきり自分勝手な事になりそうです
日本は結局振り回されるのか?

35. Posted by 白髪爺 2016年11月22日 21:57
先般、対日交渉の責任者であるプーチンの側近(メドベージェフ派の閣僚)が逮捕され更迭されました。盤石に見える独裁政権では「利権を巡って権力闘争が激化する」といわれますが、ロシアでも「対日交渉のテーマ」が権力闘争の駆け引き材料になっているのでしょう。
トランプも身内だけでは閣僚人事や4000人の官僚人事を行うことが不可能なため、自由貿易主義を主張する共和党主流派の助力を得なければなりません。濃い原液でも大量の水で割ると薄くなりますから、トランプとしては2ヶ月後の大統領就任式まで「初心を忘れないよう」タガを締める必要があると考えたのでしょう。トランプの選挙公約は「絵に書いた餅」だということは誰よりもトランプ自身が認識しているでしょうから、これからの2か月間は「落とし所を探す旅」ということになるのでしょう。
世界は、我が安倍内閣を除き内憂外患だらけですから、泰然自若して初志貫徹すればよいのではないでしょうか。世界中が米英仏独中露そして我が国の動向を固唾を飲んで見守っていると思います。「どの国が信用できるか?」と。

36. Posted by 大和は国のまほろば 2016年11月23日 08:22
そうですね・・
特にロムニーやジュリアーニさんがトランプ政権に入ればトランプ色はかなり薄くはなります
彼らは百戦錬磨で政治的には格上でしょうから・・

来年の大統領就任と時期を同じくしてアメリカの株も一段落で下がるとは思って居ますが・・どうなることか

それにしてもオバマ大統領はすっかり影が薄くなってしまいました
就任時のはつらつした若さが失われ、お爺さんの様です・・大変な激務だったのでしょうね
反対に病気がちだった安倍さんがはつらつしているのが対照的です

37. Posted by 白髪爺 2016年11月23日 22:00
2・3年前、安倍総理をイジメていた朴槿恵とオバマは今や見る影もありませんし、習近平にも不吉の雰囲気が漂っております。これを称して「因果応報」というのかもしれませんね
権力者は「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」と自戒し、謙虚に振る舞うべきということなのでしょうね。

38. Posted by 中原信者につぐ 2016年11月27日 22:33
トランプ氏の政権が共和党とかなり妥協?して作られていきそうなのは、安倍政権が日露平和条約の中で2島返還を盛り込んでいく上で好材料です。プーチン大統領がトランプ氏を一本釣りすれば米露関係が良くなるかと言えば、そういうことではなく、クリミヤ問題を怒る共和党幹部達にトランプ氏は、プーチン大統領は話ができないヤシではないことを納得させる材料が必要です。日ソ共同宣言を落とし所に領土問題を最終解決し日露平和条約までこぎつければ、安倍総理とプーチン大統領は共に自国で話し合いの勝利を宣伝できます。数々の軍事的勝利をものにしてきたプーチン大統領にとって、今回、軍事的勝利ではない勝利が重要だと思います。プーチン大統領は米国と付き合う上で共に勝った安倍総理に口添えを頼むことも可能でしょう。
AI革命を本格的に迎えるかもしれない米国を前に、プーチン大統領は歴史的に米露を和解させておいた方が良いようです。米露対立では、ロシア経済が更に米国経済に突き離されてしまい、ロシアの国際的地位が低下するからです。現在、米国は通常戦力で太平洋戦争と同時にもう一つ大戦を戦い抜けるか?の力があるそうですが、ロシアは局地戦が三連続以上起きると厳しいので後は全面核戦争するしかないとみられています。そしてプーチン大統領はやる時にはやると公式表明済み(笑、しかし笑い事でない)です。いづれにしても、共産主義イデオロギーをまとわないプーチンのロシアは米国の仮想敵国にしては小さすぎ、地球を滅ぼす力はあっても、米国覇権に挑戦する力は無いとみられています。
何故、米露の和解が遅れるのか。極東が不安定になる一因にもなっており、残念なことです。

39. Posted by 白髪爺 2016年11月28日 08:52
孤立主義(一国主義)に傾斜し易い合衆国を欧州戦線に引き込んで、ロシアの膨張を牽制し、ドイツの台頭を押さえ込むのが英国の伝統的な勢力均衡論といわれております。
東アジアでいうと、合衆国を抱き込んで、ロシアを牽制し、日本の台頭を押さえ込むという中共の戦略になっているのだろうと思います。
我が国が日米同盟を基軸としつつ日露関係の改善を図るのは、中露の蜜月関係に楔を打ち込み離反させること、米国依存外交から自主外交に移行させる狙いがあると思われています。
国家関係も、二国間関係・三国間関係・多国間関係が複雑にからみ合っているように思います。
二次元方程式から、三次元方程式又は多次元方程式の時代になったのではないでしょうか。敵と味方は流動的で、かつ時間の経過とともに移りゆくものと考えておくべきかもしれませんね。

40. Posted by 大和は国のまほろば 2016年12月02日 20:55
なんとなくぼんやりとですが・・
プーチンの訪日はドタキャンになる様な嫌な予感が(笑)

材料が悪すぎてなんだか平和的な感じがいたしません

41. Posted by 白髪爺 2016年12月02日 22:42
米英欧中露韓を初め各国で「国益第1」のナショナリズムが沸騰しておりますから、各国の政権は「国内対策を優先せざるを得ず、外交は2の次の3番目」と位置づけざるを得なくなっているのでしょう。
「領土問題」は国家主義・民族主義をもっとも刺激する要因ですから、さすがのプーチンも「手をつけるタイミングではない」と考え始めたのかもしれませんね。
という訳で、予定通り「山口会談」で行われるとしても「経済的な日露関係の推進」が主要なテーマになるのでしょう。
新帝国主義時代の外交は、ご指摘のようなドタキャンが頻繁に起こり得ると覚悟しておくべきなのかもしれませんね。「それが常態だ」と。

42. Posted by 大和は国のまほろば 2016年12月08日 22:04
安部さんハワイにオバマさんと行くことになったのですね…
広島に来たときチラッと思いました
一応広島の返礼としてアメリカが強制してはいないと言ってますけど?
まあ良いでしょう…
プーチンさんとオバマさんと…12月はgreatです
今風にthis is pen(オバマ) this is Apple(プーチン)といったところですね

