Entries

中国の韓国制裁がどんどん激しくなるwww ついに公然と脅迫キタ━━━!!!

NewsU.S. 2017.01.10

THAAD:韓国を脅す中国メディア「一度行き着くところまで行こう」
2017/01/09 09:55

米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に反対する中国の国営メディアが7日、「行き着くところまで行こう」と韓国を公然と脅迫する内容の社説を掲載した。

韓国最大野党「共に民主党」議員団のTHAAD問題をめぐる先の訪中が「事大外交」と批判を集め、また韓国政府が邱国洪・駐韓中国大使を呼んで配備に対する中国の「報復」に抗議したことから、中国政府がメディアを通じて強硬姿勢を示したとみられる。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は「THAADの配備は深刻な中韓対立を招く」と題した社説で「韓国政府は米国の無謀な手先になろうとしている。韓国人はもともと強情だが、THAAD問題ではそのかたくなさのせいで耐え難い結果を招くだろう」と指摘した。また、北朝鮮核問題は韓中間の問題ではなく「米国の冷戦戦略の産物であり、中ロを抑え込むという意図が反映されたもの」だとした。韓国政府がTHAADの配備を主権行為だとしていることについて、「ばかげたこじつけ」だと批判した。

同紙は「中国で韓流が流行し、数百万人が韓国に旅行へ出かけているが、中国人は60年ほど前の戦争(朝鮮戦争)とその戦争で亡くなった中国軍人の犠牲を絶対に忘れない」と、中国が北朝鮮を助けるために参戦した朝鮮戦争にも言及した。

また「韓国の野党議員が王毅外相と会談したことをめぐり、韓国では『事大(弱者が強者に仕える)外交』『売国行為』などの声もあるが、米国の言うことだけを聞いて隣国(中国)の利益を進んで損なうのであれば、それこそ事大外交であり、売国行為だ」と指摘。韓国に対し「中国がTHAADという苦い薬を飲み下すという幸運に期待するべきではない」とした。その上で「韓国が米国の操り人形になるつもりなら、これ以上中国(の報復)を非難してはならない。どうしても対立の道を行くつもりなら、一度行き着くところまで行こう」と警告した。

「中国の国営メディア:『行き着くところまで行こう』と韓国を公然と脅迫する内容の社説を掲載」
「駐韓中国大使を呼んで配備に対する中国の『報復』に抗議したことから、中国政府がメディアを通じて強硬姿勢を示した」
「中国人は60年ほど前の朝鮮戦争とその戦争で亡くなった中国軍人の犠牲を絶対に忘れない」

・躾の時間だああああああああああ
・勢いありすぎワロタ
・どんなはしゃぎ方だよ
・バランサーはこれからどうすんの?
・床に落ちたニダ
・これが正しい朝鮮のしつけ方(´・ω・`)
・北と南を分ける無意味さ 北朝鮮の3代目キムは朝鮮人の扱い方がよく解っているから、韓国は北朝鮮に飲み込まれた方が良い  朝鮮人は甘くしたら付け上がるから駄目だ
(日中で手を組む?そんな面倒なことせずに終わるよ)
・韓国自体もこの有様だし刈り上げ政府はもっと駄目だから 妥協案として中共直接統治ではなく 中共の朝鮮族自治区に
北朝鮮と韓国を統合する建前中共領だが統治は自治区政府、しかし北京の監視付きで
(日韓併合の頃から甘やかしてきたツケをようやく払った)
・どうするんだろうな  サード撤回すると米国怒らせるし米国側につくなら経済問題は中国頼れず米国も冷たい それなら日本しかないけど像1個で日本を怒らせて日本も引く気配なく撤去も出来ない  なんか像1個で国益損なうってのが信じられない
・つーか反日とかしてるのがアホなんだよ  日本見習って貿易国になれば良いのに 反日教育とかしているから政府すら止められなくなったんだよ  支持率欲しさにアホなことするからこうなる
・対中、対米に加えて対日の外交も失敗したチョン国に未来はないぞ
・あんなに朝鮮が好きだった中国人まで怒らすとはアホな奴らだな つーか、なぜ朝鮮は中国に併合してもらわないのか?
日本と違って、中国と朝鮮はもともと地続きの同じ民族だろ? 三跪九叩頭を使ってでも中国に編入してもらえばいいのに
・韓国政府と韓国人は、早く中国様に土下座しとけ  日本は中国と韓国を相手に同時進行で散々ヤリあってきたが 韓国マジで無くなっちゃうよ?w  まぁ中国に土下座するって事はアメリカ様が黙ってないだろうが しかもオバマじゃなくトランプだしなぁ今度
・中国は韓国がなくても困らない 日本も韓国がなくても困らない  アメリカも韓国がなくても困らない  というか韓国がなくても困る国がない  でも韓国は中国にも日本にもアメリカにも助けてもらわないと生きていけない そういうことだ
・世界から嫌われる国No.1の韓国  いい加減勉強しないと手遅れに…   あ、もう手遅れでしたw
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事