Entries

お久しぶりです。(推摩 一黙のブログより)

推摩 一黙のブログ   2016年12月29日 01時50分

しばらくブログ更新をサボってしまってましたんで『無事の報告もかねて』書いてみましたw

日本という国は――今の世界の中を見回してみた時、これほど豊かで安心安定した社会はありません。

……まあ、特亜三国とロシアなんていう『はた迷惑な隣人・隣国』が存在していますが、在日米軍抜きでも、自衛隊に対応できない軍事的脅威は『差し迫って』ありません。

また、沖縄や日本本土の在日連中などのような外患を手引きするような連中も確かにいますが、日本人の大部分は「そーした外国の手先、売国奴や工作員」の陰謀や扇動画策に乗せさせられるホド愚かではありません。

その点でいいますと、現在の韓国は“北朝鮮の息のかかった”工作員の巣窟のような野党や市民団体w にいいように扇動され、おそらく次期韓国大統領は親北従中の人物が権力を握るコトにナルデショウネェ ┐( ̄ヘ ̄)┌

ま~そーなっても韓国国民の自業自得でありハッキリいいまして日本は無視して粛々と断交すればいいだけの話ですし、中国が東シナ海へ、尖閣~沖縄諸島に手出ししてくれば、海自空自でだけでも撃退可能ですし、それ以前に日中が戦争状態に仮に陥った場合、「断交して中国向けの輸出品を禁止」するだけで中国経済を崩壊に導くことは可能です。

……まあ、だいたいが「台湾侵攻、軍事占領」すら手を出せない中国が南シナ海、東シナ海を越えて日本侵攻――だなんてできるハズもありません。
たとえ、アメリカが「一切動かない」という条件付でも、軍事力による侵略は=そのまま中国の自滅、中国共産党のその日が命日となるでしょう。

まあ、だから日本国内にいる中共・朝鮮勢力のシンパや反日サヨク連中と通じて『社会の裏側から』日本という国と社会の支配と乗っ取りを画策して来たんですが……ミンスの悪夢の三年間でその目論見の無理さと無能さを露呈してしまいましたからね~w

しかし、それでも『恐ろしい、恐れるベキ』は特亜系の大量移民が日本を乗っ取ることですが、移民受け入れ国の欧州やアメリカ、あるはカナダやオーストラリアなどは、『英語』がカタコトでも使えればなんとか潜り込む事ができ、コロニーを形成するコトもできましたが、日本は『日本語が非関税障壁と化していて』日本人か? それとも日本以外の外国人か? 簡単に見破るコトができます。
そーいう意味では、日本は不法移民が定着しにくい有利な条件を有しているといっていいでしょう。

また、日本の場合、今年始まった『マイナンバー制度』以前から、世界でも韓国と台湾そして日本しか採用していない戸籍と住民票の制度が実はといいますと『異国からの不法移民、不法滞在者が素知らぬ顔をしてその国で暮らして』行くコトができない大きな武器になっています!

……ちなみに皆様はご存知でしょうか?w

世界中に『中国人による中華街がある』というのに、世界で唯一、国内から中華街を潰し、中国人を追い出すのに成功した国が実際にあることを?

その国とは、どこであろう――実は隣の韓国だったりしますw

韓国では、戦前の併合時に日本が制度整備した戸籍と住民票での人口管理ができている国でして、朝鮮戦争もあって、韓国では国民ナンバー制が厳しく敷かれています。

そして、それは在韓の韓国人以外の外国人に対しても同じで、韓国で仕事をしたり、公共サービスを利用したり、銀行の口座を開くのにも、あるいは住居を借りるのも土地建物を買うのにも『在韓外国人向けの許可ナンバー証』が必要です。

で、戦後、朝鮮戦争が終わった後、韓国では徹底的に「在韓外国人への区別(差別)」を行い、戦前から半島に居住していた者も関係なく、散々に嫌がらせをし、土地や不動産の所有を禁じ、韓国国内から中国系の住人を追い出してしまいました。
ですので、世界で唯一「中華街を追い出すコトに成功」したのが韓国だったりするのですw

さて、実はといいますと、日本も「その気になれば」日本国内の不貞外国人……犯罪者や反社会的組織や集団に属する外国人を「日本国内に居られなくする」コトは簡単にできます。