43. Posted by 白髪爺 2016年12月08日 22:18
「日米露印越」の環中国協商と「日米豪印英比」の海洋同盟の二本立て興行で、とても忙しい御様子ですね。
敵も一本調子の「力による現状変更」だけでなはく、「撒き餌による多数派工作」にも努めております。オバマ(ライス親中派補佐官)からトランプに変わることで、米国の外交戦略がどのように変化するか、世界中が固唾を飲んで見守っているのではないでしょうか。
我が国は「自主防衛力」を向上させ、日米同盟を基礎にした「自主外交」を推進するチャンスが到来したように思います。「これを奇貨として・・・」という感じです。

44. Posted by 不良定年親父 2016年12月09日 21:57
ネット上で反日と酷評されている電通と朝日新聞が、労働基準監督局により、ガサ入れされました。同じような違法な労務管理を行っている会社は、いくらでもあることは、サラリーマンの常識であることに鑑みれば、形式的には単なる労働事件ですが、実質的には、公安事件なのかもしれませんね。

45. Posted by 白髪爺 2016年12月09日 22:25
かって朝鮮総連関係が軽微事案で、集中的に家宅捜索を受けたことがありました。違法行為に対する警告もあるのでしょうが、各種資料を収集する意図もあったのでしょうね。
御指摘の件も、そろそろ「狙い撃ちの時期か?」と考え始めたのかもしれませんね。韓国の政変と何らかの関係があるのかもしれませんし。

46. Posted by 8 2016年12月13日 17:34
ロシアがシベリア鉄道を北海道に延伸希望しているそうですが、不凍港が欲しい「侵略国家ロシア」が北海道に目を付けているという事でしょうね。
中川八洋氏のサイトを拝見致しますと、ロシアが如何に油断ならない相手かがよく分かります。
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/
安倍首相がきちんとやってくれれば良いのですが...正直心配です。

47. Posted by 白髪爺 2016年12月13日 22:46
帝政ロシアが満州鉄道を建設した狙いの一つは「ロシア軍の円滑な移動である」とされていたそうですし、仮に、シベリア鉄道ー樺太(サハリン)ー北海道を線路で結合したいというロシアの狙いは、御指摘のように経済的効果だけではないと思います。
しかし、莫大な建設費と完工までの数十年の年月を勘案すると現実的な提案とは思えません。むしろ、ガスパイプラインや送電線の建設が主たる狙いではないでしょうか。
トランプの世界戦略は、戦後の「ソ連(ロシア)封じ込め」「中共抱き込み」の路線から、「中露分断」による中国孤立化とレーガン大統領が「経済で冷戦に勝利した」との前例を踏襲して、中共経済を崩壊させる経済対策を次々と繰り出す感じがいたします
時代は「米ソ(露)冷戦時代」から「米中冷戦時代」に転換しました。今は、中共の意向を忖度して「反ロシア」の旗を掲げる時期ではないと思います。

48. Posted by 8 2016年12月14日 04:33
反支那は勿論最優先であると思いますが、ロシアも支那と同様に領土拡大指向の侵略国家ですから、ロシアも油断ならない相手であると思うのですが...。(支那の経済崩壊は第一ですが、それを求めるあまり、ロシアに足下をすくわれないか心配という意味です。)

49. Posted by BB 2016年12月14日 09:55
更新やめたのでしょうか?残念・・・

50. Posted by 白髪爺 2016年12月14日 21:49
(8さんへ)
柵がないサバンナでは、いろいろな敵が狙っております。新帝国主義時代はロシアも、中共も、そしてトランプの米国さえも油断のならない相手であると認識して対応すべきでしょうね。ロシアだけを特別視必要はないと思います。
(BBさんへ)
ご期待にそえず申し訳ありません。間質性肺炎が悪化しているようで体調が芳しくなく、目下「在宅による養生生活」に専念しております。ブログを再開できるよう心身の回復に努めたいと思っております。

51. Posted by 8 2016年12月14日 22:58
療養中とは知らずに申し訳ございませんでした。
ロシア人に対しては「一切譲歩せず毅然とした態度をとる事」が非常に重要であると言われております。(一つ譲歩すると、そこで引かずに更に譲歩を求めて来る。)
安倍首相が毅然とした対応をしてくれる事を期待すると致しまして、本件のコメントはこれ以降控えます。
お体の回復を第一として、お大事になさって下さい。
ありがとうございました。

52. Posted by BB 2016年12月15日 09:24
そうでしたか、ご病気でしたか。それは申し訳なかったです。
楽しみにしていたブログなので残念ですが、とにかく治療に専念して、無理なさらずにお願いします。

53. Posted by 中原信者につぐ 2016年12月15日 20:55
日露首脳会談でブログ更新されるものだと思っていたら、ご病気だったのですね。
一日も早いご回復を祈っています。

54. Posted by 白髪爺 2016年12月15日 22:39
ご心配賜りありがとう御座います。「やれること」を一つづつ行って、一歩一歩、心身の回復を期したいと存じております。

55. Posted by 茶坊主 2016年12月16日 00:55
ブログ主の白髪爺様
いろいろなブログを拝読させていただいております。
白髪爺のブログのファンの一人であります。
体調が良くないとのことですが、ファンの一人として心配しております。
体調が回復しましたら、鋭い視点のご意見をまたアップロードしていただけますか?楽しみにお待ちしております。
お身体をご自愛ください。
来年もよろしくお願い申し上げます。

52. Posted by BB 2016年12月15日 09:24
そうでしたか、ご病気でしたか。それは申し訳なかったです。
楽しみにしていたブログなので残念ですが、とにかく治療に専念して、無理なさらずにお願いします。

53. Posted by 中原信者につぐ 2016年12月15日 20:55
日露首脳会談でブログ更新されるものだと思っていたら、ご病気だったのですね。
一日も早いご回復を祈っています。

54. Posted by 白髪爺 2016年12月15日 22:39
ご心配賜りありがとう御座います。「やれること」を一つづつ行って、一歩一歩、心身の回復を期したいと存じております。

55. Posted by 茶坊主 2016年12月16日 00:55
ブログ主の白髪爺様
いろいろなブログを拝読させていただいております。
白髪爺のブログのファンの一人であります。
体調が良くないとのことですが、ファンの一人として心配しております。
体調が回復しましたら、鋭い視点のご意見をまたアップロードしていただけますか?楽しみにお待ちしております。
お身体をご自愛ください。
来年もよろしくお願い申し上げます。

