Entries

トランプのバックはユダヤ金融ロックフェラーだった!!! 

NewsU.S. 2017.02.05

アメリカの裏権力が と ん で も な い 方針転換をしたらしいぞ!!! このままだと日本がヤバイ!!!

・イバァンカ → 婿のクシュナー(大統領上級顧問)  → キッシンジャー → 中国   という関係だよ。
クシュナーはユダヤ、イバァンカもユダヤ教に改宗、キッシンジャーもユダヤ、 キッシンジャーはユダヤ石油王 ロックフェラー家とコネクション。
・ロックフェラー家は従来はクリントン家と親密だったが、ここへ来て寝返った。  それを取り持ったのがキッシンジャー。  キッシンジャーは、ニクソン時代に米中和解をした中心人物。
トランプはプーチンに弱点を握られてるので、表向きは親密さを見せているが 内心はそうでもない。 中国カードを持つことは悪くない。
・トランプは国防/軍事には関心がない。  もっぱらビジネス/金儲けに関心がある。 だから政権にはゴールドマンサックスの連中をワンサカ入れている。   ビジネスの見地からは中国と敵対するのは適切ではない。  中国とは上手くやるだろう。
ただし、ビジネス・ツールのひとつとして軍事を使うことになると、危ないことになる。   それをやるかも知れない。 「生兵法は怪我の元」、止めたほうが良いのだが。
・トランプの対日政策だが、トランプは、「ジャパンは脅せばいかようにもできる国」 と理解している。  これは案外に正しい理解ではある。  過去70年間が証明している。  また、霞ヶ関官僚や自民党にとっても、そう思って貰うのは、あながち悪いことではないのだ。   日本の官僚は、米国に父性を発揮してもらうことで成り立ってきた。
・イバァンカ、婿のクシュナー、死にぞこないキッシンジャー、創業者は消えたが依然として力をもつロックフェラー、イスラエル・コネクション・・・。     トランプ政権ではユダヤが決定的な力を持っている。
(なーにが「安倍首相の言う事を聞けばいいのよ」だか…中国語ペラペラのくせに)
・トランプ大統領は中国と仲良くしたい、まな娘イヴァンカさんのツイッター投稿に注目集まる―中国紙
2017年2月3日(金) 16時30分

2017年2月2日、トランプ米大統領の長女、イヴァンカさんが、中国語で「新年おめでとう」と歌う娘アラベラちゃんの動画をツイッターに投稿した。3日付で環球時報が伝えた。

イヴァンカさん親子は1日夜にワシントンの中国大使館で行われた新年レセプションに出席し、注目を集めたばかり。イヴァンカさんは動画投稿の際、「すべての人が素晴らしい新年を迎えますように」とつぶやき、最後に中国語で「新年快楽(新年おめでとう)」と書いた。

同紙によると、トランプ氏の大統領就任以降、イヴァンカさんが各国の大使館イベントに参加したのはこれが初となるもよう。春節に際して祝賀メッセージを発表していない父親と対照的な行動に関心が集まっており、台湾紙・自由時報は「公職の身でないとは言え、イヴァンカさんは周囲からトランプ氏が最も愛する子どもと見られている。同氏に対する影響力は大きい」と指摘。台湾・東森新聞はトランプ氏の移民政策が華人に及ぶ可能性に言及し、「イヴァンカさんの大使館訪問は中国人に対する非礼を懸念するトランプ氏が行った挽回策」と報じている。

また、中国・復旦大学の関係者は「歴代の米国大統領の春節祝賀メッセージは票獲得が目的。トランプ氏があいさつをしなかったことを驚く必要はない」と述べた上で、「イヴァンカさんのレセプション出席は非常に重要なメッセージ」と指摘。「トランプ氏が知らないはずはなく、中国に対する直接的な祝意だ。米国は米中関係が行き詰まることを望んでいない」などとコメントしている。
(翻訳・編集/野谷)

「イヴァンカ:中国語で『新年おめでとう』と歌う娘アラベラちゃんの動画をツイッターに投稿」
「各国の大使館イベントに参加したのはこれが初となるもよう」
「トランプ氏が知らないはずはなく、中国に対する直接的な祝意だ。米国は米中関係が行き詰まることを望んでいない」

