Entries

日本とイギリスの急接近で中国が悲鳴w 中国政府が発狂してイギリス非難キタ━━!

NewsU.S.  2016.12.12

新たな「日英同盟」?英戦闘機が日本との共同訓練の帰途、南シナ海上空飛行=中国は不快感表明
2016年12月11日(日) 7時20分

2016年12月10日、中国を念頭に新たな「日英同盟」? 駐米英国大使がこのほど、航空自衛隊との初の共同訓練のため日本に派遣した英空軍の戦闘機を帰途、中国が軍事拠点化を進める南シナ海上空を飛行させると発言した。これに中国は不快感を表明。良好とされる英中関係に波紋を広げている。

ロイター通信などによると、英国のキム・ダロク駐米大使は今月初め、ワシントンで開かれたシンポジウムで、中国が広範な領有権を主張し周辺諸国と対立している南シナ海問題に言及。「日本に派遣している英空軍のタイフーン戦闘機に南シナ海上空を飛行させる」と述べた。

ダロク大使は「航海の自由を守り、航路や空路を維持するという米政府の目標を共有する」と、米国が中国をけん制するため南シナ海で繰り返している「航行の自由作戦」の支持を表明。「2020年に就役する空母2隻を太平洋に派遣する見通し」「太平洋地域でのわれわれの役目は果たすつもりだ」とも語ったという。

防衛省によると、共同訓練には英空軍から最新鋭主力戦闘機のタイフーン4機、ボイジャー空中給油輸送機、C17輸送機と人員約200人が参加。青森県の空自三沢基地や周辺空域で防空戦闘訓練、対戦闘機戦闘訓練、戦術攻撃訓練を繰り広げた、日本国内で米軍以外との共同訓練は初めてだった。

訓練期間は10月17日から11月6日まで。駐米英国大使はいつ英戦闘機が南シナ海上空を飛行するかは明言しておらず、発言時点で既に飛行していた可能性もある。その場合も、中国が造成した人工島上空や周辺は避けたとみられる。

駐米英国大使の発言に対し、中国外交部報道官は「全ての国は国際法に従って南シナ海を自由に航行、飛行できる」と平静を装った。その一方で、国営新華社通信はシンポジウムに日本の佐々江賢一郎駐米大使も出席していたことから、「日本の同志を感動させようとしたのだろう」と皮肉っぽく前置きし、英国を非難した。

新華社は「英国がこれまでの南シナ海問題から距離を置くという態度から外れるのなら、日米のように『よけいなおせっかい役』をこの地域で演じ始めたという印象を与えることになる」と指摘。さらに「いわゆる『航行の自由作戦』に乗り出そうとするなら、問題をより複雑化し、中英関係に重くのしかかる」などとも警告した。

日英同盟は日清戦争で勝利した日本に対し、フランス、ドイツ、ロシアの3国が遼東半島を清国に返還することを求めた「三国干渉」などを契機に1902年(明治35年)に締結された。特に南下政策を進めていた帝政ロシアに対抗するのが狙いで、その後の日露戦争では日本の戦費調達などに貢献した。

日英共同訓練については、中国共産党中央委員会機関誌・人民日報の電子版も「日本の胸算用は?」と報道。「軍事専門家の見解によると、日本は近年一貫して現役戦闘機の世代交代によって海洋紛争での空中抑止力を高めようとしてきた」などと関心を示していた。(編集/日向)

「中国を念頭に新たな『日英同盟』」
「日本に派遣している英空軍のタイフーン戦闘機に南シナ海上空を飛行させる」
「いつ英戦闘機が南シナ海上空を飛行するかは明言しておらず、発言時点で既に飛行していた可能性も」
「中国外交部:『全ての国は国際法に従って南シナ海を自由に航行、飛行できる』と平静を装った」
「『日本の同志を感動させようとしたのだろう』と皮肉っぽく前置きし、英国を非難した」

