Entries

用日を許さない……いや「逆利用w」するしたたかさを!

推摩 一黙のブログ 2016年12月17日 11時13分

お久しぶりです。
スッカリ、ブログ更新をサボってしまってました一黙ですw
寒さも手伝って、体調やら傷口やらがあまり良くなく元気がありませんでした。

ま~、そんな私は置いといて、世界、世間では『韓国の大統領弾劾』やら『ロシア、プーチン大帝来襲……もとい訪日』だの色々と動いておりまして「取り上げるベキ、記事・ニュース」は、けっこうあったんですが、けっこう残念でしたかも?

さて、しかし……今、そしてこれから先の世界経済と世界情勢を考える上で、一つだけ確実に言えることは「今こそ世界から日本が必要される時は無い!」という事実ですかねぇ?

まあ、細かい数字や事案については過去記事を読んでもらったら分かりますが、今、この世界で『経済』的にも、『国内情勢』的にも安定している&余力が充分にある国というのは日本ダケといっても過言ではアリマセン ┐( ̄ヘ ̄)┌

欧州は『ブレグジット(英国の欧州離脱)』をやらかしちゃったw 英国はもちろんのコト、アラブの春以来の難民押し寄せに、EU統合後十年数年来の移民の弊害が出ちゃってる欧州諸国は、右派の突出に地域のエゴやら不満やらが噴出して社会不安が広がってるのはもちろんのコト、景気経済的にも行き詰ってしまっています。

アメリカもアメリカで、景気こそなんとか持ち直しているものの、トランプ大統領選出によって『米国内の社会の亀裂』が目に見えて広がり、人種間対立なんかも含めて不安定な状態に陥っています。

一方で、中露などの反欧米西側諸国も、その国内経済や社会情勢は落ち込み、不安定化が進んでいます。
ロシアは欧米からの経済制裁と資源価格(主に石油天然ガス)の低迷が続き国内経済は相変わらず危機的状態が実は続いています。

中国は中国で、粉飾やら数字の誤魔化しでは隠しきれないホド、債務や経済の低迷、供給力の過剰が膨らみ、いつ経済破綻してもおかしくない状況です。

ま~見事な“火の車”ですなw

で、“火の車”といえば、隣の韓国もそうで、今夏の韓進海運の破綻やサムソンのスマホ爆発を始めタダでさえ経済的に、国内産業的に破綻破滅の道を突き進んでいるというのに、バ韓国国民は『崔ゲート事件やらからの大統領弾劾』で火病状態……まあ、おかげで「日韓スワップ再締結」なんて馬鹿な話から日本は距離をおけてるんですがw

同時に、韓国内ではこの騒動のドサクサまぎれに『日韓合意(慰安婦問題)』の再燃蒸し返しを目論んでるよーですが(棒

いずれにしても、欧米先進新諸国から、中露に韓国を始めとする反日国、さらに世界中の国々で「日本のカネと技術」の助けを必要としていない国はありません。
今ほど「日本という国のチカラ」が必要とされている時代もそうは無いでしょう。

昨日までのプーチン訪日も「北方領土と日本からの経済支援の綱引き」が主に取り上げられていますが、実はといいますと、ロシア側の思惑には経済面以外でも「日本を通じて西側諸国(欧米)との関係修復」――平たく言いますと「対露経済制裁の解除」にまでつなげて行きたいという、すがるような気持ちもあったりします。

まあ、欧米側はそんなロシアの足元を見透かして、「欧州ではウクライナ・クリミア問題での経済制裁の延長」を決定し、アメリカはアメリカで日露首脳会談にぶつけて来る形で「米大統領選へのロシアの介入疑惑」をオバマ自らが発表しましたw

さて、隣のバ韓国はもちろんのコト、中露も「日本の経済力や国際影響力」を利用してやりたい――と、いわゆる『用日』を目論んで来ています。
が、それは特亜の国々だけではなく、英国なんかも「日本の投資や資本の引き留めと技術協力」を求め、接近して来ていますし、アメリカはアメリカで、次期トランプ政権は日本に安保問題だけではなく、経済問題でもタカル気マンマンです!?

その他、ハッキリいいますと「日本の持つ、技術や潤沢な金融資本、国際信用力」を利用したいと思っている国や地域は世界中、数多く存在しています。
まあ、普通に考えれば当たり前の話ですよね(苦笑

「日本というATM」なんて皮肉られるコトもありますが、これまでの日本が気前が良すぎました。
明確な“敵性国家”である特亜三国はもちろんのコト、世界中の国々や国際機関に気前よく支援や援助をホイホイ行って来たんですから!
その額はODAだけでも総額は、延べで有償約16.6兆円、無償約16.3兆円、技術協力
約4.7兆円であり。
約37.6兆円に上る巨額を戦後日本は国際貢献して来ています。
今年、日本外交でようやく「おや?w」と思わせたのが、ユネスコを始めとする国連国際機関への拠出金を『無条件で出すことを止めた』というコトでしょうw

ま~ここ数年、特亜の馬鹿どもが「世界遺産」などの国際制度を反日、卑日の道具として利用し、ジャパンデスカウント(日本貶め)の手先として平気でそーした国際機関が動いてきたんですから、そーした「動き」に歯止めをかける意味でも『今まで何も言わず黙って金を支払って来た日本がモノ申す』というのは当然の話ですし、遅すぎたくらいでしょう。

なんにしても、「用日を目論む」国や地域が日本の外にはこれから増えていく事は間違いありません。
しかし、経済力にしろ、技術力にしろ、産業力にしろ、あるいは国際的な外交影響力にしろ、日本の力を利用したい、援助や支援を受けたいという“世界”を相手に日本は『したたかになる』必要があるんじゃないでしょうか?w

ど~せ必要とされるなら、「日本も協力する見返り」を求めていくベキでしょう!

あと、中国や韓国などに――あからさまな反日でしかも地政学的にもライバルとなる“隣国”を今までのように助けたり、甘い顔をすべきではありません!

ロシアは――露も一応、日本の隣国(しかも潜在的敵性国家)ですが、その軸足の主眼は欧州に一応置かれてますので、半島にしろ中国大陸にしろ、呉越同舟ですが「共に対抗協力」するコトができます。

アメリカは……日米同盟も安全保障上重要ですが、日本各地要地に米軍基地が置かれ未だに『半占領状態』ですし、経済的にも深く結びついてますから、当面は日本側が従い結びつきを保つしかありませんが、もう少しビジネスライクに付き合っていいんじゃないでしょうか?

欧州は――地球の反対側ですし、味方ですが基本的に信用なりませんw
まあ、普通に距離を保って付き合えばいいだけの話ですがw

なんにしても、今回のロシア大統領訪日といい、隣の半島でのバカ騒ぎといい、日本はいいように『用日』されないよう気を付けないとなりませんね。

そんな事をここ最近の世事を眺めながら考えてしまいましたw
さて、皆様はどうお考えになられますか?w
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事