56. Posted by 白髪爺 2016年12月16日 22:22
ありがとう存じます。「うさぎ」が徐々に変身し「かめ」になった違和感がありますが、あせらず、いそがず、じっくりと体力の回復に努めたいと思っております。

57. Posted by 大和は国のまほろば 2016年12月17日 21:50
2011年に入院されて以来ですね・・健康というのは普段はわからずなってみて健康は有りがたいものだと感じますね・・
勝手に書きますのでコメントのお返事は要りません
しかし大変な時代ですよね何と言ってもロシアと2+2ですよ
何かの冗談かと思っちゃいました
日本側が岸田さんと稲田さんだそうです
来年早々にもしたいとの事、何を話し合うんでしょうかね(笑)

58. Posted by 白髪爺 2016年12月17日 22:37
「米国の一極支配」が崩壊すれば、ロシアと中共の蜜月関係の必要性が低下しますし、とりわけ安全保障上の利益相反場面が増えるます。この戦略眼は地球儀を俯瞰する安倍総理とプーチン大統領は一致しているのではないでしょうか。
特に、習近平が推進する「陸のシルクロード構想」は伝統的なロシアの縄張りを侵すものですし、さらに「北極海航路の構築」(日本海ー宗谷海峡ーオホーツク海ー択捉・国後海峡ー北太平洋ーベーリング海峡ー北極海ー西欧)はロシアの勢力圏(公海)を通路とするものです。ロシアとしては中国艦船(軍艦・商船)が我がもの顔でォホーツク海を通航することを牽制したいと考え、択捉・国後両島に移動式対艦ミサイルを
配備しました。我が国や米国にとっては択捉・国後海峡を通航する必要はありませんから、ロシアの狙いが「中国対策」であることは明白かと思います。
ロシアは恐るべき戦略国家で、「中ロ蜜月関係」の中にあって、近未来を展望し、「備え」の布石を打っているです。敵に回すと恐るべき相手ではあります。

59. Posted by 孫のようなもの 2016年12月29日 12:11
じいちゃん、体調どうですか?
長文はいらないので、俳句のような短文にて日米首脳の真珠湾訪問を解説して欲しい。それと中国情勢をを絡めてね。
最近の中国経済は吹かしているところは堅調だけれども、資金流出が激しい。上に政策あれば下に対策あり。人民元暴落前のヘッジは泥船から逃げ出すネズミのよう。

60. Posted by 白髪爺 2016年12月29日 19:45
食えなくなり、栄養失調で「死ぬか?」と感じましたが、目下、栄養補給に重点をおいて体力回復と軽い散歩を試みているところです。
真珠湾の「同盟を固めた興行」は「オバマ大統領の最後のレガシーづくりに花を供えたもの」でしたが、安倍総理にとっては「米国と中韓の歴史認識に対する分断を図る」というメリットがあったといえるかと思います。従来は中韓のロビー活動が功を奏し、米中韓3国連携による「対日非難」が繰り返されてきましたから、中韓両国は「ハシゴを外された」と落胆しているのではないでしょうか
それと、核保有国に包囲されている我が国の現実を勘案すると、対中・対韓・対北・対露関係を動かす上で「日米同盟を強化しておく必要がある」と認識されているのでしょう。米国にとっても「好きだ、嫌いだ」といっている場合ではなく、「米国の対アジア戦略の要(日米同盟)を重視せざるを得ない」ということなのでしょう。
これまで中共は「ハッタリと誤魔化し」で窮状を隠蔽してきましたが、もはや経済の失速→崩壊という現実を覆い隠すことができなくなりました。中共が「中日経済対話」をしつこく迫り、歴史問題等での対日非難のトーンを抑制しているのも、経済的に相当困っていることの証左だと思います
なお、トランプは「米中エスタブリッシュメントが共謀し制度化した東アジアにおける戦後秩序の欺瞞性」を暴露し対決色を強めています。台湾蔡英文総統との電話会談を行い、親台湾派人脈を抜擢しています。我が国と英国は「台湾駐在事務所」の呼称を変更しました。不思議ですね。偶然なのか?連携プレイなのか?
1月中旬、安倍総理が豪州、インドネシア、ベトナム、フィリピンを歴訪、1月下旬に日米首脳会談、そして遠くない時期に日露首脳会談と、情勢は風雲急を告げています。「中共で大事件が発生する」と想定しているのかもしれませんね。

61. Posted by 孫のようなもの 2016年12月30日 08:23
玉稿拝受。少し無理をさせたようですみませんでした。2017年のブラックスワンは中国大混乱かもしれませんね。今夏は日米独英でほぼ同時に長期金利が底打ちしましたが、丁度30年前の1986年が重なって見えます。来年はブラックマンデーの1987年ということでしょうか。中国殺すにゃ軍事はいらぬ、もうちょっとドル金利が上がればとどめ刺すのかも。あるいは70年前にも似てきたような。1947年の2年後は内戦を経ての人民共和国建国。今年はお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。健康長寿を祈念しております。

62. Posted by 大和は国のまほろば 2016年12月30日 09:02
今年も大変お世話になりました
勉強させていただきました・・安倍総理の真珠湾訪問も無事済ました
来年もよろしくお願いいたします
話は変わって・・補助食品は使って居ますか?
1、甘酒(飲む点滴)
2、エンシェア(ビタミン・ミネラル・タンパク質完璧)
3、胃婁だっていいですよ(元気なんだから自分で入れましょうね)
ある程度体力が回復したら・・体重が戻ったら抜いたらいいでしょう・・知人でそうした人もいます)
それでは良いお年を・・

63. Posted by 不良定年親父 2016年12月30日 12:09
・お大事にしてください。健康を回復され、できるだけ早期に、健筆をふるわれんことを期待しております。
・天皇陛下の新年のお言葉の取りやめ。ご健康が理由ではなく、一部ネットで頻繁に書き込まれている問題と関係があるのか、わかりません。来年は、維新150年、後醍醐天皇ご即位700年。ご譲位に端を発して、何かありそうと思うのは、私だけでしょうか?
・韓国の最高裁判所が、朴大統領の弾劾を認めるかが、韓国の今後の動静を決定するように思われます。安倍総理は、日韓合意がひっくり返された場合の対応策は、想定すみとは思いますが・・・