韓国ではないですが、中国人や在日韓国人朝鮮人の不動産取引を規制し、住居を借りたり、銀行口座を開くに『とてつもなく手間と時間と労力がかかる』ように法を定め厳格に執行すればいいだけの話です。

……実際、在日系の多いヤクザ、暴力団に対する対暴法で締め付け始めていますw
さて、今後、これから先、もし中国や韓国北朝鮮と“戦争”するような状況が起こりましたら、日本は「敵国の人間」なのですから、中国人や朝鮮人が日本国内で生活していけないように規制を強めて行けばいいんです。

そして、アメリカや欧州などのような「陸続きの国」と違って日本は島国ですし、戸籍や住民票登録などで「自国民と自国内の外国人の動向」をかなり確実に把握していますから、やろうと思えば実効力のある形で実行可能ですw

まあ、『背のリ』といいまして、日本人から戸籍を買ったり、もうすでに亡くなられた方に成りすましたりする手法もありますが、バレれば無論犯罪ですし、そーした手段で『合法的に不法滞在』できる人間も数千人~数万人が限度でしょう。

欧米のように毎年数十万~百万を超える不法移民や難民の流入、不法滞在や定着を防ぎ、摘発しやすい条件が日本には揃っているといってもいいと思います。

もし、外国からの――大陸や半島からの不法移民や難民が日本に侵入しようとしても、欧米や東南アジア、アフリカなどの世界と比べて、日本は侵入しにくい国と社会を制度や条件として備えています。

まあ、例外があるとしたら先の大戦後の混乱期のような事態に日本が陥るか? あるいは……例として出すのは不謹慎化も知れませんが311震災のように地震や津波で広域が大規模被災し、死者行方不明者が出るような事態でもない限り、普通に考えれば「外国人が日本人に成りすます」コトは困難極まりなく、数十人や数百人の例外を除いて、万単位どころか千人単位での『不法滞在による乗っ取り』はしようと画策しても防がれ、失敗する確率が高いでしょう。

アメリカやアフリカ、欧州大陸や東南アジアなどは、その点でいうと『不法滞在者として当局が摘発』しようとしても陸続きの隣の国や州に逃げようと思えば逃げれます。
そして新しい新天地で偽名で新生活を続けようと思えばできます。
ですが、日本の場合は、戸籍住人票が無ければ家を借りたり就職も困難ですし、何よりも英語やフランス語、スペイン語といった旧植民地宗主国の言葉が一般的ではなく、『日本語しか通じない』ので、日本生まれで日本育ちの在日は例外として、それ以外の国から来た異邦人であることは一目でバレてしまいます。

無論、今後遠い未来までこーした『日本の強み』が生き残っていくか? はこれからの私たち次第でしょうが。
たとえば――

「目先の人口減少対策」として「日本語をマスターしていない外国人移民の受け入れ促進」だの。
「公用語を日本語以外でも“英語”などを無理矢理認める」とか。

そーいう「日本人のアイデンテティを薄め、外国人の付け入るスキを与える」ような考えなしの移民推進政策とかを本格的に取り入れ採用するような“愚行”に走らない限り、欧米のように異宗教異文化の異民に日本がそうたやすくは乗っ取られるコトは無いでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌

むしろ、自動化、ITによる制御の複雑高度化にロボット技術が産業でも建設現場でも、医療や介護でも技術が進んで行けば、今の中国や韓国が得意とし、発展途上国が真似して追いかけているような「安い人件費による競争力」はどんどん、その必要性と価値を失ってゆくことになるでしょう。

それどころか、ホワイトカラー系の――事務社員や銀行員などの仕事からも『人手が』必要なくなっていっているのが現代文明の大きな特徴です!