・効いてる、効いてる
・ざまあみろ! 捏造・侵略する国中国
・英が参戦してくれるのはありがたいな
・数年前から、軍事・経済において、日英間の協力関係がスゴい速度で進んで、「ガチに第二次日英同盟の状態なんじゃ?」
と一部で言われてたが、更にこういう状態になるとはなあ。
(EU離脱でイギリスは負け組から離脱したからな)
・今この時に中国さまに楯突くというのは予想できなかった。  AIIBも最初に手を上げたり エリザベス女王をダシに習近平を宮殿に 泊めてあげたりしてヨイショしてたのにね。
・首相変わってるだろ
・英軍は一貫して中国を警戒しているぞw
【中国防空識別圏】日英連携を確認 防衛相、英海軍参謀長と会談「日本を支持する」 ・・・
・新たな日英同盟というか メディアは国内報道されてないだけで戦後一貫して軍の方は良好関係だよ
・キャメロン政権が露骨な親中だったからな
・英国は国防省は一貫して米よりだよ  財務省が中国になびいてただけで特にオズボーンがブレアも中国好きだったが それ以上に米国べったりだったからシナポチが目立たなかった
・>発言時点で既に飛行していた可能性もある。
キンペーまったく気づいてないから英国が我慢出来ず発表みたいな
・中国が不快感を示すのなら、 これは日本にとっていいことが確定した。  どんどん進めて欲しい。
・地政学の基礎。 日米英は海洋国家。  大陸国家の中国が海洋国家の権益を狙うから。
・日米英vsシナドイツ という構造になってきたな
・太陽の沈まぬ国再びだな。今後、英資本(ロスチャイ)がシンガポールに圧力をかける事になる。商人は現金で手の平返しが常道。これは儲け口の米国方針だから。支那を取って基盤の米国を失うなど政商でなくても考えられるか?
(TPP抜きでも中国包囲網が完成するならそれがいい)
・女王陛下「あの人たちはとても無礼よね」
(ザイニチも悲鳴を上げてるな)
・この前brexitで負けて辞めたキャメロン元首相がすっかり中国に取り込まれてたからね。 今回の動きは今のメイ首相の考えなんだろ。
・どの国も対中輸出が減ってきて中国にうま味がないことが分かってきた
・イギリスが南シナ海来るとアヘン戦争を彷彿とさせるな  フランスは何してるかな 戦争準備だったらガチだな
・昔からイギリスはロシア・中国の大陸国家を包囲する戦略をとっていたんだよ。 役割分担で東回りがイギリス、西回りがアメリカで押さえ込んでる。   明治期の日本の軍事化もイギリスの戦略に組み込んで肩代わりさせる為、日清戦争も日露戦争も本来はイギリスがする戦争を日本が財政と国民を食い物にされてしたに過ぎない。  イギリスは両建てしてるからな、多少損しても負ける事は無い。
・日清日露を英国が戦って勝ったら英国の世界制覇完成で日本は英国の植民地以外の道が閉ざされちゃうじゃん。
その前に自ら戦って大日本帝国を築けたから今日がある訳だし。
・英国だって、EU脱退して寂しいだろうよ。米国だけでなく日本とも仲良くなりたいのだよ。 日本だってEU近傍に同盟国を持つのはええ事じゃ。
・英米が支那を潰すとしたら、 まず第一にカザフスタン経由でウイグル自治区にイスラム過激派のテロリストを大量に流入させるだろう   内乱要因を作って内部混乱を誘発させたあと、戦争始めるのが英米の常套手段
・今後、EU=欧州はどんどん力を落としていくだろうし。 アメリカとしては、 イギリスと結んで大西洋を、日本と結んで太平洋を、
日英の両翼をもって二大洋を支配、って構想だろう。   そうなると今、新聞や書籍なんかで「欧米諸国が~」って書かれてる文章が、 数十年後にはそっくりそのまま「日米英が~」に入れ替わってるかもな。  「欧米」の「欧」の座が、「日英」に入れ替わる。
白人支配の一角が崩れるという、世界中の有色人種が感動できる話だ。  その頃には、もう「カンコク」は地球上から消えてるだろう。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事