・この娘は嘘ばっか
・X 娘   ○ 一家
・ イバンカ「安倍晋三首相は非常にクレバーな人だ」
・安倍さんの学歴コンプレックスにピッタリあう褒め言葉
・コンプレックス持ってるのは左派じゃないの?   自分らで揶揄してるのに相手がコンプレックス持ってると勘違いしてると思うな。
・三枚舌
・娘を面倒見てるのが中国系だからだろ
・支那で不動産事業 ネ   利益相反 ダワサ
・男が行くとハニトラされるからな
(「米中戦争70%!」みたいな報道はやめて現実を見ようよ)
・だって、娘は中国語ペラペラだろw  中国人曰く、ネイティブと変わらんらしいぞw で、思うんだが、子供とか孫に中国語勉強させてる政治家で反シナな奴は皆無なんだよなぁ・・   豪ラッドも豪ターンブルも、英オズボーンもw  トランプって、実は隠れ親シナ派じゃないか という疑惑がw
・表でトランプが中国叩きながら 娘はちゃっかり中国行って営業してんだもんな  マジでしたたかだわ
(キッシンジャー「米中戦争はない (※日中戦争がないとは言ってない)」)
・「中国は戦争を望んでいない」トランプ政権の外交政策、キッシンジャー氏が激白 片山さつき氏が意見交換
2017.01.29
ドナルド・トランプ米大統領の外交政策が注目されている。閣僚や主要スタッフには「対中強硬派」が並ぶが、自動車などの貿易問題では日本などを批判している。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員は20日の大統領就任式に参加するため訪米し、「外交の巨人」といわれるヘンリー・キッシンジャー元米国務長官(93)と意見交換してきた。

キッシンジャー氏は、ニクソン政権時代に国家安全保障問題担当補佐官を務め、米中国交回復に尽力した。トランプ氏にも外交政策のアドバイスをしているといわれる。

昨年12月2日、キッシンジャー氏が中国の習近平国家主席と北京で会談した当日、トランプ氏は台湾の蔡英文総統と電話協議した。中国は激怒したが、トランプ氏とキッシンジャー氏の“連携”がささやかれた。

片山氏は、会談したキッシンジャー氏について「非常に頭脳明晰(めいせき)で、『トランプ政権の主要閣僚は経験豊富で有能だ。また、特定の勢力としがらみもなく、期待できる』と語っていた」といい、続けた。

「トランプ氏は、ニクソン政権とレーガン政権を高く評価している。キッシンジャー氏とも相性が悪いはずがない。2人は普段から、2、3週間に1度は会って、意見交換しているという。昨年12月の訪中後も会ったようだ」  ・・・

片山氏は「キッシンジャー氏は『米中戦争はない』と断言した。台湾問題についても『トランプ氏はうまく折り合いをつけるだろう』と言っていた。そもそも、『中国は戦争を望んでいない』というのがキッシンジャー氏の変わらない持論だ」と語った。

1971年のニクソン・ショックのような、電撃的な「米中接近」も警戒した方がいいかもしれない。

では、トランプ時代の日本外交はどうあるべきか。片山氏は続けた。
 「キッシンジャー氏は、日本の、米国と中国、ロシアに対する立ち位置について非常に高く評価していた。『今まではうまくバランスをとってきた』といい、今後の関係については『日本が決めることだ』と語っていた」

2人の意見交換は盛り上がり、約40分間に及んだ。キッシンジャー氏は、トランプ政権の成果が出る1年後の再会を提案したという。

キッシンジャー氏(左)と片山氏は意気投合した(片山氏提供)

「片山さつき参院議員:ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官(93)と意見交換」
「トランプ氏は、ニクソン政権とレーガン政権を高く評価している。キッシンジャー氏とも相性が悪いはずがない」
「キッシンジャー氏は『米中戦争はない』と断言」
「ニクソン・ショックのような、電撃的な「米中接近」も警戒した方がいいかもしれない」