64. Posted by 白髪爺 2016年12月30日 17:46
(孫のようなものさんへ)
2017年は戦後秩序の崩壊が決定的となる世界史的大変動の時代(同時多発型)になるかもしれませんね。

65. Posted by 白髪爺 2016年12月30日 17:54
(まほろばさんへ)
目下、医者の指導によりエンシュアを飲んでいますが、御指摘の甘酒、カロリーが豊富なアイスクリーム、カロリーメイト、大好きな「お寿司」をなるべく食べるようにしております。そして、愛犬ラブ用に購入した「酸素製造・吸入機」も間欠的に吸引しております。その効果もあってか、体力と気力が少しづつ回復しているかも・・と感じております。

66. Posted by 白髪爺 2016年12月30日 18:07
(不良定年親父さんへ)
韓国にとって、又は朴槿恵にとっても「進むも地獄、退くも地獄」ですから逃げ道はありません。将棋でいえば「詰んでいる状態」です。しかし、逃げ道を塞がれたネズミは「窮鼠猫を噛む」と申しますから、朴槿恵は徹底抗戦するのではないでしょうか。そして、憲法裁判所で「嫌疑不十分・無罪」を勝ち取ったならば、任期満了までの1年で、反政府勢力を殲滅する圧政を行うのではないでしょうか。トルコ、タイ、フィリピン等開発途上国型と同じ手口を使うのではないでしょうか。もちろん、トランプ大統領の了解を得なければなりませんが。

67. Posted by 茶坊主 2017年01月01日 22:49
白髪爺様
明けましておめでとうございます。
毎日、こちらのブログに訪問していたハズでしたが、年末年始に少しだけ忙しくしておりましたら、No.60にて白髪爺様の現状分析があり、うれしく拝読させていただきました。
お身体は、まだ回復されていませんか。
お大事にしてください。
白髪爺様の分析、たいへんに勉強になり、頭に叩き込もうと、ゆっくり何度も読み返しています。
本年もよろしくお願い申し上げます。

68. Posted by 白髪2017年01月02日 22:19
あけましておめでとう御座います。昨年はご愛読賜りありがとう御座いました。
金と同じく体重も、失うのは「あっと」いう間ですが大病を患いますと失った筋肉や脂肪を取り戻すことは至難の技だということが理解できました。
目下、気力(集中力)は少しづつ回復しているように感じられますが、体力を回復させて短文のブログからでも再開したいと念じ、当面する課題に取り組んでおります。

69. Posted by 独歩 2017年01月06日 23:11
あけましておめでとうございます。
釜山の慰安婦像の件で韓国と日本の関係は急激に悪化しだしました。
朴槿恵政権が終了して左派政権(北朝鮮寄り)になる前にこれほど関係が壊れていくとは想像していませんでしたので、なかなかに面白い展開です。
このまま次期左派政権に突入すればいったいどうなることやら。韓国はどこまで強気で押し通していくのか。日本もそこまでとことん付き合えるのか。実に興味深い展開です。

70. Posted by 白髪爺 2017年01月07日 10:15
韓国の現状は、(1)北との関係断絶、(2)中共からの事実上の経済制裁、(3)トランプ次期大統領の対韓政策は不透明、(4)韓国経済は急減速、(5)朴槿恵大統領の職務権限停止など内憂外患、四面楚歌の危機的状態にあります。このような中にあっても、彼らは内紛に明け暮れ、旧宗主国であった日本への依存(甘え)を捨てきれません。不可解なことに彼らは「日本は韓国を助けて然るべし」との妄想的信念をもっておりますから、今回の我が国政府の措置は彼らにとっては「寝耳に水」の想定でなかった突発事態でありましょう。
我が民族は歴史的に見ると、「堪忍袋の緒」が切れると、突然暴れだす性向があるといわれております。あのチャーチル英首相も、大日本帝国が米英に対して大東亜戦争を仕掛けてくるとは想定できていなかったといわれております。チャーチルは「無理難題を押し付けていくならば、日本国は従前とおり屈服させることができる(ユデガエル)」と信じていたといわれています。
2017年は、世界中が古い着物を脱ぎ、新しい衣服に取り替えて、新たな国家関係・経済関係を築き上げていく年になるのではないでしょうか。いずれの関係においても「これまでの慣行が無力化又は形骸化し、再構築せざるを得ない時代が始まる」ということではないでしょうか。

71. Posted by 不良定年親父 2017年01月07日 14:28
・今回のわが政府が韓国に対してとった措置は、当を得たものと思いますが、あの二階や古賀がTVで、今回の措置に肯定的な発言をしているのに鑑みると、もっと深い事情があるのかな?と勘ぐってしまいます。
・オバマと共にホワイトハウスを去りゆく反日ライスの発言力がなくなったのか、対韓土下座をモットーとする外務省が官邸の意向に従わざる得ない事情があったのでしょうか(例えば、一部サイトで云々されている、外務省出身の皇室の外戚の御仁の非行問題)?
・朴オバハンの弾劾を最高裁が認めるか否かは別として、次期政権は親北ないしは北側の傀儡政権。だとすれば、韓国軍首脳は自己保全のために、アメチャンの了解を取ってクーデタをおこして軍事政権を確立する可能性があるのではないでしょうか?

72. Posted by 白髪爺 2017年01月07日 23:12
左翼(リベラル)の星オバマの任期もあと10日余。親中派筆頭のライス大統領補佐官はキッシンジャーの後釜を狙っているでしょうし、オバマやバイデンも中共を金づるにしたいハラかもしれません。
中共は虚仮威し(こけおどし)の軍備増強を行っておりますが、軍備増強を支えてきた中国経済は急速に衰退しておりますから、そろそろ「軍人の給料遅配」が始まっても驚きません。習近平は自らに権力を集中、共産党一党独裁からファシズム専制に乗り換えようとしておりますが、残念ながら「時間切れ」で終わるでしょう。
トランプが韓国を捨てるか?(在韓米軍撤収・戦時統帥権返還)、又は韓国を拠点として温存するか?(御指摘の軍事クーデターなど)で、韓国の命運は決まるのではないでしょうか。
我が国と中共の韓国離れを見ると、リスクヘッジ外交が始まっているのかもしれませんね。沈没する船の巻き添えを食って国益を損なっては困りますから。

73. Posted by 大和は国のまほろば 2017年01月25日 11:00
キッシンジャーさんが中国が一つでも3つでもアメリカにとって必要ならいいじゃないか・・・と言ったとか言わないとかネットニュースは騒がしいです
今年もどうぞよろしくお願いします
トランプさんは・・この人経済わかっているのか?はたまたわからない振りをしているのか?悩むところです
またトランプさんの4年後にはリーマン並みの経済不況にアメリカが陥るような予感が・・笑

