Entries

米・トランプ大統領が「第3次世界大戦」を引き起こす日!

ASAGEIplus 20161124a1st

(1)トランプパイプを持つ閣僚

20161124a1st

 史上最大の番狂わせが起きた! アメリカ大統領選挙で「泡沫候補」だったトランプ氏が、下馬評を覆してクリントン氏を撃破。これまでの「過激発言」が実行されれば、世界各国でパニック状態になるのは必至。「核」のボタンまで手にした、米「最凶」の新大統領が「第3次世界大戦」を引き起こす日が近づいているのか──。

「我々の大統領ではない!」

「人種差別主義者だ!」

 11月9日夜、全米各地で「反トランプ」派のデモが吹き荒れ、参加者たちが不満を爆発させた。だが、どれだけ声をからしても“結果”が覆ることはない。初の女性大統領を目指した民主党のヒラリー・クリントン氏(69)を破り、共和党のドナルド・トランプ氏(70)の第45代アメリカ大統領就任が現実となった──。

 選挙戦終盤までクリントン氏が有利という事前予想が伝えられていた。トランプ氏を取り巻く環境は厳しく、選挙資金はヒラリー氏の半分ほど。味方であるはずの共和党は分裂状態で、さらにアメリカの有力紙のうち「ワシントン・ポスト」「ニューヨーク・タイムズ」をはじめ、57社がクリントン氏を支持。トランプ支持は、わずか2紙の新聞社のみだった。

 反トランプのメディアスクラムにより、大々的なネガティブ・キャンペーンが連日のように展開されたが、トランプ氏は過半数の270人を上回る選挙人を獲得した。経済評論家の渡邉哲也氏が逆転勝利の背景を説明する。

「人権問題や差別主義者などのレッテルをメディアが貼っただけで、トランプ氏はアメリカ人の本音の代弁者だったのです。不法移民を追い出せという発言も、当たり前の話。アメリカが自国の利益最大化を望むのは当然でしょう。世論調査と選挙結果の乖離は、アメリカ人の本音と建て前の部分が明確に出たということ。表向きは支持を言わずに、投票した人が大勢いたからです。自分たちに都合の悪い言論を封じ込めていましたが、この結果で多くのメディアがその資質を全否定された形です」

 軍も含めて公職経験のない「政治の素人」が超大国トップの椅子に座り、世界各国は大慌てで対応に追われている。

 特に日本政府関係者は、クリントン氏が勝利すると分析していた。9月に安倍晋三総理(62)が訪米した時も、トランプ氏とは会わず、クリントン氏と会談をしていたのである。

「今年に入って安倍総理は外務省などに、いちおうトランプ氏の情報収集をするように指示を出していました。それでも大統領になるとは思っていなかったようで、当選後、安倍総理が『話が違う!』と外務省関係者にグチっていました。パイプを持っていた麻生太郎財務相(76)が、トランプ氏側と調整を進めて11月17日にニューヨークでの初会談を何とか取り付けることができました」(官邸担当記者)

 それでも主要な政府関係者の中で、トランプ氏側とパイプを持っている人物はほとんどおらず、新たな「日米関係」を築く必要性に迫られている。

(2)決めゼリフは「お前はクビだ!」

20161124a2nd

 来年1月20日に就任式が行われ、まず4年間の任期のスタートを切るトランプ氏。日本や世界にとって「脅威」の存在になったが、その来歴をひもとくと素顔が見えてくる。

 1946年ニューヨーク生まれ。不動産開発業者を営む両親の下、ペンシルベニア大学在学中から父親の不動産会社を手伝い、実業家の道に進んだ。不動産王としてカジノやゴルフコースの建設、ニューヨークの「トランプタワー」など超高級物件を所有する。

「トランプ氏の知名度を一躍全米に広めたのは、04年にテレビの人気リアリティ番組『アプレンティス』で司会を務めてから。番組内で出演者に対して、『お前はクビだ!』と言う決めゼリフは、流行語になりました」(米国在住ジャーナリスト)

 トランプ氏の奇抜な髪形も選挙戦では注目の的となる。サウスカロライナ州で行われた集会では、聴衆の女性に髪を引っ張らせたあと、

「私はカツラを着けていない。これは自分の髪だ!」

 と高らかに宣言。さらにトランプ氏が大統領選に名乗りを上げてから、「わいせつ発言」も話題になった。

 昨年8月、テレビの討論会で厳しい質問を浴びせてきた女性司会者について後日、こうコメントしている。

「彼女の目は血走っていた。その他のところからも血が出ていた」

 月経を思わせたことで非難が集まり、慌てて自身のツイッターで釈明に追われた。また、大統領選の1カ月前には、ワシントン・ポストが「爆弾動画」をスクープ。トランプ氏が女性に対して、下品な発言をしていたことが暴露された。

「05年にトランプ氏が番組の司会者と交わした会話が収められていました。人妻と性的関係を持とうとしたことを自慢するなど、赤裸々に語られていたのです」(前出・米国在住ジャーナリスト)

 録音されたトランプ氏の会話には、

「彼女にモーションかけたんだけど、うまくいかなかったんだ。ヤろうとしたんだけど、向こうは結婚していた。激しくアプローチしたんだ」

「いきなりキスしだすんだ。全然待たない。それにこっちがスターだと、向こうはヤラせてくれる」

「俺は金持ちで有名人だから、プッシーを触ることなんて簡単にできる」

「プッシー」とは、女性器の俗語であり、ひどい言葉である。これを受けてトランプ氏は声明を発表。

〈これはロッカールームでの冗談。ビル・クリントンは不倫を実行したからもっとひどい。不快に思った人には謝りたい〉

 選挙戦で致命傷になりかねない発言を公開されても、トランプ氏の強気が揺らぐことはなかった。

(3)毎日交わり2回以上もある

20161124a3rd

 旺盛な精力は選挙活動だけではなく、「下半身活動」でも明らかだ。私生活では結婚歴3回、子供5人、孫8人を持つ猛者。3人目の妻で「ファーストレディ」になったメラニア夫人(46)とは、結婚生活12年目を迎えた。そのメラニア夫人は元モデルだけあってスタイル抜群。選挙戦でそれを逆手に取られてしまったのは3月に行われた共和党の候補者争いでの最中だった。

