Entries

韓国の慰安婦像設置を最初に許したのは民主党だった! とんでもない売国の実態が今明らかに!

NewsU.S. 2017.01.17

【産経抄】慰安婦問題における「失敗の本質」
2017.1.11 05:04

小池百合子東京都知事が座右の書に挙げる『失敗の本質』(中公文庫)は、大東亜戦争における日本軍の失敗を分析したものだ。インパールで日本軍と戦った英国軍司令官のこんな言葉が引用されている。

▼「日本軍の欠陥は、作戦計画がかりに誤っていた場合に、これをただちに立て直す心構えがまったくなかったことである」。今から振り返ればあの時、韓国への融和政策の誤りに気づくべきだった。反日団体が、在韓国日本大使館前の路上に慰安婦像を設置した、2011年12月である。

▼外交常識に反した暴挙に対して、民主党政権は、韓国政府に撤去を強く求めなかった。「第2、第3の像が建立される」。李明博(イミョンバク)大統領は、日本政府の弱腰を見通していたようだ。直後の日韓首脳会談で野田佳彦首相に慰安婦問題の解決を迫って恫喝(どうかつ)する。

▼ただの脅しではなかった。慰安婦像はその後、がん細胞のように海外を含めて増殖する。揚げ句の果てに日韓合意を踏みにじり、釜山の日本総領事館前に設置されたとなれば、駐韓大使と釜山総領事の一時帰国は当然の措置である。それでも朝日新聞の社説は、「性急な対抗より熟考」を訴える。「旅人の上着を脱がせるのに北風を吹かす」。夕刊コラムはむしろ安倍晋三政権を揶揄(やゆ)していた。

▼韓国の野党は、合意に基づいて日本が拠出した10億円を返すと言い出した。国内ではまた、合意は崔順実(チェスンシル)被告が朴槿恵(パククネ)大統領を唆(そそのか)して実現させた、との説がまことしやかに語られているという。

朝日の主張に従って、いくら日本側が冷静に振る舞っても、「情治」の国の反日の炎は、どこまでも燃え広がっていく。そもそも火を付けたのは、朝日の誤報と「河野談話」、これこそ「失敗の本質」である

「反日団体が、在韓国日本大使館前の路上に慰安婦像を設置した、2011年12月」
「外交常識に反した暴挙に対して、民主党政権は、韓国政府に撤去を強く求めなかった」
「直後の日韓首脳会談で野田佳彦首相に慰安婦問題の解決を迫って恫喝する」

・朝鮮人が朝鮮人に恫喝されてたのか
・民主時代は外交力が無かったんだね。
・解決したら都合が悪いから
(ミンスの3年3ヶ月を取り戻すのはそれくらい大変なんだよ)
・そもそも蓮舫はこの件で韓国に対して批判すらしてないだろ? 日本人がダメと思う方向性とずれてるから論外
・1992年から毎週開催されている日本大使館前の慰安婦集会  その1000回目を記念ということで像が設置されました。
年間50回×20年か、そういえば日本からも参加して×をつけた日の丸の前でこぶしを振り上げていた国会議員もいたね。
・2011年12月14日 挺対協によるソウル日本国大使館前の慰安婦像設置
2012年6月29日 韓国の議会が日韓GSOMIA締結1時間まえにとつぜん延期
2012年8月10日 李明博の竹島上陸
2012年8月14日 李明博の天皇陛下侮蔑発言・謝罪要求
2012年10月8日 対馬仏像盗難事件
2012年12月26日 第二次安倍政権が発足
2013年2月25日 朴槿恵韓国大統領就任
・朝日の捏造に乗っかって、更に反日を焚き付けてきた民進党が酷すぎるw  
  ・ 鳩山政権 「日本による強制徴用被害者へ個人補償する」と伝達
  ・ 菅政権、「朝鮮戦争以降の補償が不十分」と日韓条約を無視
  ・ 辻元清美 「私は何度も訪韓して慰安婦支援所ナヌムで謝罪してきた。これからも協力する」
  ・ 民主・共産・社民党が元慰安婦と国会内で何度も反日集会( 過去に「国家・謝罪賠償法」案を8回も国会提出)
(「少女像」の設置を無意味化した安倍政権の功績はあまりに大きい)
・今や愛国詐欺ビジネスに。 募金もグッズ販売も大儲け。
・慰安婦詐欺もいつまでも続くねー!
・火種消したくないのだよ  売春婦のババアも支援者達も 反日と言う甘い汁を生業としてるので
・そんな民主党は泥舟となり韓国も崩壊に向かっている  慰安婦像って・・・
・そもそも何の外交カードにもならない単なる像だからね  外交カードにしたくて堪らないようだが 何の圧力にもならず、  単に国民感情を悪化させるだけで 寧ろ民主を胡散臭いと思っている層には好材料
・そのまま火病で国を停滞させていろ
・もう、領事館前からの移動だけで暴動が起きるだろうな。 パククネの不正 セウォル号の引き揚げ遅れ ヒラマサの準備遅れ
韓進海運の破綻  ロッテの不正 なんかも山積しているのに、 これ以上国内で揉めたくはないわな。  結果、日本を叩き続けるしか方策はない。 だれが大統領になってもな。  日本はただ、冷やかに眺めていればよい。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事