74. Posted by 白髪爺 2017年01月29日 19:09
現在、米国は大統領の手足となるべき主要閣僚や官僚の後任も決まっていない事実上の「開店休業状態」にありますから、トランプ大統領は娘婿を窓口にして電話による首脳会談を始めたのでしょう。自業自得とはいえ、民主党や世界中のマスメデイア(左翼)がトランプ憎しで敵意をむき出しにして襲いかかってきておりますから、トランプの試練の日々はもう少し続くと思います。そこで登場する白馬の騎士が我が安倍総理という役柄になっているのでしょうね。出来損ないの親分(オバマ・トランプ)を補佐する若頭も苦労が絶えませんが、課せられた役割を担うことで、期待される役割も高まると思います。
推察するに、トランプは外交・安保・政局等の政治経験はゼロで、かつ経済音痴という「平均的米国人」とみなしてよいと判断しております。トランプは無知であるが故に「時代の歯車」を回転させることができるのではないでしょうか。時代を動かす革命は知識人(専門家)の調整力ではなく、粗野でド素人の蛮勇力だろうと思います。トランプの力による現状変更(国益第1)はトランプの意思と思惑を超えて新世界秩序を創生するのではないでしょうか。

75. Posted by 大和は国のまほろば 2017年01月30日 21:55
なるほど・・
最近発達障害という便利な言葉が流行って居ますけど・・幕末の坂本龍馬も発達障害だったそうで・・だからあのような大きな仕事ができたのでは?という話です
発達障害ですから、KYで相手の気持ちを推し量ることもなく、自分の夢を朗々とまくしたて相手を自分のペースに巻き込む・・そういわれたらトランプさんに似て居るかも
ただトランプさんの思惑とは別に、動いて居る経済界の(GS始め金融界の人々)人間は又バブル膨らまして売り抜けようっていう魂胆?ナノと妄想は膨らみます

76. Posted by 白髪爺 2017年01月31日 09:20
「○○とハサミは使い用」という諺がありますし、トランプが大統領選に当選した後、いろいろ思惑をもった輩がトランプに接近しております。トランプの馬鹿力を活用したいと考えている者も多いのでしょうね。
何しろ、この世は常にゼロサムゲームで成り立っておりますし、損する者がおれば、同数だけ得する者がいると申しますから。とりわけGSはインサイダーですから、目立たないよう巧みに振る舞うのではないでしょうか。

77. Posted by 独歩 2017年01月31日 10:05
トランプ大統領のイスラム圏からの受け入れ拒否が思わぬドタバタとなっています。
方向性は当初の公約通りで特に問題ないとは思うのですがなにぶん急すぎて空港で足止めされた人が多数出るなど、戦争状態であるまいし少々手荒すぎな感が否めません。
これから多くの日本人が期待する中国や北朝鮮に対する締め付け策を取ろうとする矢先なのにトランプ政権への世界の不満の高まりや国内での政権危機を迎えてあまり中国や北朝鮮に強硬策にも転ずることができずに終わるということに成り得ませんでしょうか。少々気がかりです。
ところで、このコメント欄が現在白髪爺様とのコンタクトできる場所ですが、すでに76まできて下までスクロールするのも少々面倒にもなってきたようにも思われます。
できましたら掲示板的な新スレならぬ何か挨拶程度のものでもいいので新規に上げて頂けると助かるのですが。。。^^;

78. Posted by 白髪爺 2017年01月31日 15:10
「△△に刃物」と申しますが、トランプは大統領職の切れ味の鋭さに快感を感じているのではないでしょうか。マスメデイアやオバマ大統領等の反発が強ければ強いほど「やる気を出すタイプ」かもしれませんね。
御指摘のように、長い間ブログを更新できておりませんから心苦しく思っております。ここ数ヶ月間、世界はトランプを中心に回っておりますし、専門家各位やジャーナリストもオバマ関連の意見を述べておられます。目下、筆者の関心は、トランプの狙いが(1)無国籍植民国家米国からの脱却なのか?それとも(2)覇権国家米国の再建なのか?ですが、今ひとつまとめることができません。

79. Posted by abc 2017年02月07日 12:02
この北朝鮮系ジャーナリストのマテイス長官日韓歴訪の記事は興味深いですよ。
一部抜粋
日本ではマテイス国防長官が韓国を最初に訪れたのは日本側の日程に合わせたからといった見方が流れているが、子供の負け惜しみのようなことを言っているから大局が見えなくなるのである http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute

80. Posted by 白髪爺 2017年02月07日 14:46
御指摘のように、「服属国の順位争い」に拘っていても生産的ではありませんね。もっとも、有史以来数千年、宗主国の顔色を伺い、庇護してもらい、生き残りを図ってきた韓族(朝鮮族)にとっては抵抗感のない態度でありましょうが。

81. Posted by 孫のようなもの 2017年02月09日 09:20
お久ぶりです。78.のコメントへ申し上げます。トランプはグローバリズムからリージョナリズムへ、あるいは経済のブロック化を目指しているとみています。意図は覇権再構築。力を蓄えてから再びグローバル化の果実を収奪する算段なのでしょうか。そこは憶測しすぎかもしれません。しかし、興味深いのはモノの動きを制限(保護主義)しながらカネの動きには制限をかけない、そのような姿勢を今のところみせているところです。モノとカネが裏表。何を考えているのでしょうね。国際金融資本の役割、効果をよく理解しているグループが控えているように思えます。

82. Posted by 花岡 鉄 2017年02月09日 12:14
久しぶりに書き込みさせていただきます。
お体よろしいのでしょうか。
トランプ大統領は世界を混沌に陥れているように見えながら、目的をもって動いているようにも見えますね。
中東7か国出身者の入国拒否ですが、サウジ、アラブ首長国連邦、エジプトなどが支持しているとか。
オバマ大統領の時に離れた中東の親米国家が戻ってくるような動きです。
面白いですね。