「ライバル候補のテッド・クルーズ氏(45)を支援する政治資金団体が、16年前にファッション誌に掲載されたメラニア夫人のヌード写真をフェイスブックに公開したんです。それを知ったトランプ氏が激怒して、『あんたの奥さんの秘密をバラす!』と応戦していました」(米国在住ジャーナリスト)

 実は当時54歳のトランプ氏と交際していた時、メラニア夫人自身が、その「獣欲」を暴露している。

「00年にラジオ番組に出演した際、『(トランプ氏と)1日に1度は激しいSEXをしているわ。年の差なんて関係ない。2回以上エッチすることもあるわ』と赤裸々に語り、周囲をアゼンとさせていました」(前出・米国在住ジャーナリスト)

 これまでにも女優や歌手、スポーツ選手と浮き名を流し、故ダイアナ元妃が離婚したあとに交際を申し込んだこともあったトランプ氏。「絶倫SEX長者」は、大統領となった今「絶倫SEX王」へと進化したのである。

 歴史を振り返ると「性豪」の盟主は、世界を戦火に巻き込む危険な“兆候”がある。その代表格こそ、第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディである。女性関係が派手なことで有名だったケネディ氏だが、

「妻のジャクリーンと結婚してから、『愛妻家』のイメージを保ち続けていました。しかし、女優のマリリン・モンローをはじめ、次々と愛人が発覚。1980年代に公表されたFBIの調査報告では、ホワイトハウスを監視していた約3年間で、32名の女性と関係していたそうです」(前出・米国在住ジャーナリスト)

 ケネディ氏就任時の62年に起こったのが「キューバ危機」だ。ソ連とキューバが軍事協定を結び、キューバに核ミサイル基地建設を計画。偵察飛行中に気づいたアメリカが撤去を迫った。

 米国防総省は戦争の危機を5段階の「デフコン」で発動する。平時は「デフコン5」で、9.11が「3」。全面核戦争の「1」はいまだ発動されていないが、キューバ危機は「2」であったことから、「全面核戦争」一歩前の状態となったのである。

 アメリカ大統領こそ、「プッシーを触る」より簡単に核ボタンに触れられる存在なのだ。発射の権利を手にしたトランプ氏がにらみを利かす先には、冷戦時代のライバルの存在がある。

(4)冷戦構造復活で中国は撤退

20161124a4th

 その相手こそロシアの「皇帝」プーチン大統領(64)。しかし、プーチン氏は、トランプ氏の勝利宣言後、こう祝電を送っている。

〈ロシアは全面的に米国との関係を復活させる用意があるし、それを望んでいる〉

 クリミア問題以降、オバマ政権とは修復不能なほど関係が冷え込んでいたロシア。これは雪解けのメッセージかと思いきや、「宣戦布告」を意味するという。

「『古きよきアメリカの復活』をトランプ氏が打ち出している以上、目指しているのは冷戦構造時の『強いアメリカ』。プーチン大統領が『歓迎する』と言ったのは、冷戦のゲームができる相手としてトランプ氏を認めたということです」(渡邉氏)

 確かにプーチン大統領は、

「尊敬する指導者はピョートル大帝」

 と公言しているが、そのピョートル大帝こそロシアの侵略と征服の象徴だ。対するアメリカの新たな「皇帝」となったトランプ氏は、

「私はアメリカをもう一度偉大な国にしたい。私にはそれができる!」

 と豪語し、一歩も引かない姿勢である。核ボタンに手をかけながら拡大路線を目指す、超大国タカ派トップの2人の対立は、1945年から89年まで続いた米ソによる東西冷戦構造と同じもの。はたして日本はどうなるのか──。

 選挙時には、在日米軍撤退を訴えていたトランプ氏だが、当選後の10日、在日米軍のトップ・マルティネス司令官は記者会見で、「日米同盟の信頼関係は変わらない」と明言している。

 現在の中国は、南シナ海の南部に位置する南沙諸島を実効支配。また日本から尖閣諸島を奪おうと虎視眈々と狙っている状況だ。

「トランプ氏が大統領になったことで、南沙・尖閣問題の解決に向けて動きだすことは間違いありません。トランプ氏にとっても、プーチン大統領にとっても、中国の大国化を喜んでいないので、国際社会から存在感を消す方向で動くでしょう。その過程では日本も含めた西側陣営と、引くに引けない中国との緊張関係は一時的に臨界状態になると思います」(前出・渡邉氏)

 3月には、アメリカのインタビューで過激派組織ISに対して、戦術核兵器を使う可能性について言及したトランプ氏。また集会では、北朝鮮に対抗するため、日本の核保有を容認する発言もしている。前出・渡邉氏はこう話す。

「平和というのは力のバランスが統一された時か、絶対的な支配者がいる時にしか存在しません。無防備な国家が侵略されるのは、世界の歴史が証明しています。トランプ氏は崩れつつある世界秩序の構造を、再構築しようとしているのだと思います」

 はたして新大統領は、世界を古くて新しいステージに引き戻すのか、それとも「破壊」するのか──今後の展開から目が離せない状態だ。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事