・げ、まだ生きてるのかw   昭和史に出てくる人だよねw  
・この爺、日本を道具としか考えてないクズ。
・キッシンジャーの半生自体が終始支那寄りだからな  まあ割り引きして理解に努めるのが吉であろう(´・ω・`)
(中国は(米国との)戦争を望んでない、日本を侵略するアル)
・いや切れ者だよ  だが、その能力は米国にでもなく 同盟国に使うわけでもなく、ユダヤ人の利益の為に使ってきた
・パンダの着ぐるみでも送りつけてやれ「きっとお似合いですよ」とね
キッシンジャーの戦略は一貫している 故郷ドイツをロシアの圧力から救うため、米軍を利用する   アルカイダも、ISも、中共も、対ロシアの為に育て上げた  結果、すべて米国に刃向かうようになったのは、米国にとっては皮肉な話だ
・キッシンジャーもそうだが、何で在米ユダヤ人って、日本に対して憎悪むき出しなんだろうな。  ドイツみたいにユダヤにひれ伏していないからか、あるいは日本が何でも自前で作ってしまうので、連中を儲けさせてやらないからか。
・憎悪なんかしてねーだろ  警戒して常に叩き潰すことを考えてるだけ  アジア、アフリカの中で唯一ユダヤが植民地にできなかった民族だ   朝鮮人をおくりこんで嫌がらせさせたのもユダヤ
(日本はうまく反トランプ陣営を取り込むことだな…それが生きる道)
・キッシンジャーは巨悪中の巨悪だよ。  奴はは権力欲の塊で目的のためには手段を選ばない。 その最も有名な例が「ベトナム戦争和平」   奴はニクソン政権の元でベトナム和平を実現させたが、 実はその4年前の民主党・ジョンソン政権時にもほとんど同じ条件で和平がまとまりかえていた。  しかし、奴は間近に迫っていた大統領選にで共和党・ニクソンを勝たせるため、工作活動でぶち壊し、ベトナム戦争を無駄に4年長引かせた挙句、次の大統領選のタイミングで和平を実現させた。
その間2万人を超える米国人と数え切れないほどのベトナム、カンボジアの人々の命が失われた。
奴は自分の野望の為なら自国民をも犠牲にする鬼畜だよ。
・大使館の世界と 軍隊の世界は 真逆が多い  日本の太平洋戦争時のアメリカ大使の扱いと似てるかもな
(トランプ不支持はフェイクニュースニダ!!がいつまで通用するかな?)
トランプ氏、不支持率53% 最も支持されない大統領
2017/2/4 10:12

【ワシントン共同】米CNNテレビは3日、トランプ大統領の支持率が44%、不支持率が53%だとする最新の世論調査結果を発表した。就任直後の大統領としては最も不支持率が高く、不支持率が支持率を上回ったのも初めてという。

トランプ氏が敬愛するレーガン元大統領も就任直後の支持率は51%と決して高くないが、不支持率は13%にとどまった。トランプ氏と同じく大統領選の総得票数で対立候補を下回ったブッシュ元大統領(子)も、支持率は57%とトランプ氏を上回り、不支持率は25%だった。

「米CNNテレビ:トランプ大統領の支持率が44%、不支持率が53%だとする最新の世論調査結果を発表」
「就任直後の大統領としては最も不支持率が高く、不支持率が支持率を上回ったのも初めて」

・いくら正確に調査やってもフェイクだ!で終わるわなww  とんでもない時代になったもんだな
(アメリカがユダヤに乗っ取られていいのか?トランプ支持者は反ユダヤなんだろ?)
トランプ氏「馬鹿げている」 米入国禁止、効力を停止
朝日新聞デジタル 2/4(土) 23:47配信

トランプ米大統領が署名した、難民や中東・アフリカの7カ国の国民の米国への入国を一時禁止する大統領令について、西部ワシントン州の連邦地裁が3日、効力を一時的に差し止める決定をした。これに対し、トランプ氏は4日、ツイッターで「馬鹿げている。覆るだろう」と述べ、不服として争う考えを示した。最終的に連邦最高裁まで争われる可能性があり、今後も混乱が予想される。

個別のケースに対応した部分的な差し止めはこれまでも複数の裁判所が決定しているが、ワシントン州での決定は大統領令の主要部分をすべて差し止めるもので、効力は全米に及ぶ。当面は、大統領令の前と同じ状態で入国が認められるが、政権の主張が今後認められれば再び覆る可能性もある。

「西部ワシントン州の連邦地裁が3日、効力を一時的に差し止める決定」
「トランプ:ツイッターで『馬鹿げている。覆るだろう』と述べ、不服として争う考え」

・勘違いしてる人が多いがアメリカの大統領は独裁者じゃない。  裁判所が違法違憲だと言えば大統領令は無効だし 議会の承認がなければ予算も通らず実行できない。
日本の総理大臣は与党総裁を兼任していて党議拘束で国会議員が議会でどう投票するか決めれるけど、アメリカの大統領は同じ共和党議員でも議会での投票を命令できない。   アメリカの大統領は日本の首相よりも持ってる権限は少ない。
・これ韓国だと感情で皆動くからたちわるい
・ソレが法治国家なんだよ   下朝鮮とは違うの。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事