83. Posted by 白髪爺 2017年02月09日 22:57
(孫のようなものさんへ)
トランプの反グローバリズム(米国第1主義)はかって世界の生産工場であった米国を復興させる戦略のように見えます。賃金の易い開発途上国に流出してきた多国籍企業を回帰させ、栄光の座を取り戻したいということなのでしょう。トランプは粗野な言動(脅迫)だけで、多国籍企業を震え上がらせております。見事な悪党ぶりです。
米国は金融覇権を保持したままで、加えて世界の工場として復活できたとき、米国の覇権(第2期)は盤石なものとなるのではないでしょうか。
我が安倍総理はそれこそ恥も外聞をかき捨てて、嫌われ者のトランプを大統領を支えようというのですから、相当な悪人ではあります。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということでしょうね。

84. Posted by 白髪爺 2017年02月09日 23:07
(花岡鉄さんへ)
社会主義者(超リベラル)のオバマが「故意」に、米国の同盟国を離反させ、(オバマから見て)親愛なる中国の大発展を支援してきました。戦後、米国が営々と築いてきた財産を食いつぶしてしまいました。そこでトランプは、米国の国益(中共の利益ではなく)を第1において、同盟国との絆を修復する作業に着手しているのかもしれませんね。

85. Posted by 風 2017年02月12日 19:46
トランプ大統領が安倍総理との会談直前に習近平と電話会談して一つの中国を尊重すると話たそうですが、中国に対してやや攻撃をゆるめたのか。
他方、昨日自民党の青山繁治議員がアメバTVにて米国が北朝鮮との戦争の準備にとりかかっているという情報を3日前に入手し皆びっくりしているといっていました。
米国は中国との交渉前にその子分のような北朝鮮を叩いて圧倒的な軍事力で有利に事をすすめようとするのか。
一つの中国発言も北朝鮮との戦争に中国が無駄に加わって欲しくないということなのか。
色々と動きがあるようです。

86. Posted by 大和は国のまほろば 2017年02月12日 20:36
もうマスコミは国内・国外ともに火病っていませんか(笑)・・もっと普通に考えていいんじゃないかとは思うんですけど
結局日本を叩いて何とかうまい汁を吸うようなアメリカの政治家も、今回はアメリカ国民からそっぽを向かれてしまった事を認めたほうがいいです
トランプさんはまだ政治家になって100日、単に安倍総理にいろんなこと聞きたいだけなんじゃないの?と私は素直に考えましたけどね
アメリカがあれこれ言ってくるのは早くても春以後ですよ・・とりあえずは日米親密なムードを演出して2国間は盤石ですよ(そうじゃなくても別にいいんですけど)のふりだけでも、私はよかったと思います

87. Posted by 大和は国のまほろば 2017年02月12日 20:52
しかし今回の共同声明は強烈でした…
中国様は寝込んだみたいです(冗談ですが…)
戦略の練り直しですね
それにしても核兵器まで引き合いに出すなんて…アメリカの真意は?
額面通りなのか

88. Posted by 白髪爺 2017年02月13日 23:00
(風さんへ)
オバマ政権で特別待遇を受け、我が世の春を満喫してきた中共は、今回、反オバマの筆頭トランプが大統領になりましたから、いきなり厳寒の冬を迎え震え上がっているのだと思います。そこで、組織の総力を上げて最悪の場面からの脱出を図るべく必死の取り組みを行っているのだと思います。その成果が米中首脳の電話会談でしょう。
北朝鮮を崩壊させる軍事的シナリオはすでに完成しておりますが、「戦争準備の着手」というのが米軍のいかなる行動を示しているのか?
言行一致のトランプですから、オバマのように「吠える犬は噛みつかない」とはならないかもしれませんね。

89. Posted by 白髪爺 2017年02月13日 23:11
(まほろばさんへ)
安倍総理は帰国直後のテレビ番組で「トランプ政権が世界から孤立しないよう徹底して支える。これが世界の安定と我が国の国益に資する」と語っておりました。
安倍総理は当面、指導教官と筆頭補佐人を務める覚悟をしているようですね。頼もしいことです。日米関係の転換点になりました。

90. Posted by 大和は国のまほろば 2017年02月15日 06:35
ビックリ仰天のニュース…
金正男がマレーシアで暗殺されました,最初はガセかなと思っていましたが ,どうやら本当みたいです
殺され方も毒針に刺されたってしかも女二人って見ていたの?監視カメラにでも写っていたか?
北朝鮮はどうなるんでしょう?

91. Posted by 白髪爺 2017年02月15日 22:32
本件の特徴は、韓国政府(KCIA?)があたかも事件現場に立会っていたか?という迅速さで報じたことです。韓国の諜報機関員が亡命勧誘のために接触機会を求めて尾行していた時、偶然本件現場に遭遇したのか?又は何者かが、北朝鮮の権力闘争に偽装して殺害したのか?この場合、KCIA要員が立ち会っていたのか?あるいは、韓国の政局と本件との関連はあるのか?など疑問だらけです。
下手人が北であっても、南であっても、情勢は相当煮詰まってきている感じですね。

92. Posted by 大和は国のまほろば 2017年03月02日 11:36
大阪の私立幼稚園の許認可騒動・・なんで騒いでいるのか私にはよくわからず・・
阿部総理が安保法制の前に大阪で誰にあったのかが問題だというんだけど?それって何暗い何かわからない
松井知事も認可できないこともありうるような話で・・何のこっちゃ?です

93. Posted by 8 2017年03月03日 11:52
(白髪爺様、横から失礼致します。)
塚本幼稚園(森友学園)は「極めてまともな日本の幼稚園」です。
本件に関しましては松山昭彦氏のブログ(以下)の下記ページが参考になると思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34616722.html

94. Posted by 白髪爺 2017年03月03日 17:13
「安倍一強体制を掘り崩さん」と乞い願ってきた左翼メデイアや野党4党にとって、格好の攻撃材料が飛び込んできたと張り切っているのでしょう。予算委員会審議の大半をこの案件に注ぎ込んでいます。NHKを初め民放各局も執拗に報じております。昨年、トランプが共和党大統領候補に選任された後、リベラルと称する世界中のメデイア(我が国では朝日・毎日・日経から産経に至るまで)が大合唱するようになりました。
恥も外聞もかき捨て党派性を露骨に打ち出すようになりました。それだけ彼らの危機感が強いのでしょうね。「左翼(リベラル)が主導してきた戦後体制もまもなく終わるか?」と感じているのでしょう
本件については、汚染土壌の問題、認可問題、会計検査院の調査問題、売買契約の取消問題等各論にテーマが移るはずですし、まもなくテロ犯罪等に関する共謀罪の導入法案や専守防衛から反撃防衛への装備の変更問題等が喫緊の課題として浮上しておりますから、森友学園問題もそのうち「ヒトの噂も70日」ということになるのではないでしょうか。