すなわち、これから先、「どーしても人間の手でないとできない」職人芸のような仕事や「人間の発想力や想像力、創作性によって生み出される」ような機械や人工知能にはできない分野でしか人間の仕事や活躍の場は無くなり狭まっていく事になります。

そう考えた時、「今すぐ、数年後」でしたら困りますが、2050年以降先のような「まだ三十年以上先」の未来、日本の人口はそれでも一億か、一億を少し切る程度まで人口減少が起こると予想されてますが、「ドンドン働き手が減っていく!?」と悲観的にならずとも「ど~せ機械による自動化やロボット産業が発展して人手がいらなくなる」のですから、現代より数が縮小した労働人口を「機械化や産業ロボットで代用できる分野」にではなく、「人間しかできない仕事や人と人が交わる、人間の柔軟さや判断力やコミュニケーションが生きる」産業や分野に労働人的資源を振り向けるよう“社会システムや産業を移行させて”いけば良いのではないでしょうか?

そう考えると、少子高齢化だの人口の減少傾向だのといっても、日本を始め欧米の先進国は自国民の教育レベルを引き上げ、高いレベルの職能や職業に対応できる体制や制度がすでに備わっています。
やはり日欧米の先進国はなんだかんだいっても『高付加価値・高技能、高学歴創造社会』に半世紀~一世紀かけてでも「適応していく」コトが可能でしょう。

しかし、それ以外の発展途上国の未来は明るくはありません。
従来型の安い賃金と劣悪な職場環境で労働力集約型の産業からその競争を始めねばなりません!?
しかも、人間よりも正確精密で疲れを知らない機械や産業ロボットと『コスト争い』せねばならなくなるのですよ?

実際、冗談みたいな話ですが、『人件費が上がった』コトで人余りの中国で人間の従業員を首にして中国企業が工員代わりに工場の機械化自動化と産業ロボットの導入に躍起になっている……なんていう話が現実に起こっています。

今まで安く使い捨てて来た二億を超えるという農民工を“国際競争力に打ち勝つために”クビにして産業ロボットに入れ替える――さて、「いらなくなった」とされた二億人以上の中国人労働者を中国はど~するんでしょうかねぇ?(棒

隣の韓国も、十数年間の激烈な受験戦争で勝ち残っても、イイ大学を出ても「肝心の就職先が無い……」昔の人間がやっていた仕事を、工場は産業ロボットが、オフィスではPCが、人間数十人分の仕事を代わりに担ってしまう……

古き良き時代……普通に会社や工場勤務して普通に収入を得、生活できる――そんな時代が、皮肉な話、科学の進歩と共に機械化やロボットに生産手段が取って代わられ人間の労働者は必要なくなって来ています。

後は、人間の創造性と発想が必要な芸術や文学といった文化か、設計や試行錯誤の研究などか、あるいはマンツーマンで人間同士のコミュニケーションが重要な医者や介護、調理や接客のサービス業……機械化やロボットには任せるには難しい仕事しか残らないなんていう世の中がもう数世代先には待ってるかもしれないんですよ?

人類の人口は70億人を越え、いずれ百億を超えるといいます。

その人々に食わせていくだけではなく、ちゃんとした仕事を、就職をあたえれるのか?

皆様は、この「もう目の前まで差し迫った」この問題課題について何かイイ解決策はお知りでしょうかね?w

私は「日本人だけなら」世界の他の国と違って「職人を、一芸を極めようとし、そしてそれをちゃんと評価する」この国民性が無くならない限り、アニメや漫画、ライトノベルやら動画制作といったオタク文化から、工芸品や衣料、和食和洋食に至るまでの職人芸やサービス業などでも、そして時刻通りの運行される公共交通機関や建築やインフラ整備まで、高い付加価値の仕事を「機械やロボットに奪われ、取って変わられる」というコトはあまり心配しなくていいと考えます。

問題なのは日本人以外の世界中の人たちで、多くの国や地域、民族は「機械やロボットに取って変わられる」程度の能力や教育しか受けていない人の方が大多数を占めています。

そういう意味で、意外と人類の文明は『前進し、発展ばかり』するのではなく、逆に『破滅的な衰退と技術の喪失』の道に進まざるを得ない……なんて未来もあるかも知れませんね(´_`。)

あるいは戦争、疫病、天変地異で「人類が間引かれる」のでもなければ本日挙げた『機械技術の発展による省力化が進みすぎ、労働力としての人がドンドン余り、行き場を無くしてる人が急増している』という問題解決の方法は無いのかも知れません。

さあ、みなさまはどうお考えになられますか?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事