95. Posted by 大和は国のまほろばです 2017年03月10日 15:34
今日の11時に韓国ソウルの憲法裁判所で大統領罷免の判決が満場一致?(8人とも)で可決されました
それを受けて罷免反対のデモが今現在行われています
死者2名が出ました・・あしたはさらに厳しい反対デモになりそうです・・軍隊が出ていかないとダメでしょうね
EUなどでもイギリスもそうでしたが国を二分する騒ぎが最近普通になってしまいました
数字が拮抗して居てどちらが勝つのか?わかりません
60日後反日・親北・親中のいずれかの大統領が誕生ですね

96. Posted by 大和は国のまほろば 2017年03月10日 15:36
そうそう・・サードはどうなるんでしょうか?
60日の間にしらばっくれて設置してしまう?のでしょうか

97. Posted by 白髪爺 2017年03月12日 22:08
「わずか60日」しかないのか?それとも「60日も」あるのか?は、立場によって異なることでありましょうが、歴史の流れが速くなっていますので、60日以内で事態が急変することもあり得ると想定しておくべきではないでしょうか。
在韓米軍(連合国軍)は新大統領が選任されるまでに,
サーズの配備を終えておく段取りでしょうし、戦時作戦統帥権を保有していない韓国大統領が在韓米軍基地の戦略兵器について云々することはできないのではないでしょうか。仮に、世論を煽動して「サーズ撤去運動」を盛り上げた場合は、在韓米軍の引き上げと朝鮮人民軍の南進を誘発する危険が高いのではないでしょうか。

98. Posted by 大和は国のまほろば 2017年03月13日 13:08
体調はいかがですか?コメント返しありがとうございます
あまりに目まぐるしい政治の世界で韓国も大変ですが・・安倍政権も久しぶりの危機です
安倍さんに問題があるというより稲田さんに問題がある感じですね(任命責任があるから最後は安倍総理に責任があるのですが・・)
それまで自衛隊の事もぼやっとみて居たのですが、最終的には日報が出てしまい、自衛隊員が一人死んでも次の選挙はまける公算が高くなってしまったのかな?と想像して居ます
今回は稲田さんが狙われた感じがしますね
森友問題も結局は稲田さんだったんですね(ご主人が森友の弁護士だったんですね・・知りませんでした)
裁判の時だけのお付き合いだと委員会で稲田さんも説明はしていますが・・・?どうかな(笑)

99. Posted by 白髪爺 2017年03月13日 23:12
「将を射んと欲すれば、まず馬を射よ」という原則に則って、執拗な攻撃を繰り返しております。
かつ、稲田防衛相は誤魔化しのきかない真面目な人柄(反政治的)ですから、敵としても格好の標的と狙いを定めているのでしょう。
何しろ、反理性主義が台頭し、左翼の陣地が益々狭くなっておりますから、彼らの鬱憤は募るばかりでした。「艱難辛苦は汝を玉にす」と申しますから、稲田氏としては困難な場面を切り抜けながら、政治家らしく成長されるのではないでしょうか。
本件のような軽微事案は「それなりに対処しておく程度」の扱いでよいのではないでしょうか。消防車も増えるはずですし。

100. Posted by 大和はくにのまほろば 2017年03月17日 12:55
籠池さんは抱き付き作戦に出ましたね(笑)
俺一人じゃ沈まないよ・・行くならみんな一緒にね
ですね?
代返したジャーナリストの話も脈絡なく(一貫性( ノД`)シク)だから何?
100万寄付したって別に法的には問題ないし・・
国会でしゃべってもらいましょう・・
でも疎の前にこの人命危なさそうです
自殺に見せかけてあっちの業界人にやられてしまいそうな予感が(笑)失礼!

101. Posted by 白髪爺 2017年03月17日 22:59
籠池という人物は、ハッタリと甘え、妄想と現実の境界がわからなくなった博徒と同類のように見えますね。「世間の汚濁」に染められていない純粋培養の人間はイチコロで騙されてしまいます。現在、すべてが裏目に出て、全財産を失う状態に追い込まれておりますから、相当の危機感を抱いているのではないでしょうか。
御指摘のように、利害関係人(工事請負業者を含む)から「追い込み」をかけられているかもしれませんね。

102. Posted by abc 2017年03月19日 10:58
韓国外交部が「慰安婦合意は法的拘束力のない政治的合意」…慰安婦問題の法的解決でない、対日損害賠償請求権は消滅してないと言い出してますが…米国は今回も日本に譲歩させるでしょうか?

103. Posted by 不良定年親父 2017年03月19日 20:44
日弁連会長が稲田防衛大臣に政治献金をしていたとのことです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36240290.html
左が右へ献金?わけがわかりません。
法曹界の特殊な事情があるのでしょうか?
それとも、日弁連会長は、実は、右で、会長になりたくて左を装ったおでしょうか?また逆に、稲田防衛大臣は右を装った左巻きだったのでしょうか?

104. Posted by 白髪爺 2017年03月19日 21:59
(abcさんへ)
日韓慰安婦問題は「不可逆的という言葉」で合意しておりますし、米国政府も立会人となって国際公約化しておりますから、今回は米国が韓国側に肩入れすることはないと思います。
仮に、韓国の次期政権が慰安婦合意をを初め日韓合意事項を一方的に破棄した場合、日韓関係は最悪の状態に陥るのではないでしょうか。それこそ通貨スワップ協定を話し合う雰囲気が吹き飛びます。
韓国次期政権は、日米中から孤立して、朝鮮人民軍の南進を手助けして半島の赤化統一を目論んでいるのかもしれませんが、これを危惧する韓国民も増えるのではないでしょうか。

105. Posted by 白髪爺 2017年03月19日 22:12
(不良定年親父さんへ)
御指摘の事実があったとしても、日弁連会長の政治献金が「誰に、どの程度、いつ頃から」の全体像を把握しなければ何ともいえません。
個人的な関係なのか?組織的なリスクヘッジ又は営業政策なのか?
そういえば、昨年でしたか、廃止されていた司法修習生に対する国費を支給する制度が復活しました。日弁連も自民党の有力議員(弁護士資格保有者)に働きかけたのでしょうね。自民党でいえば、高村副総裁や稲田防衛大臣が政策実現のために活用できると判断しているのかもしれません。

106. Posted by 絢爛たるグランドセーヌ 2017年03月20日 09:42
アメリカのマスコミが盛んに北朝鮮の脅威を報道していますが、どうやらトランプさんは北朝鮮を空爆することに前向きなようですね。トランプさんのツイッターでも、しきりに北朝鮮を批判し、その北朝鮮を支えてきた中国をも批判しています。また、ティラーソン国務長官も、北朝鮮を空爆していいかどうかの旨を中国に伝えたようですし。(中国は、依然として断固反対みたいですが・・・)
米韓合同軍事演習で30万人を動員する大規模な訓練をしているようですが、アメリカとしては、この局面で何もできなければ、いよいよ北朝鮮の核武装を認めなければならないことになりかねないと危惧しているのかもしれませんね・・・
金正男の息子(ハンソル君)が、次の北朝鮮の傀儡政権用としてアメリカに保護されたという情報もありますし、国務長官の発言などを見てみると、北朝鮮への空爆も近いのかなと思いつつも、もし実現すれば世界のパワーバランスが大きく崩れるきっかけとなるのは間違いないですから、未だに半信半疑ではあります。
ブログ主様は、近々、本当にアメリカが北朝鮮を空爆するとお思いでしょうか?
.

107. Posted by 白髪爺 2017年03月20日 23:03
仮に、米国が平壌を空爆した場合、金正恩一派を確実に成敗できるか否か?見透しは暗いのではないでしょうか。という訳で、米国が北朝鮮の中枢部を攻撃する場合は、米韓の特殊部隊を平壌に送り込み、朝鮮人民軍の首都防衛部隊を集中空爆することが必要かと思われます。この場合、朝鮮人民軍が分裂して内乱に陥るか?又は韓国との全面戦争を仕掛けるか?(それだけの体力があると思えませんが)
そして、先制攻撃を行う場合、中国とロシアが介入してこないよう事前調整しておく必要もありますから、現時点ではその準備が整っているとはいえないように思われます。今後、6回目の核実験、大陸間弾道弾の発射実験成功等、さらに緊迫した情勢となった場合は、御指摘の先制攻撃が現実化するのではないでしょうか。目下は、「図上作戦」のレベルかと判断しております。

108. Posted by 独歩 2017年03月23日 23:05
●土地売買の件に関わっていたら総理大臣を辞める
<一般的な日本人のとらえ方>
なるほど、そこまで言うのなら、関わってないんだろうな
<野党及び、韓国人的とらえ方>
そうか!辞めてくれるのか!ありがたい
●財務省に確認したが希望に沿うことはできないという返答です(FAX)
<一般的な日本人のとらえ方>
なるほど、丁寧に断りいれたわけだな。問題なし
<野党及び、韓国人的とらえ方>
財務省への口利きの証拠が出たー!
●寄付についてはやっていない
<一般的な日本人のとらえ方>
まあ、結局は言った言わないで論証もできないし、そもそも違法性はないから、時間の無駄
<野党及び、韓国人のとらえ方>
昭恵夫人を証人喚問で呼んで答弁してもらう!
なんか、韓国の慰安婦像の件やら仏像の件やら、どこか韓国人のズレた発言やその思考を、おかしな人種だなあと観ていましたけど、日本にもいるんだなあと。
まあ野党はこれで少しでも安倍総理の支持率を下げ、あわよくば辞任させたいわけですが、実際この森友の件で内閣支持率が10%近く下がっているみたいです。一部の日本国民はマスコミに流されて一般的韓国人のような論理的思考の停止状態に陥ってしまうんだなあと。

109. Posted by ねこみや 2017年03月24日 18:29
サンプルの大部分が高齢層に限定されるような、
固定電話での「世論調査」の結果は余り参考にならないと
思います。

110. Posted by 白髪爺 2017年03月24日 19:12
(独歩さんへ)
敵に打撃を与えるためには手段は選ばない、効果的であれば嘘八百でも何でもよい、とみなすマルクス・レーニン主義の本性を丸出しにしているのでしょう。
我が国の野党四党と左翼メデイアは、「警戒心がほとんどない安倍総理の奥方」に的を絞り込み攻撃を集中しています。いわゆる「一点突破、全方展開」の戦術です。
これから被疑者は、大阪府議会での100条委員会の立ち上げによる息もつかせぬ真相究明の連続と、債権回収の締め付けで、青息吐息の状況に追い込まれるのではないでしょうか。

111. Posted by 白髪爺 2017年03月24日 19:27
(ねこみやさんへ)
NHKを初めとする左翼メデイアは、総理の奥方に的を絞って世論を誘導しておりますが、左翼に取り込まれた被疑者は、自民・維新と敵対する態度を鮮明にしております。自民党が参考人招致にも消極的であった(かばっていた)のに、一転して証人喚問に切り替えたのは「敵側に寝返った者は許さない」ということなのでしょう。自民党大阪府議会議員団が「100条委員会」を立ち上げるのも、「逃げ道を与えない」という意思表明でしょう。
「世間の空気」は常に揺れ動くものですから、それほど心配される必要はないと思います。

112. Posted by 大和は国のまほろば 2017年03月24日 20:02
今は情報として昭恵夫人うんうんですけど・・
ネットでそろそろ出始めた情報・・・
https://nobuogohara.wordpress.com/
これあたりが2チャンネルに出始めたら国会も静かになると思います
まったく問題の本質がテレビで言っているのと違いますね
こんなウルトラCを解明しようなんて命がいくつあっても足りません

113. Posted by 大和は国のまほろば 2017年03月24日 20:48
http://ikarya.jugem.jp/?eid=177
こんな情報も飛んでます・・・

114. Posted by 白髪爺 2017年03月25日 23:01
ご紹介の郷原氏は「100万円の寄付金を初めとする籠池証人と昭恵夫人の争点」と「官邸や自民党の対応の稚拙さ(藪をつついて蛇を出す)」を指摘し、批判されております。正鵠を得た批判だと思います。
一方、参院及び衆院での篭池証人に対する自民・公明両党の喚問内容を見ると、篭池証人の犯罪行為を立証すること(収集した犯罪構成要件事実との一致・不一致を)、及び事実に反する篭池証人の偽証を立証することに重点をおいていたように思われます。おそらく、大阪地検特捜部や大阪府警の係官は犯罪を立証するための新たな事実が出てくるか?と固唾を飲んで見守り、録画していたのではないでしょうか。
ステージは、まもなく国会から司法の場に移行するのではないでしょうか。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事